鎌倉五山ほかを訪ねる(16) - 鎌倉五山ほかを訪ねる_2014_Jan-Feb
FC2ブログ

鎌倉五山ほかを訪ねる(16)

長谷駅から鎌倉大仏を目指す。途中の道筋に長谷寺があるが、此処は次の目的地とし、今回の最終目的地は鎌倉文学館とすることにした。それまでに大分歩いている所為か足がかなり悲鳴を上げてはいるが、なんとか当初の目標通りに行きたい。それにしても高徳院は結構歩きでがあった。

鎌倉大仏殿高徳院
高徳院(こうとくいん)は、神奈川県鎌倉市長谷(はせ)にある浄土宗の寺院。本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られる阿弥陀如来像(国宝)。山号は大異山。詳しくは大異山高徳院清浄泉寺(しょうじょうせんじ)という。開基(創立者)と開山(初代住職)はともに不詳である。
2004年(平成16年)2月27日、境内一帯が「鎌倉大仏殿跡」の名称で国の史跡に指定された。なお、大仏の造立経緯や、大仏殿の倒壊時期については諸説ある。


仁王門
当院の山号「大異山」を記す扁額が掲げられた山門は、18世紀初頭、内部に安置された一対の仁王像とともに他所より移築されたものと伝えられています。
仁王門だったのか。仁王像の存在にすら気づかなかった。何を慌てていたのだろうか。でも、見た感じ仁王像なんてなさそうだ。どうにも気になって調べてみたら、平成23年の秋に吽形像の頭部が破損したため、現在は安置されていないとのこと。阿形像とともに修復作業を行っているようだ。
それにしても、この門は他所より移築されたのか。そんな価値のある者には見えなかったけれども、私の見る目が曇っているのだろうか。

仁王門_1
確かに仁王像は不在の様子だ
仁王門_2

銅造阿弥陀如来坐像(国宝)
像高約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)。重量約121トン。
角張った、平面的な面相、低い肉髻(にっけい、頭髪部の椀状の盛り上がり)、猫背気味の姿勢、体部に比して頭部のプロポーションが大きい点など、鎌倉期に流行した「宋風」の仏像の特色を示しており、鎌倉時代を代表する仏教彫刻として国宝に指定されている。また、後世の補修が甚大な奈良・東大寺の大仏と比べ、ほぼ造像当初の姿を保っている点も貴重である。像は衣を通肩(両肩を覆う着装法)にまとう。浄土教信仰に基づく阿弥陀像が多く来迎印(右手を挙げ、左手を下げる)を結ぶのに対し、本像は膝上で両手を組む定印(じょういん)を結んでおり、真言ないし天台系の信仰に基づく阿弥陀像であることがわかる。

最初見た時から今に至るまで、鎌倉の大仏が造られた背景がよくわからないままだ。
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_1
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_2
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_3
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_4
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_5
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_6
銅造阿弥陀如来坐像(国宝)_7
大仏の後ろ姿と蓮弁
大仏の背後には、蓮弁4枚が安置されている。これらは江戸中期に蓮台の製作を企図して鋳造されたそうだ。当初全32枚の製作が予定されていたそうだが、完成をみたのがこの4枚だけのようだ。江戸中期の大仏様は、そんなに人気がない存在だったのだろうか。
大仏の後ろ姿と蓮弁
夜間照明を受けた大仏
free画像を借用
夜間照明を受けた大仏
大仏の内部
free画像を借用
大仏の内部

与謝野晶子歌碑
かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は 美男におわす夏木立かな
与謝野晶子(1878~1942年) 歌碑建立:1952年

達筆すぎて半分ほどしか読むことができない。特に『晶子』の字は、安宅の関跡の歌碑でも見たので覚えているが、初めて見たらなんと書いてあるのかまるでわからないものだろう。活字の時代に生まれてきて良かった。
与謝野晶子歌碑_1
与謝野晶子歌碑_2

観月堂
15世紀中頃、漢陽(今日のソウル)の朝鮮王宮内に建築されたと伝えられる建物で、1924(大正13)年当時これを所持されていた「山一合資会社」(後の「山一證券」)の社長、杉野喜精氏によって、東京目黒の私宅から移築・寄贈されました。鎌倉観音霊場23番札所ともなっている当山では、今日この建物の中に、江戸後期の作品とみられる観音菩薩立像を安置しています。
う~~ん、何やら風情のあるお堂だと思っていたが、そういう由緒がある建物だったのか。内部には、江戸幕府2代将軍の徳川秀忠が所持していたとされる聖観音像を安置しているのか。これまた、見てみたいものだ。
観月堂
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年02月19日
最終更新 -0001年11月30日

12 Comments

There are no comments yet.

HARU  

こんにちは。

鎌倉の大仏様は中学校の修学旅行で立ち寄った記憶があるだけです。奈良にも大仏があるのでなんか身内のような気がしないでもありません。昨今の修学旅行は寺社仏閣への参詣がめっぽう少なくなりました。若者の歴史的史跡への関心の薄れが、こういうところにも反映していますね。

2014/02/19 (Wed) 13:00

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
何年振りだろう、鎌倉の大仏さんを目にしたのは!
写真でもしばらくお目にかかっていませんでしたので
嬉しかったです♪
>浄土教信仰に基づく阿弥陀像が多く来迎印(右手を挙げ、左手を下げる)を結ぶのに対し、本像は膝上で両手を組む定印(じょういん)を結んでおり、真言ないし天台系の信仰に基づく阿弥陀像であることがわかる。
なるほど!今までそんなことも気付かなかった 汗)
仁王門の仁王像は確かに不在でしたね!
大仏が造られた背景がよくわからないようですが
よくまあ、こんなに大きなものをつくったものですね~!

