函館観光(5) - 函館観光_2014_Aug
FC2ブログ

函館観光(5)

元町公園にて
元町公園は本来は美しい公園だが、何かのイベントの真っ最中らしく、つや消しなテントがいっぱい設置され、面白くないことこの上ない。うーーん、残念。
元町観光案内所&函館市写真歴史館
旧北海道庁函館支庁庁舎のルネッサンス風の洋館。現在は、元町観光案内所&函館市写真歴史館。1階部分は無料で写真撮影も自由だが、2階部分は有料扱い。
元町観光案内所&函館市写真歴史館_1
元町観光案内所&函館市写真歴史館_2
元町観光案内所&函館市写真歴史館_3
元町観光案内所&函館市写真歴史館_4
元町観光案内所&函館市写真歴史館_5
元町観光案内所&函館市写真歴史館_6
元町観光案内所&函館市写真歴史館_7
ここから上は、有料ゾーン
元町観光案内所&函館市写真歴史館_8
こちらの外側面は少補修が必要な感じだ
元町観光案内所&函館市写真歴史館_9
函館支庁書籍庫
こちらは外から見るだけ
函館支庁書籍庫
旧函館区公会堂(1)
基坂を登りきったところに建つ、ブルーとイエローの色調の美しい建物。明治43年、当時の洋風建築の粋を集めて造られたコロニアル・スタイルの木造建築で、国の重要文化財。2階のバルコニーからの港と坂の眺めは絶景。
外観
幼児の頃の思い出がいっぱい。近所に住んでいたので、毎日この辺をうろちょろしていた。福島の片田舎に引っ込んだあとも、ずっと思い出しては行きたいと思い続けていた。あの当時は公開の施設だったのだろうか。
旧函館区公会堂外観_1
旧函館区公会堂外観_2
旧函館区公会堂外観_3
旧函館区公会堂外観_4
旧函館区公会堂外観_5
旧函館区公会堂外観_6
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年08月18日
最終更新 2014年08月18日

20 Comments

There are no comments yet.

umi925  

想い出の地に親子三代で佇む倖せ、

   AzTaKさん こんにちは、
 良かったですね 幼き日の想い出の地に 親子孫と三代での訪れ 写真に
お孫さんの可愛い元気な姿を 旅の充実感が増した事でしょう、幼い記憶は何物にも代えがたい活きた心の糧となるでしょう。

2014/08/18 (Mon) 10:15

モカ  

こんにちは

写真歴史館 レトロなカメラがいっぱいですね!
面白そうなとこです^^
旧函館区公会堂は立派な建物ですね!

2014/08/18 (Mon) 11:08

HARU  

こんにちは。

息子さんやお孫さんと歩く函館の旅。いいですね。
それにしても、AzTakさん好みの建造物巡り・・・やっぱり父の意向の反映ですか(笑)。お孫さん、退屈しませんでしたか。エライなあ。

2014/08/18 (Mon) 13:58

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
ホー 写真歴史観ですか。
次回、函館に行ったら是非寄って見たいですね。
明治期に近代化を進めた地域には、このような建築物は庶民の目を開かせるには充分だったでしょう。

2014/08/18 (Mon) 14:21

masa  

こんにちは。

古いカメラが多くありましたが、函館に関係あるのでしょうか?
(飾られた観光用ポスターを撮ったカメラとか?)
古い建物巡り、親子孫三代の趣味が一致しているとはすばらしい!

2014/08/18 (Mon) 15:42

みこたん  

こんにちは。

雨は大丈夫だった見たいですね、写真歴史館の写真に石川啄木、土方歳三、の写真を見ることが出来、フアンとしてはとても嬉しいです、
もしかしたら独立国家になっていたかもしれない函館、歴史にロマン有りですね。

2014/08/18 (Mon) 16:19

keiko  

こんにちは(^ー^)

カメラの博物館ですか。ジヤバラとか、幕があったりと大掛かりで、撮影は大変だったでしょうね。思うようにも撮れないし(。・∀・。)ノ

2014/08/18 (Mon) 16:34

AzTak  

Re: 想い出の地に親子三代で佇む倖せ、

>    AzTaKさん こんにちは、

umi925さん、こんばんは。

>  良かったですね 幼き日の想い出の地に 親子孫と三代での訪れ 写真に
> お孫さんの可愛い元気な姿を 旅の充実感が増した事でしょう、幼い記憶は何物にも代えがたい活きた心の糧となるでしょう。

孫はどのくらい感動したかわかりませんが、それでも彼が住んでいる横浜に似た雰囲気の街だくらいは感じてくれたのではないでしょうか。加えて横浜には残っていない市電があり、それなりに興奮したかもしれません。小学2年生なので、かなり記憶も残ることでしょう。ですから、あまりいい加減な案内もできず、少々気を使いました。
まあ、台風通過中に傘をささずに済んだので、それだけでもよしとしなければなりません。

2014/08/18 (Mon) 17:28

AzTak  

Re: こんにちは

モカさん、こんばんは。

> 写真歴史館 レトロなカメラがいっぱいですね!
> 面白そうなとこです^^

函館は北海道における写真発祥の地なんだそうです。まあ、開国した当初は写真という超便利なものはもてはやされたことなんでしょうね。
子供の頃、相撲の砂かぶり席のプロ・カメラマンはリンホフなどで撮っていましたが、それよりもさらに古いもののようですね。興味ある人には此処で足が止まってしまうかもしれませんね。

> 旧函館区公会堂は立派な建物ですね!

