称名寺(1) - 称名寺_2014_Aug
FC2ブログ

称名寺(1)

存在は十分すぎるほど承知しているのに、今まで一度も足を運んだことがなかった称名寺。金沢北条氏ゆかりの寺院の往時から現在までの来し方を確認してみようと思い立った。
北条氏滅亡後は、後醍醐天皇や鎌倉公方、豊臣秀吉、徳川家康ら時の権力者の庇護を受けたが、寺運は回復せず、江戸期には大きく衰退したようだ。宗教人として、この寺院を中興する器量を有した僧侶が存在しなかったのだろうか。金沢北条氏の寺院に過ぎなかったのが、寂しい限りだ。
画面が暗いのは、雨が降ったりやんだりの分厚い雲に覆われていたからで、私の印象で恣意的に暗くしたわけではない。


称名寺惣門(赤門)
称名寺の南辺を限る朱塗門。明和8年(1771年)に再建。四脚門、切妻造、本瓦葺(再建当初は茅葺)。
称名寺惣門(赤門)_1
称名寺惣門(赤門)_2
称名寺惣門(赤門)_3
赤門の内側にある参道
赤門の内側にある参道_1
赤門の内側にある参道_2
赤門の内側にある参道_3
称名寺塔頭光明院表門《横浜市指定有形文化財(建造物)》
赤門から近づくと、門の側面が先に目に入る。そのときは、駐車場に残してあった単なる古い門くらいにしか思わなかった。が、正面に回って、説明書を見てびっくり。横浜市で最古の建物だったのか。うーーん。
何の変哲もないような門ですが、寛文5年(1665年)の建立で、移築されたものを除けば現存する横浜市内最古の建造物です。横浜市指定有形文化財にもなっています。
称名寺塔頭光明院表門_1
称名寺塔頭光明院表門_2
称名寺塔頭光明院表門_3

仁王門
これは立派な仁王門だと思った。文化財の指定がないのか。200年経過くらいではダメなのだろうか。
禅宗様。文政元年(1818年)に再建。三間一戸の楼門、入母屋造、軒唐破風付、銅板葺(再建当初は茅葺)。
仁王門_1
仁王門_2
仁王門_3
本当に大きな像だ。院興という名の仏師は知らなかったので調べてみた。
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/news/news2-2.html
称名寺には、鎌倉時代末に造立された木造の釈迦如来立像(しゃかにょらいりゅうぞう)と金剛力士立像(こんごうりきしりゅうぞう)があります。これらの像は、体内に記されている墨書銘から、釈迦如来立像は徳治(とくじ)3年(1308年)に大仏師(だいぶっし)院保以下院吉など17名の仏師によって、金剛力土立像は元亨(げんこう)3年(1323年)に院興、院救等の仏師によって造られたことが知られています。
名前に「院」字を冠したいわゆる「院派仏師(いんぱぶっし)」は、平安時代中期の定朝(じょうちょう)を祖とする日本の仏師系譜の中で、「慶」の字がつく慶派(けいは)仏師、「円」の字がつく円派(えんぱ)仏師とともに、由緒ある正系仏師の系譜であり、室町時代まで約130人の名が知られています。…以下省略

なるほど、そんなにマイナーな仏師たちではなかったようだ。作品を見てもそのことが伺える。
安置されている仁王像(金剛力士像)は、胎内墨書により、1323年(元享3年)の院興らの作であることが判明している(県重文)。神奈川県教育委員会のホームページによれば、関東における最大の金剛力士像だという。
仁王像_1
仁王像_2

