北口本宮冨士浅間神社~カチカチ山展望台~相模湖イルミリオン・うるり入浴(3) - 北口本宮冨士浅間神社~カチカチ山展望台~相模湖イルミリオン・うるり入浴_2014_Jan
FC2ブログ

北口本宮冨士浅間神社~カチカチ山展望台~相模湖イルミリオン・うるり入浴(3)

北口本宮冨士浅間神社(2)
北口本宮冨士浅間神社の神社としての主要部分は写真の通り。余計な感想など差し挟まずに見ていただき、どんな神社なのか感じていただければ幸いである。
ただひとつ、8月26・27日の2日に亘って行われる『吉田の火祭り(鎮火祭)』を一度見学してみたいものだ。


拝殿
拝殿_1
拝殿_2
拝殿_3
拝殿_4
すごい形相だ
すごい形相だ
冨士登山道吉田口登山門
冨士登山道吉田口_1
冨士登山道吉田口_2
諏訪拝殿
諏訪拝殿

重要文化財(国指定)
北口本宮冨士浅間神社東宮本殿 - 1907年8月28日指定
北口本宮冨士浅間神社西宮本殿 - 1953年3月31日指定
北口本宮冨士浅間神社本殿 附:棟札一枚 - 1953年3月31日指定


東宮本殿
1223年(貞応2年)、鎌倉幕府二代執権の北条義時による創建。同年、義時は富士山本宮浅間大社の遷宮の儀を執り行っている。現在の建物は1561年(永禄4年)に武田信玄が再建したもので、国の重要文化財に指定されている。
東宮本殿_1
東宮本殿_2
東宮本殿_3

西宮本殿
1594年(文禄3年)の建立。正面扉下の彫刻及び蟇股など立派で、国の重要文化財に指定されている。
西宮本殿_1
西宮本殿_2

本殿
現在の本殿は、1615年(元和元年)、鳥居土佐守による再建。桃山時代の高荘な建造物として国の重要文化財に指定されている。
本殿_1
本殿_2
本殿_3

最後に『吉田の火祭り(鎮火祭)』の様子をfreeの写真で
吉田の火祭り(鎮火祭)
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2014年01月21日
最終更新 -0001年11月30日

20 Comments

There are no comments yet.

keico  

こんばんわm(__)m

この神社の中は、宮崎駿さんのアニメに出てきそうな雰囲気がしました。日本ぽくて、豪快なかんじが、、。
カラス天狗や鬼!?もアニメっぽくてかっこよく愛嬌あるなとか思いました。一度いってみたいと思いました。( ☆∀☆)

お邪魔しました。

2014/01/21 (Tue) 00:12

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
今の本殿ができるまで西宮本宮が本殿だったのですね!
拝殿や本殿の豪華さ、大きさと比べ
東宮本殿、西宮本殿はいささか小振り過ぎませんか?
本殿の眩く光るのは金箔の襖でしょうか?

2014/01/21 (Tue) 01:31

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

最初のお写真素敵です♪
AzTakさんの横に立って、見ている気分になりました^^
ここの神社は見所満載、建物も素晴らしいですね。
鳥居の向こうに見える杉並木(?)が
ここの神社の雰囲気を一層厳かなものにしているように見えます♪

2014/01/21 (Tue) 07:29

モカ  

こんにちは

一枚目の歴史を感じさせる大きな鈴に目がいきました。
冨士登山道吉田口登山門、ここを通って皆富士山を目指すのですね^^
本殿 立派ですね!朱色が美しく、中には輝く金に鮮やかな装飾と画、素敵だと思います。

2014/01/21 (Tue) 11:36

masa  

こんにちは。

東宮と西宮の建築時期は300年以上の差があるのですね。
本殿の建築時期が一番新しいのは、再建された空でしょうが、元々の本殿はいつ頃建てられたのでしょうね。
年代パズルをしてしまいました!!
天狗、烏天狗の形相がおもしろいですね。

2014/01/21 (Tue) 16:22

HARU  

富士信仰の力

歳月を感じさせる杉木立の中で、やはり補色となる弁柄色が目立ちます。地中の溶岩が噴出する自然の脅威に対する畏怖、そして畏敬の念が信仰と結びついて多くの人たちをここに惹きつけたのでしょうね。神社の雰囲気にもそれを強く感じます。さまざまな神様が分祀され祀られているようですが、もとは富士そのものが神様だったのでしょうね。いいものを見せていただきました。

