ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社(12) 2014.10.08 15:20追記 - ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社_2014_Sep
FC2ブログ

ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社(12) 2014.10.08 15:20追記

荏柄天神社
荏柄天神社は、名前の通り菅原道真を祀る神社。太宰府天満宮、北野天満宮とともに日本三天神の一つ。前二社は著名だが、荏柄天神社は知る人ぞ知る神社の位置づけだろうか。
建武の中興を果たしたものの足利尊氏と衝突し、幽閉後殺害された護良親王を祀る鎌倉宮。その目と鼻の先に荏柄天神社がある。こちらは、源頼朝が鎌倉に入ると、新たに社殿を造営し、幕府の鬼門(北東)を鎮護する神として祀られた神社だ。鎌倉宮とはまったく立場を異にする。その神社同士が至近距離に鎮座しているというのは、皮肉なことだ。
鎌倉宮が近くに造営中であったり、徳川幕府からも重視された関係かもしれないが、明治維新後は冷遇されたようだ。神仏分離令で衰退し、明治6年(1873年)になってやっと村社と扱われた程度。かたや、鎌倉宮は同年に官幣中社に列格されたというのに。しかし、それだけの価値しかない神社では決してない。

鳥居の直前にこんなくぐり口が。洒落たものだ。
どうも2本のビャクシンがX字状に交差しているようだ。なおこの荏柄天神社の参道と鎌倉宮の参道もX字状に交差している。
鳥居の直前にこんなくぐり口が_1
鳥居の直前にこんなくぐり口が_2
ちょっと長めの石段
ちょっと長めの石段
菅公一千年祭記念碑
明治35年が菅原道真公の千年忌にあたったようだが、その折に建てられたものだろう。『菅公』とは、決してあの馬鹿な菅直人のことなどではない。
菅公一千年祭記念碑
謂れはこんなもの
姿絵が降ってきたのか。さぞかし鎌倉の村人は有難い印だと思ったことだろう。
謂れはこんなもの
神門
神門_1
神門_2
神門_3
拝殿
目に飛び込んでくるのは目にも鮮やかな拝殿。幣殿や拝殿は、関東大震災による倒壊で再建されたもの。
拝殿_1
拝殿_2
拝殿_3
本殿(国指定の重要文化財)
樹木の陰ではっきり撮ることができなかったが、拝殿の背後(画面左側)には本殿が有る。本殿は、三間社流造、銅板葺き。江戸幕府第2代将軍徳川秀忠が資材・資金を下賜して元和8年(1622年)に始まった大規模な修造の際、寛永元年(1624年)に鶴岡八幡宮若宮の旧本殿を譲り受け移築したものだそうだ。鶴岡八幡宮の若宮旧本殿は正和4年(1315年)の鎌倉大火の後、翌正和5年(1316年)に建立された。記録によれば、中世、近世を通じてたびたび修理が行われているが、社殿全体が再建された記録はない。移築と度重なる修理を経ているとはいえ、鎌倉地方における中世建築の稀少な遺構の一つだそうだ。
ということで、国指定の重要文化財になっている。

本殿(国指定の重要文化財)_1
反対側から撮っても樹木が邪魔になる。と言っても天神社というからには境内に梅の木はつきもので、これがなくては話にならないのだろう。致し方無しかも。
本殿(国指定の重要文化財)_2
絵筆塚
「かっぱ筆塚」を建てた漫画家清水崑の遺志を継いだ同じく漫画家の横山隆一らが建立してもの(平成元年)。横山隆一をはじめとする漫画家154人によるカッパのレリーフが飾られた筆形の塚で、毎年10月には、清水崑を偲ぶ「絵筆塚祭」が行われているそうだ。
いい加減疲れた頃に此処に来たが、この絵筆塚で癒やされたのか、ちょっと元気が戻ったような気がした。

絵筆塚_1
絵筆塚_2
2絵筆塚_3
絵筆塚_4
絵筆塚_5
絵筆塚_6
絵筆塚_7
絵筆塚_8
文化財の説明表示板
文化財の説明表示板
熊野権現社
伊邪那岐命(イザナギノミコト)、伊邪那美命(イザナミノミコト)、天宇受売命(アメノウズメノミコト)の熊野三柱神がまつられているそうだ。
熊野権現社
神輿庫
社殿の右側には、神輿庫がある。何の建物かと思うほど堂々としていた。
神輿庫
大銀杏
鎌倉市指定の天然記念物。樹齢600年と伝えられている。天神が降った場所とされているところに植えられているとか。
大銀杏

