増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー(6) - 増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー_2014_Oct&Nov
FC2ブログ

増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー(6)

芝東照宮
ずっと安国殿が端の方にあったので気になっていたのだが、下記のような経緯があったのか。黒本尊は大殿の真後ろにあったようで、そう考えれば、安国殿の位置も納得できる。
以前の東照宮の建物を見てみたかったが、皆戦災でやられてしまったようである。現在の社殿は非常に可愛らしいものだ。

芝東照宮_1
芝東照宮_2
芝東照宮_3
芝東照宮(しばとうしょうぐう)は、東京都港区にある東照宮。祭神は徳川家康。神体は徳川家康寿像。旧社格は郷社。日光東照宮、久能山東照宮、上野東照宮と並ぶ四大東照宮の一つとされる。
芝公園の一角にあり、元来は増上寺内の社殿であった。徳川家康が慶長6年(1601年)に還暦を迎えた記念に自らの像を刻ませた「寿像」を、自身が駿府城に於いて祭祀していた。元和2年(1616年)家康は死去に際して「寿像」を祭祀する社殿を増上寺に建造するよう遺言した。同年10月に着工し翌元和3年(1617年)2月に竣工した。この社殿は家康の法名「安国院殿徳蓮社崇誉道大居士」より「安国殿」と呼ばれた。これが芝東照宮の起源である。
その後、3代将軍家光により寛永10年(1633年)に新社殿が造営され、旧社殿は開山堂となった。寛永18年(1641年)には移転改築がなされた。駿府城より移築された惣門、福岡藩主黒田忠之が寄進した鳥居、本殿の周囲に拝殿、唐門、透塀が造営され豪奢な社殿が整った。
明治初期に神仏分離令により、増上寺から切り離されて芝東照宮となった。明治6年(1873年)郷社に列した。本殿は大正4年(1915年)、当時の古社寺保存法に基づき特別保護建造物(現行法の重要文化財に相当)に指定された。しかし、昭和20年(1945年)5月25日の東京大空襲により「寿像」と神木のイチョウを残し、あとは全て焼失した。昭和44年(1969年)現在の社殿が再建された。


芝丸山古墳
丸山貝塚
丸山貝塚_1
丸山貝塚_2
反対側の平地には石蕗がたくさん咲いていた
石蕗がたくさん咲いていた
中段の踊り場状の広場に進む
中段の踊り場状の広場に進む_1
中段の踊り場状の広場に進む_2
中段の踊り場状の広場に進む_3
円山随身稲荷大明神
円山随身稲荷大明神_1
円山随身稲荷大明神_2
古墳の表示
確かに古墳の表示はあるのだが、もこもこと膨らみのようなものが古墳なのだろうか。樹木が邪魔をして、全体像がわかりにくい。
古墳の表示_1
古墳の表示_2
前方部
前方部というが本当に方形になっているのか、よくわからなかった。とりあえず、前方部の墳丘への階段を上る。
前方部の墳丘への階段
前方部の墳丘上にある虎の像
前方部の墳丘上にある虎の像_1
前方部の墳丘上にある虎の像_2
大野伴睦の句碑
虎の像の台座部分に、花崗岩と思しき石の板に「鐘がなる春あけぼのゝ増上寺」とあった。それは辛うじて読むことができたのだが、句の前と後ろとにも何か書いてあるようだった。こんな見難いままに放置してあるところを見ると、大した価値はないのだろうと、勝手に判断した。
よくよく見ると前の文字は『万木』らしい。伴睦の雅号かな。

大野伴睦の句碑
後円部への道
くびれ部には先ほど見た円山随身稲荷大明神が鎮座している。どうにも古墳の上を歩くのには抵抗があるのだが、そこを通らないことには先に行けないので致し方無い。
後円部への道
後円部
こちらは確かに上の部分も円形だった
こちらは確かに上の部分も円形だった
『瓢形大古墳』の表示
確かに前方後円墳というよりも瓢単形に見える。学者先生も私と同じように認識したようだ。
坪井正五郎の標識の石があるが、文字は風化して読み取りにくい。「瓢形大古墳、外部遺物・埴輪、石槨・無シ、遺体・不詳、副葬品・鏃其他鉄器・馬歯」と記されている。
『瓢形大古墳』の表示
『伊能忠敬測地遺功表』
明治22年に伊能忠敬の功績を顕彰して東京地学協会が建てたが、戦災で失われ、昭和40年に再建された。
『伊能忠敬測地遺功表』_1
『伊能忠敬測地遺功表』_2
『伊能忠敬測地遺功表』_3