2014/02/19 (Wed) 14:54

masa  

こんにちは。

鎌倉の大仏様久しぶりに見た思いです。
鎌倉に行っても、大仏様には行かないことが多かったですね。
修学旅行で内部まで入った記憶はありますが、混み合っていた思い出しか残っていません。
造られた背景は残されていないのでしょうか。
内部写真を見ると貼り合わせて造られているようですが、こんな大きな物をよく造った物ですね。

2014/02/19 (Wed) 16:46

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
大仏さんは、修学旅行を思い出します。

与謝野晶子
柔肌の・・・・
晶子らしい、歌碑ですねえ

2014/02/19 (Wed) 19:17

AzTak  

Re: こんにちは。

HARUさん、こんばんは。

> 鎌倉の大仏様は中学校の修学旅行で立ち寄った記憶があるだけです。奈良にも大仏があるのでなんか身内のような気がしないでもありません。昨今の修学旅行は寺社仏閣への参詣がめっぽう少なくなりました。若者の歴史的史跡への関心の薄れが、こういうところにも反映していますね。

奈良の大仏様とは残念ながら天と地ほども違います。
鎌倉の大仏様は大仏殿が失われたまま何百年も放ったらかしで、ちょいと可哀想な気がしてなりません。
一時の情熱で作ったものの、幕府がなくなってしまえば、元の漁村の生活に逆戻り。関東は文明は殆どなかったとかんがえるべきなのでしょうか。

2014/02/19 (Wed) 19:48

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 何年振りだろう、鎌倉の大仏さんを目にしたのは!
> 写真でもしばらくお目にかかっていませんでしたので
> 嬉しかったです♪

私も実に久しぶりです。自宅が長谷にある高校の時のクラスメイトの家に遊びに行ったついでに、ちょいと見たとき以来です。こんなふうだったかなと思うくらいでした。(^_^;)

> >浄土教信仰に基づく阿弥陀像が多く来迎印(右手を挙げ、左手を下げる)を結ぶのに対し、本像は膝上で両手を組む定印(じょういん)を結んでおり、真言ないし天台系の信仰に基づく阿弥陀像であることがわかる。
> なるほど!今までそんなことも気付かなかった 汗)

ふふふ、宗派によって違いがあるんですね。仏師が勝手気ままに作っているのではなく、宗派関係者の事細かな注文があったんでしょうね。

> 仁王門の仁王像は確かに不在でしたね!
> 大仏が造られた背景がよくわからないようですが
> よくまあ、こんなに大きなものをつくったものですね~!

そうですねえ。ものの勢いとはいえ、凄いことですねえ。

2014/02/19 (Wed) 19:59

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 鎌倉の大仏様久しぶりに見た思いです。
> 鎌倉に行っても、大仏様には行かないことが多かったですね。

私も同じです。(^_^;)

> 修学旅行で内部まで入った記憶はありますが、混み合っていた思い出しか残っていません。

高所恐怖症に加え、閉所恐怖症もあるので、内部に入るのは…。

> 造られた背景は残されていないのでしょうか。
> 内部写真を見ると貼り合わせて造られているようですが、こんな大きな物をよく造った物ですね。

鎌倉は徹底的にやられてしまいましたから、その後は、漁村くらいしか生きる道がなく、お寺さんも青息吐息だったことと思います。今まで残っているだけでも凄いことだと思います。
本当に当時の技術でよくもこんなどでかいものを作り上げたものですねえ。

2014/02/19 (Wed) 20:06

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 大仏さんは、修学旅行を思い出します。

私も中学校の修学旅行が日光と湘南鎌倉だったんです。
後者は、鎌倉は通学通勤定期の途中駅ですし、藤沢支社勤務などで湘南も随分経巡りました。
卒業したら住むところの近くには行きたくなかったんですが、仕方ありません。

> 与謝野晶子
> 柔肌の・・・・
> 晶子らしい、歌碑ですねえ

昔大仏と言われていたことがありましたが、大仏様も見方によっては美男子なんでしょうかね。
いえ、私のことを言っているのではありません。

2014/02/19 (Wed) 20:15

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/19 (Wed) 20:36

モカ  

こんばんは

大仏様ですね~!
ここには3回ほど訪れた時があります。
中にも入りました^^
でも十数年ぶりに見ました。

前回のコメント名前がなくてすみません^^;

2014/02/19 (Wed) 20:46

AzTak  

Re: こんばんは

モカさん、こんばんは。

> 大仏様ですね~!
> ここには3回ほど訪れた時があります。
> 中にも入りました^^
> でも十数年ぶりに見ました。

一度見れば十分なのかもしれませんが、何故か今回で3回めだったかなと思います。
ただし、前回から40年ほど経ってしまいました。
中へは高いところと同様に抵抗があり、入ることができませんでした。

> 前回のコメント名前がなくてすみません^^;

私もしょっちゅうあるんですよ。(^_^;)

2014/02/19 (Wed) 23:29

AzTak  

Re: タイトルなし

鍵コメ様、おはようございます。

コンテスト挑戦がんばってください。

2014/02/20 (Thu) 06:23

Leave a reply