概要
金沢は、鎌倉の外港である六浦を抱え、東京湾を介した交通・軍事上の要衝、すなわち鎌倉の東の要衝であり、そこに重要な拠点として営まれた称名寺は、防御を重視した鎌倉幕府の政権所在地の造営の在り方の特徴を示す寺院です。
また、当時の称名寺は仏教教学の研究がとりわけ盛んに行われ、「金沢学校」とも呼ばれた日本における中世の大学でした。さらに、1275年に、称名寺に設置された「金沢文庫」には、教学研究のために収集された大量の文物が引き継がれています。これらは、中国伝来の美術工芸品、書籍、典籍類を主体としており、武家文化の成立に中国文化が重要な影響を及ぼしたことを示すとともに、武家文化の精華を現在に伝えています。
歴史
称名寺は、第5代執権北条時頼や第8代執権北条時宗の補佐役として幕府内部で重きをなした北条実時(1224~1276年)が営んだ持仏堂が始まりで、1267年に寺院としての体裁を整え、鎌倉時代末に実時の孫金沢貞顕(1278~1333年)によって伽藍や庭園が再造営され最盛期を迎えました。その様子を描いた『称名寺絵図並結界記』によれば、境内の中央に浄土池を配し、東西及び北に金堂や講堂他の諸堂が建ち並ぶ大伽藍が形成されていました。
現在の境内は、山門の正面に浄土池を中心とした庭園を配し、その北側に諸伽藍が並んでいます。これらの建物の北方及び浄土池の東西には、講堂他の伽藍が営まれていた平場が展開し、それらの外側は周囲の山稜部へと連続しています。
なお、前述の「金沢文庫」に引き継がれた大量の文物は、現在、境内に隣接する「神奈川県立金沢文庫」において、厳重に保管されるとともに、活発な調査研究及び積極的な公開活用が図られています。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
称名寺は、金沢山(きんたくさん)称名寺。真言律宗、別格本山。金沢(かねさわ)北条氏の菩提寺である。称名寺の創建年は明らかでないが、北条実時(ほうじょう さねとき)(1224~1276)が六浦荘の居館内に阿弥陀三尊を祀った持仏堂から発展したものという。実時は、正嘉2年(1258)に持仏堂で潅頂の儀式を受け、また翌正元元年(1259)頃に称名寺を建立したとの記録がある。実時は、鎌倉幕府二代執権北条義時の孫で、引付衆や評定衆など幕府の重職を歴任して北条得宗家を政治的に支えるとともに、学問に造詣が深く、収集した和漢の書籍を鎌倉から六浦に移し金沢文庫の基礎を作った。実時は、奈良西大寺の叡尊(えいそん)に帰依し、称名寺をそれまでの念仏宗から真言律宗に改め、下野国薬師寺の審海上人(しんかいしょうにん)(1232-1304)を迎えた。実時の子顕時(あきとき)(1248~1301)は、寺内外の土地を寄進し、本尊弥勒菩薩立像(重要文化財)を建立、顕時の子貞顕(さだあき)(1278~1333)は伽藍の再造営を行って寺の拡充・発展に尽くした。元亨3年(1323)の「称名寺絵図」は、中央の苑池を囲み、金堂や講堂、鐘楼、仁王門など七堂伽藍を備え、当時の壮麗な寺観を伝えている。特に、南の仁王門から池を東西に分けて反橋、中島、平橋を渡り金堂に至る形式は、平安中期以降盛んに築造された浄土式庭園の最後の遺例として貴重とされる。
元弘3年(1333)北条氏滅亡後は、後醍醐天皇や鎌倉公方、豊臣秀吉、徳川家康ら時の権力者の庇護を受けたが、寺運は回復せず、江戸期には大きく衰退した。
昭和53年(1978)度から10カ年にわたって称名寺庭園・苑池の発掘調査と保存整備事業が行われ、「称名寺絵図」に基づいて昭和60年度に平橋、61年度に反橋が復元され、翌年にかけて庭園の復元的整備が行われた。しかし、その後の風雨等の影響で橋が劣化・腐朽したため、平成19年度に平橋、20年度に反橋の架け替えが実施された。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
境内は国の史跡に指定され、赤門、仁王門、金堂、釈迦堂などがある。金堂前の阿字ヶ池を中心とする浄土式庭園は、1320年(元応2年)、金沢氏3代貞顕の代に整備されたもので、発掘調査を経て1987年(昭和62年)に復元された。浄土式庭園とは、浄土曼荼羅に基づいて配置された庭園のことで、平安時代末期に盛んにつくられた。塔頭としては光明院(運慶作の大威徳明王像を所蔵)と大宝院がある。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年09月04日
最終更新 2014年09月04日

14 Comments

There are no comments yet.

