三崎漁港とその界隈(5) - 三崎漁港とその界隈_2014_Aug
FC2ブログ

三崎漁港とその界隈(5)

次は海の様子を取り上げる。
まずは、バス停の前の海を見る
目指す方向は同じようだ
目指す方向は同じようだ
港の前には、各種の観光船が待ち構えている
宮川湾海中散歩にじいろさかな号(うらり号)
大きなマグロ船が停まっている花暮岸壁を通り過ぎ、城ケ島大橋をくぐり抜け、しばらくすると神河湾の魚のポイントにつく。そうしたら、下の展望室に降りて、海中をアクリル越しに見る趣向のようだ。
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_1
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_2
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_3
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_4
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_5
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_6
宮川湾海中散歩にじいろさかな号_7
城ヶ島渡船『白秋』
今から約50年前、城ヶ島大橋の開通により廃止された城ヶ島渡船を再開したものだそうだ。こういうものって、一旦廃止されたら最後、二度と再開されないのが相場だろうに、うーーん。
城ヶ島渡船『白秋』_1
城ヶ島渡船『白秋』_2
城ヶ島渡船『白秋』_3
城ヶ島渡船『白秋』_4
城ヶ島渡船『白秋』_5
城ヶ島渡船『白秋』_6
城ヶ島渡船『白秋』_7
その他の船
フィッシングボート
フィッシングボート
いろいろな船が出番を待っている
いろいろな船が出番を待っている_1
いろいろな船が出番を待っている_2
いろいろな船が出番を待っている_3
いろいろな船が出番を待っている_4
いろいろな船が出番を待っている_5
いろいろな船が出番を待っている_6
水上バイクも気持ちよさそうに
水上バイクも気持ちよさそうに
遠くには大島丸が
東京都立大島海洋国際高等学校の国際航海練習船『大島丸』。何とも紛らわしいのだが、山口県大島郡周防大島町にある大島商船高等専門学校商船学科の練習船も同じ名前だ。あとで近くに行くことにする。
遠くには大島丸が_1
遠くには大島丸が_2
一応『うらり』をも紹介する
多少は広角でデフォルメされてはいるだろうが、壁面は見た通り傾けて施工してある。そういうデザインなのだろう。
三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」内には、三浦の特産物が豊富にそろった産直センターがある。おみやげが手軽に揃いそうだ。

一応『うらり』をも紹介する
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年09月11日
最終更新 2014年09月11日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
城ヶ島大橋の開通で廃止された城ヶ島渡船を再開したものですか!
橋の開通は島の生活を大きく変える画期的なことですが、
反面、今までの大事なものが無くなってしまうことが悲しいですね!
再現された船でも、やはり懐かしさを感じますね!
渡船航路もあり、まだ営業しているのですね!すご~い♪
多くの渡し船が廃止になる中頑張ってほしい気がします♪
乗船したうらり号は船底にガラスがあって、海底がありましたか?
そんな船にしなくても。これから行く海底展望所でゆっくりでしたね!
アクリル越しの海底が楽しみです♪

2014/09/11 (Thu) 03:20

pico  

こんにちは(^^)
「うらり」ってどういう意味なんでしょうか?
うらり~うらり~♪なんとなく楽しい響きですね♪
海産物のおみゃげ、たくさん買われましたか~(*^^*)

2014/09/11 (Thu) 10:06

モカ  

おはようございます

海中展望が出来る船 楽しそうです。
きっと子供達喜びそうな気がします^^
お魚いっぱいいたのかな~?

2014/09/11 (Thu) 10:28

umi925  

長い年月ご無沙汰の三浦~、

   AzTaKさん こんにちは、
 城ケ島の上空からの写真 なんだか無性に懐かしくて・・・随分長い間ご無沙汰です 若い石原慎太郎さんの赤いカブトムシと行き違ったり私もお稽古の生徒さんたちと鮪をランチ、若さで生意気にもホームグランド的感覚でしたでしょうか。

2014/09/11 (Thu) 10:43

ブーくん  

こんにちは☆
三崎というと湊のイメージが強い気がしますが街歩きも楽しそうですね。
歴史ある日本らしい町並みのお写真が素敵でした!
海も楽しめて素敵ですね(^_^)/~

私が行ったときはお寿司を食べることで頭がいっぱいでした(笑)

2014/09/11 (Thu) 11:19

花さか爺サン  

 AzTaKさま こんにちは
海はやはり憧れますね。
フィッシングボートに水上バイク等々沢山の船があり、楽しそうです。
うらり号の展望室から、神河湾の魚のポイントで、海中を眺めるのは想像しただけでもわくわくします。
どんな魚が泳いでいるのでしょうか。
なかなか良い趣向ですね。
特に子供たちにはたまらないでしょうね。