赤羽橋に出るべく前方部側に戻って、階段を降りた。

芝公園のテニスコートがあった。首都高の出入口脇にある。
芝公園のテニスコート_1
芝公園のテニスコート_2
案外急な階段だ
案外急な階段だ

妙定院
赤羽橋から自宅へバスで帰るべく歩いていた時に、妙定院の前を通りかかった。何やら非常に立派な佇まい。通りから見えた熊野堂もほんとうに美しい感じ。特別公開を実施中だったのだが、帰宅を急いでいたので、今回は内部拝観はパスした。いずれかの機会に行ってみたいものだ。
寺社建立厳禁の当時に、官許により家重公の霊牌所として、一宇が創建されたとは、本当に凄いことだ。

高僧の誉れの高かった定月大僧正(1688~1771)が増上寺第四十六世住職であった宝暦十一年(1761)六月十二日、九代将軍家重公が薨去。幕府は遺言に従い、将軍の帰依信仰が篤かった定月大僧正に大導師を依頼、七月十日増上寺本堂において葬儀が盛大に厳修されました。この徳により、宝暦十三年(1763)十一月、家重公(惇信院殿)の御中陰の尊牌(白木の位牌)をお守りするため、寺社建立厳禁の当時に、官許により家重公の霊牌所として、一宇が創建されたのでした。
定月大僧正は明和三年(1766)十一月、増上寺住職を辞職、麻布一本松の隠居所に移られましたが、さらに明和七年(1770)十一月、山下谷に移られ、幕府より二百石を賜り、さらに翌年十一月、御本丸大奥老女方より、惇信院殿霊廟永代御供養料・仏具荘厳・水引・打敷・御膳具・御供養具などの寄進を受け、惇信院殿霊廟御念持仏も移されたのでした。こうして、定月大僧正は名実ともに妙定院の開山となられたのです。
その後、十代将軍家治公(浚明院殿)の尊牌も安置されました。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
熊野堂と浄土蔵(国の登録有形文化財)
土蔵造りの熊野堂は寛政八年(一七九六)に妙定院の鎮守として建立されました。熊野三社大権現を本尊としています。上土蔵は文化八年(一八一一)建立で、妙定院の収蔵品を守り続けてきました。
二棟は戦災を免れ、創建期以来の江戸の記憶を伝える建造物として、平成十三年に国の登録有形文化財となりました。近代工法では再現できない技法と意匠を伝承するものと評価されています。
熊野堂は開山定月上人から、第二世仰願上人、第三世宝観上人へと建立の願いが連綿と受け継がれた瞑想空間として、昔口の姿に復元されました。
また上土蔵は妙定院古記録より判明した意匠を採用するとともに、第十三世貞賢上人ゆかりの昭和本堂の建築彫刻と須弥壇を内部に移設しました。「浄土蔵」と新たに命名され、伝来の仏像・彫刻を展示する空問として再生されています。

妙定院_1
妙定院_2
妙定院_3
妙定院_4

東京タワー
色々なところからタワーがよく見える。今でもお好きな方は数多くいるようだ。
東京タワー_1
東京タワー_2
東京タワー_3

以上で『増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー』のシリーズは終了です。最後までご覧頂きありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年11月10日
最終更新 2014年11月10日

18 Comments

There are no comments yet.

