秋の瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺(5) - 秋の瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺_2014_Nov-Dec
FC2ブログ

秋の瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺(5)

11月の往訪時には行く予定がなかった旧華頂宮邸。建物内部の特別公開はずっと先のようだが、庭園は公開されていて、無料で入ることができるようだ。『これはおいでおいでしているんだ』と勝手に判断して行ってみた。
旧華頂宮邸
この邸宅を建てた華頂博信侯爵は、はるか昔に臣籍降下した人物。世間知らずの私が知る由もなかった人物。でも残された邸宅は立派だった。
堂々たる建物
東西の側面は斜面で遮られ、南北に開けた敷地になっていた。その正面(北側)は庭木で丸見えを避けた感じにしていた。私が建て主であってもそうするだろうと思う。
堂々たる建物_1
堂々たる建物_2
堂々たる建物_3
堂々たる建物_4
堂々たる建物_5
南側は広い庭になっていた。こちら側には木などは植えず、陽光が燦々と差し込む設計になっていた。
堂々たる建物_6
堂々たる建物_7
堂々たる建物_8
堂々たる建物_9
堂々たる建物_10
堂々たる建物_11
堂々たる建物_12
堂々たる建物_13
堂々たる建物_14
堂々たる建物_15
東側側面。通用口などはこちら側のようだ。
堂々たる建物_16
再び正面。少し東側よりからだと、強烈な逆光を遮ることができた。
堂々たる建物_17
堂々たる建物_18
堂々たる建物_19
庭にて
まだまだきれいな感じ
まだきれいな感じ_1
まだきれいな感じ_2
これからかな
これからかな_1
これからかな_2
途中で見たイソギク
途中で見たイソギク

華頂博信《かちょうひろのぶ、1905年(明治38年)5月22日-1970年(昭和45年)10月23日》
日本の皇族、政治家、海軍軍人。1926年(大正15年)10月19日に勲一等旭日桐花大綬章受章、12月7日に臣籍降下し、華頂の家号を賜り侯爵として華族に列せられた。この際、実兄である華頂宮博忠王の死により断絶していた華頂宮家の祭祀を継承した。
鎌倉市には1929年(昭和4年)に建設された華頂博信侯爵邸がある。1996年(平成8年)に鎌倉市が土地と建物を取得し、通称旧華頂宮邸として庭園部分が一般に公開されている。


AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年12月23日
最終更新 2014年12月23日

14 Comments

There are no comments yet.

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
11月に訪れただけでは不十分で
12月にまた出かけるとはなかなか出来ない事です!
お蔭で追加の報国禅寺や今日の旧華頂宮邸が見れた訳ですね!
臣籍降下した人物とはいえ、立派な洋邸ですね!
臣籍降下の際にたくさん貰ったのでしょうか?
陽の当たる南側には広い庭が配してあるところは
上野にある旧岩崎邸に似ていますね!
薔薇や磯菊はキレイです!
黄葉は少し早目でもキレじゃないですか♪

2014/12/23 (Tue) 06:18

のんびり熊  

AzTakさん

おはようございます
素晴らしい邸宅ですねえ
このような人物がいることすら知りませんでした。
紅葉はこれからですか?

2014/12/23 (Tue) 08:14

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/23 (Tue) 12:06

花さか爺サン  

『秩父夜祭'14』シリーズ、居ながらにして祭りの醍醐味を堪能致しました。
特に、笠鉾・屋台の豪華絢爛たる行列の模様には飽きることなく拝見いたしました。
初めての祭りの模様で、こんなすごい祭りがあるのかとびっくりした次第です。

秋の瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺のシリーズもまたまた楽しみですね。
流石華頂宮邸の堂々たる建物と広大な庭が広がっておりますね。
歴史の一端を垣間見る気がいたします。

2014/12/23 (Tue) 15:01

keiko  

こんにちは(^-^)<(_ _)>

屋根の新橋色と柱のコゲチャ色が印象的に見えました。素敵な邸宅ですね!

2014/12/23 (Tue) 15:15

モカ  

こんばんは

オシャレで立派な邸宅ですね~
お庭も広くてお日様がよく当たって、お庭が見える窓際で陽だまりに当たりながらのんびり過ごすところを想像しました♪

2014/12/23 (Tue) 18:21

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 11月に訪れただけでは不十分で
> 12月にまた出かけるとはなかなか出来ない事です!
> お蔭で追加の報国禅寺や今日の旧華頂宮邸が見れた訳ですね!

本当の本当は、瑞泉寺の紅葉が見たくて、しつこく行きました。

> 臣籍降下した人物とはいえ、立派な洋邸ですね!
> 臣籍降下の際にたくさん貰ったのでしょうか?

おそらく、徳川から実権を奪い返して天皇陛下の地位が今よりも高かったことだろうと思います。
止むを得ない事情から、皇室から離脱する際にはそれなりに生きて行くだけの支度金を用意したのだと思います。

> 陽の当たる南側には広い庭が配してあるところは
> 上野にある旧岩崎邸に似ていますね!