2014/09/11 (Thu) 13:56

HARU  

こんにちは。

今日、偶然ですが、メジャーな城ケ島ではなく、紀淡海峡に浮かぶマイナーな友ヶ島という小さな島に渡ってきました。雨はふるふるの城ケ島の風情にほど遠く、夏の日差しがもどった友ヶ島で汗かきかきでした。西洋式灯台では城ケ島は5番目のようで、友ヶ島は8番目。なんか近いところをかすめたみたいです(笑)。若いカメラレディーが多くてびっくりでした。

2014/09/11 (Thu) 17:35

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 城ヶ島大橋の開通で廃止された城ヶ島渡船を再開したものですか!
> 橋の開通は島の生活を大きく変える画期的なことですが、
> 反面、今までの大事なものが無くなってしまうことが悲しいですね!
> 再現された船でも、やはり懐かしさを感じますね!
> 渡船航路もあり、まだ営業しているのですね!すご~い♪
> 多くの渡し船が廃止になる中頑張ってほしい気がします♪

渡船航路がよくぞ復活したものですね。私自身が驚いています。今と昔とではルートが違うんです。次回、渡船場だったところが出てきます。
渡し船といえば、大阪市には相当残っているようです。いつか、その内の幾つかに乗ってみたいと思っています。

> 乗船したうらり号は船底にガラスがあって、海底がありましたか?
> そんな船にしなくても。これから行く海底展望所でゆっくりでしたね!
> アクリル越しの海底が楽しみです♪

丁度、体調不良のさなかに写真ストックがないので、焦って行ったので、実は最低限の行動しかできませんでした。今回は、船大好きの私が乗る気が起きないくらいのひどい体調だったので、許して下さい。
餌付けをしているようで、アクリルの窓から相当な数の魚が群れているのが見えるそうです。岸壁で釣り糸を垂れている一には羨ましいくらいの群れ方のようです。
私の覚え違いがなければ、此処にはこの船以外に海底展望できるところはなかったと思います。

2014/09/11 (Thu) 20:58

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
ウワアーッ!!
船がたくさーんいる
いいなあ  見ているだけでも楽しくなる。
普段こういうのを見れないから嬉しくなっちゃうなあ
??大島丸と大島丸・・・どちらも練習船なんですね。

2014/09/11 (Thu) 21:02

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(^^)

picoさん、こんばんは。

> 「うらり」ってどういう意味なんでしょうか?
> うらり~うらり~♪なんとなく楽しい響きですね♪

「海(う)を楽(ら)しむ里(り)、魚(う)を楽(ら)しむ里(り)」から命名したとのことです。よくぞ考えたものですね。
よく『道の駅』というのがありますが、此処は『海の駅』なんだそうです。『おいおい、そんなのあったっけ』って、思いましたが、私が知らないだけかもしれません。

> 海産物のおみゃげ、たくさん買われましたか~(*^^*)

ものすごい人でした。今回は別のところに行くつもりが急遽行き先を変えたので、保冷バッグも何もなく、すごすごと押し出されました。女性だと眼の色が変わるゾーンのようです。

2014/09/11 (Thu) 21:07

AzTak  

Re: おはようございます

モカさん、こんばんは。

> 海中展望が出来る船 楽しそうです。
> きっと子供達喜びそうな気がします^^
> お魚いっぱいいたのかな~?

今回は、私の体調が優れなかったので、やめておきましたが、普通の体調だったらいの一番に制覇した乗り物だったと思います。餌付けしているようで、見事な展望のようです。
今回は冴えない案内になってしまいました。m(_ _)m

2014/09/11 (Thu) 21:28

土佐けん  

こんばんは

港の景色はやはり良いですね^^
僕の大好きな橋があるし、船にも種類が沢山あるんですね^^
色んな船も見せていただき、ありがとうございました^^

2014/09/11 (Thu) 21:31

AzTak  

Re: 長い年月ご無沙汰の三浦~、

>    AzTaKさん こんにちは、

umi925さん、こんばんは。

>  城ケ島の上空からの写真 なんだか無性に懐かしくて・・・随分長い間ご無沙汰です 若い石原慎太郎さんの赤いカブトムシと行き違ったり私もお稽古の生徒さんたちと鮪をランチ、若さで生意気にもホームグランド的感覚でしたでしょうか。

セスナかヘリコプターかで撮った写真なんでしょうが、沖合上空から見るとあんな感じに見えるんですね。昔は三浦三崎も城ヶ島も共に栄えていましたよね。それがオイルショック以後、漁業不振などもあって、少し元気のない時期が続いたようです。
そして、いままた、知恵者が火を点けたのか、街に勢いが戻りつつあるようです。この勢いが持続できるといいなあと思います。まちぐるみ一生懸命になっている感じはありました。

若かりし頃、慎太郎大先生も当然、若かったんでしょうね。あの兄弟は、無茶ばかりしていたようですね。それを通してしまうくらい勢いがあったんでしょうね。真っ赤なビートルはさぞかし目立ったことでしょうね。

2014/09/11 (Thu) 21:43

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは☆

ブーくんさま、こんばんは。ちび山くんの正調、楽しみですね。少し歩きまわるようになった盛夏、赤ちゃん顔から幼児の顔つきに変化しつつあるようですね。これからが楽しみなことでしょう。

