三崎漁港とその界隈(4) - 三崎漁港とその界隈_2014_Aug
FC2ブログ

三崎漁港とその界隈(4)

三浦三崎に残るレトロな建築物(3)
仲崎地区
チャッキラコ昭和館のある地区
溝川酒店の蔵
雰囲気のある蔵だ。右隣りが酒店の建物のようだ。道路側には出入口がないようだ。
溝川酒店の蔵

花暮地区
久野又兵衛商店
『魚問屋 久野又兵衛』というところのようだが、今はこの建物内では営業している感じが伺えなかった。
築二百年、現在九代目、三代目が建立と書かれてあるが。他で資本投資して商売しているようだ。印象的には金持ちの家のように見える。

久野又兵衛商店_1
久野又兵衛商店_2
松月商店
レトロな建築物として、結構評価が高いようだ。でも、『少し補修をしないと…』と心配させる建物でもあるようだ。
松月商店_1
松月商店_2
レトロ風に建てられた消防署三崎分署
蔵造りを模した建築でナマコ壁風装飾も
消防署三崎分署
もう商売はしていないのかなあ
K邸と書かれてある。戦前は米穀商。母屋は出桁造、土蔵つきだな。漁港の町には船員用のお米を供給するために、コメ屋さんが多かったのだろう。
K邸

日の出地区
旧山田金物店
明治の終わり頃には飴屋だったとか。雰囲気がある建物なのに惜しいなあ。
旧山田金物店_1
旧山田金物店_2
旧山田金物店_3
岩野薬局倉庫
割と見栄えが良くしてある蔵だ
岩野薬局倉庫
秋葉大権現の階段を上った先からの写真
落ちたら大怪我以上必至の急な長い階段。見えるものがレトロな建物というわけではないが、城ヶ島大橋や城ヶ島、北条湾などがよく見える。
秋葉大権現の階段を上った先からの写真_1
秋葉大権現の階段を上った先からの写真_2
秋葉大権現の階段を上った先からの写真_3
秋葉大権現の階段を上った先からの写真_4
秋葉大権現の階段を上った先からの写真_5
秋葉大権現の階段を上った先からの写真_6
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年09月10日
最終更新 2014年09月10日

18 Comments

There are no comments yet.

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

建築物がお好きなAzTakさんは、きっとこのレトロな雰囲気漂う
通りを歩かれて楽しまれたんでしょうね^^
消防署は周りの雰囲気に合わせて、このデザインになったのでしょうか。
まだ綺麗な白い壁が新しさを感じさせますね♪

長い階段、これは手摺に捕まって上らないと~。
途中振り向くのもNGですね。
AzTakさんは注意深くていらっしゃるから
そんなことはされないでしょうけれど・・・。
足元の危ないところでは気を散らさないことが一番ですよね。
最近肝に銘じています♪

2014/09/10 (Wed) 05:48

aunt carrot  

良くあの階段を登られましたね。
長くて急で、登るのは良いけれど降りるときは
しっかり手すりにつかまってる私です。
これだけ精力的に歩かれるのですから、
絶対10年後、大津諏訪神社の御柱祭りには
撮影に行かれますよ!大丈夫!

2014/09/10 (Wed) 08:57

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
レトロな街並みと、超近代的な高架橋とが隣にあるんですか。
道路の拡幅や、無住で痛んで取り壊されたりするところが多いように思いますが、旧い町並みが結構残っているんですね。
消防署、カッコイイ!!

2014/09/10 (Wed) 12:52

masa  

これほど古くなると補修が必要になってくるのでしょうね。
この街並みの風情が、新しい店舗にできない理由なのでしょうね

2014/09/10 (Wed) 13:57

HARU  

こんにちは。

江戸期の住居が残る町並より僕はこっちの方、大正から昭和初期を感じる街並みが大好き。すごく身近な感じがあって落ち着くのです。しかも、今の住居と混ざり合って生活感があるのが好きです。旧いものはいずれ壊れていくし、その後に新しいものが生まれて混ざり合いながらゆっくり変化していくのですね。人も自然も基本の法則は何も変わりません。

