三春町~田村市~小野町~いわき市(1) - 三春町~田村市~小野町~いわき市_2014_Apr
FC2ブログ

三春町~田村市~小野町~いわき市(1)

三春町にて

三春町は三春藩の城下町。『滝桜』と『三春駒』は全国的に有名だと思うが、後者の方はそうでもないだろうか。
今回は情緒ある旧城下町の風情や三春駒を楽しむのは省略して、全国的に名高い『滝桜』だけを見ることにした。三春町は滝桜だけでなく、至る所にしだれ桜が植えられていて、そちらも『日本さくら名所100選』に選ばれるほどだが、そちらは、残年ながら見頃を過ぎた感じのようだった。


滝桜
三春町は母の生まれた土地だ。祖父が旧制中学の教師をしているときの赴任先だ。『滝桜を見に行け』とくどいくらいにいわれるので、ここ何年間かは見に行くようになった。
今年は行けないかなと思っていたが、何とかうまく都合がついて、見頃にギリギリ間に合った。午前中の比較的早い時間帯に着き、しかも平日だったため、かなり空いていた。これは平日に絶対来るべきだと思ったが、帰る頃に団体客の大群が押し寄せてきた。危ないところだったが、兎に角も空いている時間帯にじっくり桜を見ることができて良かった。

滝桜_1
滝桜_2
滝桜_3
滝桜_4
滝桜_5
滝桜_6
滝桜_7
滝桜_8
滝桜_9
滝桜_10
滝桜_11
滝桜_12
滝桜_13
滝桜_14
滝桜_15
滝桜_16
滝桜_17
滝桜_18
滝桜_19
滝桜_20
滝桜_21

付近の様子
付近の桜も負けていない
付近の桜も負けていない_1
付近の桜も負けていない_2
あの光るのが安達太良山かな。智恵子が暮らしていた本宮町から見るほど近くはないが、きれいなたたずまいだ。
あの光るのが安達太良山かな
さくら湖
さくら湖
仮設住宅近くの桜
仮設住宅近くの桜
富岡町民のための仮設住宅。本当に気の毒に思うが、原発所在地の富岡町には帰ることはできないことだろう。身の振り方が決まった人たちから退去していくことになるのかなあ。
富岡町民のための仮設住宅_1
富岡町民のための仮設住宅_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年04月27日
最終更新 -0001年11月30日

24 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
失礼しました!お出かけは三春でしたか♪
他の方のどのblogを見ても、
桜だけが大きく素晴らしく撮ってありますが、
残念ながら位置関係と言うか、周りの状況が分かりません!
AzTakさんのblogを見て、おおよその雰囲気は掴むことが出来ました♪
桜の花のアップだけでは新宿御苑の紅枝垂桜を
三春の滝桜と言っても分かりません 笑)
どこの紅枝垂桜も紅枝垂桜です!
全体像のアップは来年行くための非常に良い参考になりました!
流石、AzTakさんです!
こういう善行を積んでいれば、私と違ってきっといいことがありますね 笑)

2014/04/27 (Sun) 02:39

umi925  

言葉を呑み込む豊穣~、

    AzTaKさん お早うございます、
三春の滝櫻 凄~いです 強靭な生命力と満ち溢れた桜花を纏い咲く姿には
神秘な計らいを感じ大きな衝撃です、感動で震えます、
AzTaKさんに感謝です。

2014/04/27 (Sun) 07:04

モカ  

おはようございます

滝桜、立派ですね!凄いです!
こういう立派な木は こうして全体を撮るのがいいですよね。
お写真でも圧倒されます。
実際近くで見たらもっと圧倒されるのでしょうね。

来月末、浜松に来られるのですか?
浜松のどこへお出掛けされるのか楽しみにしてます^^

2014/04/27 (Sun) 08:55

kimama  

おはようございます。
三春町の滝桜、迫力満点ですね。予定が見頃と合い良かったですね!
近くで見上げると降ってくるような桜の花が目の前に広がっているんだろうなっと想像します。
ソメイヨシノは人の寿命ほどと記憶しますが、しだれ桜は千年経ってもこんなにたくさんの花を毎年咲かせるって生命力の不思議を感じます。

2014/04/27 (Sun) 11:12

HARU  

絶句

そばで見上げるときっと言葉がでないかも。すごいの一言ですね。遠巻きの撮影なので様子がとてもよく分かります。木の周りからだと何が何だか花の雲に入っている感じなのでしょうね。想像します。三春・・・すごく懐かしい響きです。昔、デザインの勉強で三春駒を取り上げたことを思い出しました。故郷にこんな誇らしい桜があって何という幸運でしょう。