> 三崎というと湊のイメージが強い気がしますが街歩きも楽しそうですね。
> 歴史ある日本らしい町並みのお写真が素敵でした!
> 海も楽しめて素敵ですね(^_^)/~

一時、勢いがなくて困っていた時期がありました。今、再び、勢いに火が点きそうで、何とかこの良い流れを持続してほしいものだと思います。

> 私が行ったときはお寿司を食べることで頭がいっぱいでした(笑)

楽しく食べることができるのは、最高の幸せです。今回私は多少贅沢するくらいのお金は持っていたのですが、肝心の元気がありませんでした。(泣)

2014/09/11 (Thu) 21:53

AzTak  

Re: タイトルなし

>  AzTaKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは、

> 海はやはり憧れますね。
> フィッシングボートに水上バイク等々沢山の船があり、楽しそうです。

そうですね。三浦半島全体がマリン・アミューズメントのメッカでしょうから、皆さん、最初から楽しむつもりで来られている方も少なくないようです。

> うらり号の展望室から、神河湾の魚のポイントで、海中を眺めるのは想像しただけでもわくわくします。
> どんな魚が泳いでいるのでしょうか。
> なかなか良い趣向ですね。
> 特に子供たちにはたまらないでしょうね。

今回体調が良くなく、私が見ることはできませんでした。
ユーチューブの動画とそこに流れている案内放送を必死になってみました。

一番多く群れているのが30cm程度の中小型のメジナとクロメジナですね。放送の開設によれば、これらの魚は60cm位になるそうですが、そういう大型になると餌を求めて、外洋に行ってしまうとのことでした。
その他、黒鯛、スズメダイ、クサフグなどが画面に出てきていました。そこで水中展望室の画面が終わってしまっているので、…。
途中までは、外の景色を見て、宮川湾の近くになると案内があり、船底部分がアクリル板になっている展望室に降り、魚の様子を見る仕掛けになっているようです。
次回行くときには、絶対に乗ってみたい感じです

2014/09/11 (Thu) 22:18

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 今日、偶然ですが、メジャーな城ケ島ではなく、紀淡海峡に浮かぶマイナーな友ヶ島という小さな島に渡ってきました。雨はふるふるの城ケ島の風情にほど遠く、夏の日差しがもどった友ヶ島で汗かきかきでした。西洋式灯台では城ケ島は5番目のようで、友ヶ島は8番目。なんか近いところをかすめたみたいです(笑)。若いカメラレディーが多くてびっくりでした。

そうですか。東京は一日中雨で時折猛烈な雨脚になり、困ったさん状態でした。天気予報では、もう夏の強烈な日差しは戻らないということで、ちょっとがっかり、少し安心状態です。
友ヶ島は申し訳ありませんが、知りませんでした。そこに8番目に点灯の栄誉に輝いた灯台があるんですね。
城ヶ島の灯台は何度も見ているのですが、恥ずかしながら近くでしっかり見たことがなく、イメージを絵に描くことなどできません。尤も、しっかり見てもうまく再現できない画才の無さなんですが。

PS.カメラ女子が群れていたとは、さぞかし楽しかったことでしょう。眼福があったというものですね。

2014/09/11 (Thu) 22:34

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ウワアーッ!!
> 船がたくさーんいる
> いいなあ  見ているだけでも楽しくなる。
> 普段こういうのを見れないから嬉しくなっちゃうなあ。

此処じゃ、これくらいしかお見せするものがありません。高い山など一切なし。ひたすら富士山が見えるのを待つくらいです。本当に見えるんですよ。

> ??大島丸と大島丸・・・どちらも練習船なんですね。

そうなんですよ。船もかなり似たもの同士。混乱しそうです。
こちらは高校、山口県のは、高専なんですね。神戸や東京の大学は日本丸や海王丸を使う超本格的な実習なんですが、この両校の場合は、即戦力化を主眼としているでしょうから、普通の船舶を使って、実務的な訓練を行うようです。

2014/09/11 (Thu) 22:45

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 港の景色はやはり良いですね^^
> 僕の大好きな橋があるし、船にも種類が沢山あるんですね^^
> 色んな船も見せていただき、ありがとうございました^^

次回は、本物の漁船を見ていただきます。歴戦の強者のようで、あちこちくたびれた外観ですが、小さい頃から見慣れた漁船たちです。かなり大きなものもあり、インド洋とかアフリカ沿岸とかにも行けそうな感じです。
船は大好きですが、私の性格だとどう頑張っても海ばかり見ている暮らしは1週間から10日程度が限度のようです。それこそ、次の港を目指す仕事じゃないので、獲るまで帰らないはずですから。
マグロ漁船に乗っていると、当然マグロを食する機械が少なからずあるでしょうが、毎日だと飽きるようです。最初は刺し身を醤油でいただくようなことをしているようですが、飽きてきて、マヨネーズで食べてみたり、…。でも、みな素材は同じなんですよね。

2014/09/11 (Thu) 22:53

Leave a reply