川崎市立日本民家園(1) - 川崎市立日本民家園_2014_Jun
FC2ブログ

川崎市立日本民家園(1)

以前から行ってみたいと思っていた川崎市立日本民家園に行ってみた。小田急に出て行くのではかなり時間がかかるなと思って、正直なところ腰が引けていた。ところがアクセス方法を調べたら、溝の口駅から川崎市営バスで行くことができるとわかり、一転して行く気満々になった。
江戸東京たてもの園にも引けをとらない規模で、こういうものが大好きな私には、嬉しい施設だった。
画面が少々暗く見えるかもしれないが、本当に小雨交じりのどんよりした日だった。他の方の迷惑にならないようフラッシュの使用は差し控えてある。
国指定重要文化財、県指定重要文化財、市指定重要歴史記念物、国指定重要有形民俗文化財など、文化財の塊だった。


入り口付近
先客がかなりいた。中学生の社会科の屋外授業や老人会の施設見学会などのようだった。
入り口付近_1
入り口付近_2
エントランス
エントランスには、民具などの展示と解説が。見なくてもわかる内容だったので、軽く確認して、先を急いだ。
エントランスの展示_1
エントランスの展示_2
エントランスの展示_3
エントランスの展示_4
エントランスの展示_5
エントランスの展示_6

見た順番に紹介していく。番号は、川崎市立日本民家園のHPのそれと合わせる。

(0)原家住宅(はらけじゅうたく)
トップバッターは地元川崎市の住宅で、川崎市重要歴史記念物に指定のもの。お金をかけたしっかりした住宅であることがよくわかる。しかし建ち上がるまで22年も要したというのは、時間がかかりすぎだなあ。待っている内に死んでしまいそう。
木造建築技術が高度に磨かれた明治時代の豪壮な民家
この家は川崎市中原区小杉陣屋町に所在した大地主の主屋です。
原家の伝承によると、当住宅の建築は22年を要し、驚くほど慎重に家づくりを行ったことが伺われます。
主屋はケヤキ材をふんだんに使用した木造・二階建て・桟瓦葺き・延べ117坪(387㎡)の大規模住宅で、南に面しています。
2階に入母屋造りの大振りな屋根をかかげ、1階は正面の式台(格式ある玄関)に唐破風(からはふ)屋根設けたり庇(ひさし)屋根も瓦葺きとするなど、重厚で格式を備えた外観が特徴といえます。
内部1階は正面向かって左手(西側)に土間・台所の作業空間、その右手(東側)に前後2列・左右3列の居住空間があり、2階は家族の生活空間となります。
1階は天井が高く、柱も太く、丈の高い差鴨居(さしがもい)が多用されており、豪快な空間構成が印象的です。一方2階は室の大きさと天井高が適度に抑制され、生活部分としての落ち着いた空間を作り出しています。
木工技術に関してはすべてに渡って精度が高く巧妙であるといえます。大振りな屋根は出桁造(だしげたづくり)による二軒(ふたのき)構造でしっかり支えているように見えますが、実際は屋根裏の跳木(はねぎ)や梁が荷重を負担し、出梁(だしばり)(腕木)は見せかけのつくりとなっています。また、柱の前後左右に差鴨居が取り付く場合の「四方差し(しほうさし)」技法や、欅の厚板を用いた縁板が反ったり隙間を生じたりしないような複雑な加工など、目に見えない部分で多大な配慮が認められます。

原家住宅_1
原家住宅_2
原家住宅_3
原家住宅_4
原家住宅_5
土間から室内を見た様子
土間から室内を見た様子
土間の隅にあったオトコベヤ
土間の隅にあったオトコベヤ
アガリマ
非常に立派な日本家屋だ。差鴨居の高さには驚かされる。間仕切りの板戸はケヤキの一枚板か。うーーん。
アガリマ
ザシキ
ザシキ_1
ザシキ_2
ロクジョウ
ロクジョウ
イマ・ブツマ前の廊下
イマ・ブツマ前の廊下
ブツマ
ブツマ
イマ
イマ
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年06月20日
最終更新 -0001年11月30日

16 Comments

There are no comments yet.