2014/04/27 (Sun) 11:13

dさん  

こんにちは

立派な桜ですねえ、
こういった、桜は早朝に出かけないと桜を観桜にゆくのか、観人にゆくのか、分からなくなりますよね

放射能で、仮設住宅の方々は、本当にお気の毒ですね
東電だけに任せず、国を挙げて取り組む問題なんですが・・

2014/04/27 (Sun) 17:44

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 失礼しました!お出かけは三春でしたか♪

東北道を北上し、郡山から三春に向かいました。滝桜を見て、その後は下道を通って、小沢の桜、永泉寺の桜を見て回り、…。地元の人が行くような道を縫って走りました。
アッシー君の車にはカーナビが備え付けられていないので、私がナビをつとめました。

> 他の方のどのblogを見ても、
> 桜だけが大きく素晴らしく撮ってありますが、
> 残念ながら位置関係と言うか、周りの状況が分かりません!
> AzTakさんのblogを見て、おおよその雰囲気は掴むことが出来ました♪
> 桜の花のアップだけでは新宿御苑の紅枝垂桜を
> 三春の滝桜と言っても分かりません 笑)
> どこの紅枝垂桜も紅枝垂桜です!
> 全体像のアップは来年行くための非常に良い参考になりました!
> 流石、AzTakさんです!
> こういう善行を積んでいれば、私と違ってきっといいことがありますね 笑)

しつこく何枚もUPして申し訳ありません。確かに状況だけはわかるかもしれません。日当たりが良くて、風が遮られるようなところに植えられています。それが幸いして1000年以上も生きながらえたのでしょう。雪の重みで枝が折れたり、過去にも大変な痛手を負っているようです。
地元の人たちが懸命に勢いを持続させるべく、頑張っているようです。
うまい人が撮ると、本当に美しく撮れるのに、さすがに1000年超の老木。私が撮ると、花の咲き方がやや寂しいところが入ってしまいます。私の頭髪のようで気になるのですが、腕がないので仕方ありません。

2014/04/27 (Sun) 19:22

AzTak  

Re: 言葉を呑み込む豊穣~、

>     AzTaKさん お早うございます、

umi925さん、こんばんは。

> 三春の滝櫻 凄~いです 強靭な生命力と満ち溢れた桜花を纏い咲く姿には
> 神秘な計らいを感じ大きな衝撃です、感動で震えます、
> AzTaKさんに感謝です。

千年を超す長い年月を生きてきました。周囲のどの生命体よりも長生きをし、その栄枯盛衰を見てきたことでしょう。そして、現代の人々に、『私も頑張って花を咲かせるのだから、私より断然若いあなたたちも頑張りなさい』と檄を飛ばしているように思えます。
本当にすごい生命力だと思います。

2014/04/27 (Sun) 19:28

AzTak  

Re: おはようございます

モカさん、こんばんは。

> 滝桜、立派ですね!凄いです!
> こういう立派な木は こうして全体を撮るのがいいですよね。
> お写真でも圧倒されます。
> 実際近くで見たらもっと圧倒されるのでしょうね。

そうですね、深く感じ入る多くの人がいるようです。1000年以上を頑張って生きてきたものが持つ圧倒的な存在感があるように思います。

> 来月末、浜松に来られるのですか?
> 浜松のどこへお出掛けされるのか楽しみにしてます^^

また、にわかオタクなんです。今回は空の方をぽかんと見上げる感じです。浜松かどこかわからない写真ばかりになりそうです。(^_^;)

2014/04/27 (Sun) 19:40

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

kimamaさん、こんばんは。

> 三春町の滝桜、迫力満点ですね。予定が見頃と合い良かったですね!

そうですね。アッシー君が時間が空いたときしか行けないので、本当に大丈夫か心配してしまいました。
今回は何とか間に合いました。

> 近くで見上げると降ってくるような桜の花が目の前に広がっているんだろうなっと想像します。
> ソメイヨシノは人の寿命ほどと記憶しますが、しだれ桜は千年経ってもこんなにたくさんの花を毎年咲かせるって生命力の不思議を感じます。

そうですね。桜の旺盛な生命力には驚かさせられっぱなしです。このあたりは阿武隈高原に位置します。平地より若干寒さが厳しいところですが、滝桜は本当に頑張ってくれています。

次回は、『小沢の桜』を取り上げようかと考えています。といいつつ、まだ何の準備もできていませんが。
この桜は、田中麗奈主演の映画『はつ恋』のラストシーンに登場しているんだそうです。ソメイヨシノですが、百年ほど経つものです。そのたたずまいが何ともいえず好きなんです。

