自宅から洗足池まで(5) - 自宅から洗足池まで_2014_Feb
FC2ブログ

自宅から洗足池まで(5)

洗足池にて(4)

勝海舟と西郷南洲
勝海舟の墓
かつては、池のほとりに勝海舟晩年の邸宅「千束軒」があったが戦災で焼失。現在は勝夫妻の墓が残り、大田区の文化財に指定されている。幕末、勝は江戸総攻撃中止と江戸城無血開城を西郷隆盛に直談判するため、官軍の薩摩勢が本陣をおいた池上本門寺へ向かう途中、洗足池のほとりで休息した。明治維新後、池の風光明媚を愛した勝が移住し、西郷もここを訪ねて勝と歓談したと言う。勝夫妻の墓の隣に「西郷隆盛留魂碑」が建つ。これは、西郷が西南役に倒れた後、当時の東京府南葛飾郡の浄光院境内に勝が自費で建てたもの。1913年(大正2年)に荒川放水路開鑿に伴い、当地に移建された。
石塔の「海舟」の文字は、徳川慶喜の揮毫と伝えられているそうだ。私が言うのも何だが、上手い字だ。
勝海舟の墓_1
勝海舟の墓_2
勝海舟の墓_3
徳富蘇峰詩碑
勝海舟と西郷南洲(隆盛)の偉業をたたえた徳富蘇峰の詩碑。青木藤作ら九名の人々によって、昭和十二年(1937)に両英雄ゆかりのこの地に建立されたそうだ。
堂堂たる 錦旆(きんぱい) 關東を壓し、百萬の死生 談笑の中(うち)。群小(ぐんせう)知らず 天下の計、千秋 相(あ)ひ對す 兩英雄。
今の人は、分かち書きをすると思うが、彼は案外無神経に書き連ねたような気がする。碑文の限られたスペースでは、こんなものなのだろうか。菅原正敬は筆名の一つとのことだ。
徳富蘇峰詩碑
留魂碑
明治12年(1879年)、戦死した西郷隆盛(1827年-1877年)を悼み、勝海舟が私費で建てた碑。大正2年(1913年)に現在地に移設されたそうだ。
漢文は苦手中の苦手。恥ずかしい話だが、何を言っているのか全くわからない。

留魂碑_1
留魂碑_2
留魂祠
留魂祠

その他
桜山
桜の季節には背後の桜山が桜色に染まる。すごい人出になるそうだ。この季節でもキンクロハジロはまだとどまっているんだ。
freeの画像を借用
洗足池桜山
初代広重の描いた名所江戸百景の『千束の池袈裟懸松』
今の中原街道側から見た景色だろう。袈裟懸松が手前にあり、やや奥に千束八幡神社が見える。
freeの画像を借用
初代広重の描いた名所江戸百景の『千束の池袈裟懸松』
ボートハウス
中原街道寄りにある。洗足池駅もこの近くにある。桜山は対岸になる。
ボートハウス_1
ボートハウス_2

以上で、『自宅から洗足池まで』はお終いです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年03月10日
最終更新 -0001年11月30日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
今日は洗足池絡みでたくさんの勉強をさせていただきました♪
勝海舟が維新後、ここに移住し、西郷も訪ねて来たとは知りませんでした 汗)
更に、勝海舟の墓が洗足池にあったとは・・・汗)
石塔の「海舟」の文字は、徳川慶喜とは、歴史の三大スターが
ここ洗足池に集っている訳ですね!
凄く歴史的価値のある場所だったんですね 汗)

2014/03/10 (Mon) 02:03

jsk  

こんにちは
洗足池には、勝海舟と西郷南洲の墓があるんですね。
徳川・江戸から天皇・明治への移行が、決定的な戦火を交えることなく
行われたのは奇跡に近いように思います。
内戦で国力を消耗してしまえば、多分英・仏の植民地になっていたでしょう。
この時代、凄い人材が育っていたものと感心します。偉大な先人に感謝です。

2014/03/10 (Mon) 10:06

モカ  

こんにちは

勝海舟のお墓があるのですね。
でも私 後ろの黒いのに目がいって気になって仕方がありませんでした^^;
なんでしょう?変なとこに目がいってすみません^^:

2014/03/10 (Mon) 10:29

花さか爺サン  

AzTakさま こんにちは

洗足池紀行は歴史の一端を知ることが出来とても良かったです。
AzTakさまのブログを拝見していると勉強が出来て有り難いです。
これからも楽しみにしております。

2014/03/10 (Mon) 11:36

masa  

洗足池は歴史の地なのですね。
ここで日本の進む道が決められたのかも知れませんね。

2014/03/10 (Mon) 12:26

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
勝海舟夫妻の墓がここだとは知りませんでした。
なにやら難しいことが書いてあるようですがチンプンカンプン??
勝と西郷との交遊は知られていますが、日本を大きく転換させた功績は計り知れませんね。

2014/03/10 (Mon) 12:29

HARU  

こんにちは。

ご自宅付近には、いろんなトピックスになるところがあって散歩取材には事欠きませんね。都市の中に洗足池のような流れ込み河川のない湧き水池があるのも知りました。それもけっこう広い。勝海舟と西郷隆盛の由縁の地というのも趣がありますね。西郷さんの「人生いろいろ、でも志は貫きます」という碑文もいいです。玉川もすぐそばではありませんか。流域散歩もお願いします。ひょっとしてすでにお済みでしょうか。

2014/03/10 (Mon) 14:59

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今日は洗足池絡みでたくさんの勉強をさせていただきました♪
> 勝海舟が維新後、ここに移住し、西郷も訪ねて来たとは知りませんでした 汗)

お互いに認め合う仲だったんでしょうね。

> 更に、勝海舟の墓が洗足池にあったとは・・・汗)

旧居(農家風別荘で、所在地は現在の大森第6中学校のところ)のすぐ裏のあたりに墓を作りたいという本人の強い意向があったようで、土地も自分で買い求めていたようです。
昔は目障りな高い建物などなかったでしょうから、相当な眺望だったのでしょうね。
なお今は夫婦並んで埋葬されていますが、妻妾同居生活でほとほと嫌気が差した正妻たみは、遺言で勝とは一緒に埋葬しないでほしいとし、青山墓地に埋葬されたそうです。夢をぶち壊すような話ですが、本当のことだったようです。その後、改葬されて、並んで眠っています。

> 石塔の「海舟」の文字は、徳川慶喜とは、歴史の三大スターが
> ここ洗足池に集っている訳ですね!
> 凄く歴史的価値のある場所だったんですね 汗)

そうですね。そういうことになるんですね。

2014/03/10 (Mon) 20:31

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> 洗足池には、勝海舟と西郷南洲の墓があるんですね。

勝海舟の墓はありますが、西郷南洲の方は、墓ではなく留魂碑と留魂祠とかあるだけです。
下手にお墓があるよりもしかしたら有難い留魂碑だったかもしれません。

> 徳川・江戸から天皇・明治への移行が、決定的な戦火を交えることなく
> 行われたのは奇跡に近いように思います。

大田区・品川区関連の戦国と幕末
西村敏康 編集
という本を見ると、かなり面白そうですよ。勝海舟が腹芸で西郷どんを脅かした感じのようです。

> 内戦で国力を消耗してしまえば、多分英・仏の植民地になっていたでしょう。
> この時代、凄い人材が育っていたものと感心します。偉大な先人に感謝です。

結果的に正しい判断をしてくれたことになるんでしょうね。

2014/03/10 (Mon) 20:43

AzTak  

Re: こんにちは

モカさん、こんばんは。

> 勝海舟のお墓があるのですね。

そうなんですよ。

> でも私 後ろの黒いのに目がいって気になって仕方がありませんでした^^;
> なんでしょう?変なとこに目がいってすみません^^:

樹木に黒いネットがかぶせてありました。目障りだから取り去ってしまいたい誘惑に駆られました。(^_^;)

2014/03/10 (Mon) 20:47

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 洗足池紀行は歴史の一端を知ることが出来とても良かったです。
> AzTakさまのブログを拝見していると勉強が出来て有り難いです。
> これからも楽しみにしております。

まあ、ここでそんなこともあったんだなというくらいの話でした。歴史の舞台装置くらいの価値はあるかもしれませんね。多少はお役に立てれば嬉しい限りです。

2014/03/10 (Mon) 21:30

AzTak  

Re: タイトルなし

masaさん、こんばんは。

> 洗足池は歴史の地なのですね。

歴史の地というほど大げさではなくても、日本の重要な歴史が絡む舞台裏だったかもしれません。

> ここで日本の進む道が決められたのかも知れませんね。

多少、そういうことがあったかもしれませんね。なお、勝海舟の本宅は赤坂の氷川神社の傍にあったそうです。西郷さんは何方に来ることが多かったんでしょうかね。どんな会話がなされていたのか、タイムマシンにでものって、聞きに行ってみたいものですね。

2014/03/10 (Mon) 21:41

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 勝海舟夫妻の墓がここだとは知りませんでした。

赤坂の本宅で妻妾同居のハチャメチャな生活を送っていたそうで、暫くは奥様は、青山墓地の方にいらっしゃったようですよ。

> なにやら難しいことが書いてあるようですがチンプンカンプン??