庭の真ん中辺りから撮っています。かなり広いお庭でした。
庭の形はちょっと違いますが、広いお庭ということでは共通しているかもしれませんね。
建物も中には入れませんでしたが、似た感じかもしれませんね。

> 薔薇や磯菊はキレイです!
> 紅葉は少し早目でもキレイじゃないですか♪

そうですね。いろいろな人が来られていたのではないかと思いました。
華頂侯爵は川端康成氏ともご近所さんだったんですね。ほぼ同い年だったようですから、多少の行き来はあったのでしょうかね。

2014/12/23 (Tue) 22:11

AzTak  

Re: AzTakさん

> おはようございます

のんびり熊さん、こんばんは。

> 素晴らしい邸宅ですねえ
> このような人物がいることすら知りませんでした。

いらっしゃったようです。結構なお住まいですよねえ。

> 紅葉はこれからですか?

この時(12月7日)は、此処は少し始まったかなという感じですが、本命の瑞泉寺の紅葉はさっぱりでした。ついでに言えば、13日に出掛けられた方も、まだまだと書いておられました。
今やっと見頃になったかもしれませんね。水仙がどんどん咲き出したというのに。

2014/12/23 (Tue) 22:16

AzTak  

Re: タイトルなし

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 『秩父夜祭'14』シリーズ、居ながらにして祭りの醍醐味を堪能致しました。
> 特に、笠鉾・屋台の豪華絢爛たる行列の模様には飽きることなく拝見いたしました。
> 初めての祭りの模様で、こんなすごい祭りがあるのかとびっくりした次第です。

こういうお祭りも有るんですね。京都や高山とはまた違った祭のようです。
いつか、三河地方の屋台も見に行きたいなと考えています。

> 秋の瑞泉寺~報国禅寺~杉本寺のシリーズもまたまた楽しみですね。

こちらはさっさと終わらせるつもりです。

> 流石華頂宮邸の堂々たる建物と広大な庭が広がっておりますね。
> 歴史の一端を垣間見る気がいたします。

そうですねえ。優雅な暮らしをされていたのでしょうね。
真似したいとは露ほども思いませんが。

2014/12/23 (Tue) 22:21

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(^-^)<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 屋根の新橋色と柱のコゲチャ色が印象的に見えました。素敵な邸宅ですね!

ボキャブラリが少ないもので、『新橋色』ってどんな色かと調べてしまいました。明治の終わり頃から東京の新橋芸者の間で流行した、わずかに緑がかった明るい青色ですか。ナルホドねえ。言い得て妙ですね。
あれば、緑青の色なんでしょうね。
そして柱と壁との取り合わせは、中世ドイツの建物のような印象を受けるのですが、何を見本に建てられたんでしょうかね。
本当に素敵な建物です。

2014/12/23 (Tue) 22:33

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> オシャレで立派な邸宅ですね~

そうですねえ。今でも感性な一画ですが、当時はもっともっと静かで、ハイカラな人達がご近所さんだったかもしれませんね。華頂侯爵も気分よく過ごせたのではないでしょうか。

> お庭も広くてお日様がよく当たって、お庭が見える窓際で陽だまりに当たりながらのんびり過ごすところを想像しました♪

庭の中ほど辺りから撮りましたが、ずっと奥まで有るかなり広いお庭なんですよ。
客人は近所に住んでいた超高名な作家だったりして。

2014/12/23 (Tue) 22:39

HARU  

こんばんは。

週末からお邪魔できていませんでしたので、秩父夜祭シリーズの最後をゆっくり拝見しました。美しいカットが多くあって、実際に行って見てきたような気分になっています。お疲れ様でした。この時期は、日ごとに冬景色が深まって、紅葉など見ると、まだほんの少し前のことなのにすでに懐かしくさえ思います。ほっこりしながらPCの写真で一緒に散歩気分です。

2014/12/23 (Tue) 23:52

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> 週末からお邪魔できていませんでしたので、秩父夜祭シリーズの最後をゆっくり拝見しました。美しいカットが多くあって、実際に行って見てきたような気分になっています。お疲れ様でした。この時期は、日ごとに冬景色が深まって、紅葉など見ると、まだほんの少し前のことなのにすでに懐かしくさえ思います。ほっこりしながらPCの写真で一緒に散歩気分です。

秩父夜祭は引っ張り過ぎちゃいました。ご覧になる方もさぞかし疲れたことだろうと思います。もう少し短くまとめるすべを学ばなくてはいけないと反省しています。(^_^;)
瑞泉寺などはまだこれからだと言うんですから驚き以外の何物でもありませんよねえ。昨年は神奈川県の紅葉が最後だったというのもうなずける感じです。
既に日をまたいでいますが、24日午前中にボランティアに行き、夕方からはイブのミサに与ってきます。

2014/12/24 (Wed) 00:27

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/25 (Thu) 10:20

Leave a reply