荏柄天神社本殿…文化遺産オンラインから
荏柄天神社は、鶴岡八幡宮の東方に位置している。長治元年(1104)に菅原道真を勧請し、創立されたとされ、鎌倉時代初期より幕府との関わりが記録に見える。
現存する本殿は、寛永元年(1624)の鶴岡八幡宮若宮の社殿造営に伴い、若宮の旧本殿を移築して再興されたものである。若宮は、正和5年(1315)再建後、中世を通じて維持されていることから、この本殿は14世紀に遡る可能性がある。
形式は三間社流造 、屋根は銅板葺である。内部は小組格天井とし、内法長押上の小壁に横連子を入れる。
荏柄天神社本殿は、江戸時代初頭に鶴岡八幡宮の若宮本殿を移築したもので、鶴岡八幡宮の室町時代に遡る主要社殿を伝える唯一の例として重要である。
三間社としては大型で、内外ともに細部の意匠も優れ、中世鎌倉における社殿の様式を知る上で欠くことのできない貴重な遺構である。

荏柄天神社境内…国指定文化財等データベースから
荏柄天神社は、鎌倉市中央部の東側、源頼朝が開いた幕府跡伝承地の北東約200mの丘陵先端部に位置し、谷を挟さんで約300m西側の対岸丘陵には史跡法華堂跡(源頼朝墓)が隣接している。江戸時代成立の「相州鎌倉荏柄山天満宮略縁起」によれば、長治元年(1104)8月25日に天神が降臨したことに始まるという。天保12年(1841)成立の『新編相模国風土記稿』は、幕府の鬼門鎮護のために祀られたとの社伝を採録している。周囲よりも7m程高い東西約55m、南北約50mの削平地に社殿を設けている。社殿裏は人工的に切り落とした急崖で、社殿の両側は袖状の尾根が張り出しており、鶴岡八幡宮の上宮敷地造成との共通性が見られる。
天神は、東国では八幡神とともに平将門に新皇の位を授ける神として現れ(『将門記』)、武家政権の成立に関わる神であり、弘安4年(1281)には鶴岡八幡宮の境内末社としても祀られた。貞永元年(1232)成立の『御成敗式目』の末尾に付された起請文には、幕府ゆかりの神々の最後に「天満大自在天神」として記されており、誓約に関わる神でもあった。
『吾妻鏡』での初出は建仁2年(1202)9月11日条で、大江広元が荏柄社祭の奉幣使を奉仕したとある。建保元年(1213)2月25日・26日条には、渋川兼守が荏柄社に奉じた詠歌によって、将軍実朝より罪を赦されたとある。寛元2年(1244)7月20日・8月3日条には、密通の被疑者が起請文を進めて参籠して失無しとされたとある。弘長元年(1261)5月8日の「天神坐像胎内銘文」では、荏柄神主平政泰によって朝廷と幕府の鎮護が祈願されている。
当社は鎌倉における詩歌信仰の中心であり、室町時代には鎌倉公方が正月25日に参詣し、千句の催しが行われた(『鎌倉年中行事』)。鎌倉公方足利成氏は宝徳3年(1451)9月23日の御教書で「天下安全祈祷事」を命じており、武家政権の維持に当たり、鶴岡八幡宮と対になって信仰されていた。北条氏康は天文17年(1548)に社殿造営用途のために関を寄進している。豊臣秀吉は天正18年(1590)に鎌倉に入り、鶴岡八幡宮と当社の造営を沙汰し、徳川家康は天正19年に社領19貫文余の朱印状を下して造営を命じている。
元和8年(1622)、徳川秀忠による鶴岡八幡宮造営の際に、若宮旧社殿を当社に移し、幕府の援助で本社・末社の造営が行われている。これ以後、幕府による30年から40年ごとの鶴岡八幡宮修造に併せて当社も修造され、当社は鶴岡八幡宮と並ぶ武門の神として維持されてきた。平成13年の修理の際に鎌倉市教育委員会が建造物調査を行い、当社本殿が正和5年(1316)の造営で、元和8年に当社に移築された旧鶴岡八幡宮若宮本殿であることが確認された。
荏柄天神社は幕府の鬼門鎮護の神社と伝えられており、武家の誓約を保証し、武家政権を守護する神として鶴岡八幡宮とともに信仰され、東国の天神信仰、詩歌信仰の中心でもあった。また、境内地は宗教的な環境を良好に残しており、武家の信仰形態を伝える遺跡として重要である。


以上で、12回にも亘った『ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社』シリーズは終了です。最後までご覧頂きありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年10月08日
最終更新 2014年10月08日

12 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
今日の傑作はこの文章につきます♪
『菅公』とは、決してあの馬鹿な菅直人のことなどではない。
あはは、最高ですね 笑)
太宰府天満宮、北野天満宮とともに日本三天神の一つとは
ハッキリ言って名前すら知りませんでした 汗)
長かったシリーズ、ご苦労様でした!

