鎌倉五山ほかを訪ねる(8) - 鎌倉五山ほかを訪ねる_2014_Jan-Feb
FC2ブログ

鎌倉五山ほかを訪ねる(8)

建長寺《鎌倉五山第一位》(4)

唐門
国指定の重要文化財
建長寺の唐門は、もとは寛永三年(1626)から同五年の間に建立された芝増上寺の徳川秀忠夫人崇源院御霊屋正殿(現在、仏殿)前の中門と考えられるとのことです。正保四年(1647)に移築され、方丈(龍宝殿)の正面にあります。
正面の柱の間は4.1メートル、前の丸い柱は42センチ、後ろの角柱は36センチと、堂々とした作りです。丸い柱は、両端がやや丸められた粽(ちまき)と呼ばれる部分があり、禅宗様です。妻の部分は虹梁(こうりょう)と呼ばれるゆるやかにカーブをした梁の上に瓶のような形の大瓶束(たいへいづか)がのっています。花紋や唐草の彫り物がつき、もとは漆塗りであったという文様が残っています。

道理で唐門が立派すぎると思ったが、疑問が氷解した。最近修復が完了したようで、素晴らしい仕上がり具合だ。今年に入ってから、上野東照宮といい、建長寺といい、立て続けにいいものを見ることができた。建長寺の金ピカは、おそらく飾金具による輝きであり、上野東照宮のように金箔を貼り付けたものではないと思う。何事にも序列があるようだ。
唐門_1
唐門_2
唐門_3
唐門_4
唐門_5
龍王殿・方丈
建長寺の方丈は、「龍王殿」と呼ばれ、過去には度重なる罹災と復興が繰り返された。
1641年(寛永18年)にも再建されているが、1923年(大正12年)の関東大震災により倒潰したため、現在の建物は、総門と同じく1940年(昭和15年)に京都の般舟三昧院から移築されたもの、1732年(享保17年)建立。
本来、方丈は住職の居間であるが、現在では、11月の宝物風入や各種儀式、コンサートなどの催しなどに使用されている。
本尊は、宝冠釈迦如来。

襖絵の龍水墨画は白浪(はくろう)画伯が描いたものだそうだ。きちんと写真に収めるべきだった。
京都の般舟三昧院は、その後、経営が傾いて無断競売事件などを引き起こし、没落してしまったようだ。諸行無常の響きありの典型かも。

襖絵の龍水墨画の写真があるHPへjump
龍王殿・方丈_1
龍王殿・方丈_2
龍王殿・方丈_3
大庫裡
大庫裡_1
大庫裡_2
得月楼
庭園と得月楼
得月楼_1
得月楼_2
庭園
建長寺庭園の名勝指定の対象は、仏殿前の「柏槇(ビャクシン)の古木」と方丈裏の「池泉庭園」。
方丈背後の庭園は、蘭渓道隆の作庭とされているが、現在の庭園は、江戸時代の作庭といわれている。
発掘調査では、現在よりも大規模な庭園であったことが裏付けられているという。
「心字池」と呼ばれている由縁は、心という字を池の形としたため。
往時をしのぶことは難しいようであるが、池に橋を架け、石を置き、松を植えているところは禅寺の庭園らしさを出している。

写真に収めようと格闘していた外国人観光客
庭園_1
庭園_2
庭園_3
庭園_4
庭園_5
庭園_6
庭園_7
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年02月11日
最終更新 -0001年11月30日

12 Comments

There are no comments yet.

モカ  

こんにちは

金の装飾が本当に立派で目を引きますね。
修復したばかりで良い時に見る事が出来たんですね^^
頑張って歩いている日頃の行いですね^^

2014/02/11 (Tue) 11:11

keico  

こんにちわ(*´∀`)

禅寺って、石と橋と松を植えてあるんですね。勉強になりました。なんでだろうかと、思いますが、また、調べてみます。

2014/02/11 (Tue) 11:38

masa  

こんにちは。

唐門!立派ですね~。
誰が通るための門だったのでしょうか?将軍様、高貴な人だけ通れる門だったのでしょうね。
修復にもかなりの額が必要だったのではと下種な思いが頭に浮かびました。

2014/02/11 (Tue) 13:50

AzTak  

Re: こんにちは

モカさん、こんにちは。

> 金の装飾が本当に立派で目を引きますね。
> 修復したばかりで良い時に見る事が出来たんですね^^
> 頑張って歩いている日頃の行いですね^^

こちらは、上野の東照宮と違って、2011/05/30に修復落慶を行ったそうですから、修復後2年以上経過しています。行いが良かったとかではなく、運が良かったかもしれませんね。こんな金ピカの状況は印象にありませんでしたから。

2014/02/11 (Tue) 16:07

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちわ(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> 禅寺って、石と橋と松を植えてあるんですね。勉強になりました。なんでだろうかと、思いますが、また、調べてみます。

