三崎漁港とその界隈(2) - 三崎漁港とその界隈_2014_Aug
FC2ブログ

三崎漁港とその界隈(2)

海南神社を見た後は、古めかしい建物を見たり、漁港と漁船の様子を見たりして楽しんだ。整理の都合上、レトロな建物を先に取り上げる。

三浦三崎に残るレトロな建築物(1)
チャッキラコ昭和館
旧米穀販売店宅を資料館に転用したそうだ。
その前の道をぶらぶら歩いていたら、ボランティアの人と目があってしまい、気弱な私はそのまま呼び込まれた。下知識も何もないままに入ったが、『うーーん、これはいいぞ』という感じだった。
無料で隅から隅まで見せてくれて、『写真もご自由にどうぞ』と言ってくれた。恐縮しながらも図々しく撮りまくった。

外観
外観
通りに近い方の防火扉
通りに近い方の防火扉
その内側にある防火扉
その内側にある防火扉_1
その内側にある防火扉_2
その内側にある防火扉_3
その内側にある防火扉_4
お勝手
なかなかモダンな感じだ
お勝手_1
お勝手_2
お勝手_3
お勝手_4
お勝手_5
製麺機のようだ
お勝手_6
お勝手_7
居間
居間_1
居間_2
座敷
三戸のお精霊流し
国指定の重要無形文化財のようで、指定証書が掲げられていた。当然かもしれないが、真っ先に市の指定を受け、次の県の指定を受け、最後に国の指定を受けたようだ。藁でこしらえた精霊船を最後の最後に手作りするんだ。心がこもった送り方なんだなあ。
三戸のお精霊流しは、三浦市初声町三戸地区に伝わる盆行事です。お精霊さまやキュウリ・ナスで作った馬・牛などをお墓や仏壇に飾ります。16日の早朝、「セイトッコ」とよばれる子ども達は墓前に供えられた〈おくりもの〉をマコモ等にくるみ、浜へと運びます。それから谷戸上・北・神田の三地区で計3艘のワラ製お精霊船を作り始め、各家々からお盆にお供えしたお精霊様やお供物を満載して、子ども達に曳かれ西方の海へ送られていきます。
三戸のお精霊流し_1
三戸のお精霊流し_2
三戸のお精霊流し_3
チャッキラコの衣裳のようだ
チャッキラコは、神奈川県三浦市三崎の仲崎・花暮地域に伝わる小正月の伝統行事。浜の乙女たちが繊細かつ優美な踊りを神前に奉納し、正月の到来を祝う祭礼である。参加資格は女性のみが持つ。1975年(昭和50年)の文化財保護法改正によって制定された重要無形民俗文化財の第1回指定を受け、2009年(平成21年)9月の第1回登録で、ユネスコの無形文化遺産に登録された。
チャッキラコの衣裳のようだ_1
チャッキラコの衣裳のようだ_2
雰囲気のある火鉢
狭かったので真上から撮った
雰囲気のある火鉢
店口
吊るし雛かな
吊るし雛かな
店口の梁
とても頑丈なものだった。神棚がうまく収められているのに感心。
店口の梁

蔵造りの商家をそのままに、チャッキラコの資料や三崎の昭和の暮らしが展示されている「三崎昭和館」。昔懐かしい昭和の本・玩具・レコードジャケットや映画ポスター、三崎出身の作曲家・小村三千三のコーナーには貴重な直筆の楽譜もあります。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年09月08日
最終更新 2014年09月08日

15 Comments

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/08 (Mon) 01:02

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
流石、米穀店の米蔵、少々の火事ではびくともしないでしょう。
台所や生活調度品がそのまま当時の生活そのものですね。
よく残っていましたよ。
時代劇にそのまま使えそうです。
お精霊流しは各地に有るようですが、地域は変わってそれぞれの発展の仕方は特色があって面白いですね。

2014/09/08 (Mon) 10:22

HARU  

こんにちは。

昭和も遠くなりにけり・・・ですね。昭和を象徴するちゃぶ台が居間の真ん中で居座っているのが、いかにもって感じで笑えました。モノだけでなく、そろそろ僕たちも資料館行きなんでしょうか(笑)。

2014/09/08 (Mon) 13:21

花さか爺サン  

AzTakさま こんにちは

昭和初期の佇まいが、そっくりそのまま残っているのですね。
米蔵の防火扉分厚くて立派な物で、これならたとえ火災なあっても大丈夫そうです。
当時の生活様式がそのまま残され、当時が思い起こされとても懐かしいです。
当時の伝統行事もしっかり継承されて、後世に引き継がれてゆくのですね。
懐かしい写真を有難うございました。

2014/09/08 (Mon) 15:51

dさん  

こんにちは

私が、先日訪れた昭和村は、それらしく作った施設ですが

こちらは、れっきとした本物ですねえ、戦前から、昭和20年代くらい
の生活様式の様子で、貴重な建物ですね

2014/09/08 (Mon) 18:38

keiko  

こんばんは

面白く拝見させていただきました。キリンビールのポスターは、いいですね~ほしいくらいです。(*'▽'*)

シンガー?のミシンは、確か、にたようなのが実家にあったような。( ´艸`)