2014/04/27 (Sun) 19:52

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
ウワーーッ!!
凄い、素晴らしいですねえ
三春には是非行ってみたいです。
昨年秋に、福島市へ行き裏磐梯を回って奥只見を通って帰りましたが、次回は三春のサクラを撮りに行きたいです。
三春周辺には多くのサクラがあり、何日か泊まらなければいけないでしょう。
普段の生活の中でサクラも大事にして来たんでしょうね。
三春の意味も分ります、こちらも寒冷地ですから・・・

2014/04/27 (Sun) 19:53

AzTak  

Re: 絶句

HARUさん、こんばんは。

> そばで見上げるときっと言葉がでないかも。すごいの一言ですね。遠巻きの撮影なので様子がとてもよく分かります。木の周りからだと何が何だか花の雲に入っている感じなのでしょうね。想像します。三春・・・すごく懐かしい響きです。昔、デザインの勉強で三春駒を取り上げたことを思い出しました。故郷にこんな誇らしい桜があって何という幸運でしょう。

三春町は城下町の風情が今に残るすてきな町です。が、なかなかそちらまで見ていらっしゃる方は少ないかもしれません。滝桜のある場所は、その市街地からやや離れた昔からの農地だったところです。
心優しい人たちが連綿と世話をし続けてきたようで、今に至るまで命の炎を燃やすことができています。
機会があれば、是非ご覧ください。

2014/04/27 (Sun) 20:02

AzTak  

Re: こんにちは

dさんさま、こんばんは。九州旅行は楽しかったようで何よりでした。

> 立派な桜ですねえ、
> こういった、桜は早朝に出かけないと桜を観桜にゆくのか、観人にゆくのか、分からなくなりますよね

『観人』ですか。そうですねえ。駐車場に戻るときに観光バスも自家用車も俄然増えてきていて、ものすごい人数とすれ違いました。まさしく、30分遅いと『観人』だったかもしれませんね。

> 放射能で、仮設住宅の方々は、本当にお気の毒ですね
> 東電だけに任せず、国を挙げて取り組む問題なんですが・・

富岡町は、本当にお気の毒ですが、原発の所在地そのものですから、ほかの市町村が戻ることができるようになっても、戻ることは難しいかもしれません。
町民のうちの働き手世代は、東電社員だったり東電の関係会社員だったりする方も少なくなく、分散生活を余儀なくさせられているのでしょう。
廃炉に向けての諸々の作業に関しては、国は殆ど直轄する意思を示していませんね。飽くまで、監督指導する立場に立ち続けていたいのでしょうか。

2014/04/27 (Sun) 20:19

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ウワーーッ!!
> 凄い、素晴らしいですねえ
> 三春には是非行ってみたいです。
> 昨年秋に、福島市へ行き裏磐梯を回って奥只見を通って帰りましたが、次回は三春のサクラを撮りに行きたいです。

会津の方に出かけられたり、今度は桜を見に行く意向をお持ちで、福島県出身者としては本当に有難い話です。
少しでも来ていただければ、それだけ地域経済が活性化して、補助に頼らないプライドを持った生活につながっていくものと思います。
かつては住んでみたい都道府県の上位にランクされた県でしたが、いまは最下位に近いんだろうなと思います。
何とかして、福島の人たちにも元気を出してもらいたいものです。

> 三春周辺には多くのサクラがあり、何日か泊まらなければいけないでしょう。

次回以降も少し取り上げます。あまり参考にはならないかもしれませんが。

> 普段の生活の中でサクラも大事にして来たんでしょうね。

桜は本当にいっぱいあり、大切にされてきたようですよ。見事なものがたくさんあります。

> 三春の意味も分ります、こちらも寒冷地ですから・・・

そうでしょうね。三春はそんなに寒くなさそうな感じですが、案外に寒いところのようです。なぜ、そう思うのかと言えば、桜が至る所に咲いていることと、住民の方ののんびりした感じが、その原因かもしれません。

一般的に「梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春と呼ばれるようになった」と言われています。しかし、現在の三春の気候で、こうした状況に逢えるのはまれなことです。
また、田村義顕が三春へ城を移したのが、永正元年(1504)の正月のことで、移る前の城で1回、三春に移って2回目、その年が閏年だったのでもう1回正月の祝いをしたので、三春と名付けたという説もあります。しかし、永正元年の閏月は3月で、さらにそれ以前から三春の名を記録に見ることができることから、これも正しいとは言えないようです。こうした中で、三春の地名が初めて記録に表れる南北朝時代の文書を見ると、そこには「三春」ではなく「御春」と表記されています。このため、「ミハル」という読みが先にあり、それに「三つの春」という文字を充てたと考えられます。
こうしたことから、三春は小高い山がいくつも連なり、そこからは郡山盆地を一望にすることができるため、見張りをする「見張る」から「三春」に変わったのではないかとも考えられます。
いずれにせよ、「三春」という地名は、滝桜をはじめとして美しい花々で彩られる三春を表すのにぴったりあった美しい名前と思われます。

