函館観光(15) - 函館観光_2014_Aug
FC2ブログ

函館観光(15)

観光バスは大沼国定公園を後にして、北海道茅部郡鹿部町の鹿部間歇泉に向かう。本日の最初は青函海峡を見ていたのに、いつの間にか噴火湾や太平洋側に向かっているんだ。

鹿部の間歇泉
此処の間歇泉は10分に一度程度の頻度で噴き上げるようで、私達が行った時もわずかの滞在時間だったが二度の噴き上げがあった。間歇泉を見るのは初めてで、小規模ではあってもかなり興奮してしまった。
しかべ間歇泉公園(しかべかんけつせんこうえん)は、北海道茅部郡鹿部町にある公園。
1999年4月オープン。公園内には、約10分間隔で、湯温約100度の温泉を最大約15メートル以上もの高さにまで噴き上げる間歇泉がある。この間歇泉は1924年4月、温泉を試掘していた際に、偶然発見されたものである。泉質は塩化物泉で、無色無臭。自然の力だけで、地下26メートルから1回に約500リットルもの温泉を噴き出す。

しかべ間歇泉公園の外観_1
しかべ間歇泉公園の外観_2
内部はこんなふう
内部はこんなふう_1
内部はこんなふう_2
噴き上げを待つ間にお勉強
噴き上げを待つ間にお勉強_1
噴き上げを待つ間にお勉強_3
噴き上げ
噴き上げ_1_1
噴き上げ_1_2
噴き上げ_1_3
噴き上げ_1_4
噴き上げ_1_5
次の噴き上げを待つ間に外を見る
次の噴き上げを待つ間に外を見る_1
次の噴き上げを待つ間に外を見る_2
2回めの噴き上げを少し高い位置から見ることにする
2回めの噴き上げを少し高い位置から見る
噴き上げ_2_1
噴き上げ_2_2
噴き上げ_2_3
噴き上げ_2_4
噴き上げ_2_5

途中を省略して最後に摩周丸を
摩周丸_1
摩周丸_2

かなり長くなってしまいましたが、今回を以って『函館観光』の連載を終了します。最後までご覧頂き大変有難う御座いました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年08月28日
最終更新 2014年08月28日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
なかなかお伺いが出来ず申し訳ございません!
台風の影響で水が濁っていたとはいえ、晴れたようでよかったですね!
めちゃくちゃ浅い大沼は手漕ぎ、足漕ぎの舟が一番かもですね!
駅前の光景が少し記憶にありますが、そのほかは・・・汗)
間歇泉ですか!珍しいものをご覧になられましたね!
私は九州で観ましたが、思った以上に迫力を感じますね!
お湯の吹き出し口もちゃんと管が埋まってるのですね!
私は岩の割れ目から吹き出す壮絶な物でした♪
お疲れ様でした!ご苦労様でした!

2014/08/28 (Thu) 01:46

Mika  

AzTakさん、こんばんは♪

間歇泉、豪快に吹き上がるものですね^^
それに10分に一度とは・・・
次の吹き上げまで、もっと間が空くのかと思ってました。
こういうのって、つい見入ってしまいますよね。

どうしても北海道のイメージは札幌が強くて
函館のことはあまりよく知りませんでした。
今回AzTakさんにお写真を見せていただけて
こういうところなんだ、というのがわかりました。
はるばる行かれた函館、よいところですね♪

2014/08/28 (Thu) 09:25

hiro  

お早う御座います!

北海道の旅色々な所をご覧になったんですね~~~
私も北海道へ3回行きましたが、バス旅行なので限られた所だけでした。

AzTakさん、の所で色々な所を見せて頂き良かったです。
美瑛や富良野でのんびりと景色を撮ってみたいと思っていますが、
思いだけで中々行かれません。
AzTakさん、の写真で行った気分にさせて頂きました。
有り難う御座いました。

2014/08/28 (Thu) 09:44

masa  

こんにちは。

当県でも十日町市松之山温泉で間歇泉を見ることが出来ましたが、危険と云う事で閉じてしまったようです。
以前別府の地獄巡りでの間歇泉は、石の見物石があった記憶があります。
観光に使うか、危険と考え閉じてしまうか、それぞれの温泉で思惑が違うようです。

2014/08/28 (Thu) 14:03

ララ  

間欠泉は驚くべき自然現象ですね。
勢い良く吹き出すあの原動力は誰が作ったわけでなく
自然なんですからあらためて自然の力に圧倒されます。
新潟県にも糸魚川に間欠泉があり昔1回見た覚えがあります。

2014/08/28 (Thu) 19:47

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!
> なかなかお伺いが出来ず申し訳ございません!

makiraさん、こんばんは。
同じ『こんばんは』でも時間差があり過ぎ申し訳ありません。こちらは夜も朝も昼も全て眠くて、もしかしたらお迎えに来られちゃうのではと心配しています。(^_^;)

> 台風の影響で水が濁っていたとはいえ、晴れたようでよかったですね!
> めちゃくちゃ浅い大沼は手漕ぎ、足漕ぎの舟が一番かもですね!