2014/09/10 (Wed) 14:29

モカ  

こんばんは

1枚目の酒蔵雰囲気があって素敵ですね^^
うちはわりと短いスパンの転勤族なので 長い旅行気分でその土地を堪能していますw
いつそこから離れるか分からないし、旅行となると時間も費用もかかりますから^^;
自由気ままでなかなか楽しいものです。

2014/09/10 (Wed) 18:24

keiko  

こんばんは<(_ _)>

レトロな建物も昔はハイセンスだったのですよね?作りがしっかりしていて、重い瓦とか、柱とかお金をかけて作ったんでしょうね。(^-^)

2014/09/10 (Wed) 19:24

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 建築物がお好きなAzTakさんは、きっとこのレトロな雰囲気漂う
> 通りを歩かれて楽しまれたんでしょうね^^

昔のふるさとの街と酷似しているんです。三浦三崎は漁業不振でも何とか生き残りましたが、我が故郷は船主同士が連帯保証を組み合っていたので、連鎖的に倒産。今は見る影もありません。そこへ、大津波まで追い打ちをかけて。
そんなこんなで、昔の故郷の記憶にひたれるのです。
三浦三崎も水商売は厳しいようです。船員も殆んど遊ばなくなりましたから。もらうものを十分にもらっていなければ、遊ぶのもままならないし、…。

> 消防署は周りの雰囲気に合わせて、このデザインになったのでしょうか。
> まだ綺麗な白い壁が新しさを感じさせますね♪

そうだと思います。街の雰囲気づくりに協力したのでしょう。

> 長い階段、これは手摺に捕まって上らないと~。
> 途中振り向くのもNGですね。
> AzTakさんは注意深くていらっしゃるから
> そんなことはされないでしょうけれど・・・。
> 足元の危ないところでは気を散らさないことが一番ですよね。
> 最近肝に銘じています♪

上るのは息が少し荒くなる程度だったのですが、下りは少々怖かったですね。何しろステップの幅が狭く、踏み外しそうになるんです。転げ落ちたらカメラが壊れてしまうと、そればかりが気がかりでした。自分の身はあまり心配じゃなかったんですが。
普通の人は転落死の危険性がかなり大ですから、試したりしないほうが無難です。

2014/09/10 (Wed) 20:31

AzTak  

Re: タイトルなし

aunt carrotさん、こんばんは。

> 良くあの階段を登られましたね。

以前は長い階段の駆け上がり、駆け下りが得意だったんです。膝の大怪我をしてから、やりたくてもできなくなりましたが。

> 長くて急で、登るのは良いけれど降りるときは
> しっかり手すりにつかまってる私です。

右の同じでした。意外にステップ幅が狭く、足がはみ出しますから。あっと気がついたら転落しかねませんよね。

> これだけ精力的に歩かれるのですから、
> 絶対10年後、大津諏訪神社の御柱祭りには
> 撮影に行かれますよ!大丈夫!

10年後ですか。その前にオリンピックは何種目か見たいものですね。
少し鍛えなくちゃいけませんね。うーーん。

2014/09/10 (Wed) 20:38

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> レトロな街並みと、超近代的な高架橋とが隣にあるんですか。

あの橋は『城ヶ島大橋』です。以前は19:00から無人になり、無料走行時間になるので、有涼みがてら、城ヶ島に繰り出したものです。と言っても、高所恐怖症の私にはあの橋をわたるのがとても怖かったんです。

> 道路の拡幅や、無住で痛んで取り壊されたりするところが多いように思いますが、旧い町並みが結構残っているんですね。
> 消防署、カッコイイ!!