『夢窓疎石の遍歴と庭園(禅庭園の起源と発展)』というHPなどが参考になるかもしれません。
http://muso.to/teienn-musounoniwa.htm

2014/02/11 (Tue) 16:23

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんにちは。

> 唐門!立派ですね~。

そうですね。同じ国指定の重要文化財同士でありながら、我が故郷いわきの飯野八幡宮の唐門とは大違い。
指定理由が見事な工芸品であるというのと、相当に古い時代の遺構であるとの違いなんでしょうが、…。う~~ん。

> 誰が通るための門だったのでしょうか?将軍様、高貴な人だけ通れる門だったのでしょうね。

将軍家の霊廟で余人立ち入るべからずでしたでしょうから、ごこごく限られた人しか通ることは許されなかったと思います。而して、私も当然のことながら脇の通路を歩きました。

> 修復にもかなりの額が必要だったのではと下種な思いが頭に浮かびました。

多分、そうでしょう。ここのところ長いこと経済のリセッションに日本経済は苦しんできていましたから、内需を喚起すべく、文化財の修理はそれこそ目白押しの状態で行われていますね。これで、目論見通り、お金が天下を廻ってくれればうれしいのですが、…。

2014/02/11 (Tue) 16:35

BooRider  

こんにちは

建長寺と言えば「けんちん汁」
そんな知識しか持っていなかったわたしには、
アップされていた写真は感動ものでした。
すごく立派なお寺なのですね。
庭も素敵です。

是非、今度、ゆっくりと訪ねてみたいです。

2014/02/11 (Tue) 20:14

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

BooRiderさん、こんばんは。

> 建長寺と言えば「けんちん汁」
> そんな知識しか持っていなかったわたしには、
> アップされていた写真は感動ものでした。
> すごく立派なお寺なのですね。
> 庭も素敵です。

そうですか。食べ物と関連付けると確かに強力なイメージが出来上がることでしょうね。
私は何度か来ているのですが、半僧坊から天園のハイキングコースの方に行くのに夢中で、境内は山門くらいしか覚えていないことに気づき、愕然としたものです。

> 是非、今度、ゆっくりと訪ねてみたいです。

あと1ヶ月もするといろいろな花さ咲きだし、最高の観光シーズンになるかと思います。是非お出かけください。

2014/02/11 (Tue) 20:43

HARU  

こんばんは。

方丈の「高談戯笑を禁ず」という札がいいですねえ。人の視点は性格が反映されますので、僕なんか真っ先に注意書きが目に飛び込んできました(笑)。
ここんとこ毎日、ガサガサしているので、ここでお庭なんかを拝見しながら心を落ち着かせています。ありがとうございます。

2014/02/11 (Tue) 22:36

AzTak  

Re: こんばんは。

HARUさん、こんばんは。

> 方丈の「高談戯笑を禁ず」という札がいいですねえ。人の視点は性格が反映されますので、僕なんか真っ先に注意書きが目に飛び込んできました(笑)。
> ここんとこ毎日、ガサガサしているので、ここでお庭なんかを拝見しながら心を落ち着かせています。ありがとうございます。

まったく、周囲が迷惑しているだろうことを意に介さない困った御仁がいるものです。私の友人にもそういうのがいて、注意をすると『お前は上から目線だ』、…なんだかんだと聞く耳を持ちません。こんなやつだったのかとがっかりして、それ以降距離を置くようにしました。
私も堪え方が足らないのかもしれませんが。
座禅を組んでいるところで、そんなことをやられたら、どうにもなりません。わざわざ注意書きを認めなければいけない状況は、公徳心の欠如がいたるところで見られるようになった証なのかもしれません。

2014/02/11 (Tue) 23:22

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
唐門は覚えています!
写真もとりましたよ♪
豪華な金箔にうっとりでした。
そして、得月楼の庭園の覚えています♪
AzTakさんの写真を見ると思いだしますが、
見ないと、「建長寺、???」
何があったか、全く思い出せません 汗)
困ったものです!
写真は記録と記憶の大いなる助っ人です♪笑)

2014/02/11 (Tue) 23:45

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 唐門は覚えています!
> 写真もとりましたよ♪
> 豪華な金箔にうっとりでした。

ということは、ここ2年半くらいの間に出掛けられたようですね。
随分綺麗になりましたね。

> そして、得月楼の庭園の覚えています♪
> AzTakさんの写真を見ると思いだしますが、
> 見ないと、「建長寺、???」
> 何があったか、全く思い出せません 汗)
> 困ったものです!
> 写真は記録と記憶の大いなる助っ人です♪笑)

私は記憶の補完のために写真を撮っているのですが、できれば、あとで見て何だこの写真は、という酷いレベルには落ちないようにしたいものです。なかなか、難しく…

2014/02/12 (Wed) 07:13

Leave a reply