まあ、息子が『今日が初めて観光に来た感じだ』といみじくも漏らしたくらいですから。
時間があれば、息子たちも手漕ぎか足漕ぎに乗ったことでしょうが、定期観光バスですから、そんな長い余裕時間はありませんでした。

> 駅前の光景が少し記憶にありますが、そのほかは・・・汗)

少しずつモダンに模様替えしているでしょうから、無理もないところでしょう。

> 間歇泉ですか!珍しいものをご覧になられましたね!
> 私は九州で観ましたが、思った以上に迫力を感じますね!
> お湯の吹き出し口もちゃんと管が埋まってるのですね!
> 私は岩の割れ目から吹き出す壮絶な物でした♪

多分、あれはまっすぐ上に飛ばすためのガイドだと思います。お客さんに100度以上のお湯がかかったら大事故になりかねませんから。

> お疲れ様でした!ご苦労様でした!

急遽決まった夏休みの旅行でした。台風と駆けっこをするとは思いもしませんでした。
後になれば、良い思い出になるかもしれません。

2014/08/28 (Thu) 20:24

keiko  

わぁ~((笑))面白い( ´艸`)あっこんばんば<(_ _)>

吹き上げ温泉とかいいますか?凄い高さまで上がるんですね?!これは、興奮しますね。
周りは熱そうですね?!

地球は生きているとか思いました(^ー^)

2014/08/28 (Thu) 20:29

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんばんは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 間歇泉、豪快に吹き上がるものですね^^
> それに10分に一度とは・・・
> 次の吹き上げまで、もっと間が空くのかと思ってました。
> こういうのって、つい見入ってしまいますよね。

本当はもっと上空まで上がるようです。でもそれを放置すると風向き次第ではお客さんのやけど事故が心配だということで、一定の高さで通せんぼしているとのことでした。
本当に10分程度で再開したので、2回見ることが出来ました。
温泉は至るところに湧きだすし、間歇泉もある。駒ケ岳が沸々とマグマをたぎらせている火山なんだなあと思い知らされました。

> どうしても北海道のイメージは札幌が強くて
> 函館のことはあまりよく知りませんでした。
> 今回AzTakさんにお写真を見せていただけて
> こういうところなんだ、というのがわかりました。
> はるばる行かれた函館、よいところですね♪

そうでしたね。ちょっと異国情緒があって、日本の街では異色の町かもしれません。

2014/08/28 (Thu) 20:31

AzTak  

Re: お早う御座います!

hiroさん、こんばんは。

> 北海道の旅色々な所をご覧になったんですね~~~
> 私も北海道へ3回行きましたが、バス旅行なので限られた所だけでした。
>
> AzTakさん、の所で色々な所を見せて頂き良かったです。
> 美瑛や富良野でのんびりと景色を撮ってみたいと思っていますが、
> 思いだけで中々行かれません。
> AzTakさん、の写真で行った気分にさせて頂きました。
> 有り難う御座いました。

誰しも行きたいところは色いろあることと思います。でも、体力的な問題も、資金的な問題も、時間的な問題もあり、そうそうは出かけられるものではありません。
それで、私も他の方のブログにせっせとアクセスして行った気になっています。でも、本音を言えば、その5分の1くらいは自分でも行ってみたいものです。そうなると、兼高かおるさんじゃあるまいし(ちょっと古かったですね)、旅行のし過ぎかも。

2014/08/28 (Thu) 20:36

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 当県でも十日町市松之山温泉で間歇泉を見ることが出来ましたが、危険と云う事で閉じてしまったようです。
> 以前別府の地獄巡りでの間歇泉は、石の見物石があった記憶があります。
> 観光に使うか、危険と考え閉じてしまうか、それぞれの温泉で思惑が違うようです。

十日町の間歇泉は、もったいない話ですね。此処も噴き上げる湯の温度は100度以上の熱湯ですから、非常に危険なことは間違いがないと思います。
その割には一番前に子どもたちが近づいても、制止するでもなく、実に大らかなものでした。本州の人と比べてのんびりしているかもしれませんね。

2014/08/28 (Thu) 20:43

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> 間欠泉は驚くべき自然現象ですね。
> 勢い良く吹き出すあの原動力は誰が作ったわけでなく
> 自然なんですからあらためて自然の力に圧倒されます。
> 新潟県にも糸魚川に間欠泉があり昔1回見た覚えがあります。

本当にすごい自然現象ですね。これでイエローストーンの間歇泉に行ったら、腰を抜かしそうなくらいに驚くかもしれませんね。
新潟県内にもありましたか。福島県も土湯温泉にあるようなので、行ってみようかなと思います。
でも、機動力がないと、…。

2014/08/28 (Thu) 20:48

AzTak  

Re: タイトルなし

> わぁ~((笑))面白い( ´艸`)あっこんばんば<(_ _)>

keikoさん、こんばんは。
面白いといえば非常に面白いのですが、向こうは100度以上の熱湯ですから試しに触るなんてことは絶対にできません。

> 吹き上げ温泉とかいいますか?凄い高さまで上がるんですね?!これは、興奮しますね。
> 周りは熱そうですね?!

