ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社(9) - ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社_2014_Sep
FC2ブログ

ヴェルニー公園、瑞泉寺、永福寺跡、鎌倉宮、荏柄天神社(9)

瑞泉寺(7)
前庭の様子
鐘楼と錦屛晩鐘
鐘楼と錦屛晩鐘_1
鐘楼と錦屛晩鐘_2
鐘楼と錦屛晩鐘_3
鐘楼と錦屛晩鐘_4
安国利生塔
足利尊氏は夢窓疎石に帰依し、その勧めによって、後醍醐天皇と内乱の戦没者を弔う安国寺と安国利生塔を国ごとに建立しました。相模国の安国寺はすでになく、安国利生塔だけが瑞泉寺に移されたもののようです。
安国利生塔
半跏地蔵菩薩
半跏地蔵菩薩
今回見ることができた花
芙蓉
芙蓉_1
芙蓉_2
桔梗
季節もおしまいの頃だったようだ
桔梗_1
桔梗_2
桔梗_3
彼岸花など
彼岸花など_1
彼岸花など_2
彼岸花など_3
シュウメイギクかなあ
シュウメイギクかなあ_1
シュウメイギクかなあ_2
玉すだれかな
玉すだれかな
ミズヒキ
ミズヒキ
その他
梅など
春には梅が美しく咲くのだろう。瑞泉寺は、北側に山を背負うので、冷たい風が吹き込まず、鎌倉では一番最初に梅が咲くのだそうだ。同じ理由から、紅葉は鎌倉でも最後に見頃になるとのことだ。
梅など_1
梅など_2
梅など_3
鶴亀の石庭
ここは『鶴亀の石庭』というのだそうだ。名前も知らなければどういう意図を持って置かれたのかも知らない。そんなふうだったので、ピンぼけでも撮り直さなかったのだが。
鶴亀の石庭

今回までで瑞泉寺はおしまいとし、次回は永福寺(ようふくじ)跡を取り上げる。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年10月05日
最終更新 2014年10月05日

14 Comments

There are no comments yet.

ララ  

鎌倉というところは独特の地形で山を背負っているような感じですよね。
観光地しか行かないとなかなかわからないですが
今年北鎌倉から鎌倉駅まで歩いてそんなふうに感じました。

2014/10/05 (Sun) 04:52

keiko  

こんにちは(^-^)

ミズキヒっていう植物は、あの祝儀袋とかについている水引の原型でしょうか。赤の花がついているんですね~長い蔓が似てるし、お花からとったものなんですね。白いお花もあるのかなーとか、思いました。

2014/10/05 (Sun) 11:33

HARU  

こんにちは。

夢窓疎石という人は、あちこちの著名な寺院に足跡を残しており、しかも庭園設計でも名を残した高僧ですね。日本の庭師ルーツの大御所でしょう。京都の苔寺もこの方の設計なんですね。自然の地形を取り入れた大胆な雰囲気は、いいですねえ。よくぞ復元されたと思います。拍手。

2014/10/05 (Sun) 13:20

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
鐘楼も英勝寺のものとは大分違いますね。
花が絶えない庭はいいです。
何時行っても心が和みます。

2014/10/05 (Sun) 15:31

土佐けん  

こんにちは

芙蓉や桔梗、彼岸花・・・
秋のお花に出会えるお寺なんですね^^
鐘楼は重厚で素敵ですよね^^

2014/10/05 (Sun) 16:46

花さか爺サン  

こんばんは

瑞泉寺は「花の寺」に相応しい、静寂感の漂う庭に、四季折々の花が咲き、
なかでも、梅の花やモミジの時期は一段と綺麗だと思います。

素敵な庭を居ながらにして、拝見できて良かったです。

2014/10/05 (Sun) 17:45

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> 鎌倉というところは独特の地形で山を背負っているような感じですよね。
> 観光地しか行かないとなかなかわからないですが
> 今年北鎌倉から鎌倉駅まで歩いてそんなふうに感じました。

三方が山で、一方が海。守りやすいということで、頼朝はこの地に幕府をおいたのでしょう。
お寺さんも少し大きなお寺さんになると、山を背負うことになりますね。少し足腰には厳し目ですが、その分、静寂が保たれるようです。
同じように山を背負っていても、どちら向きの斜面に位置しているかによって、梅の開花も紅葉の盛りも時期がかなりずれるようです。

2014/10/05 (Sun) 18:53

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> ミズキヒっていう植物は、あの祝儀袋とかについている水引の原型でしょうか。赤の花がついているんですね~長い蔓が似てるし、お花からとったものなんですね。白いお花もあるのかなーとか、思いました。

