秩父夜祭'14(6) - 秩父夜祭'14_2014_Dec
FC2ブログ

秩父夜祭'14(6)

中町屋台
もう少し早く到着していれば、ここでもギリ回しが見えたのに。終わって、引き返す寸前だったようだ。
中町屋台_1
後方にチラと見える屋台は何かと思うことだろう。いずれわかる。
中町屋台_2
中町屋台_3
中町屋台_4
中町屋台_5
中町屋台_6
中町屋台_7
鬼板がものすごい。手力雄命(タヂカラオノミコト)が天岩戸開きをして天照大神が現れるシーンを題材にしたものだそうだ。
中町屋台_8
中町屋台_9
中町屋台_10
水引幕は、緋羅紗(ひらしゃ)に波と亀を刺繍したものだそうだが、本当に亀が乗っているような感じ。凄いものだ。
中町屋台_11
中町屋台_12
この日の後幕は『鯛』をあしらった後幕。超高価な後幕を2枚所有しているとは何とも豪儀なことだ。
中町屋台_13
中町屋台_14
中町屋台_15
目立たないけれど実はこの人達が重要な役目を果たしている。屋台が蛇行しないように制御しているのだ。
中町屋台_16
中町屋台_17
中町屋台_18
中町屋台は、秩父屋台の中では最大級で、日本の神話を題材とした大きな鬼板(おにいた)が屋根に取り付けられ、正面に登り勾欄(こうらん)を付けた新しい様式の屋台である。水引幕は、緋羅紗(ひらしゃ)に波と亀を刺繍(ししゅう)したもの。後幕は青地羅紗に巨大な鯛が踊る豪華な刺繍が施されている。
鬼板:破風に取り付けられる鬼瓦の代りに用いる木製の棟飾り。
勾欄:高欄のこと。宮殿・社寺・廊下・橋などの端の反りまがった欄干。
水引幕:劇場で舞台前面の上方や相撲で4本柱の上などに横に張る細長い幕。
緋羅紗:緋(深紅)の羅紗。羅紗は羊毛で地の厚く密な毛織物。室町末期頃から江戸時代を通じて南蛮船、後にオランダや中国の貿易船によって輸入され、陣羽織・火事羽織・袋物などに用いた。今は毛織物全般もいう。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4台の屋台の中で最も大きな屋台。屋根の鬼板(彫り物)は大きく美しい。下方(運行組織)は中町屋台保存会青年部が運行している。6町会の中で唯一、恵比寿の幕、鯛の幕の2枚の後幕を持ち、12月2日、3日と違う後幕を見ることができるのもこの町会の特徴である。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年12月12日
最終更新 2014年12月12日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
何回もAzTakさんのところで見せてもらっている秩父夜祭ですが
なかなか全体像が掴めません 汗)
6つの町内で6台(?)の屋台があって、すべて同時進行なのですよね!
ですから、今日の中町屋台のようにギリ回しが終わってしまっていた
と言うことでしょうか?汗)
でも、中町だけで4台? 全部で何台の屋台があるのでしょう?
全部の町内の屋台を見るのに何年もかかりそうですね!

鬼板が豪華ですね!各屋台の鬼板だけ撮影しても面白い!
水引幕と後幕の刺繍はもの凄い!
舶来の緋羅紗とは相当高価なものだったのでしょうね!

2014/12/12 (Fri) 00:59

keiko  

おはようございます<(_ _)>(^-^)

上に乗って目立つ方達は、どうきめるんでしょうね。私なんかはいつも、縁の下の…なので、羨ましい気もします。(・_・;)

2014/12/12 (Fri) 07:01

aunt carrot  

これはまさに練り歩く美術品の感がありますね。
鬼板の素晴らしいこと、乗っている人のお顔の誇らしげなこと!
水引幕と後幕の豪華な刺繍に驚かされます。
これは文化財などには指定されているのですか?
失ったら二度と作ることが出来そうもない豪華さと高価さですね。
とても綺麗に撮れていて楽しませて頂いています。
撮影は人が多い中大変なことだったでしょう。
私は居ながらにして楽しませて頂いて感謝です。