次回、内部を紹介します。外観に負けない豪華さだと思います。

2014/08/18 (Mon) 17:34

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 息子さんやお孫さんと歩く函館の旅。いいですね。
> それにしても、AzTakさん好みの建造物巡り・・・やっぱり父の意向の反映ですか(笑)。お孫さん、退屈しませんでしたか。エライなあ。

幼稚園児の頃、元町に住んでいたので、ここだけはもう少し丁寧に見たかったんです。でも、孫がひと通り見てしまうと次に行こうということになるので、ちょっとせわしない感じがありました。
まあ、駆け引きをしながらの弥次喜多道中でした。

2014/08/18 (Mon) 17:38

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ホー 写真歴史館ですか。
> 次回、函館に行ったら是非寄って見たいですね。

(ΦωΦ)フフフ…、ぜひ行ってみてください。

> 明治期に近代化を進めた地域には、このような建築物は庶民の目を開かせるには充分だったでしょう。

市民を啓蒙する目的もあったでしょうし、外国人にバカにされないようちょっと背伸びした感じも合ったのかもしれません。
東京からの転校生が来たりすると、ちょっと背伸びをしてみたりしませんでしたか。田舎っぺだとバカにされないよう、ちょっぴり気取っていたりしました。

2014/08/18 (Mon) 17:47

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 古いカメラが多くありましたが、函館に関係あるのでしょうか?
> (飾られた観光用ポスターを撮ったカメラとか?)
> 古い建物巡り、親子孫三代の趣味が一致しているとはすばらしい!

幕末から外国との接触があり、当時の日本で、最先端を走る街の一つだったようです。例えば、上水道は日本で横浜についで2番めで、東京よりも速かったとか、…。ということで、写真は北海道で最初に始まったようです。外国人もいっぱいいて、その需要は相当なものがあったんだと思います。その痕跡のようなものでしょう。
1854(嘉永7)年の銀板写真をプリントしたものは、多分私の写真の中にあるやつだと思いますが、日本最古のものですか。うーーん、もう少し丁寧に見ておけばよかったですね。孫が飽きてしまわないように気を使ってばかりいたので、…。

函館は北海道の写真発祥の地で、資料館内には写真機器とそれにまつわる資料約300点が並びます。
展示品の中で、最も貴重と言えるのが、国内で現存するものとしては最古の銀板写真です。1854(嘉永7)年に撮影されたもので、松前藩勘定奉行の石塚官蔵と従者3人の姿が収められています。同館で実際に展示されているのはその複製品で、現物品は資料保護のため、市立函館博物館(函館市青柳町 17)に保存されています。

2014/08/18 (Mon) 18:36

AzTak  

Re: こんにちは。

みこたんさん、こんばんは。

> 雨は大丈夫だった見たいですね、写真歴史館の写真に石川啄木、土方歳三、の写真を見ることが出来、フアンとしてはとても嬉しいです、
> もしかしたら独立国家になっていたかもしれない函館、歴史にロマン有りですね。

あれまあ、言われて初めて気づきました。息子と孫のことが気になり、写真は撮ったのですが、吟味する余裕などありませんでした。もう少し良く見て、必要なものはUPで撮るべきだったですね。

榎本武揚などの活躍もあった土地なんですよね。五稜郭も怖さを振りきってタワーからちゃんと見てきました。孫の手前、恰好をつけちゃいました。
ついでにトラピスチヌやトラピストの修道院も見てきました。同じカトリック信徒でありながら、彼我の差は相当なものがありそうです。(^_^;)

2014/08/18 (Mon) 18:57

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(^ー^)

keikoさん、こんばんは。

> カメラの博物館ですか。ジヤバラとか、幕があったりと大掛かりで、撮影は大変だったでしょうね。思うようにも撮れないし(。・∀・。)ノ

あの蛇腹は結構優れものなんですよ。アオリとかティルトとかできるのでは。例えば、新宿副都心でワイドレンズで超高層を撮ろうとすると本来はすべて地面の垂直に立っているはずですが、端の方が寝てしまいますよね。そういうのを正しく写したりできるはずなんです。
撮影は結構大変かもしれませんが。