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
仏教徒のくせにあまり知識がなく、恥ずかしい限りでさす。
AzTakさんには、教えていただくばかりです。
鎌倉時代には禅宗が広まったようですが、ここには色濃く残っているように思います。
仁王門の仁王様、力強いですねえ。
関東一の大きさですか。
知りませんでした。

2014/09/04 (Thu) 12:55

hiro  

今日は!

何時もご訪問とコメントを寄せて頂き有り難う御座います。
昨日は線維筋痛症の通院日で1日過ぎてしまいました。

AzTakさん、は行動範囲が広いですね。
毎日お出かけになっている様に感じます。
私は体調の良い日を選んで出かけています。

横浜にも素晴らしい神社があるんですね。
横浜は昔から栄えた町なので古い神社があっても不思議ではないですね。
私も近々横浜へ行きたいと考えています。
此方から約2時間かかりますが、横浜は何回行っても飽きないです。
良い所ですよね。
然し細かく記事を書かれているので何時も驚いています。
凄いですね!

2014/09/04 (Thu) 14:03

HARU  

こんにちは。

 雨の中の撮影散策は気遣いますね。
 けっこうたくさんの方が参拝されているようですが、仁王門も立派だし、仁王様のにらみの迫力も門から侵入する邪悪をことごとく粉砕しそうです。
 説明記事が詳細ですごいです。身近に縁がなくてなかなか入ってこないので、何度も読み返しています(笑)。

2014/09/04 (Thu) 14:49

keiko  

こんにちは(^ー^)

さすがに像はお寺まもる?守護神なだけに怖い顔や体をしていますね。近くでみたらもっと、怖そうです。(;゚д゚)

2014/09/04 (Thu) 16:41

ララ  

今日横浜から帰ってきたところです。
近代的な都会横浜にもこんな建造物があったんですね。
山手の方に行くとやたら何とか発祥の地なんてのが多いですが
こんな有形文化財もあるんですね。

2014/09/04 (Thu) 21:12

AzTak  

Re: 今日は!

> 何時もご訪問とコメントを寄せて頂き有り難う御座います。
> 昨日は線維筋痛症の通院日で1日過ぎてしまいました。

hiroさん、こんばんは。病気との戦いは大変でしょうが、何とか粘って頂きたいものです。

> AzTakさん、は行動範囲が広いですね。
> 毎日お出かけになっている様に感じます。
> 私は体調の良い日を選んで出かけています。

さすがに、天候不順の今夏はかなりバテてしまい、週末に母の介護に泊まりがけで行く機会に、少し時間をつくって回っていました。

> 横浜にも素晴らしい寺院があるんですね。
> 横浜は昔から栄えた町なので古い寺院があっても不思議ではないですね。
> 私も近々横浜へ行きたいと考えています。

此処は横浜市の外れで、鎌倉市や横須賀市と接しているところです。切り通しを超えれば鎌倉に入る鎌倉幕府の防御上の重要な拠点です。どちらかと言えば、鎌倉の延長上の土地と言えそうです。

> 此方から約2時間かかりますが、横浜は何回行っても飽きないです。
> 良い所ですよね。

そうですね。お好きな方は限りなく惹かれるかもしれませんね。

> 然し細かく記事を書かれているので何時も驚いています。
> 凄いですね!

性格的にねちっこいもので、…。知り合いには『くどいし、長い』と言われまくってします。(^_^;)

2014/09/04 (Thu) 22:10

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

>  雨の中の撮影散策は気遣いますね。

カメラが壊れたり、レンズに湿気が入ったりする心配もあるのでしょうが、暗い画面の絵になってしまうのが何よりつらいです。今年は実にそういう写真ばかりでした。(´Д⊂グスン

>  けっこうたくさんの方が参拝されているようですが、仁王門も立派だし、仁王様のにらみの迫力も門から侵入する邪悪をことごとく粉砕しそうです。

あれだけが鎌倉時代からの生き残りですから。大事にしてもらいたいものですね。
金沢文庫の方には貴重な資料がたくさんあったはずなのですが、秀吉や家康が随分持ちだしたようです。現代だったら、業務上横領で訴えられかねないことでしょうが、当時はそんなことを言えば、殺されてしまったかもしれませんね。