2014/12/12 (Fri) 09:32

ブーくん  

こんにちは☆
すごい迫力ですね!
けが人が出たこともあると前回の記事にありましたが、その迫力と熱気ではどうしても怪我や事故は起こってしまうのでしょうね・・・。

豪華な鬼板ですね!
お写真を撮るのも大変そうですね(^_^)/~

2014/12/12 (Fri) 11:02

モカ  

こんにちは

鬼板も水引幕も後幕も凄いですね!
鯛や亀が凄く立体的で美しいです^^

2014/12/12 (Fri) 13:12

ミュー  

暖かいコメントを頂きありがとうございました

いつも多方面にお出かけされて、詳細なレポートと沢山の写真、真近で見ている様で素晴らしいですね
私はなかなか出かけられなくて、Flickrにも庭や近場で撮った写真をアップしています
いつかはお出かけ写真も撮れるようになれば良いと思っております

2014/12/12 (Fri) 16:10

花さか爺サン  

こんにちは
まさに豪華絢爛たる屋台ですね。
鬼板の彫刻や水引幕の亀の刺繍や後幕の鯛の刺繍は素晴らしいの一言ですね。
こんな素晴らしい屋台を各町内会で維持管理するのは大変なことだと思います。
次々と出てくる山車を見るのが楽しみです。

2014/12/12 (Fri) 16:13

里山の  

画像の美しさと、リアルなスナップは見事です
それに、掘り下げたリポートは大いに興味深いもので毎回たのしみです

2014/12/12 (Fri) 22:21

AzTak  

Re: タイトルなし

aunt carrotさん、こんばんは。

> これはまさに練り歩く美術品の感がありますね。
> 鬼板の素晴らしいこと、乗っている人のお顔の誇らしげなこと!
> 水引幕と後幕の豪華な刺繍に驚かされます。

本当に凄いですよね。いま、こうしたものを作るとなれば、その巨額な予算に腰がぬkてしまうほどかもしれません。

> これは文化財などには指定されているのですか?
> 失ったら二度と作ることが出来そうもない豪華さと高価さですね。

屋台も笠鉾も揃って国指定の重要文化財です。2年前に指定を受けて50周年の特別曳行を行ったんです。

> とても綺麗に撮れていて楽しませて頂いています。
> 撮影は人が多い中大変なことだったでしょう。
> 私は居ながらにして楽しませて頂いて感謝です。

撮るのは得手ではありませんが、好きだし、見るのも大好きです。いい年こいた爺さんなんですが。カメラだけは、軽いEOS M2と少しだけ重い60Dとにしています。

2014/12/12 (Fri) 23:03

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは☆

ブーくんさま、こんばんは。ちびやまくんが大分表情が出てきて可愛くなりましたね。パパ・ママともにメロメロでしょう。

> すごい迫力ですね!
> けが人が出たこともあると前回の記事にありましたが、その迫力と熱気ではどうしても怪我や事故は起こってしまうのでしょうね・・・。

随分昔に屋台の転倒があったと書いたのですが、けが人が出たのかは確認していません。相当な重量物ですから、皆さん命からがら、必死に逃げたんだと思います。

> 豪華な鬼板ですね!
> お写真を撮るのも大変そうですね(^_^)/~

やっぱり、フルサイズに明るいレンズを装着して取りたいものですね。それも、レンズ交換などしている余裕がないので、できれば2セット用意ですかね。重くて死んじゃいそうですし、財布がボロボロどころの話じゃないかもしれませんね。
爺さんの隠居趣味なので、ちょいと努力して届かないところは潔く諦めちゃっています。心中は決して潔くでもないのですが。(^_^;)

2014/12/12 (Fri) 23:13

土佐けん  

こんばんは

山車に施された飾りつけ、芸術的で
日本の美ですよね^^
感動します♪

2014/12/12 (Fri) 23:35

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 何回もAzTakさんのところで見せてもらっている秩父夜祭ですが
> なかなか全体像が掴めません 汗)

すみません、説明が下手くそなんですよね。

> 6つの町内で6台(?)の屋台があって、すべて同時進行なのですよね!
> ですから、今日の中町屋台のようにギリ回しが終わってしまっていた
> と言うことでしょうか?汗)

すべてが同時進行というほど極端ではありませんが、私の乗った観光バスは13:00ころにつきました。その時点でかなりの部分は済んでいたりするわけです。全部見たけりゃ早めに出陣するしかないようです。
もうHP空は削除されてしまったようですが、鉄道のダイヤグラムのような移動表ができていて、はしっこい人はそれを見て、ここに何時ころ居れば良いという予想が立てられるようです。

大雑把に言えば、日中に市内曳行を行い、休憩後、夜間に備えてぼんぼりなどをそい着して巡幸行列に参加するのです。

> でも、中町だけで4台? 全部で何台の屋台があるのでしょう?
> 全部の町内の屋台を見るのに何年もかかりそうですね!