2014/01/21 (Tue) 16:50

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/21 (Tue) 17:38

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわm(__)m

keicoさん、こんばんは。

> この神社の中は、宮崎駿さんのアニメに出てきそうな雰囲気がしました。日本ぽくて、豪快なかんじが、、。
> カラス天狗や鬼!?もアニメっぽくてかっこよく愛嬌あるなとか思いました。一度いってみたいと思いました。( ☆∀☆)

決して馬鹿でかい神社敷地という訳ではないのですが、妙におさまりがよくて、境内に入るととにかく落ち着くのです。本当に落ち着く感じなので、こちら方面に行く予定があるときは、ここもついでに尋ねられたら如何でしょうか。
あの天狗のお面は相当にでかいものですが、剽軽な感じです。

> お邪魔しました。

2014/01/21 (Tue) 19:29

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今の本殿ができるまで西宮本宮が本殿だったのですね!
> 拝殿や本殿の豪華さ、大きさと比べ
> 東宮本殿、西宮本殿はいささか小振り過ぎませんか?

説明書きによるとそんな感じですね。そういう位置づけだったのかもしれません。
その後、栄枯盛衰があり、江戸時代に富士講が盛んになり、一挙に荘厳な大神社になっていったようです。

> 本殿の眩く光るのは金箔の襖でしょうか?

見た感じそういうふうに見えました。間違いないでしょう。
本殿というのは本当に神聖なる建屋ですから、立ち入っても写真に撮ってもいけないものかもしれませんね。でも、透明の覆いで覆っていて、目隠ししていないということは、見たければどうぞかなと思いました。非常に自分勝手な解釈ですが。(^_^;)

2014/01/21 (Tue) 19:48

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちは♪

mikaさん、こんばんは。

> 最初のお写真素敵です♪
> AzTakさんの横に立って、見ている気分になりました^^
> ここの神社は見所満載、建物も素晴らしいですね。

結構、まとまっていて、落ち着く感じなんですよ。参拝しやすい感じでした。

> 鳥居の向こうに見える杉並木(?)が
> ここの神社の雰囲気を一層厳かなものにしているように見えます♪

私もそう思いました。そして、西宮本殿の脇に登山門があるんです。そうです。ここが富士吉田登山口なんです。そして、8月下旬には、吉田の火祭りもあるんです。結構、行ってみたくなる感じなんですねえ。

2014/01/21 (Tue) 19:57

AzTak  

Re: こんにちは

モカさん、こんばんは。

> 一枚目の歴史を感じさせる大きな鈴に目がいきました。

そういえば、ガイドさんが『現在、鈴は…』と何か言っていた記憶がありますが、気もそぞろで聞いておらず、おおきな鈴のことは失念していました。あることはあるんですね。鳴らすための綱が外してあるんですね。その理由を話していたようでしたが、…。

> 冨士登山道吉田口登山門、ここを通って皆富士山を目指すのですね^^

そういう人もいるということでしょうね。今はスバルラインで5合目まで行き、そこから登山する人がほとんどだと思います。

> 本殿 立派ですね!朱色が美しく、中には輝く金に鮮やかな装飾と画、素敵だと思います。

そうですね。凄いんでしょうね。一般人に見せるものではないのでしょうが、凄そうです。

2014/01/21 (Tue) 20:09

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 東宮と西宮の建築時期は300年以上の差があるのですね。
> 本殿の建築時期が一番新しいのは、再建されたからでしょうが、元々の本殿はいつ頃建てられたのでしょうね。
> 年代パズルをしてしまいました!!

延暦7年(788年)に甲斐守である紀豊庭が現在地に社殿を造営したと伝わる。というあたりからがはっきりした歴史のようです。複雑な歴史なので、wikipediaでご確認ください。
結構参拝しやすい感じの拝殿でした。拝殿が感じがよいのは一番かなと思います。

> 天狗、烏天狗の形相がおもしろいですね。

あれには思わず笑ってしまいました。巨大なお面何ですが、憎めない感じのものでした。

2014/01/21 (Tue) 20:23

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
諏訪拝殿とは??
拝殿が幾つかあるんですか?