精霊流しは、送り火のようなものなんですか?あの世とつながっているような、祖先を大事にする心、いいなと思いました。

2014/09/08 (Mon) 20:15

土佐けん  

こんばんは

え~~、こんなに素敵な資料館が無料なんですか!
しかも撮影も自由?
天国ですね~~ レトロなものが好きな僕と助手は
喜んで撮り捲るでしょうね^^

2014/09/08 (Mon) 21:54

kozoh55  

お晩です、AzTakさん。
竈、火鉢、そのた調度類、すべて当時のものでしょうから、
素晴らしいものをたくさん残してくれていたのですね。
木の桶、箪笥たまらないです。状態も良さそう。
撮影OKで、触っても良さそうないい感じの資料館ですね。
三崎は商店街の方に行ってみたいと思っていたのですが、
他にも楽しみがいっぱいありそうですね。
またお邪魔します。

2014/09/08 (Mon) 21:56

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 流石、米穀店の米蔵、少々の火事ではびくともしないでしょう。
> 台所や生活調度品がそのまま当時の生活そのものですね。
> よく残っていましたよ。
> 時代劇にそのまま使えそうです。

多分、公開するにあたって少し補充したとは思いますが、それでも基本的なものはこの家のものだったのではないかと思います。

> お精霊流しは各地に有るようですが、地域は変わってそれぞれの発展の仕方は特色があって面白いですね。

そうですね。それでも藁でこしらえるとはびっくりですね。

2014/09/08 (Mon) 22:11

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 昭和も遠くなりにけり・・・ですね。昭和を象徴するちゃぶ台が居間の真ん中で居座っているのが、いかにもって感じで笑えました。モノだけでなく、そろそろ僕たちも資料館行きなんでしょうか(笑)。

そうですね。卓袱台は何処の家庭でも使っていたと思います。若干年下のHARUさんに言われると、私などはまさしく博物館行きかもしれませんね。

2014/09/08 (Mon) 22:16

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 昭和初期の佇まいが、そっくりそのまま残っているのですね。
> 米蔵の防火扉分厚くて立派な物で、これならたとえ火災なあっても大丈夫そうです。

そうですね。岬の街は漁港の町なので、相当に家が建てこんでいて、日が出ると大家事になる恐れが大きかったようです。其のために用心したのでしょうね。

> 当時の生活様式がそのまま残され、当時が思い起こされとても懐かしいです。
> 当時の伝統行事もしっかり継承されて、後世に引き継がれてゆくのですね。
> 懐かしい写真を有難うございました。

此処は三浦半島のどん詰まりなので、地域の伝統文化が比較的残りやすかったのかもしれません。
国指定の重要無形文化財が2件もある市は結構珍しいように思います。

2014/09/08 (Mon) 22:21

AzTak  

Re: こんにちは

dさんさま、こんばんは。

> 私が、先日訪れた昭和村は、それらしく作った施設ですが
> こちらは、れっきとした本物ですねえ、戦前から、昭和20年代くらい
> の生活様式の様子で、貴重な建物ですね

コメ屋さんだった所為なんでしょうか、立派な使いやすいかまどがあり、其のことが印象的でした。
子供の頃、かまどでの飯炊きは私の仕事でした。今でも『やってみろ』と声がかかれば、使用なく出来ると思います。私の自慢はそれくらいです。

2014/09/08 (Mon) 22:25

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

keikoさん、こんばんは。

> 面白く拝見させていただきました。キリンビールのポスターは、いいですね~ほしいくらいです。(*'▽'*)

右に同じです。

> シンガー?のミシンは、確か、にたようなのが実家にあったような。( ´艸`)

我が家にもありました。私も雑巾を縫い上げるのに、それを使って行った記憶があります。

> 精霊流しは、送り火のようなものなんですか?あの世とつながっているような、祖先を大事にする心、いいなと思いました。

鐘楼流しは、三浦市では相当沖合まで西の方角に流すようです。西方浄土の思想なんでしょうかね。我々の年代はさだまさしの『鐘楼流し』の世代ですから、こういうのを見るとすごいなあって、素直に感動してしまいます。

2014/09/08 (Mon) 22:31

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> え~~、こんなに素敵な資料館が無料なんですか!
> しかも撮影も自由?

こちらでは、なんといっても横浜の洋館が皆無償で見ることができ、写真も撮り放題なので、それに倣ったのかもしれません。

> 天国ですね~~ レトロなものが好きな僕と助手は
> 喜んで撮り捲るでしょうね^^

まあ、あまり大きなところではないので、30分足らずしか粘れないと思いますが。写真好きには嬉しい事ですよね。

2014/09/08 (Mon) 22:34

AzTak  

Re: タイトルなし

> お晩です、AzTakさん。

kozoh55さん、おばんです。

> 竈、火鉢、そのた調度類、すべて当時のものでしょうから、
> 素晴らしいものをたくさん残してくれていたのですね。
> 木の桶、箪笥たまらないです。状態も良さそう。
> 撮影OKで、触っても良さそうないい感じの資料館ですね。

意外な扱いが嬉しくて、いっぱい撮ってしまいました。

> 三崎は商店街の方に行ってみたいと思っていたのですが、
> 他にも楽しみがいっぱいありそうですね。
> またお邪魔します。

レトロな建物は結構あるのですが、潰れてしまった店舗も多く、そこが今の漁業の町の状況を表しているのかもしれません。いまは、観光で街を活性化しようと活気になっているようです。『マグロ切符』でも買い求めて、賑やかしに行っていただければ、有難い限りです。

2014/09/08 (Mon) 22:39

Leave a reply