きらり  

この場所はコリンが元気だった頃はほぼ毎日お散歩してましたし、小さい頃からあそんでましたのでどこがどうなっているのかは詳しいのですが、歴史などはこんなに詳しくは全く知りませんでした。
ものすごく興味深く楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。
後で用事がすんだらまたじっくり読みに来ます(笑

2014/11/10 (Mon) 11:14

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
そうですねえ、古墳を縦走するのは憚られますね。
単に「増上寺」としか知りませんでした。
将軍家との繋がり、庇護、諸々の歴史が詰まっているんですねえ。
古墳時代から。
ここに貝塚が有るのも知りませんでした。

2014/11/10 (Mon) 12:59

masa  

こんにちは。

都心にこんな古墳があったのですね。
主体部はすでに失われているとか?
時代の流れで、都会化によって失われていく文化財も多いのでしょうね。

2014/11/10 (Mon) 15:09

モカ  

こんばんは

芝公園の中にこんな感じのモノがあったのですね~
この付近は結婚前よく通っていたり東京タワーへは何度か行っていますが知りませんでした。
私は今でも東京タワーが好きですよ^^

2014/11/10 (Mon) 20:15

HARU  

こんばんは。

いつも思うのですが、東京は関東大震災や東京大空襲など、想像以上に歴史的なものを焼き尽くしてきたのですね。現在の風景と重ね合わせると、街も森もたくましく再生復活して・・・ときに、涙が出る想いになります。東京は大阪に比べて緑が多いです。きっと人々の心に強く癒しを求める作用が働いたかのように思います。

2014/11/10 (Mon) 20:58

土佐けん  

こんばんは

え?四大東照宮と言うのがあるんですか?
東照宮と言えば日光だと思っていました(^^;
そう言えば、和歌山にも東照宮はあったな~~
随分前に出かけたことを思い出しました^^

2014/11/10 (Mon) 21:46

AzTak  

Re: タイトルなし

きらりさん、こんばんは。

> この場所はコリンが元気だった頃はほぼ毎日お散歩してましたし、小さい頃からあそんでましたのでどこがどうなっているのかは詳しいのですが、歴史などはこんなに詳しくは全く知りませんでした。
> ものすごく興味深く楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。
> 後で用事がすんだらまたじっくり読みに来ます(笑

遊び場、散歩コースでしたか。羨ましいですね。会社からも学校からも近い場所なのに、どうもしきいがたかかったのか、近寄らない場所でした。

三解脱門の特別公開が過去一度しか行われていないとは思いませんでした。京都の東福寺の三門は国宝ですが、結構頻繁に特別公開をしていて、あれじゃ『普通公開』じゃないかと思うほどです。そこまでは必要ないにしても、もう少しやってくれても良いのにと思いました。
霊廟はもう少しくらい残っていれば有りがたかったのですが。
なかなか思うようにはいかないものですね。

PS.コリンくん、頑張っていますね。今は家族みんなで応援している感じですね。ここまで大事にしてもらえれば、コリンくんは幸せな犬生なんでしょう。

2014/11/10 (Mon) 22:05

keiko  

こんばんは(^-^)<(_ _)>

学者さんくらい物知りで、凄いですね。習ったような気がしますが忘れました。だから、東京タワーにみいりました。スカイツリーも、よく考えられた、建物だしライトアップだとおもいますが、東京タワーのほうが、素敵だと思ってます。(゜∀゜ゞ)

2014/11/10 (Mon) 22:10

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そうですねえ、古墳を縦走するのは憚られますね。

『縦走』というほど大げさなものではないのですが、こんなことしたら罰が当たりそうな気がして、…。

> 単に「増上寺」としか知りませんでした。
> 将軍家との繋がり、庇護、諸々の歴史が詰まっているんですねえ。
> 古墳時代から。
> ここに貝塚が有るのも知りませんでした。

将軍家との繋がりは、江戸の居城を構えようと考えた時に、通りかかった先の寺が麹町あたりにあった増上寺で、凄い坊さんがいるところだと感じ入ったというのが繋がりの初めだとか。
宣告を勝ち抜いた覇者の家康を前にして、臆すること無く接した坊さんの胆力も凄いものだったようです。
江戸の街の今でいう区画整理で、芝の地に移ってきたようですが、そこには古墳などが残る当時の郊外だったんでしょうかね。タイムマシンを操つることができれば、3代将軍のころのこの地に行ってみたいものです。できたばかりの秀忠の霊廟がすごかったんでしょうね。
そこまで欲張らずとも、お金さえ出せば見学できた『戦前』にワープしたいものです。

2014/11/10 (Mon) 22:20

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 都心にこんな古墳があったのですね。
> 主体部はすでに失われているとか?