中町あたりは中心地ですから、なんだかんだで4基引き回していましたが、中町で所有する屋台は1基のみです。収納庫だって、我々の家より大きい収納庫だったりします。全部で6基です。ちょっと早く来れば全部見ることができるはずです。すれ違いも見られます。

> 鬼板が豪華ですね!各屋台の鬼板だけ撮影しても面白い!
> 水引幕と後幕の刺繍はもの凄い!
> 舶来の緋羅紗とは相当高価なものだったのでしょうね!

フルサイズ機が3-4桁の台数買えるのではないでしょうか。一人で負担したわけではなかったと思いますが、大店などは相応の負担をしたんでしょうね。

2014/12/12 (Fri) 23:45

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます<(_ _)>(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> 上に乗って目立つ方達は、どうきめるんでしょうね。私なんかはいつも、縁の下の…なので、羨ましい気もします。(・_・;)

どう決めるのかは知りませんが、指名を受けたら相当な名誉なものでしょうね。いろいろな役割があって、それぞれが緊張して、役割を仰せつかっているところをNHKの番組で見たことがあります。
相当な貢献度がないと、指名されないのでしょうね。

2014/12/12 (Fri) 23:51

AzTak  

Re: こんにちは

モカさん、こんばんは。

> 鬼板も水引幕も後幕も凄いですね!
> 鯛や亀が凄く立体的で美しいです^^

毎度のことながら、口を開けて、見とれています。傍から見たら、変な爺さんでしょうかね。

2014/12/12 (Fri) 23:54

AzTak  

Re: タイトルなし

ミューさん、こんばんは。

> 暖かいコメントを頂きありがとうございました
>
> いつも多方面にお出かけされて、詳細なレポートと沢山の写真、真近で見ている様で素晴らしいですね
> 私はなかなか出かけられなくて、Flickrにも庭や近場で撮った写真をアップしています
> いつかはお出かけ写真も撮れるようになれば良いと思っております

私も実は花を見るのが大好きなんですが、我が家には鉢植えしか無く、それもすぐ枯らしてしまう名人で、今は花の咲くものは切れています。(^_^;)
近所もあまりほっつき歩くと、変質者のように思われるし、ましてや、他人様のお庭の中に入るわけにもいきません。
近くで見たら相当に綺麗なんだろうなと思いながら、指を咥えている方です。

2014/12/13 (Sat) 00:15

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> まさに豪華絢爛たる屋台ですね。
> 鬼板の彫刻や水引幕の亀の刺繍や後幕の鯛の刺繍は素晴らしいの一言ですね。
> こんな素晴らしい屋台を各町内会で維持管理するのは大変なことだと思います。
> 次々と出てくる山車を見るのが楽しみです。

日中の市内曳行は、見てもらうのが一番の目的なんでしょうね。
夜の巡幸行列は、まさしく神事です。最初の神社関係はそれこそしずしずと進みます。その阿智、西武線の河川を外し、屋台などが使えなようにして通ります。そして御旅所直前に団子坂の急勾配を駆け上がるのが大きな見どころです。
今回はそこには近づけませんでしたので、代わりの説明をしたいと思います。

2014/12/13 (Sat) 00:22

AzTak  

Re: タイトルなし

とっとこさん、こんばんは。

> 画像の美しさと、リアルなスナップは見事です
> それに、掘り下げたリポートは大いに興味深いもので毎回たのしみです

まだ、終わらないのかと呆れられちゃいます。もう少し簡単明瞭にしたい気持ちがあるのですが、一方で、内容がよく理解できないのは気が済まない厄介な性格もあって、…。
ご迷惑をお掛けします。

2014/12/13 (Sat) 00:26

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 山車に施された飾りつけ、芸術的で
> 日本の美ですよね^^
> 感動します♪

そうですね。絶対に個人所有できない代物ですね。皆で慈しんでいるからこそ、美しさを維持できているのかもしれません。

2014/12/13 (Sat) 00:28

Leave a reply