三島~伊豆の国(2) - 三島~伊豆の国_2013_November
FC2ブログ

三島~伊豆の国(2)

三嶋大社(2)

御殿
①-⑪平成12年に重要文化財指定を受けた本殿(ほんでん)・幣殿(へいでん)・拝殿(はいでん)。三嶋大社では、本殿・幣殿・拝殿を総じて『御殿』と称している。建てられた時期が幕末だったからか、屋根はすべて銅版葺きだ。樹皮葺きなどを望むのは無理だったのだろうか。
本殿を流造りとする複合社殿。奥から本殿・幣殿・拝殿。総欅素木造り(そうけやきしらきづくり)。嘉永7年(1854)11月4日の東海地震で罹災し、その後再建された社殿。時の神主矢田部盛治の指揮のもと、全国にて再建のための勧進を行い、慶応2年(1866)9月9日、本殿・幣殿・拝殿の落成をみました。境内の主要建造物はこの時全て再建され、明治元年(1868)にかけて随時落成しました。
社殿彫刻は、当代の名工小沢半兵衛・小沢希道親子とその門弟のほか、後藤芳冶良らによるもの。社殿彫刻としては高い完成度と美術的価値をもちます。

御殿_1
御殿_2
御殿_3
御殿_4
御殿_5
御殿_6
御殿_7
御殿_8
御殿_9
御殿_10
御殿_11

国の天然記念物の指定を受けた金木犀
⑫-⑬樹齢1200年を超える古木とは畏れ入る。薄黄木犀ということは、厳密には金木犀ではないのかもしれないが、学者ではないので、こだわらないでおこう。少し花の色が淡い感じだし、よく枝分かれしているし、素人にも種が若干違う感じはしないでもなかったが、…。
⑫のみFree画像を借用
国の天然記念物の指定を受けた金木犀_1
国の天然記念物の指定を受けた金木犀_2
昭和9年5月1日、文部省告示第181号により、文部大臣から国の天然記念物の指定を受けました。
学名は薄黄木犀(うすきもくせい)。薄い黄色の花をつけ、甘い芳香が特徴です。
樹齢は1200年を越えると推定される巨木で、現在もっとも古く、かつ大きなモクセイとして知られています。
円形に広がり、地面に届くほど垂れている枝先がこの木の生きた歳月の長さを物語っています。
薄黄色で可憐な花は甘い芳香を発し、それは神社付近はもちろん遠方までにおよび、時には2里(約8キロ)先まで届いたと伝えられています。
9月上旬より中旬にかけ、黄金色の花を全枝につけ、再び9月下旬より10月上旬にかけて満開になります。


開花の様子を載せたHPへjump

摂社・若宮神社
⑭社殿の左手に位置する。『古くは八幡宮・若宮八幡宮または若宮社等と呼ばれた。ご祭神は、物忌奈乃命(三嶋大神の御子神)・誉田別命(応神天皇)・神功皇后・妃大神を祀る社である』と記されている。
摂社・若宮神社
三嶋大社の創建については、面白い伝承が残っている。それと関連するので、ここに紹介する。

大社の現在地には譽田別命(ほんだわけのみこと・第十五代応神天皇)を祀った若宮神社があった。この地にやって来た三島明神が「藁一束分の土地を譲ってくれ」と頼んだため、その程度なら構わないと考えて承諾すると、三島明神は束を解き藁をつなげて広大な土地を囲ってしまった。そのため追い出された若宮八幡は1km以上離れた現在の西若町に移転を余儀なくされ、腹を立てて大社に背を向け社殿を構えた。
これが三島市西若町の境外摂社若宮神社であり、1kmほど離れているようだ。

摂社・見目神社
⑮若宮神社と同じく、本社と最も関係の深い社で摂社という。御祭神は三嶋大社の后神六柱を祀る』と記されている。
后神は、波布比賣命、久爾都比咩命、伊賀牟比咩命、佐伎多麻比咩命、伊波乃比咩命、優波夷命だそうだ。