2014/04/27 (Sun) 20:37

いどきち  

すばらしい桜

三春町の桜は今年も立派に咲きましたね。
人の心が、晴れ晴れして、復興に弾みがついて
来ることを祈っています。

2014/04/27 (Sun) 20:37

AzTak  

Re: すばらしい桜

いどきちさん、こんばんは。

> 三春町の桜は今年も立派に咲きましたね。

おかげさまで、今年も見事に花を咲かせることができました。

> 人の心が、晴れ晴れして、復興に弾みがついて
> 来ることを祈っています。

有難うございます。放射能汚染の問題が絡むため、そう簡単にはいかないとは思いますが、援助などに頼らずに地域経済が活性化することができる日がくればと思います。

2014/04/27 (Sun) 22:04

みこたん  

こんばんは。

凄いですね、本当に凄いとしか言いようが無いほど、良くテレビで滝桜を見たことはありますが、AzTakさんの写される角度が多彩で、圧倒される花の量が分かります、櫻に酔いそうです、
その様子と仮設住宅は落差がありすぎ、時間の巻き戻しが出来れば、今も当たり前に櫻を楽しまれておられたでしよう。

2014/04/27 (Sun) 22:13

jsk  

こんばんわ

滝桜・・有名な桜ですね、それにしてもこれは見事な景観ですね。
樹齢1,000年とか・・・よくここまでこれたものですね。
素晴らしいです景観に圧倒されます。

昨今、ご神木に悪さをする輩がいますが、いい加減にしてほしいものです。

2014/04/27 (Sun) 22:23

AzTak  

Re: こんばんは。

みこたんさん、こんばんは。

> 凄いですね、本当に凄いとしか言いようが無いほど、良くテレビで滝桜を見たことはありますが、AzTakさんの写される角度が多彩で、圧倒される花の量が分かります、櫻に酔いそうです、

支えの丸太ん棒のお世話にはなっていますが、千年を超えてもなお、我々の心を和ませてくれています。
三春の地名が初めて記録に表れる南北朝時代の文書を見ると、そこには「三春」ではなく「御春」と表記されています…などという地名のいわれがありますが、その南北朝時代よりも遙か以前から、この地で頑張っていたようです。

> その様子と仮設住宅は落差がありすぎ、時間の巻き戻しが出来れば、今も当たり前に櫻を楽しまれておられたでしよう。

そうですね。三春町は富岡町の真西方向にあり、放射能が飛散した北西の方角ではなかったため、多くの市町村が一時的に避難してきていました。富岡町は原発立地の町ですから、ここに戻って生活を営むのは当面は難しいものと思います。
私たちの町のように、地震と津波とのダブルパンチで壊滅的な打撃を受け人命も少なからず失われた地区と異なり、少なくとも身体はぴんぴんしていますから、なかなか戻ることができないもどかしさは募る一方だと思います。

PS.大地震の1週間ほど前からかなり大きな地震が頻発した末の地震でした。そういうような兆候があったら、いつでも逃げ出せる備えはしておいた方が宜しいでしょうね。

2014/04/27 (Sun) 22:37

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわ

jskさん、こんばんは。

> 滝桜・・有名な桜ですね、それにしてもこれは見事な景観ですね。
> 樹齢1,000年とか・・・よくここまでこれたものですね。
> 素晴らしいです景観に圧倒されます。

滝桜の植えてある位置が良かったのかもしれません、少しくぼんだところで、強風が激しく当たることが少なく、日差しもさんさんと浴びることができる感じのようです。
そして何よりも、昔からこの木を慈しみ守る雰囲気が三春にはあった。これが一番の理由かもしれません。