港区にはあまり古墳はないようですね。もともと、昔の東京辺りは、大いなる辺境だったことでしょうから、古墳と言っても小規模で、おそらくは小規模の豪族のもので、副葬品もすぐに掘り返されるくらいに威厳がなかったのかなあ、などと想像しています。

> 時代の流れで、都会化によって失われていく文化財も多いのでしょうね。

そうかもしれませんね。
ここは幸か不幸か、その後、北廟などができて、そのすぐ近くを開発するなどという畏れ多いことは控えられたでしょうから、外見上は、何も変化なしかもしれません。

2014/11/10 (Mon) 22:29

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 芝公園の中にこんな感じのモノがあったのですね~
> この付近は結婚前よく通っていたり東京タワーへは何度か行っていますが知りませんでした。

私も右に同じ。あそこは何なのかな、という認識があった程度でした。ものぐさなので、疑問を疑問のままに放置していました。人生終焉のカウントダウンが始まった今頃になって、慌ててあちこち回り出しました。

> 私は今でも東京タワーが好きですよ^^

私は下から見るのが大好きです。上るのは、やや苦手です。回数は片手で済むくらいしか上っていません。何せ、大の◯◯◯◯◯ですから。

2014/11/10 (Mon) 22:36

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> いつも思うのですが、東京は関東大震災や東京大空襲など、想像以上に歴史的なものを焼き尽くしてきたのですね。現在の風景と重ね合わせると、街も森もたくましく再生復活して・・・ときに、涙が出る想いになります。東京は大阪に比べて緑が多いです。きっと人々の心に強く癒しを求める作用が働いたかのように思います。

そうですね、関東大震災や東京大空襲もありましたし、その前は大火が三度もありました。
江戸城の天守閣さえ焼失したくらいですから。でも、その都度、不死鳥のように蘇ってきたようですね。
当面は粗末な家に仮住まいしても、お金がたまったら、きっと満足できる家や庭を作りたい。個人はそう考えたことでしょう。お役人もいろいろ考えて、粋なものをつくろうとしているようです。
そんあこんなで、緑がある程度増えてきたのは、東京砂漠に働く者には、本当に大きな癒しになります。まあ、英国と比べたら、まだまだなんでしょうが。

2014/11/10 (Mon) 22:51

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> え?四大東照宮と言うのがあるんですか?
> 東照宮と言えば日光だと思っていました(^^;
> そう言えば、和歌山にも東照宮はあったな~~
> 随分前に出かけたことを思い出しました^^

東照宮は、家康をご神体として祀る神社が名乗っていたようで、相当数があったようです。今でもかなりの数が残っているのではないでしょうか。
『三大◯◯』などというのは、あまりあてになりませんよね。
国宝や重要文化財が残っているというのは、ある意味では有り難さの基準になるかもしれませんが、燃えてしまったところに価値がないわけでもなく、…。
私が見に行ったのは、日光、仙波、芝などです。まだ見に行っていない代表格が久能山。家康はあまり好きじゃないので、これからもわざわざ見に行くことはないと思います。写真のネタに困ったら、行くかもしれませんが。(^_^;)

2014/11/10 (Mon) 23:09

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは(^-^)<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> 学者さんくらい物知りで、凄いですね。習ったような気がしますが忘れました。だから、東京タワーにみいりました。スカイツリーも、よく考えられた、建物だしライトアップだとおもいますが、東京タワーのほうが、素敵だと思ってます。(゜∀゜ゞ)

こんな話題は歴史の試験に出る話でもなく、何の得もない話です。でも、息抜きには面白いかなと思わなくもありません。
東京タワーは、子供の頃、できたばかりの塔を見上げて驚いたものでした。その頃、福島の片田舎の小学生でしたから、東京は凄いところだと感動したものでした。昭和の大シンボルですから。暫くは維持していってほしいものです。

2014/11/10 (Mon) 23:19

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
『増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー』の
遠大なシリーズご苦労様でした!
しかし、たいしたものですね。こんな風にきちんとまとめられるとは!
全国に東照宮と称せられるところはたくさんあるのでしょうね!
日光と久能山そして上野くらいしか知りませんが・・・汗)
都心に古墳、それも前方後円墳とは驚きですが、
江戸幕府以前の江戸は草茫々の荒地でしたから
あっても不思議ではありませんが、今まで残っていrことが素晴らしい!
世界に類を見ない最初から計算され尽して作られた江戸と言う街は
素晴らしいところですね!
今でも、スカイツリーよりも東京タワーの方が好きと言う人は
私ばかりではないと思います♪
ほんとうにご苦労様でした!