あれ以上に上がるんですが、強風で煽られてその熱湯がお客さんに降りかかっては大変ということで、あの覆いが用意されているようです。本当にものすごい迫力ですから触りになんて行かないと思いますが、火傷で死んじゃいかねませんから。
>
> 地球は生きているとか思いました(^ー^)

2014/08/28 (Thu) 20:53

aunt carrot  

間歇泉,勢い良くあがっていますね。
そばで見ている子供さんが自分で写真を撮っていますね。
こんなに小さいうちから撮っていたら大きくなったら
すごいものでしょうね。
台風が来ていながら、それほどの悪天候にもあわずラッキーでしたね。
なにより、息子さんとお孫さんとの楽しいひと夏の思い出が
できましたね。
それが何よりです。

2014/08/28 (Thu) 21:02

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
鹿部温泉の間欠泉、知りませんでしたねえ。
知っていれば依寄ったのに・・・
勉強不足でした、残念。
こちらのチョット大きめの池にも間欠泉が有るんですよ、
デモね、大きな声じゃ言えないが、最初だけで、暫らくすると小さくなっちゃたので、今は人工的に噴出させているようです(ナイショ・・・)。

2014/08/28 (Thu) 21:08

土佐けん  

こんばんは

函館旅行シリーズ、最終回、お疲れ様でした^^
近いうちには必ず行きたいと思っている北海道の函館を
色々と見せていただき、旅の参考になりました^^
ありがとうございます。

2014/08/28 (Thu) 22:07

AzTak  

Re: タイトルなし

aunt carrotさん、こんばんは。

> 間歇泉,勢い良くあがっていますね。
> そばで見ている子供さんが自分で写真を撮っていますね。
> こんなに小さいうちから撮っていたら大きくなったら
> すごいものでしょうね。

興味を持って続けられたらそうなるかもしれませんね。でも、続ける根気というか、ファイトというか、そういうものはなかなか維持し続けるのはむずかしいものかも。それが維持できたら、本当の図抜けたカメラマンになることなんでしょうね。

> 台風が来ていながら、それほどの悪天候にもあわずラッキーでしたね。

同じ時、日本の殆んどの行き先はアウトの状況だったので、運が良かったと今回の強運ぶりには驚いています。

> なにより、息子さんとお孫さんとの楽しいひと夏の思い出が
> できましたね。
> それが何よりです。

孫もそう思ってくれるといいなと思います。いまは『爺さんがなんであんなところへ連れて行ったのかな』って疑問が強いのかも。
私は、『他の部屋の住人の失火さえなければ、福島の片田舎に引っ込まなくて済んだのに、…』という無念な思いを引きずっていたんでしょうかね。

2014/08/28 (Thu) 22:16

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鹿部温泉の間欠泉、知りませんでしたねえ。
> 知っていれば依寄ったのに・・・
> 勉強不足でした、残念。

(ΦωΦ)フフフ…、代わりに見ておきましたから。
こちらは機動力がないので、連れて行ってもらえるところしか行けないんです。

> こちらのチョット大きめの池にも間欠泉が有るんですよ、
> デモね、大きな声じゃ言えないが、最初だけで、暫らくすると小さくなっちゃたので、今は人工的に噴出させているようです(ナイショ・・・)。

そのようですね。結構、萎んでしまう間歇泉が少なく無いという話は聞きました。此処は駒ケ岳のマグマがまだまだグラグラ煮えたぎっているようで、温泉もこれ以上必要ないくらいにあるようですし、暫くは勢いを保ちそうな気がしました。

2014/08/28 (Thu) 22:24

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 函館旅行シリーズ、最終回、お疲れ様でした^^
> 近いうちには必ず行きたいと思っている北海道の函館を
> 色々と見せていただき、旅の参考になりました^^
> ありがとうございます。

レンタカーを使えば、2日位で結構まわれちゃうかもしれません。私達は、おチビさんが飽きないよう、疲れて熱を出したりしないよう、それが気がかりだったので、かなりのんびりペースでした。大人だけの旅行だったら、もうちょっと色々なところを回ることができただろうと思います。
函館山の展望台、赤レンガ倉庫何度の内部探検、湯の川温泉の立派な旅館の佇まい、その近くにある市電の車庫、立待岬、朝食付きにしないで、朝市で美味しいものを食べるとか、…。見逃したものは多いのです。
それから、塩ラーメン。行く先々で、『本日の営業終了』の立て札に拒絶されちゃいました。

2014/08/28 (Thu) 22:33

Leave a reply