三島~伊豆の国(1) - 三島~伊豆の国_2013_November
FC2ブログ

三島~伊豆の国(1)

三嶋大社(1)
静岡県三島市には、流刑時代の源頼朝が崇敬し、源氏再興を祈願した三嶋大社がある。旧社格は官幣大社。市名もこの大社の名前に由来する。
神社社屋は、1854年(嘉永7年)11月4日の東海地震で罹災して壊滅的打撃を蒙った。全国から修復のための基金を集め、1866年(慶応2年)9月9日、本殿・幣殿・拝殿の落成を見た。境内の主要建造物はこのときすべて再建され、1868年(明治元年)にかけて随時落成した。
歴史を誇る神社でありながら、建物が比較的新しいのはそのためである。総門建築中の1930年(昭和5年)にも、北伊豆地震に見舞われた。他の寺社で不幸にも建物が滅失するのは、火事による焼失が殆どだが、三嶋大社の場合は事情を異にする。地震に対する警戒心が強い土地であるのは、こうした事情があるからのようだ。

総門
外構えの門で、昭和6年竣工。昭和の神社建築の代表的建物の一つに数えられ、格調の高さは有名なようだ。
総門_1
総門_2
総門_3

神門
寺院の山門に対して神社では神門。総門の内側にある。ここから先は、神聖な区域に入る。
唐破風になっているから唐門というのかと思ったら、ごく普通に神門と称しているようだ。1867年(慶応3年)竣工。私はこの唐破風が何故か大好きで、いつも真剣に見入ってしまう。

神門_1
神門_2
神門_3

舞殿
古くは祓殿と呼ばれ、神楽祈祷を行ったが、後には主として舞を奉納したので、舞殿と呼ばれるようになった。現在は舞のほか、田打ち神事、豆撒き神事などの神事、祈祷・結婚式なども行う。今回はお日柄が良くなかったようで、結婚式はなかったが、前回行ったときにはかなり賑わっていた。
御殿と同じ年の竣工だが、御殿は国の重要文化財に指定され、こちらは指定されていない。その扱いの違いは何なのだろうか。1930年(昭和5年)の北伊豆地震の被災で一部改修を加えたからだろうか。
御殿の手前、舞殿には、「二十四孝」という中国に伝わる親孝行のお話を題材にした彫刻が巡らされています。この二十四孝というのは、今からおよそ700年ほど前、中国の元の時代に郭居業がまとめた物語です。
「欄間」と、その上の「小壁」に1話ずつ。1面に3組6話を配し、四方で24話が彫られています。

舞殿_1
舞殿_2
舞殿_3
舞殿と御殿(三嶋大社では、本殿・幣殿・拝殿を総じて『御殿』と称している…国指定の重要文化財)
舞殿と御殿
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年12月07日
最終更新 -0001年11月30日

20 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
有名な三嶋大社ですが行ったことはありません!
>寺院の山門に対して神社では神門
そうだったのですか!知りませんでした 汗)
総門、神門とも重厚な造りで風格が感じられますね!
しかし、何と言っても舞殿の欄間の縦のラインが
すっきりとした趣を感じさせますね♪
御殿の紹介は次回になるのでしょうか?
楽しみです!

2013/12/07 (Sat) 02:36

troy  

おはようございます。
三島大社は2回くらい行きましたが、どちらもあまり時間がなく写真もあまりとってません。
こうしてみるとやはり歴史を感じる重厚な造りですね。
舞殿では結婚式をやっていました。こんなすごいところでやれるのも幸せだろうなと思います。ただ大勢の観光客が見ているので恥ずかしいでしょうね。
伊豆は母の故郷で何度も行っているのでこれからシリーズたのしみです。

2013/12/07 (Sat) 06:41

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

三島大社、立派ですね。
唐破風、注連縄の上部に彫り物があるみたいですね。
趣きのある時代を感じる門です。
舞殿の屋根のカーブにも魅力を感じます♪
こういった屋根はこちらでは見られないので
改めてみると美しいデザインだなと思わずにはいられません。

膝のお怪我、間接損傷ではなくて本当に良かったです。
とはいえ、腰にも影響を及ぼしてしまうなんて大変じゃないですか。
太極拳より今はカイロプラクティック治療ですね。
しっかり治してください^^

2013/12/07 (Sat) 07:16

jsk  

おはようございます

これが有名な三島神社ですね・・始めてみました。
流石、しめ縄も立派ですね。
三門でなく神門ですか、この形を唐破風と呼ぶのですね。
この形は寺にも多用されているように思います。
舞殿もしっかりした造りで見ごたえがあります。
前周を素通しの戸で囲む形は珍しいような気もします。

ありがとうございます。


2013/12/07 (Sat) 09:25

ララ  

有名な三嶋大社を初めてじっくり拝見しました。
神門やっぱりいいですね、流線型の屋根に惹かれます。
手前の枝を入れての構図はさすがです。

2013/12/07 (Sat) 10:15

keico  

こんにちわm(__)m

家の両親が静岡出身なので、三島大社があるのはしってます。
歴史のことはよくわからないですが、祭神をしらべたら、事代主神という皇室の守護神だそうですね。
菊の紋がありますもんね。

一枚目のお写真、素敵だなと思いました。車が入っているのが良いか悪いかはよくわかりませんが、、、。(^_^ゞ

2013/12/07 (Sat) 13:08

のんびり熊  

AzTakさん

こんにちは
三嶋大社ですか。
総門、神門、舞殿共に素晴らしいですね。
各門、舞殿共に彫刻もあるんでしょうか?
有れば見たいですね。
舞殿はコチラで言う所の神楽殿でしょうか?