2014/11/11 (Tue) 09:29

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 『増上寺~二天門~御成門~台徳院霊廟惣門_with_東京タワー』の
> 遠大なシリーズご苦労様でした!
> しかし、たいしたものですね。こんな風にきちんとまとめられるとは!

何だか、まとまりのない掘り下げ方でした。私のずぼらな性格が災いしているのかもしれません。

> 全国に東照宮と称せられるところはたくさんあるのでしょうね!
> 日光と久能山そして上野くらいしか知りませんが・・・汗)

今残っているのはどれくらいでしょうかね。3桁になるんでしょうか?
久能山は、近くまで行ったのですが、見ていないんです。青臭かったので、そういうものに興味が薄かったのかもしれません。上野の東照宮にも川越の仙波東照宮にも行ったことだし、久能山をパスする理由もなくなりました。そのうち、行ってみようかと思います。

> 都心に古墳、それも前方後円墳とは驚きですが、
> 江戸幕府以前の江戸は草茫々の荒地でしたから
> あっても不思議ではありませんが、今まで残っていることが素晴らしい!

惜しむらくは、そんなに住むのに適した土地ではなかったのか、元々の古墳の数がごく少ないようですね。都内と言っても外れになる田園調布界隈にはたくさんあったようですが。

> 世界に類を見ない最初から計算され尽して作られた江戸と言う街は
> 素晴らしいところですね!

元々は、何にもなかったところだったんでしょうね。ある程度好き勝手にやることができたのかもしれませんね。

> 今でも、スカイツリーよりも東京タワーの方が好きと言う人は
> 私ばかりではないと思います♪

私もそうです。何と言っても昭和のシンボルですから。

> ほんとうにご苦労様でした!

2014/11/11 (Tue) 22:08

kozoh55  

思うんです

日光東照宮が世界遺産なって、眠り猫がいて、建物が輝いていても
上野寛永寺が広大な土地を誇っていたのが、
今も残されてたとしても、
戦前までの増上寺にはかなわないのではないかと、
今になっては目立たない二代将軍徳川秀忠も
本当はこの増上寺で自身の存在の大きさを
見せつけていたんじゃないかと、そう思います。
戦争で焼けてなかったら?
増上寺も、池上本門寺も、すごいことになって
この江戸を守っていたのでしょうね。
おばんです、AzTakさん、またお邪魔します。

2014/11/15 (Sat) 00:49

AzTak  

Re: 思うんです

kozoh55さん、おばんです。

> 日光東照宮が世界遺産なって、眠り猫がいて、建物が輝いていても
> 上野寛永寺が広大な土地を誇っていたのが、
> 今も残されてたとしても、
> 戦前までの増上寺にはかなわないのではないかと、
> 今になっては目立たない二代将軍徳川秀忠も
> 本当はこの増上寺で自身の存在の大きさを
> 見せつけていたんじゃないかと、そう思います。
> 戦争で焼けてなかったら?
> 増上寺も、池上本門寺も、すごいことになって
> この江戸を守っていたのでしょうね。
> おばんです、AzTakさん、またお邪魔します。

本当に今でも残っていたら、こちらも世界遺産に指定されていたかもしれませんね。
プリンスホテルも安宿にランクを落として営業しているようですから、買い戻すチャンスかもしれませんが。高くふっかけるのかもしれませんね。
桁糞悪いホテルなど潰して、霊廟を再現してほしいものだと思いますが、そんな途方も無いこと、叶わぬ夢でしょうかね。

2014/11/15 (Sat) 22:41

Leave a reply