2014/08/18 (Mon) 19:02

kozoh55  

素晴らしいの一言です

おばんです、AzTakさん。
古いだけでなく、当時の姿を再現する修復により
近くで見ると迫力も相当なものなのでしょうね。
ああ、函館に行きたい、この目で見てみたい。
北海道人でありながら、中学校の修学旅行で夜景と
トラピスチヌ修道院くらいしか覚えてないのでして、、
素晴らしい建築群を紹介してくださりありがとうございます。
ところで、勝手ながら、お住まい近くを記事にさせていただきました。
再訪必至の素晴らしい町並みで、惚れてしまいました。
次回は何か食べてみたい、ものです。
またお邪魔します。

2014/08/18 (Mon) 20:44

AzTak  

Re: 素晴らしいの一言です

> おばんです、AzTakさん。

kozoh55さん、おばんです。此処の所、ふーん、なるほどと思いながら、切羽詰まった自転車操業状況にあり、コメントを出せなくて申し訳ありません。

> 古いだけでなく、当時の姿を再現する修復により
> 近くで見ると迫力も相当なものなのでしょうね。

旧函館区公会堂は、此処に住んでいた頃、ほぼ毎日のように眺めに行きました。その時も、その後2度ほど来た時もなかに入ることはなかったんです。今回はじめて館内に入りました。外観も素敵なんですが、内部はもっと素敵でした。

> ああ、函館に行きたい、この目で見てみたい。
> 北海道人でありながら、中学校の修学旅行で夜景と
> トラピスチヌ修道院くらいしか覚えてないのでして、、
> 素晴らしい建築群を紹介してくださりありがとうございます。

今回はトラピスチヌも、トラピストも、五稜郭も、大沼公園に行きました。
写真が下手なのは愛嬌ですが、もう暫く紹介させていただきます。

> ところで、勝手ながら、お住まい近くを記事にさせていただきました。
> 再訪必至の素晴らしい町並みで、惚れてしまいました。
> 次回は何か食べてみたい、ものです。
> またお邪魔します。

あれま、こちらに来られたんですか。何処を取り上げていただけるのかな。まさか、王監督の自宅じゃないですよね。個人的には五光製作所というところを見学できるものなら行ってみたいものです。何を作っているかって。新幹線のトイレ等です。
食べ物だと、『ちもと』のかき氷だったりして。
楽しみにチェックしてみます。チェック魔のようなもんですから。(^_^;)

2014/08/18 (Mon) 21:01

土佐けん  

こんばんは

函館に行かれたんですか!
良いな~~北海道に行きたい!!
レトロなカメラに興味津々な僕です^^

2014/08/18 (Mon) 21:54

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 函館に行かれたんですか!
> 良いな~~北海道に行きたい!!

函館は肌寒いくらいで、ススキが大分目立っていました。
最終日は観光地をグルっと回ってくれる観光バスを利用したのですが、あそこだけはレンタカーで回ったほうが良かったかも。観光バスもなかなか良かったのですが、写真を撮りたい私にはあちこち撮ってみたいところだらけで、そこがちょいと欲求不満気味になるところでした。

> レトロなカメラに興味津々な僕です^^

結構、昔の写真屋さんたちは良い商売道具を使っていたようです。真剣に見だしたら、結構な時間がかかってしまうかもしれません。

2014/08/18 (Mon) 22:23

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
北海道函館が生まれ故郷でしたか!
てっきり福島かと思っていました 笑)
里帰りの様な観光旅行ですね!
それにしても歴史的建物は開港横浜とよく似てますね!
お孫さんがAzTakさんと一緒に歴史の勉強をされているようです!
末はAzTakさんの様な大物になりそうですね!
私なんか、このお孫さんの頃は、古い建物なんかには全然興味がありませんでした 汗)
旧函館区公会堂は素晴らしい♪

2014/08/19 (Tue) 00:04

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 北海道函館が生まれ故郷でしたか!
> てっきり福島かと思っていました 笑)

福島が生まれ故郷です。5歳の頃、父が転職し、その赴任先に同行しました。
函館の生活は夢のようでしたが、住んでいたアパートが他の部屋の方の失火で焼け出され、父だけが単身赴任をすることになり、私は結核発病中の母たちと福島へ舞い戻りました。

> 里帰りの様な観光旅行ですね!

思い出探しの旅だったかもしれません。

> それにしても歴史的建物は開港横浜とよく似てますね!

そうですね。北の玄関口でしたから。

> お孫さんがAzTakさんと一緒に歴史の勉強をされているようです!
> 末はAzTakさんの様な大物になりそうですね!
> 私なんか、このお孫さんの頃は、古い建物なんかには全然興味がありませんでした 汗)

孫は普通に育ってくれればそれだけで十分です。

> 旧函館区公会堂は素晴らしい♪

小さい時からずっとそう思い続けています。飽きもせず、毎日見に行っていたような記憶が。
当時は母の結核の症状が重く、出来る限り外で遊んでこなくてはいけなかったので、…。

2014/08/19 (Tue) 06:01

Leave a reply