荒崎海岸近辺を歩く(6) - 荒崎海岸近辺を歩く_2014_Jul
FC2ブログ

荒崎海岸近辺を歩く(6)

アラサキシップヤード
いいなあ。一度乗ってみたいものだ。前回来た時は、手前の小さな湾にダイサギなどが居たのだが、今回はトビくらいしか居なかった。
アラサキシップヤード_1
アラサキシップヤード_2
アラサキシップヤード_3
アラサキシップヤード_4
佐島マリーナかな
佐島マリーナかな
これが何かわかるだろうか
今はモーターで引き上げているんだ
相当強力なもののようだ
今はモーターで引き上げているんだ_1
今はモーターで引き上げているんだ_2
今はモーターで引き上げているんだ_3
今はモーターで引き上げているんだ_4
今はモーターで引き上げているんだ_5
今はモーターで引き上げているんだ_6
今はモーターで引き上げているんだ_7
熊野神社
土地の人が「ごんげんさま」と呼ぶ、長井全町の総鎮守です。
創建は建久年間(1190~1199)源義経の家臣、鈴木重家の長男・家長がこの地に古里紀州熊野権現を勧請したとも伝えられています。
石段脇の碑には、石段造成に寄進した江戸日本橋の魚問屋、干物問屋の名が刻まれ、漁業関係者の熊野信仰と長井、江戸とのつながりがしのばれます。
7月15日の例祭日には「飴屋踊り」(横須賀市指定の民俗文化財)が奉納されます。
若衆歌舞伎の形を残すもので、江戸末期に房総から漁師によって長井村へ伝えられたとも、明治・大正期に、飴屋が飴を売りながら村々の祭りにこの踊りを広めたともいわれています。

通りから見た様子
熊野神社_鳥居
狛犬
熊野神社_狛犬_1
熊野神社_狛犬_2
神社社屋
神社社屋
境内からの眺め
境内からの眺め_1
境内からの眺め_2
境内からの眺め_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年07月28日
最終更新 2014年07月28日

12 Comments

There are no comments yet.

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます。
やっぱり昨日のコメントは生きていなかったようです!
何度も「不正コメント」表示がでました 泣)
決して不正な投稿じゃないのに・・・FCに嫌われたかな?
一度は乗って・・・数日間だけでも所有してみたいものです♪
分岐しているようですが、あのモーター1台で、何台分くらい
引き上げるのでしょうか?
こういう景色もいいですが、やっぱり↓の磯の中のハイキングコース『潮騒の道』がいいですね♪
潮が満ちるとあの弁天島は海中に孤立するのですか?
もうここの海岸はAzTakさんのお庭みたいな感じですね 笑)

2014/07/28 (Mon) 06:20

Mika  

AzTakさん、こんばんは♪

ほぉ~、モーターで船を引き上げているんですか。
ワイヤーが張り巡らされていているのは面白いですね。
何箇所かから船を引き上げることが出来る仕組みなのでしょうか?
熊野神社の狛犬、なんだか可愛らしいですね^^
耳の形かな~(笑)

2014/07/28 (Mon) 08:32

HARU  

おはようございます。

僕は海に行くと、一か所に居ついて動かず、こんな風に磯を眺めることが少ないので面白いです。たしかに広大な地磯ですが、それだけに、いろんな趣味の人が集まっていますね。磯遊び、釣り、写生・・・年齢層もさまざまで。自然のあるがままと出会う遊び・・・やっぱり基本ですね。お金を出してアミューズメントパークで遊ばせてもらう受動性に比べて、こっちは自分が何をして遊ぶのかかかわり方が全然違ってきますよね。自然が備えている受け入れ窓口の広さ、写真を見ながらあらためて思いました。

2014/07/28 (Mon) 11:39

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
熊野神社の狛犬、愛嬌があっていいですねえ
これは土地の石屋さんが彫ったものでしょうか?
型から出てきたような、狛犬はどうもね・・・

2014/07/28 (Mon) 13:45

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます。

makiraさん、こんばんは。

> やっぱり昨日のコメントは生きていなかったようです!
> 何度も「不正コメント」表示がでました 泣)
> 決して不正な投稿じゃないのに・・・FCに嫌われたかな?

処理の悪条件がたまたま合致してしまった時や、禁止ワードが入っていたりとか、起きるようですね。
その後、何かの条件でフックして、その人の投稿を受け付けないようにガードしているように見えます。
FC2の処理が大したことがないのが大きな理由のような気がしますが、もしかしたら、このトロイ仕掛けで中国や北朝鮮などのハッカーを防いでいるのかも。
秘密の世界ですから、なかなか弾いた理由は話してくれないでしょうね。

> 一度は乗って・・・数日間だけでも所有してみたいものです♪

この後、別のミニシリーズでシーボニアのヨットが登場します。こっちはもっともっと優雅かも。

> 分岐しているようですが、あのモーター1台で、何台分くらい
> 引き上げるのでしょうか?