2014/10/08 (Wed) 02:06

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
まさに、『今日の傑作』ですね
荏柄天神社は知りませんでした。
なるほど、関東の漫画家たちの絵筆塚にはここでしょうね。
天神社もこういうう大きな神社でないとご利益が無いのかなァ
北の天満宮は一回お参りしただけだし・・・・

2014/10/08 (Wed) 13:13

HARU  

こんにちは。

AzTakさん、2週間も同一エリアの取材情報をアップできるこまめさ、ほんと感心しています。シリーズの区割りや構成など、見えないところで時間がかかるので、この連続作業は正直すごいと思います。
僕も三大天神のひとつというのは知りませんでした。あとの2つがあまりに著名なせいでしょうね。神社の名前が気になりました。荏とは荏胡麻の荏でしょうね。僕は塗装に荏油を使うので、よけいに気になったのですが。地名なんでしょうか。

2014/10/08 (Wed) 14:50

masa  

太宰府天満宮、北野天満宮は良く聞きますが、確かに荏柄天神社は初めて知りました。
立派な由緒ある神社のようですね。
我が地の神社も天神社で、毎年お参りしてますが学問は・・・・・。

2014/10/08 (Wed) 16:17

きみひと@  

こんばんは!
絵筆塚、面白いですね!
歴史ある古い物かと思いきや、まさかドラえもんとは(笑)
神社にこのようなものがあるって、面白いですねえ。
太宰府天満宮、北野天満宮は行ったことがありますが、
ここはまだ行ったことないんですよ。
機会があれば行ってみたいな・・・。

2014/10/08 (Wed) 18:59

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今日の傑作はこの文章につきます♪
> 『菅公』とは、決してあの馬鹿な菅直人のことなどではない。
> あはは、最高ですね 笑)

自分のブログとはいえ、ちょっと調子に乗りすぎたかもしれません。m(_ _)m

> 太宰府天満宮、北野天満宮とともに日本三天神の一つとは
> ハッキリ言って名前すら知りませんでした 汗)

普通の方はそうですよね。湯島天神とか亀戸天満宮とか有名な神社が多いのに。意外な感じかもしれません。

> 長かったシリーズ、ご苦労様でした!

本当に長くなってしまいました。最後には、自分の記憶が朧になりそうで。活きが良いうちに終わるのが一番ですね。(^_^;)

2014/10/08 (Wed) 20:06

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> まさに、『今日の傑作』ですね
> 荏柄天神社は知りませんでした。

知らない方が殆どでしょう。鎌倉が好きで通っている方はご存知なんでしょうが。

> なるほど、関東の漫画家たちの絵筆塚にはここでしょうね。

荏柄天神社と漫画家清水崑との縁があったのが始まりなんでしょうね。清水崑のカッパの漫画は私も大好きでした。いろんな人に彼は慕われていたようですね。その人格者の彼を惹きつけた荏柄天神社も何かがあったのでしょう。
荏柄天神社の「かっぱ筆塚」は、1971年(昭和46年)、漫画家清水崑が愛用した絵筆を納めるために建設したもの。
筆を担いだ河童の絵が彫られた石碑の裏には、作家川端康成が揮毫した「かっぱ筆塚」の文字が刻まれている。
平成元年、「かっぱ筆塚」の背後に、清水崑の遺志を継いだ横山隆一らが「絵筆塚」を建立している。
毎年10月には、清水崑を偲ぶ「絵筆塚祭」が行われる。


> 天神社もこういう大きな神社でないとご利益が無いのかなァ
> 北野天満宮は一回お参りしただけだし・・・・

さあ、どうなんでしょうねえ。三天神に数えられるということは、それなりの何かがあったのかもしれません。

2014/10/08 (Wed) 20:18

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。
先ほどから皆既月食が気になって、皆既月食になるまでは雲が気になりながらも何とかいけたんですが、再び光りだすはずのお月様が雲に遮られて、…。

> AzTakさん、2週間も同一エリアの取材情報をアップできるこまめさ、ほんと感心しています。シリーズの区割りや構成など、見えないところで時間がかかるので、この連続作業は正直すごいと思います。

ちょっと粘りすぎました。ちょこちょこ記事こにしていったので、自分でも細かいことは忘れてしまって。

> 僕も三大天神のひとつというのは知りませんでした。あとの2つがあまりに著名なせいでしょうね。神社の名前が気になりました。荏とは荏胡麻の荏でしょうね。僕は塗装に荏油を使うので、よけいに気になったのですが。地名なんでしょうか。