摂社・見目神社

境内左手の境内社(末社)
⑯大楠社(大楠神)、天神社(瓊瓊杵尊)、聖神社(聖神)、第三社(第三王子)、幸神社(猿田彦神)。特に案内板がなく、寂しい扱いだ。
境内左手の境内社(末社)

境内右手の境内社(末社)
⑰小楠社(小楠神)、第二社(第二王子)、酒神社(豊受比賣神)、飯神社(保食神)、船寄社(鹽土老翁)。こちらも同様に案内板がなく、寂しい扱いだ。
境内右手の境内社(末社)
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年12月08日
最終更新 -0001年11月30日

18 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
御殿の屋根の形が特徴的ですね!
屋根の上や軒下の彫刻は網で囲まれているのが
ちょっと残念です!
御殿に比べて幣殿と拝殿があまりにも小さくでビックリ!
普通の神社でも末社はそれなりの扱いを受けているのに
ここでは寂しい扱いなんですね!
ちょっと調べたら、木犀はオレンジ色の金木犀、白系の銀木犀、変り種の薄黄木犀(ウスキモクセイ)などがあって銀木犀が母種だそうです。
銀木犀は知っていましたが、薄黄木犀は初耳でした!汗)

2013/12/08 (Sun) 01:22

のんびり熊  

AzTakさん

おはようございます
三嶋大社と若宮八幡社が離れている関係、面白いですね~ 
マルデ俗世界そのもの、神代の世界も同じか?
彫刻が少し見えますが、いいですね~~
はとの糞避けでしょうか?仕方ないですね。

2013/12/08 (Sun) 07:50

モカ  

お疲れ様です^^

伊豆に行った時のお写真ですね^^
三嶋大社 有名ですよね~
地元は静岡県ですが 行った事がありません。
今は遠出もしますが、学生の頃は静岡西部から見た伊豆は県外のようでしたw

2013/12/08 (Sun) 11:11

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんにちは。

> 御殿の屋根の形が特徴的ですね!
> 屋根の上や軒下の彫刻は網で囲まれているのが
> ちょっと残念です!

あの網のお蔭で私の写真はシャットアウトでした。光線の具合の良いときに、それなりのカメラとレンズとで挑むしかないようです。暫くは、眺めているしかありません。(泣)

> 御殿に比べて幣殿と拝殿があまりにも小さくでビックリ!

⑪の写真のように、左から本殿・幣殿・拝殿の順になっています。本殿は神様の居場所で、立ち入り禁止ですよね。幣殿は、神職の方のみが必要なときのみ立ち入ることを許される部分で、われわれが許されて立ち入ることが出来るのはせいぜい拝殿どまりです。
拝殿が大きく、幣殿はつなぎの部分なのかこじんまりとしていて、本殿はそれなりにきりっとしているというのが、オーソドックスな神殿の構成のようで、こちらもそんな感じかと。

> 普通の神社でも末社はそれなりの扱いを受けているのに
> ここでは寂しい扱いなんですね!

びっくりしましたね。神社には神社の事情があるのかもしれませんが。

> ちょっと調べたら、木犀はオレンジ色の金木犀、白系の銀木犀、変り種の薄黄木犀(ウスキモクセイ)などがあって銀木犀が母種だそうです。
> 銀木犀は知っていましたが、薄黄木犀は初耳でした!汗)

makiraさんが知らないものを私が知る由もないのですが、どうしてこんなに枝分かれして写真に撮りにくい感じになっているのかといつも頭を悩ませられるんです。

2013/12/08 (Sun) 11:33

AzTak  

Re: AzTakさん

> おはようございます

のんびり熊さん、こんにちは。

> 三嶋大社と若宮八幡社が離れている関係、面白いですね~ 
> マルデ俗世界そのもの、神代の世界も同じか?