2013/12/07 (Sat) 13:14

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんにちは。

> 有名な三嶋大社ですが行ったことはありません!

三島駅からぶらぶら歩き清流が流れ三島梅花藻のみられる川沿いに文学碑を見ながら歩いていきます。
たいていはカルガモもいたりします。
大社参拝の後は、三島田町駅から駿豆線に乗ります。

> >寺院の山門に対して神社では神門
> そうだったのですか!知りませんでした 汗)
> 総門、神門とも重厚な造りで風格が感じられますね!
> しかし、何と言っても舞殿の欄間の縦のラインが
> すっきりとした趣を感じさせますね♪

makiraさんのような素晴らしいカメラがあれば、二十四孝を説いた彫刻を撮ってみたりするんでしょうが、私のへぼカメラではどうにもなりません。(^_^;)

> 御殿の紹介は次回になるのでしょうか?
> 楽しみです!

御殿(本殿・幣殿・拝殿)は立派です。火事ではなく震災で倒壊したというのが、何とも残念だし、驚くべきことでもありますが、経過年数はそれほどではなくとも大変に素晴らしい建物だと思います。何方かがきれいに撮ってアップしていただけないかなと、いつも思います。網が邪魔なんです。
神社の境内が広いので、御殿全体が入る位置に立つことはできるんですが、…。

2013/12/07 (Sat) 15:52

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

troyさん、こんにちは。

> 三島大社は2回くらい行きましたが、どちらもあまり時間がなく写真もあまりとってません。
> こうしてみるとやはり歴史を感じる重厚な造りですね。

総門が昭和の初めで、それ以外は幕末の建立です。大社と名がつく神社の中では異様な新しさかもしれませんが、地震による倒壊では致し方ありません。建物は荘厳という感じですね。頼朝でなくても縋りたくなる感じかもしれません。

> 舞殿では結婚式をやっていました。こんなすごいところでやれるのも幸せだろうなと思います。ただ大勢の観光客が見ているので恥ずかしいでしょうね。

私も恥ずかしくてできない口でしょう。しかし、考えようによっては、人生3回しかない自分が完全な主役になる一つです。自分の輝かしい時期でもあるでしょうから、みなさんに祝ってもらう感じで、いいと思われる方もいらっしゃるようです。

> 伊豆は母の故郷で何度も行っているのでこれからシリーズたのしみです。

ちょっと用足しに行っただけなので、すぐ終わってしまいます。<(_ _)>

2013/12/07 (Sat) 16:03

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんにちは。

> 三島大社、立派ですね。

市名の方は簡単な『島』の字を使いますが、神社の方は『嶋』の字を使います。
簡単な方を使うと全国にかなりある『三島神社』と同じになってしまうからなんでしょうか。よくわかりません。

> 唐破風、注連縄の上部に彫り物があるみたいですね。

ありますねえ。そして、舞殿にも二十四孝の彫刻があり、拝殿にもものすごい彫刻があります。
私のちゃっちいカメラでは捉えられませんでした。いずれかの機会に私のカメラがグレードアップしたら、改めて撮ってみたいと思います。

> 趣きのある時代を感じる門です。
> 舞殿の屋根のカーブにも魅力を感じます♪
> こういった屋根はこちらでは見られないので

日本文化の発露かもしれませんね。カナダで見るのはちょっと無理かもしれませんね。

> 膝のお怪我、関節損傷ではなくて本当に良かったです。
> とはいえ、腰にも影響を及ぼしてしまうなんて大変じゃないですか。
> 太極拳より今はカイロプラクティック治療ですね。
> しっかり治してください^^

そうですね。今年は母がなくなって服喪中なので、お正月の祝いをせずのんびり年末に加賀温泉に行くことにしています。その時までには完璧な状態に戻しておきたいものです。

2013/12/07 (Sat) 16:19

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます

jskさん、こんにちは。

> これが有名な三嶋大社ですね・・初めてみました。
> 流石、しめ縄も立派ですね。

大社に数えられている割には、建物が比較的新しいんですが、震災により倒壊で致し方のないことです。
でも、荘厳な感じですよ。私のような人間でも、身体がシャキッとする感じです。