私も三つ目がこちらさんだとは知りませんでした。防府天満宮じゃないかと思っていたのですが。色々、関係者が自分たちの都合が良いように決めてしまっているのかもしれません。

荏柄は正直な所、よくわかりません。
ここの地名は、現在は二階堂ですが、昔は『荏草郷』と言っていたようです。この正確な読み方が不明なようです。地元の人達は、『エガヤ』と読んでいたのが、段々、『エガラ』と読まれるようになり、ついには、元の漢字のほうが直っていったというような状況です。
ということで、地名を付けたと解釈したほうが良さそうです。

荏草郷(古代)
奈良期~平安期に見える郷名「和名抄」相模国鎌倉郡七郷の1つ天平7年閏11月10日の相模国封戸租交易帳に某親王のものと思われる食封として「荏草郷伍拾戸 田壱伯肆拾玖町肆段弐伯参拾陸歩」とあり,不輸租田41町1反356歩,見輸租田108町2反240歩,租1,624束であった(正倉院文書/県史資1‐古58)なお,「鎌倉市史総説編」は,当郷名について那波道円本の「和名抄」に「エカラ」と振り仮名がついているとしているが,のちの書き入れの可能性もあり,高山寺本等にも訓みは記されてはおらず,詳細は不明また中世には荏柄【えがら】の地名が見え,「地理志料」は「エガヤ」と訓み,のちに転じて「エガラ」になったといい,荏柄天神(現鎌倉市二階堂)は当地名の遺名という(県史通1)「新編相模」も同天神は所在地名を称したといい,当郷域については,同天神のある現在の鎌倉市二階堂から同市大町・材木座の東部付近まで及んでいたと推定されるが,詳細は不明(鎌倉市史総説編)...

2014/10/08 (Wed) 21:04

AzTak  

Re: タイトルなし

masaさん、こんばんは。

> 太宰府天満宮、北野天満宮は良く聞きますが、確かに荏柄天神社は初めて知りました。
> 立派な由緒ある神社のようですね。

由緒があるのは確かですが、防府天満宮などを差し置いて、こういうふうに名乗って良いものなんでしょうか。よくわかりません。

> 我が地の神社も天神社で、毎年お参りしてますが学問は・・・・・。

まあ、普通に日本語の読み書きができれば十分でしょう。学者にでもなりたいなら別ですが。

2014/10/08 (Wed) 21:11

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは!

きみひと@さん、こんばんは。

> 絵筆塚、面白いですね!
> 歴史ある古い物かと思いきや、まさかドラえもんとは(笑)
> 神社にこのようなものがあるって、面白いですねえ。

漫画家の清水崑先生が亡くなられた時に、大事に使っていた絵筆を供養したいということで、天神社の関係者に相談したのが初めなんでしょう。先生の縁が多くの漫画家を突き動かし、絵筆塚になったのでしょう。
しかし、図案が全てカッパが絡むものなので、壮観でした。全部見て回りました。

> 太宰府天満宮、北野天満宮は行ったことがありますが、
> ここはまだ行ったことないんですよ。
> 機会があれば行ってみたいな・・・。

公式の三天神は防府天満宮だと思いますが、数える人の勝手なのかもしれません。特に三つ目は。

2014/10/08 (Wed) 21:16

kozoh55  

ありがたいです

筆塚というのは幾つかの寺社で見た記憶がありますが、
こうして筆のプロたちの心のこもった筆塚は初めて見たような気がします。
特にサトウサンペイは亡くなった父が週刊朝日が好きで
毎週とっていて、そこに連載されていたのを思い出して
凄く懐かしい気がしました。カッパの絵達もよいですね~
いつも貴重な記事をありがとうございます、またお邪魔します。

2014/10/09 (Thu) 00:56

AzTak  

Re: ありがたいです

kozoh55さん、おばんです。

> 筆塚というのは幾つかの寺社で見た記憶がありますが、
> こうして筆のプロたちの心のこもった筆塚は初めて見たような気がします。
> 特にサトウサンペイは亡くなった父が週刊朝日が好きで
> 毎週とっていて、そこに連載されていたのを思い出して
> 凄く懐かしい気がしました。カッパの絵達もよいですね~
> いつも貴重な記事をありがとうございます、またお邪魔します。

清水崑という漫画家が相当な人格者だったんでしょうかね。川端康成が揮毫してくれ、後輩の漫画家がこぞって筆塚用の1枚を提供してくれたんですものね。
そこにサトウサンペイも居て良かったですね。

2014/10/09 (Thu) 20:41

Leave a reply