お会式(4) - お会式_2014_Oct
FC2ブログ

お会式(4)

池上駅前線路伝い商店街での万灯練り行列の様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用(1)
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_1
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_2
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_3
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_4
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_5
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_6
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_7
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_8
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_9
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_10
++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++----
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_11
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_12
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_13
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_14
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_15
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_16
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_17
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_18
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_19
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_20
++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++---- ++++----
駅前商店街での様子…EOS 60D + EF-S 55-250を使用_1_21
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年11月01日
最終更新 2014年11月01日

8 Comments

There are no comments yet.

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
纏も沢山あって見てると面白いですね。
各町内で工夫しているんでしょうね。

2014/11/01 (Sat) 03:43

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
老若男女の纏の技は大したものですよね!
この日の為に練習を重ねた賜でしょうか!
若い娘や経験を積んだ男衆の纏の技には目が釘付けになってしまいます。

ところで、薄紙で造られ、垂れ下がった花が桜の花だとは後で知りました 汗)
西行法師の「「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」
池上本門寺の境内に十月桜の木があり御会式の頃に咲くと聞いたことがあり
いつか確かめようと思いつつ 未だ訪れていません 汗)
機会があったらAzTakさんにお願いです♪

2014/11/01 (Sat) 03:48

花さか爺サン  

こんばんは
纏を先頭に老若男女が練り歩く様子はなかなか雄大なものだすね。
纏は、江戸時代に町火消の各組が用いた旗印の一種だそうですが、当時は一旦火事が発生すると各組が我先に現場に馳せ参じ競って火消しに当たったのでしょうね。
御会式の行事に当時の風習を今に受け継ぎ盛大に執り行われているのは素晴らしいことだと思います。
纏には日蓮宗のお寺の紋が入っているのでしょうか、色々な字や形が見えますが・・・・・・

2014/11/01 (Sat) 17:08

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 纏も沢山あって見てると面白いですね。
> 各町内で工夫しているんでしょうね。

万灯練り行列の参加単位は、講中(こうじゅう)という組織がありますが、これが参加単位です。
近隣で行う秋祭りではありませんから、町内会単位の参加などはあり得ないのです。
講中はおそらくは有力な日蓮宗のお寺さんの信徒仲間だと思います。お寺に集まって、準備し、練習に励んできたんだと思います。

2014/11/01 (Sat) 17:39

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 老若男女の纏の技は大したものですよね!
> この日の為に練習を重ねた賜でしょうか!
> 若い娘や経験を積んだ男衆の纏の技には目が釘付けになってしまいます。

華やかだから、皆がやりたがりますよね。そして、皆が見たがります。
江戸の火消したちが伝えたという纏振りですから。粋にやってほしいものです。

> ところで、薄紙で造られ、垂れ下がった花が桜の花だとは後で知りました 汗)
> 西行法師の「「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」
> 池上本門寺の境内に十月桜の木があり御会式の頃に咲くと聞いたことがあり
> いつか確かめようと思いつつ 未だ訪れていません 汗)
> 機会があったらAzTakさんにお願いです♪

そのことが頭にあって、9月に一度行ってみたのですが、どこに桜があるのかわかりませんでした。後で調べたら、本殿の脇だとか。そんなにすごいものではないのかもしれません。そのことより、ご入滅の時にタイミングが同じく桜が咲いたことが重要だったんでしょうかね。
見に行けたら行ってみます。まだ咲いていますかねえ。
ここのところ、お寺さんにばかり行っているような気がしてなりません。クリスチャン廃業でしょうかねえ。

2014/11/01 (Sat) 18:05

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

花さか爺サンさん、こんばんは。

> 纏を先頭に老若男女が練り歩く様子はなかなか雄大なものですね。

そうですね。もっと広いところで、其れこそパフォーマンスを思う存分繰り広げているところが良かったんですが、なかなかそういうところで撮るのは難しいんです。
講中の関係者は、至近距離からフラッシュ使用でバチバチ撮ることができますから、まずまずの写真が撮れるんでしょうね。

> 纏は、江戸時代に町火消の各組が用いた旗印の一種だそうですが、当時は一旦火事が発生すると各組が我先に現場に馳せ参じ競って火消しに当たったのでしょうね。
> 御会式の行事に当時の風習を今に受け継ぎ盛大に執り行われているのは素晴らしいことだと思います。

まったくうまくやっていますよね。

> 纏には日蓮宗のお寺の紋が入っているのでしょうか、色々な字や形が見えますが・・・・・・

そうなんだと思います。本当の火消しのものではないので、こうあらねばならないという規則などないでしょうから、…。何をそこに入れるかは、其れこそ自由なんでしょう。でも、普通に考えれば、お寺の紋を入れるでしょうね。

2014/11/01 (Sat) 18:33

masa  

こんばんは。

纏を持っている人の表情がいいですね。
写真展の審査員好みの写真ではないかと思います。
こう云う写真は狙っても出来ないですね。
祭りに浸る若者の気持ちが伝わってきます。

2014/11/02 (Sun) 00:02

AzTak  

Re: こんばんは。

masaさん、おはようございます。

> 纏を持っている人の表情がいいですね。
> 写真展の審査員好みの写真ではないかと思います。
> こう云う写真は狙っても出来ないですね。
> 祭りに浸る若者の気持ちが伝わってきます。

過分のお言葉、有難うございます。
どんな雰囲気だったのかだけは撮って伝えたいと考えていました。
貰いの明かりが期待できる駅前でしたが、それでもブレブレで、来年は、撮影条件の設定などをいくつか考えて実践してみようと思います。

2014/11/02 (Sun) 06:23

Leave a reply