ふふふ、面白い話が残っているものですねえ。

> 彫刻が少し見えますが、いいですね~~
> はとの糞避けでしょうか?仕方ないですね。

だと思いますが、あれのお蔭で私にはまったく写真が撮れません。泣けてきます。

2013/12/08 (Sun) 11:36

AzTak  

Re: お疲れ様です^^

モカさん、こんにちは。

> 伊豆に行った時のお写真ですね^^
> 三嶋大社 有名ですよね~
> 地元は静岡県ですが 行った事がありません。
> 今は遠出もしますが、学生の頃は静岡西部から見た伊豆は県外のようでしたw

末娘が伊豆の国市に嫁入りしているので、それまで鰻食べたさに三島の用事についていっていたりしたのですが、鰻無しで行くことになりました。たまに富士山が良く見えたりすると、ラッキーなんて思ったりして。

2013/12/08 (Sun) 11:39

jsk  

こんにちは
御殿の区別はよくわかりませんが、しっかりした造りですね。
重厚な造りに驚きます。
細部までは見えませんが、破風造りもしっかりしていそうです。
菊の紋章も使われており、相当な格式なんでしょう。
素晴らしいですね、名古屋に帰るついでにでも寄ってみたくなります。
この金木犀も歴史を感じますね。
ありがとうございました。

2013/12/08 (Sun) 16:28

ijin  

お元気で散歩三昧

相変わらずのお元気で散歩三昧。

毎日のようにお立ち寄りくださっているのに、
応答もせず、失礼しております。
何となく体がだるい感じです。

いよいよ明日入院します。
主な目的はペースメーカーの交換手術。
加えて、詳しい検査です。
20日頃退院予定です。

元気になって帰ってきます。
その節はよろしくお願いいたします。

お元気でお過ごしください。

2013/12/08 (Sun) 16:47

いどきち  

こんばんは

大迫力の写真を拝見すると、建物の隅々まで
よくわかりますね。
私の写真は引っ込めてしまいたくなるような
迫力です。

2013/12/08 (Sun) 18:37

HARU  

立派なお社です。

初めてお便りします。
いつも詳しい説明、読ませていただいています。一度訪ねたいと思っていた神社でした。立派な社殿です。伝承も含めて大きな勢力を保持した神社だったのでしょう。
ちなみに、大阪高槻市に日本最初の三島神社とされる三島鴨神社があり、近くにはこの地域で鉄(タタラ)と高い農耕技術(ミゾクイ)を持っていた族が祀る溝咋神社があります。記紀に、ヤマトの大物主がミシマノミゾクイの娘(セヤタタラヒメ)を妻にする特異な記述があります。生まれた子はヒメタタライスズヒメで初代神武の皇后になります。いずれにしても葛城の鴨族と伊豆の三嶋大社は繋がりがありそうです。

2013/12/08 (Sun) 19:59

masa  

こんにちは。

名のある神社だけあって造りが重厚ですね。
キンモクセイも紹介ありがとうございます。
古木ですね。
少し痛々しい気もしますが、長年神社を見守ってきたのでしょうね。

2013/12/08 (Sun) 20:34

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> 御殿の区別はよくわかりませんが、しっかりした造りですね。
> 重厚な造りに驚きます。
> 細部までは見えませんが、破風造りもしっかりしていそうです。
> 菊の紋章も使われており、相当な格式なんでしょう。

旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社です。ということで格式が非常に高い神社ということになると思います。

> 素晴らしいですね、名古屋に帰るついでにでも寄ってみたくなります。

建物は立派だと思うと思います。築後150年ほどと新しいのが残念な感じではありますが。我々のうさぎ小屋と違い神社の社屋はぴんぴんしています。
寄ったら是非ウナギを食べてみてください。〆る前に前に富士山の伏流水で泥臭さを抜いた格別の鰻です。