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
凄いお大尽がいるんですねえ。
我が穴倉住まいには及びもつきません。
仏間には一見幅くらいの金ぴかの仏壇があるんでしょうか
ムカシ伊勢長島近く(伊勢湾台風にメッチャやられた所)の先輩の家にお邪魔したとき、再建された家に一間幅の仏壇がありました。
あの辺は凄い仏壇を作ります。

2014/06/20 (Fri) 11:22

HARU  

こんにちは。

古民家ブームですが、格がちがいます。梁といい、ケヤキ一枚板の間仕切りといい、なかなか見ごたえありますね。古い民具などは、たいがい邪魔者扱いで保存の手立てがなく壊されて木屑になっていく方が多いです。いまはまだ懐かしい程度で済みますが、時代の知恵が生み出したモノは、今後年数を経てますます貴重な資料になっていくと思います。こういう施設はほんとうに大事だと思います。

2014/06/20 (Fri) 12:53

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 凄いお大尽がいるんですねえ。

川崎市内と言っても工場地帯ではなく、武蔵小杉の方の住宅地の住宅のようです。あの辺の大地主だったら、凄いものでしょう。金持ちの度合いが突き抜けていても当然かもしれません。
ちなみに我が家の元の地主は岡田さんなんですが、当主が死んだときも、その夫人が死んだときも、共に、その年の相続税日本一でした。こちらは、もっともっと凄そうです。

> 我が穴倉住まいには及びもつきません。

ふふふ、右に同じです。

> 仏間には一間幅くらいの金ぴかの仏壇があるんでしょうか
> ムカシ伊勢長島近く(伊勢湾台風にメッチャやられた所)の先輩の家にお邪魔したとき、再建された家に一間幅の仏壇がありました。
> あの辺は凄い仏壇を作ります。

ブツマの写真を撮ろうとは思ったのですが、しみじみと見るのを忘れました。あまり大きくはなかったような気がします。あまり大きなものを造る風土ではなさそうに思います。

2014/06/20 (Fri) 19:40

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 古民家ブームですが、格がちがいます。梁といい、ケヤキ一枚板の間仕切りといい、なかなか見ごたえありますね。古い民具などは、たいがい邪魔者扱いで保存の手立てがなく壊されて木屑になっていく方が多いです。いまはまだ懐かしい程度で済みますが、時代の知恵が生み出したモノは、今後年数を経てますます貴重な資料になっていくと思います。こういう施設はほんとうに大事だと思います。

この川崎市立日本民家園には、重要文化財(国指定)だけでも7件9棟あります。そうした中で、まだまだ若造扱いのようで川崎市重要歴史記念物に過ぎないのですが、お金のかけ方では最高ランクの建築物だと見ました。明治着工の家屋でもいずれは経年物件になっていくのであって、粗末にして良いものでは無いと思います。保存したい建物ですね。

2014/06/20 (Fri) 19:52

土佐けん  

こんばんは

古民家、良いですね~~
僕も助手も大好きです^^
内部も落ち着いた感じで素敵です^^
こう言う雰囲気、良いですね♪

2014/06/20 (Fri) 21:38

モカ  

こんばんは

日本民家園に行かれたのですね~
私ここの緑地にはよく行くんですよ。
花菖蒲も薔薇もここでの撮影でしたよ^^
でも日本民家園の中には入ったことがありません。
こんな感じなのですね~
このシリーズゆっくり拝見させて頂きます^^

2014/06/20 (Fri) 21:45

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 古民家、良いですね~~
> 僕も助手も大好きです^^
> 内部も落ち着いた感じで素敵です^^
> こう言う雰囲気、良いですね♪

川崎市が固定資産税などががっぽがっぽ入ってきたころに造り始めた施設だそうです。相当広大な敷地に数多くの建物が建っています。
小平市の江戸東京たてもの園が江戸もしくは東京の建物にこだわっているのに対し、川崎市のそれは、そんな限定などなしに全国から持ってきているようです。
見所一杯でした。私よりも土佐けんさんの方が嵌まる確率が高そうです。

2014/06/20 (Fri) 22:08

keiko  

こんばんわ(ノ´∀`*)

日本家屋にシャンデリアみたいなのとか、火鉢とかは、魅力的だなと思いました。かっこいいですね。

2014/06/20 (Fri) 22:11

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
大地主の大邸宅ですね!
私のおじいちゃんの新潟の実家のようです!
国鉄信越線の駅が所有地に3つもあったという大地主で、
小さい頃に行った記憶があるのですが、12人兄弟の末っ子の
おじさんが後を継ぎました。建て替えで壊すときには大変だったようです!
農地改革で土地は無くなりましたが、裏の山に高速が通ったり、その後も潤ったようです!
親父が末っ子で、世が世なら私も・・・なんですが、全く関係なくなりました 笑)
とてつもなく大きな部屋がたくさんあり、特に仏間は金ぴかだった記憶があります。
屋根は瓦葺と茅葺きの両方があったようで、吹き替えの時は小作人の方が多数手伝いに来たようです!
江戸東京たてもの園にも引けをとらない規模とのことですが、敷地も結構広いのでしょうね!
こういう大豪邸もいいものですが、一般庶民の住宅もそのうちに出てくるのでしょうか?