2014/01/21 (Tue) 20:24

AzTak  

Re: 富士信仰の力

HARUさん、こんばんは。

> 歳月を感じさせる杉木立の中で、やはり補色となる弁柄色が目立ちます。地中の溶岩が噴出する自然の脅威に対する畏怖、そして畏敬の念が信仰と結びついて多くの人たちをここに惹きつけたのでしょうね。神社の雰囲気にもそれを強く感じます。さまざまな神様が分祀され祀られているようですが、もとは富士そのものが神様だったのでしょうね。いいものを見せていただきました。

昔の人は、多分今の人でも同様でしょうが、富士噴火はびっくり仰天の出来事だったと思います。これは、きちんと信仰せねばと思ったことでしょうね。それが浅間信仰の原点なのでしょうね。絶対的な存在に縋る、というのはごく素直な信仰の形なのでしょう。

2014/01/21 (Tue) 20:29

AzTak  

鍵コメ様

実は、私も事情があって、つい最近、普段使いのPCをwindows8.1の持ち運べるPCに変えました。ということで、いろいろなことに気づいた次第でした。
考えてみれば、今まで使っていた方のPCなら、普通にみることができるんですね。
出来れば、ブログは停止させずに、更新しながら、その合間においおい手を加えていくということでは如何でしょうか。

2014/01/21 (Tue) 20:36

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。「

> 諏訪拝殿とは??
> 拝殿が幾つかあるんですか?

もともとこの神社は諏訪神社だったんだそうです。
往古ヨリ此社中ヲ諏方ノ森ト称スルハ、浅間明神勧請セザル以前ヨリ諏方明神鎮座アル故ナリト云、古文書二諏方ノ森浅間明神トアル是ナリ
ということで、複雑な歴史があるようです。
私には説明しきれないので、wikipediaでご確認ください。(^_^;)

2014/01/21 (Tue) 20:51

aunt carrot  

感謝です。

実に見ごたえのある記事ですね。
行かないところをこれだけ丁寧にレポートしてくださって
あると感謝以外にありません。
一枚目、参拝している気分です。
ご本殿の素晴らしさ、圧倒されます。
浅間神社は富士山の周りにいくつかありますが、
こちらが一番素晴らしいのでは?と思います。
富士吉田口は杉木立に囲まれ登山の安全祈願を
するのには気持ちが引き締まる感じで良いですね。
楽しみました。
ありがとうございます。

2014/01/21 (Tue) 21:15

土佐けん  

こんばんは

ここは立派な神社なんですね!
燈籠もでっかい^^
天狗にカラス天狗、迫力があります^^

2014/01/21 (Tue) 21:44

AzTak  

Re: 感謝です。

aunt carrotさん、おはようございます。

> 実に見ごたえのある記事ですね。
> 行かないところをこれだけ丁寧にレポートしてくださって
> あると感謝以外にありません。

そう言っていただき有難うございます。

> 一枚目、参拝している気分です。
> ご本殿の素晴らしさ、圧倒されます。
> 浅間神社は富士山の周りにいくつかありますが、
> こちらが一番素晴らしいのでは?と思います。
> 富士吉田口は杉木立に囲まれ登山の安全祈願を
> するのには気持ちが引き締まる感じで良いですね。
> 楽しみました。
> ありがとうございます。

それぞれの神社にはそれぞれの良さがあるんだと思います。他の神社に負けない荘厳さがこの神社にもあったようで、それを確認できただけでも良かったと思っています。

2014/01/22 (Wed) 07:03

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けん様、おはようございます。

> ここは立派な神社なんですね!
> 燈籠もでっかい^^
> 天狗にカラス天狗、迫力があります^^

そうでしたね。今まで通り過ぎていたのがもったいないことだったと思ったくらいでした。
しかし拝殿の立入禁止の線のかなり奥まで千社札を貼りまわる馬鹿者がいるんですね。品性を疑われる下劣な行為だと思わないのでしょうか。

2014/01/22 (Wed) 07:11

Leave a reply