> 昨今、ご神木に悪さをする輩がいますが、いい加減にしてほしいものです。

そうなんですか。何という罰当たりなことをするんでしょうね。一度傷つけられると、修復は難しいことでしょう。そんな悪さはしないでほしいものです。

2014/04/27 (Sun) 22:44

ijin  

今日は。。

三春の滝桜を何度も見に行く計画を立てました。
観光バスが出ていますね。
観光バスは簡易に行けるので、私にとっては好都合です。

バスのカタログや案内とは違っています。
違っては居ないのですが、AzTakさんのお写真はリアルに感じます。

母さまにも深いつながりがあるとは。。
将来私がこのサクラを見る時は、今までよりも一層親しみ深く見るでしょう。

姿、型。流石ですね。
樹にも風格があるものですね。

私は27日1年ぶりくらいで観光バスで、ネモヒラととフジを観ましたが、
バスはせいぜい1時間30分くらいの滞在です。

三春に他にも見応えのある桜があるのなら、此処へは1泊予定で行きたいものです。

新聞で、「手入れをするような記事」を読んだ記憶がありますが、
手当ては終わったのでしょうか。
記憶違いかも知れませんが。。。

三春の桜を見るまでは元気でいたいものです。

2014/04/29 (Tue) 18:05

kozoh55  

こんな光景に出会うと

どんな感慨を覚えるのでしょうね。
おばんです、AzTakさん。
人の小ささがその一本の木としてのスケールの大きさを
確認させてくれました。
人間を飲み込みそうですね。
それだけたくさんの人々の営みを見続けたのでしょうね。
何があっても必ずやって来る春と開花。
初めて見る風景、ありがとうございます。
またお邪魔します。

2014/04/29 (Tue) 19:59

AzTak  

Re: タイトルなし

> 今日は。。

ijinさん、こんばんは。

> 三春の滝桜を何度も見に行く計画を立てました。
> 観光バスが出ていますね。
> 観光バスは簡易に行けるので、私にとっては好都合です。
>
> バスのカタログや案内とは違っています。
> 違っては居ないのですが、AzTakさんのお写真はリアルに感じます。
>
> 母さまにも深いつながりがあるとは。。
> 将来私がこのサクラを見る時は、今までよりも一層親しみ深く見るでしょう。
>
> 姿、型。流石ですね。
> 樹にも風格があるものですね。
>
> 私は27日1年ぶりくらいで観光バスで、ネモヒラととフジを観ましたが、
> バスはせいぜい1時間30分くらいの滞在です。
>
> 三春に他にも見応えのある桜があるのなら、此処へは1泊予定で行きたいものです。

観光バスは私のような単独行動をするものには手軽で良いのですが、何分にも自由がききません。そこが難点かと。普通はそれでも差し支えないのですが、こと滝桜鑑賞に関しては、足が丈夫でない方に少なからざる負担がかかります。大駐車場が少し下の方に用意されているからなんです。そこからダラダラ坂を200mほど歩く必要があります。
もし、ご子息にお願いできるのであれば、マイカーを出していただき、滝桜に最も近い位置でドライバー以外は下りるのが一番かと思います。それと、週末はものすごい観桜渋滞が予想されますから、是非平日にお越しください。それもなるべく早朝出発が宜しいかと。そうすると、人がごく少ないときに悠然と眺めることができると思います。
なお、「日本さくら名所100選」には滝桜を含む約2000本の「三春町のシダレザクラ」が選ばれているそうです。これがなかなか風情があって良いのですが、今年は少し行くのが遅かったようで、そちらは少し残念な感じでした。
一泊されるのでしたら、中通りから会津にかけては温泉がよりどりみどりです。翌日、どこを見るかで決められたら如何でしょうか。

> 新聞で、「手入れをするような記事」を読んだ記憶がありますが、
> 手当ては終わったのでしょうか。
> 記憶違いかも知れませんが。。。

確か、滝桜は専門の方がいて、始終手を入れているようです。観桜の季節に無粋なことをすることはないだろうと思います。

> 三春の桜を見るまでは元気でいたいものです。

そうですね、滝桜をご覧になって、ついでに東京オリンピックをも楽しみましょう。目標は大きくいきましょう。

2014/04/29 (Tue) 20:46

AzTak  

Re: こんな光景に出会うと

> どんな感慨を覚えるのでしょうね。
> おばんです、AzTakさん。

kozoh55さん、おばんです。
気が遠くなるほど長い年月を生き抜いてきたんだなあ。その間にはいろいろなことを見てきたんだろうなあと思いました。この木がまだ若かりし時は、皆丁髷の時代だったはずですが、いまはそんなださい格好をする人もなく、随分変わったものだと思っていることだろうな、なんてことを想像しました。

> 人の小ささがその一本の木としてのスケールの大きさを
> 確認させてくれました。
> 人間を飲み込みそうですね。
> それだけたくさんの人々の営みを見続けたのでしょうね。
> 何があっても必ずやって来る春と開花。
> 初めて見る風景、ありがとうございます。
> またお邪魔します。

せめて負けずに1世紀を生き抜きたいものです。できることなら惚けることなくですが、もうすでにその兆候が。

2014/04/29 (Tue) 22:00

Leave a reply