2014/06/20 (Fri) 22:12

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 日本民家園に行かれたのですね~
> 私ここの緑地にはよく行くんですよ。
> 花菖蒲も薔薇もここでの撮影でしたよ^^

そうですよね。生田緑地という暗いですから、そちらが本家本元なんですよね。
何かあるかもしれないと思いつつ、平日に行ったら手ぐすね引いて待ち構えていたボランティアの説明員に丁寧に応対を受け、次回UP分の用意もできていないのに、大丈夫かなと心配になったほどでした。

> でも日本民家園の中には入ったことがありません。
> こんな感じなのですね~
> このシリーズゆっくり拝見させて頂きます^^

かなり広大な敷地にこれでもかこれでもかと言うほど、建物が移築されていますから、迫力がありました。
近かったら、是非とも行くべきところかと思います。

2014/06/20 (Fri) 22:14

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわ(ノ´∀`*)

keikoさん、こんばんは。

> 日本家屋にシャンデリアみたいなのとか、火鉢とかは、魅力的だなと思いました。かっこいいですね。

明治大正のころの和モダンの建物ですね。これから先にはこういう新しい建物は1軒も出てきません。
この民家園の中ではおそらく一番の若造の建物でしょう。
これからどんどん、古いものの登場があります。

2014/06/20 (Fri) 22:20

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 大地主の大邸宅ですね!
> 私のおじいちゃんの新潟の実家のようです!
> 国鉄信越線の駅が所有地に3つもあったという大地主で、
> 小さい頃に行った記憶があるのですが、12人兄弟の末っ子の
> おじさんが後を継ぎました。建て替えで壊すときには大変だったようです!
> 農地改革で土地は無くなりましたが、裏の山に高速が通ったり、その後も潤ったようです!
> 親父が末っ子で、世が世なら私も・・・なんですが、全く関係なくなりました 笑)
> とてつもなく大きな部屋がたくさんあり、特に仏間は金ぴかだった記憶があります。
> 屋根は瓦葺と茅葺きの両方があったようで、吹き替えの時は小作人の方が多数手伝いに来たようです!

そうでしたか。実はTという家も2代前が分家し、弁護士になりましたが、本家は千葉県の大地主でした。多額納税による議員をやっていたくらいでしたが、不在地主だったので、もろに没落しました。そうでなければ、千葉のゴルフ場もかなり所有できたのでしょうが。たら、ればの話です。
東横線沿線だと不在する理由もありませんから、農地改革の打撃もそれほど大きくはなく、裕福なままだったんでしょうね。

> 江戸東京たてもの園にも引けをとらない規模とのことですが、敷地も結構広いのでしょうね!

歩数計で1万歩程でした。高低差がある敷地なので、距離以上にきつかったです。

> こういう大豪邸もいいものですが、一般庶民の住宅もそのうちに出てくるのでしょうか?

多分、一般庶民の家は、何百年も保つ建物ではあり得ません。かなり古い『古民家』が出てきますが、当時の裕福な家が殆どだと思います。比較的新しい建物はもう出てきませんから。四回目くらいから国指定の重文などがどんどん出てきます。それまで、しばしのご辛抱を。
国指定の重文では無い建物等もも面白くないというわけではなく、結構、見所はあるんです。
相変わらずど下手な写真が玉に瑕ばかりですが。(^_^;)

2014/06/20 (Fri) 22:36

kozoh55  

とんでもないお金持ちが

昔も今もいるのですねえ。
外からの美しさもたまらないものがありますが、
廊下の風情、シャンデリア、、、、
私も20年は長すぎると思いますが、
それだけの内容なんですね。
一瞬三渓園を思い出しました、
天井の高さが半端ないです。
またお邪魔します。

2014/06/21 (Sat) 22:02

AzTak  

Re: とんでもないお金持ちが

kozoh55さん、おばんです。

> 昔も今もいるのですねえ。
> 外からの美しさもたまらないものがありますが、
> 廊下の風情、シャンデリア、、、、
> 私も20年は長すぎると思いますが、
> それだけの内容なんですね。
> 一瞬三渓園を思い出しました、
> 天井の高さが半端ないです。
> またお邪魔します。

そうです。ものすごいお金持ちですし、22年間も仮住まいしていたわけでもないでしょうから、住宅にも困っていなかった。
優雅な住宅があったものなんですね。

2014/06/21 (Sat) 22:22

鏡花水月  

AzTak様、こんにちは!
曇って寒い日になりましたね。
今、百段階段の帰り道で、日本民家園に向かっています。
こちらの記事で予習させていただいています。
では、行ってまいります(^o^)/

2019/01/06 (Sun) 13:54
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、こんにちは!

鏡花水月さん、こんばんは。

> 曇って寒い日になりましたね。

そうですね。昨日頑張って長時間屋外に居たせいで、今日は明け方から肩が痛くて、往生しました。

> 今、百段階段の帰り道で、日本民家園に向かっています。
> こちらの記事で予習させていただいています。
> では、行ってまいります(^o^)/

元気ですね。ポンコツ爺さんには、羨ましい限りです。

2019/01/06 (Sun) 20:53

Leave a reply