狭いし、途中で景気が良くない時期が続いたりしたから、からなかなか新しくできなかったんでしょう。それが幸いして、今の人気につながると言うんですから、わからないものですね。

2014/09/10 (Wed) 20:47

AzTak  

Re: タイトルなし

masaさん、こんばんは。

> これほど古くなると補修が必要になってくるのでしょうね。

そんな感じですね。もともと頑丈に作ってあったところはびくともしないと思いますが、潮風ピューピューですから、傷んだ建物も少なくないようです。

> この街並みの風情が、新しい店舗にできない理由なのでしょうね

そういうことより、久しく漁業が不振で、街全体の景気が良くなかったようです。
そういうことが影響したんだと思います。比較的、昭和的な建物比率が高い町並みにとどまっている理由ではないかと。
最近になってその良さが出てきたのか、着目した知恵者が居たのでしょうね。それで、masaさんご指摘のような理由も加味されてきたようです。

2014/09/10 (Wed) 20:56

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 江戸期の住居が残る町並より僕はこっちの方、大正から昭和初期を感じる街並みが大好き。すごく身近な感じがあって落ち着くのです。しかも、今の住居と混ざり合って生活感があるのが好きです。旧いものはいずれ壊れていくし、その後に新しいものが生まれて混ざり合いながらゆっくり変化していくのですね。人も自然も基本の法則は何も変わりません。

おっしゃられるとおりですね。私も同感です。
多分、漁業不振で高度成長期にあまり町並みを変貌させる力が働かなかったのではないかと考えています。それに景気の良い頃に結構力を入れて作った建物がもったいなかった事情もあったのでは。
而して、ゆっくりゆっくりと街が変わってきたのかなと見ています。

2014/09/10 (Wed) 21:54

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 1枚目の酒蔵雰囲気があって素敵ですね^^

コメと酒とは漁港の街の必要欠くべからざるアイテムだったことでしょう。見た限りでも、そんな印象を受けますね。

> うちはわりと短いスパンの転勤族なので 長い旅行気分でその土地を堪能していますw
> いつそこから離れるか分からないし、旅行となると時間も費用もかかりますから^^;
> 自由気ままでなかなか楽しいものです。

しっかり、赴任先の近辺を楽しんでいらっしゃったんですね。私は首都圏にへばりついて商う会社に努めていたので、そういう楽しみは味わえませんでした。

2014/09/10 (Wed) 22:00

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。

> レトロな建物も昔はハイセンスだったのですよね?作りがしっかりしていて、重い瓦とか、柱とかお金をかけて作ったんでしょうね。(^-^)

そういうところが残ったんだと思います。何時の時代にもまがい物を作ったところは少なからずあったことでしょう。でも、そういうものは長い年月のうちにメッキが剥がれてしまいます。
しっかりつくってはいても、そろそろ補修が必要な時期にきている建物が少なくなさそうではあります。

2014/09/10 (Wed) 22:04

土佐けん  

こんばんは

レトロな町並み、素敵ですね~~
消防署も白壁になまこ壁、町に
似合うように上手く造られていますね^^

2014/09/10 (Wed) 22:19

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> レトロな町並み、素敵ですね~~

思いがけず、レトロな街になってしまった。それが正直な話なんでしょうね。それを知恵者が観光客を呼び込もうと『みさきまぐろきっぷ』などを考えだした。よく考え、よく賛同したものです。

> 消防署も白壁になまこ壁、町に
> 似合うように上手く造られていますね^^

行政も支援に協力したようですね。物入りだったでしょうが、逆らうわけにはいかなかったんでしょうね。

2014/09/10 (Wed) 22:35

ララ  

どの建物も重層感たっぷりでこりゃあ撮りたくなりますね。
消防署まで地域に合わせて消防車がいなければ、
消防署だとわからないですね。

2014/09/10 (Wed) 22:43

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> どの建物も重層感たっぷりでこりゃあ撮りたくなりますね。

ぶらぶら歩いて適当に撮りました。そんな撮り方じゃ失礼かもしれませんが。
ボロ出まくりですので、次回からは漁船等を取り上げたいと思います。(^_^;)

> 消防署まで地域に合わせて消防車がいなければ、
> 消防署だとわからないですね。

そういうのを飾ってある飯屋さんかと一瞬思いました。そうしたら、隊員の方が、一生懸命点検をする姿が目に入りました。失礼なことを考えてしまいました。m(_ _)m

2014/09/10 (Wed) 23:14

Leave a reply