秩父夜祭'14(5) - 秩父夜祭'14_2014_Dec
FC2ブログ

秩父夜祭'14(5)

本町(もとまち)屋台
過去にこの屋台の転倒事故があった。笠鉾ではなく屋台の方だったとは意外なことだが。その後は安全を期して行われていることなのだろう。
本町屋台_1
もうすぐ曳行が再開のようだ。曳き手にも気合が入りだした。
本町屋台_2
休憩時に何か演じていたようだ。そのご婦人が退出する。
本町屋台_3
本町屋台_4
本町屋台_5
本町屋台_6
本町屋台_7
いよいよ出発のようだ。囃しの人達も持ち場につく。
本町屋台_8
本町屋台_10
本町屋台_11
出発!!屋台が動き出した。
本町屋台_12
本町屋台_13
本町屋台_14

この屋台は、登り勾欄のない古い形をとどめており、以前は二重勾欄と呼ばれる勾欄が2段ある珍しい屋台形式だったが、大正3年(1914)の転倒事故以後、現在の姿になったという。
本町(もとまち)は市街地の中心部にあり、昔から経済的にも恵まれ、夏冬二台の屋台を所有しているという。屋台の彫刻や装飾にも財力を傾け、金箔押の上に彩色するなど贅を尽くした造りとなっている。舞台天井には墨絵の雲龍図が入る。江戸随一といわれた縫師玉孫の名がある。
本町屋台の彫刻には一切人物が登場しない。水引幕は緋羅紗に波と飛龍の刺繍。後幕には青地羅紗に達磨(だるま)などの玩具を乗せた宝船「玩具宝船」が刺繍されている。半纏の背中は○に「本」の字か「達磨」の二字。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
本町地区の所有する屋台。後幕が子供の玩具でその中にあるだるまが特徴的であり 運行組織は達磨会と呼ばれる。明治・大正時代までは二重勾欄をもつ屋台であったが転倒事故後今の勾欄になる。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年12月11日
最終更新 2014年12月11日

12 Comments

There are no comments yet.

花さか爺サン  

こんにちは

秩父夜祭は豪華絢爛たる祭りですね。
屋台の彫刻や装飾は金箔押の上に彩色され、舞台天井には墨絵の雲龍図が描かれ、贅を尽くした造りとなっているようですね。
見れば見るほど凄い祭りだと思います。
こんな豪華な祭りを見たことが無いので、実際に笠鉾や屋台を見てみたい気がいたします。

2014/12/11 (Thu) 13:39

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
屋台は、本体の割には小さな車輪なんですね。
これでよく稀にしか転倒しないものです。
よほど曳行には気を使い、曳子の気を合わせてているんでしょう。
気を合わせるのには何か、合図でも有るんでしょうか?

2014/12/11 (Thu) 14:27

びび  

AzTakさん こんばんは~★

屋台に書かれている絵が楽しいですね。
曳かれるごとに、だるまさんがゆらゆら動いているみたいで。(*^-^*)

2014/12/11 (Thu) 17:48

keiko  

こんばんは<(_ _)>(^-^)

宝船の模様が、刺繍だとは、凄いですね。色々凝っていて作るのには相当時間をかけているのでしょうね。

2014/12/11 (Thu) 20:03

モカ  

こんばんは

女性の着物姿だと乗り降りが大変そうですね~
屋台に描かれている絵が鮮やかで目を惹きますね^^

2014/12/11 (Thu) 21:09

HARU  

こんばんは。

祭りに事故はつきもの、と言ってしまえばそれまでですが、やはり事故が起こると、空気がくしゅんとなりますものね。祭りも、お祝い事ですものね。神様も望んでいないでしょうし。この後の夜が待ち遠しいです。

2014/12/11 (Thu) 21:38

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 秩父夜祭は豪華絢爛たる祭りですね。
> 屋台の彫刻や装飾は金箔押の上に彩色され、舞台天井には墨絵の雲龍図が描かれ、贅を尽くした造りとなっているようですね。
> 見れば見るほど凄い祭りだと思います。
> こんな豪華な祭りを見たことが無いので、実際に笠鉾や屋台を見てみたい気がいたします。

確かに豪勢なお祭りだと思います。昼と夜とでかなり印象が違って見えます。できれば、午前中一番から言って見たいものです。前日から来ると、宵宮も見られるんですが。

昔、屋台の本場は三河地方だと聞いたことがあります。それで、お祭りの内容を調べたら、確かに、屋台などがかなりあるようです。冬祭りではなさそうなので、いずれでかけてみようかと思っています。

2014/12/12 (Fri) 22:40

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 屋台は、本体の割には小さな車輪なんですね。
> これでよく稀にしか転倒しないものです。

小さく見えましたか。結構でかい車輪ですよ。後で、ぼんぼりなどを装着するシーンなどで、車輪が見えると思います。

> よほど曳行には気を使い、曳子の気を合わせてているんでしょう。
> 気を合わせるのには何か、合図でも有るんでしょうか?

身体が奮い立つような秩父屋台囃子と、襦袢着の『ホーリャイ、ホーリャイ』という掛け声とゼスチャに合わせるようです。

2014/12/12 (Fri) 22:49

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん こんばんは~★

びびさん、こんばんは。

> 屋台に書かれている絵が楽しいですね。
> 曳かれるごとに、だるまさんがゆらゆら動いているみたいで。(*^-^*)

後幕は特に町会同士競っているようです。自慢の逸品のようです。けちな私は、高価な後幕が傷ついたりしたら大変だから、偽物で済ませよう、などと考えてしまうかもしれない贅沢さです。
鯉の滝登りなども凄いです。

2014/12/12 (Fri) 22:53

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは<(_ _)>(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> 宝船の模様が、刺繍だとは、凄いですね。色々凝っていて作るのには相当時間をかけているのでしょうね。

そうでしょうね。昔の秩父は銘仙などで相当に裕福な街だったようで、それを自分たちの楽しみに還元しようという気風があったのではないかと思っています。
今ではなかなか新しいものを作るのは、難しくなってきているのかmしれませんね。

2014/12/12 (Fri) 22:57

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 女性の着物姿だと乗り降りが大変そうですね~

本当にそうですね。転落などしたら大変ですから、…。慎重になることでしょうね。

> 屋台に描かれている絵が鮮やかで目を惹きますね^^

本当にそう思います。好きな方は、朝早くどころか前日の宵宮から通して見ているようです。そして、休憩時などに天井絵などを撮らせてもらっているようです。動いているときはなかなか撮るのが難しいので。

2014/12/12 (Fri) 23:21

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> 祭りに事故はつきもの、と言ってしまえばそれまでですが、やはり事故が起こると、空気がくしゅんとなりますものね。祭りも、お祝い事ですものね。神様も望んでいないでしょうし。この後の夜が待ち遠しいです。

極め付きの重量物&高価品ですから、事故が起きたらほんとうに様々な意味で『痛い』ことでしょうし、一同の士気が低下してしまうことでしょう。そうならないように頑張るしか無いということなんでしょう。
夜は私のようなへなちょこには本当に難しいです。蝋燭のゆらめく明かりを取るのですから。オートにすると他の明かりを拾ってスローシャッターになってしまったり。いいカメラを抱えている人が羨ましくなります。

2014/12/12 (Fri) 23:27

Leave a reply