あの巻上機は、1度に1隻しか引き上げないと思います。分岐しているのは、その船を正しい方向に引き上げるためだと思います。斜めから引っ張ると、船がゴロンと倒れかねないんだと思います。

> こういう景色もいいですが、やっぱり↓の磯の中のハイキングコース『潮騒の道』がいいですね♪
> 潮が満ちるとあの弁天島は海中に孤立するのですか?

文字通り『島』になるようです。高潮の時でなければ、何とか濡れるのを覚悟で行けるかもしれませんが。
> もうここの海岸はAzTakさんのお庭みたいな感じですね 笑)

2014/07/28 (Mon) 17:57

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんばんは♪

Mikaさん、こんばんは。

> ほぉ~、モーターで船を引き上げているんですか。
> ワイヤーが張り巡らされていているのは面白いですね。
> 何箇所かから船を引き上げることが出来る仕組みなのでしょうか?

其のようです。まっすぐ上に引き上げるために、いくつかの分岐を作っているようです。考えたものですね。

> 熊野神社の狛犬、なんだか可愛らしいですね^^
> 耳の形かな~(笑)

ちょっとユニークな耳の形ですね。結構怖い顔をしているので、いつも睨まれているような気がしてしまいます。

2014/07/28 (Mon) 18:01

AzTak  

Re: おはようございます。

HARUさん、こんばんは。

> 僕は海に行くと、一か所に居ついて動かず、こんな風に磯を眺めることが少ないので面白いです。たしかに広大な地磯ですが、それだけに、いろんな趣味の人が集まっていますね。磯遊び、釣り、写生・・・年齢層もさまざまで。自然のあるがままと出会う遊び・・・やっぱり基本ですね。お金を出してアミューズメントパークで遊ばせてもらう受動性に比べて、こっちは自分が何をして遊ぶのかかかわり方が全然違ってきますよね。自然が備えている受け入れ窓口の広さ、写真を見ながらあらためて思いました。

そうですね。夏休み突入のはるか前だったので、人はもっともっと少ないと思っていました。意外に多くの人が居たのでびっくり。楽しみ方も、人それぞれでしたね。
この日は引き潮だったし、凪いでも居ましたが、荒々しい表情を見せることもあります。あんなところで釣りをしたら波で持って行かれてしまいそうというギリギリのところで釣っている方も。まさしく自己責任の世界ですね。

2014/07/28 (Mon) 18:06

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 熊野神社の狛犬、愛嬌があっていいですねえ

愛嬌がありますか。私は自分に自信がない所為かもしれませんが、いつも睨みつけられているような気がして。
熊さんだと犬には動じないのかもしれませんね。

> これは土地の石屋さんが彫ったものでしょうか?
> 型から出てきたような、狛犬はどうもね・・・

よくわかりませんが、型にはまったものではなさそうですね。

2014/07/28 (Mon) 18:10

モカ  

こんばんは

船がかなり密接して置かれていますね。
モーターで引き上げるのですか!
お写真にはモーターが1台しか見当たりませんが、あのモーターでワイヤーを巡らせて何台もの船をひきあげるのでしょうか。

2014/07/28 (Mon) 21:19

土佐けん  

こんばんは

クルーザー、良いですね~~
海が大好きな僕、自分の操縦で
大海原を駆け巡ってみたいです!
・・・夢ですよね(^^;

2014/07/28 (Mon) 21:37

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 船がかなり密接して置かれていますね。
> モーターで引き上げるのですか!

そうなんです。私が生まれ育った半農半漁の地区では人力でやっていましたが。

> お写真にはモーターが1台しか見当たりませんが、あのモーターでワイヤーを巡らせて何台もの船をひきあげるのでしょうか。

1度に引き上げるのは1隻のみでしょう。いろいろ分岐させてあるのは、斜めに引くのではなくまっすぐ奥に引き上げるための工夫でしょう。
引き上げ用のモーターはここだけで数十位ありました。

2014/07/28 (Mon) 22:29

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> クルーザー、良いですね~~
> 海が大好きな僕、自分の操縦で
> 大海原を駆け巡ってみたいです!
> ・・・夢ですよね(^^;

義兄の操縦する船に何度か乗りました。速度を増すと石切のように水の上をぴょんぴょん跳ねるような感じになります。ものすごい風が顔に当たり、慣れないと怖いですよ。
義兄が山登りに凝りだして、パワーボートは処分してくれて、やっと当分生き続けていくことができるような気がしました。
次の企画でヨットも出てきます。どちらかというと私はこちらが好みです。
私が何度か乗ったのは超小型で、やたらに遅かったです。

まあ、車も所有していないくらいですから、ボートもヨットも気ままに乗るのは夢のまた夢ですが。

2014/07/28 (Mon) 22:38

Leave a reply