それでいいんです。のんびり熊さんだけはスラスラと読み下せたのでは、こちらは情けなくて、…。
学校の先生には叱られてしまうかもしれませんが、低レベルのまま仲良く行きましょう。(^_^;)

> 勝と西郷との交遊は知られていますが、日本を大きく転換させた功績は計り知れませんね。

そうですね。肝の太い男だったようですね。

2014/03/10 (Mon) 21:46

土佐けん  

こんばんは

勝海舟のお墓があるんですか!
幕末の偉人ですよね~~
僕の故郷高知の英雄、龍馬を思い出します^^

2014/03/10 (Mon) 22:02

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> ご自宅付近には、いろんなトピックスになるところがあって散歩取材には事欠きませんね。都市の中に洗足池のような流れ込み河川のない湧き水池があるのも知りました。それもけっこう広い。勝海舟と西郷隆盛の由縁の地というのも趣がありますね。西郷さんの「人生いろいろ、でも志は貫きます」という碑文もいいです。多摩川もすぐそばではありませんか。流域散歩もお願いします。ひょっとしてすでにお済みでしょうか。

歴史に登場するところが出てきましたね。でも、そんなところは、そう多くはないのでは。
薩摩軍は池上本門寺に陣地を構えていたようですね。そこへ行ってみたくなりました。
調べてみたら、松濤園というところだそうですが、非公開なんだそうです。が、『池上本門寺たより』にある11問に正解すると、晴れて入園を許可されるとか。うーーん、行ってみたいです。
http://hobby.life.coocan.jp/bkmts/sizuokakdn5.htm

多摩川流域は、もう少しカメラの腕が上達するまで待っていいただけませんか。昔、多摩川の中洲はたぬきが巣を構えていたと聞きました。今でもいるのでしょうか。川崎市側では夜間見かけたという話を聞いたことがありますが。ここでタイプを打っているのはトド紛いの爺さんです。(苦笑)

2014/03/10 (Mon) 22:06

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 勝海舟のお墓があるんですか!
> 幕末の偉人ですよね~~
> 僕の故郷高知の英雄、龍馬を思い出します^^

坂本龍馬も西郷隆盛も勝海舟もそれぞれに日本を新しい良い国にしようと全身全霊でぶつかっていったんでしょうね。偉大な先人たちに感謝あるのみですね。

2014/03/10 (Mon) 22:16

kozoh55  

そうなんですよね~

寒い時期に来てもいい、更に桜の時期は最高にいい、
そうらしいですねえ、今年は桜の時期、目黒川をやめて
ここに来ようかしら、など考えてみたりします。
でも、半蔵門周辺や染井村、いいところはいっぱいありますし、
最近、すこしカメラをいいのに切り替えて、盛り上がってますので
全部行ってしまいそうです。
それにしても、やはりカップルで来て、あのあひるちゃんに乗って
水上カフェでまったりしたい気もしますが~
お晩です、AzTakさん、またお邪魔します。

2014/03/10 (Mon) 23:44

AzTak  

Re: そうなんですよね~

kozoh55さん、こんばんは。

> 寒い時期に来てもいい、更に桜の時期は最高にいい、
> そうらしいですねえ、今年は桜の時期、目黒川をやめて
> ここに来ようかしら、など考えてみたりします。
> でも、半蔵門周辺や染井村、いいところはいっぱいありますし、
> 最近、すこしカメラをいいのに切り替えて、盛り上がってますので
> 全部行ってしまいそうです。

いいですねえ。カメラの切り替えはしたくても我慢しています。
少しお金をためては、故郷寄付の足しにしています。もう今年で4回。
『もう足りているからいいよ』って言うくらいに、故郷が立ち直ればよいのですが。

> それにしても、やはりカップルで来て、あのあひるちゃんに乗って
> 水上カフェでまったりしたい気もしますが~

私には見果てぬ夢です。(^_^;)

> お晩です、AzTakさん、またお邪魔します。

2014/03/11 (Tue) 17:42

Leave a reply