> この金木犀も歴史を感じますね。

この金木犀の10分の1生きると、長嶋さんのいう2度目の還暦になるんですが、無理でしょうね。

> ありがとうございました。

2013/12/08 (Sun) 20:43

AzTak  

Re: お元気で散歩三昧

ijinさん、こんばんは。

> 相変わらずのお元気で散歩三昧。

このときまでは元気だったのですが、帰り際に電車乗り換え時にあせって飛び降りて、着地時に圧力が加わりすぎたのか、強烈な捻挫を起こしてしまい、参っています。何とか年内に直さないと、看板を下ろさないといけません。

> 毎日のようにお立ち寄りくださっているのに、
> 応答もせず、失礼しております。
> 何となく体がだるい感じです。

今年1年異常気象が続きましたから、ちょっと身体が疲れましたかね。

> いよいよ明日入院します。
> 主な目的はペースメーカーの交換手術。
> 加えて、詳しい検査です。
> 20日頃退院予定です。

従来のものより、グンと小さく高性能になっているようですね。信頼性が上がることでしょう。

> 元気になって帰ってきます。
> その節はよろしくお願いいたします。

お待ちしています。よろしくお願いいたします。

> お元気でお過ごしください。

ijinさんもお元気で新しい年を迎えるよう祈っています。

2013/12/08 (Sun) 20:58

AzTak  

Re: こんばんは

いどきちさん、こんばんは。

> 大迫力の写真を拝見すると、建物の隅々まで
> よくわかりますね。
> 私の写真は引っ込めてしまいたくなるような
> 迫力です。

そんなこといわずに、どんどん見せてください。一人が体験できることは限りがあります。他の方の体験やその時得た感想などは私にも大変有難いものです。

2013/12/08 (Sun) 21:09

AzTak  

Re: 立派なお社です。

> 初めてお便りします。

HARUさん、こんばんは。そして、初めまして。

> いつも詳しい説明、読ませていただいています。一度訪ねたいと思っていた神社でした。立派な社殿です。伝承も含めて大きな勢力を保持した神社だったのでしょう。
> ちなみに、大阪高槻市に日本最初の三島神社とされる三島鴨神社があり、近くにはこの地域で鉄(タタラ)と高い農耕技術(ミゾクイ)を持っていた族が祀る溝咋神社があります。記紀に、ヤマトの大物主がミシマノミゾクイの娘(セヤタタラヒメ)を妻にする特異な記述があります。生まれた子はヒメタタライスズヒメで初代神武の皇后になります。いずれにしても葛城の鴨族と伊豆の三嶋大社は繋がりがありそうです。

単純にお参りに行くだけなので、細かいことは知りません。でも、仰られるとおり、何か繋がりがあるような気がしています。

最近HARUさんのブログにアクセスさせていただいていて、凄いレベルなのに、正直驚いています。
何も才能がない私は、コツコツやるだけです。

2013/12/08 (Sun) 21:37

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 名のある神社だけあって造りが重厚ですね。

本当にそういう感じです。

> キンモクセイも紹介ありがとうございます。
> 古木ですね。

1200年だそうです。この神社もそのころには存在したのでしょうかね。

> 少し痛々しい気もしますが、長年神社を見守ってきたのでしょうね。

そうなんでしょうね。

2013/12/08 (Sun) 21:45

土佐けん  

こんばんは

立派な神社ですね~~
僕も神社仏閣を見に行くのが大好きです^^
彫刻も素晴らしいですね!

2013/12/08 (Sun) 22:09

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんにちは。

> 立派な神社ですね~~

そうですね。ものすごい貫禄です。

> 僕も神社仏閣を見に行くのが大好きです^^
> 彫刻も素晴らしいですね!

彫刻は素晴らしいといわれているようなんですが、網がかかっているのと、光線の加減か、いつもよく見えないのです。時間帯がよくて、機材もそれなりだと、素晴らしい写真が撮れるんじゃないかと思いますが、今の私にはちょいと難しい被写体です。

2013/12/09 (Mon) 12:10

Leave a reply