和名のミズヒキは御祝儀の品を結ぶあのミズヒキににたかんじゃだということで名付けられたようですよ。ということで、ネーミングは水引が先で、真似をしたわけではなさそうです。
この世に出現したのは、ミズヒキの方が早いと思いますが、よくわかりません。

質問を受けて調べたのですが、通常のミズヒキはごくごく小さな花ですが、よく見ると、上部が赤で、下部が白のようです。それが紅白の水引に似ていると連想したのでしょう。
なお、白一色のシロバナも有るようです。

http://www.hana300.com/mizuhi2.html

2014/10/05 (Sun) 19:09

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 夢窓疎石という人は、あちこちの著名な寺院に足跡を残しており、しかも庭園設計でも名を残した高僧ですね。日本の庭師ルーツの大御所でしょう。京都の苔寺もこの方の設計なんですね。自然の地形を取り入れた大胆な雰囲気は、いいですねえ。よくぞ復元されたと思います。拍手。

西芳寺などは夢窓国師が枯れてきて、それまでの研鑽の日々の集大成のような庭園なんでしょうね。それに比して、この瑞泉寺の庭園は、もう少し若い頃に造られた庭園のようです。
http://muso.to/teienn-musounoniwa.htm

ps.祖母が唐津で茶道を習っていた頃、中里無庵氏のお茶碗を幾つか入手して、福島でも使っていました。人間国宝の指定を受ける以前の作品で、評価がどうなのか考えたものでした。
瑞泉寺の庭を拝見すると、そのことを思い出します。

2014/10/05 (Sun) 19:24

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鐘楼も英勝寺のものとは大分違いますね。

それはそうでしょうね。英勝寺さんのものは、時の権力者が大恩人に捧げるべくつくったのでしょう。一方は、古のものは関東大震災で倒壊してしまい、爪に火を灯すような苦労をして再建したものでしょうから。有るだけでもましなのです。でも、飾らない雰囲気が私は好きです。

> 花が絶えない庭はいいです。
> 何時行っても心が和みます。

ホンの少しずつですが、実の多種を得ているので、結果的にどの季節でも数種類の花が咲いているようです。いの一番は勿論のこと水仙でしょうが。

2014/10/05 (Sun) 19:29

AzTak  

Re: こんにちは

土佐けんさん、こんばんは。

> 芙蓉や桔梗、彼岸花・・・
> 秋のお花に出会えるお寺なんですね^^

秋に限らず、絶えず何らかの華が咲くように準備しているようです。鎌倉には花の寺と呼ばれるお寺さんがいくつかありますが、その筆頭に位置づけられているようです。
水仙、蝋梅、黃梅、梅、…という風にシームレスに咲きます。
しかし、あのタマアジサイには正直驚きました。

> 鐘楼は重厚で素敵ですよね^^

飾りもなんにもない質素なものでした。禅寺らしくていい感じでした。
関東大震災で、建て直しが必要な堂宇が多く、鐘楼にはお金を掛けられなかったのでしょう。それが却って、経年で風格を醸し出していることに繋がったのですから、何が幸いするかわかりませんね。

2014/10/05 (Sun) 19:38

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 瑞泉寺は「花の寺」に相応しい、静寂感の漂う庭に、四季折々の花が咲き、
> なかでも、梅の花やモミジの時期は一段と綺麗だと思います。

紅葉はかなり遅いんだそうです。初冬の頃に見頃になるようです。追いかけるようにロウバイや水仙が咲き、黃梅、梅、桜と続くようです。

> 素敵な庭を居ながらにして、拝見できて良かったです。

忘れずにいて、母の具合も良いようでしたら、11月末にでも出かけてみようかと思います。
その時は、超広角レンズを忘れず持参したいと思います。魚眼レンズがあればなお良いのでしょうが、あいにく持っていません。(^_^;)

2014/10/05 (Sun) 19:45

モカ  

こんばんは

彼岸花に桔梗、いいですね~
私は未だ桔梗を撮影した事がありません。
好きなお花なんですけどね。
梅も花を咲かせたら随分見事な光景になりそうですね^^

2014/10/05 (Sun) 20:02

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 彼岸花に桔梗、いいですね~
> 私は未だ桔梗を撮影した事がありません。
> 好きなお花なんですけどね。

桔梗はあの質感を是非とも再現してみたいものですねえ。へたくそな私には、高い障壁がそびえている感じです。

> 梅も花を咲かせたら随分見事な光景になりそうですね^^

水仙に始まり、ロウバイ、黄梅、梅、桜、…と続くようですよ。鎌倉で一番先に咲くそうです。
南向きの斜面であることがものを言っているようです。

2014/10/05 (Sun) 20:56

Leave a reply