>  説明記事が詳細ですごいです。身近に縁がなくてなかなか入ってこないので、何度も読み返しています(笑)。

ここは、不遇の時代が長かったので、よくわからないことが多くなっているようです。
知恵のある住職でもいれば、もう少しうまく立ちまわるのでしょうが、…。殆ど何も手がかりがなさそうです。HPくらいはしっかり作ってほしいものですね。

2014/09/04 (Thu) 22:27

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(^ー^)

keikoさん、こんばんは。

> さすがに像はお寺まもる?守護神なだけに怖い顔や体をしていますね。近くでみたらもっと、怖そうです。(;゚д゚)


仁王像だけは、昔から力作が多いですね。西洋のそれに負けない迫力や様式美がある感じです。
行いが良い人には、優しい存在なのかもしれませんよ。してみると、私は…。

2014/09/04 (Thu) 22:31

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> 今日横浜から帰ってきたところです。
> 近代的な都会横浜にもこんな建造物があったんですね。
> 山手の方に行くとやたら何とか発祥の地なんてのが多いですが
> こんな有形文化財もあるんですね。

そうですね。此処は横浜市の外れで、切通しを越えれば鎌倉ですから、防衛上の重要拠点でもあったのでしょうね。そこに、実時のような勉学が大好きな有力者が居を構えたということのようです。
もう少し幕府が続いていれば、寺院としても格好がつき、どんな時代に入ろうが大慈院としてやっていけることだったのでしょう。でも、そうなる前に鎌倉幕府が倒れてしまいました。残念なことです。

2014/09/04 (Thu) 22:37

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 仏教徒のくせにあまり知識がなく、恥ずかしい限りでさす。
> AzTakさんには、教えていただくばかりです。
> 鎌倉時代には禅宗が広まったようですが、ここには色濃く残っているように思います。

本家の方は禅宗系統だったのでしょうが、こちらは北条氏と入っても少し距離があったのか、好き勝手に自分の趣味で持仏堂などをつくったようです。そして、鎌倉の極楽寺忍性の推薦により下野薬師寺の僧・審海を開山に招いて真言律宗の寺となったとのことです。
真言律宗って、本山は奈良の西大寺なんですねえ。

> 仁王門の仁王様、力強いですねえ。
> 関東一の大きさですか。
> 知りませんでした。

関東は仏教文化に関しては、僻地ですから。あまり大きなものはなかったのでしょう。

2014/09/04 (Thu) 22:47

うづら  

こんにちは(^^)

今日、称名寺楽しんできましたーー。

2015/02/19 (Thu) 13:57

AzTak  

Re: こんにちは(^^)

うづらさん、こんばんは。

> 今日、称名寺楽しんできましたーー。

称名寺に行ってこられましたか。暖かい日だったので、気持ちが良かったでしょうね。もしかして、裏の金沢山に登って来たりもしましたか。
今度行くときに天気が良かったら、そちらも挑戦してみようかと思います。

2015/02/19 (Thu) 21:17

うづら  

こんばんは

裏山全制覇してきました。
気持ちよかったです。
AzTakさん、鷹取山コンプリートしてるので余裕かと思われます。
(=゚ω゚)ノ

2015/02/19 (Thu) 22:05

AzTak  

Re: こんばんは

うづらさん、こんばんは。
早速の追伸ありがとうございます。

> 裏山全制覇してきました。
> 気持ちよかったです。
> AzTakさん、鷹取山コンプリートしてるので余裕かと思われます。
> (=゚ω゚)ノ

あはは、やはりそうでしたか。うづらさんなら、そうではないかと思っていました。
今日みたいな気分の良い日は、見え方も違うんでしょうね。前に行った時は、小雨が降り出してきたので、裏山はパスしました。今度は何を理由にしようかと思っていましたが、退路を断たれた感じです。(^_^;)

2015/02/19 (Thu) 22:51

Leave a reply