> 三門でなく神門ですか、この形を唐破風と呼ぶのですね。

『唐(から)破風(はふ)』は破風の一つです。中央部は弓形で、左右両端が反りかえった曲線状の破風。門・玄関・神社の向拝の屋根や軒先などに用いるもののようです。

> この形は寺にも多用されているように思います。

格式のある寺院などにも結構見られますよね。

> 舞殿もしっかりした造りで見ごたえがあります。

何で国の重要文化財に指定されていないのか不思議でならないくらいです。

> 前周を素通しの戸で囲む形は珍しいような気もします。

そうなんですか。こだわりを持ってみていらっしゃいますね。

> ありがとうございます。

2013/12/07 (Sat) 16:33

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> 有名な三嶋大社を初めてじっくり拝見しました。
> 神門やっぱりいいですね、流線型の屋根に惹かれます。
> 手前の枝を入れての構図はさすがです。

形が美しいですよね。思わず見とれてしまう感じです。
あの枝はどうやっても入ってきてしまうので、考えて構図を選択したわけではありません。(^_^;)

2013/12/07 (Sat) 16:38

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちわm(__)m

keicoさん、こんばんは。

> 家の両親が静岡出身なので、三嶋大社があるのはしってます。
> 歴史のことはよくわからないですが、祭神をしらべたら、事代主神という皇室の守護神だそうですね。
> 菊の紋がありますもんね。

まあ、菊のご紋は勝手気ままにつけるわけにはいきませんから、相応の関係があるのでしょうね。

> 一枚目のお写真、素敵だなと思いました。車が入っているのが良いか悪いかはよくわかりませんが、、、。(^_^ゞ

車が入っていない方がいいんですが、通りすがりの旅行者なので、立ち去るまで待っていられませんでした。

2013/12/07 (Sat) 16:57

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。今日は東京もかなり寒いです。

> 三嶋大社ですか。
> 総門、神門、舞殿共に素晴らしいですね。
> 各門、舞殿共に彫刻もあるんでしょうか?
> 有れば見たいですね。

神門、舞殿、御殿それぞれに彫刻があるんですよ。立派なものですが、事情があり、私の機材と腕では撮れません。いつか何とかしたいものです。

> 舞殿はコチラで言う所の神楽殿でしょうか?

そうでしょうね。なかなか立派な舞殿です。昭和の震災で一部改修したのが国の重要文化財に指定されていない理由なのかもしれませんが、今すぐ指定を受けても当然くらいの建物です。

2013/12/07 (Sat) 17:06

dさん  

こんにちは

三島大社は、18歳のときに、旅行で訪れた記憶がありますが、内容についてはすべて失念です

いつも思うのですが、神社の山門は4本の柱に支えられているだけで、重い瓦屋根を載せているのですが、何百年の時を経ても倒れないですが、
昔の人の建築技術は凄かったですね

2013/12/07 (Sat) 17:35

いどきち  

こんばんは

400kgあるという注連縄が記憶に残っています。
ほぼ2年前に訪問しましたが、こちらの写真の
ダイナミックさに驚きです。
表現方法が参考になりました。

2013/12/07 (Sat) 20:59

AzTak  

Re: こんにちは

dさん様、こんばんは。

> 三島大社は、18歳のときに、旅行で訪れた記憶がありますが、内容についてはすべて失念です

18歳の時ですか。一番活動的な時期に出かけたのに、よほど印象が薄かったのでしょうか。

> いつも思うのですが、神社の山門は4本の柱に支えられているだけで、重い瓦屋根を載せているのですが、何百年の時を経ても倒れないですが、
> 昔の人の建築技術は凄かったですね

そうですね。台石の上に置いてあるだけの至極簡単な構造だったから、うまく力が抜けたのかもしれませんね。
それでも、1854年(嘉永7年)11月4日の東海地震には勝てなかったようです。その後も関東大震災、1930年(昭和5年)の北伊豆地震にも被害を受けたようです。
地震への備えは伊豆あたりでは不可欠なようです。

2013/12/07 (Sat) 21:54

AzTak  

Re: こんばんは

いどきちさん、こんばんは。

> 400kgあるという注連縄が記憶に残っています。
> ほぼ2年前に訪問しましたが、こちらの写真の
> ダイナミックさに驚きです。
> 表現方法が参考になりました。

400kgもあったんですか。驚きました。凄いものを作り上げるものですねえ。
私の写真はつたないもので毎度落胆ばかりしていますが、それでもほめていただけると柄にもなくうれしく思います。有難うございます。

2013/12/07 (Sat) 22:10

masa  

三嶋大社!立派ですね。
名前は聞いていましたが拝見するのは初めてです。
それぞれの門、舞殿、御殿、みんな重厚な造りですね。
ここには国の天然記念物のキンモクセイがあると聞きましたが、秋の時期にはいい香りがするのでしょうね。

2013/12/07 (Sat) 23:01

AzTak  

Re: タイトルなし

masaさん、こんにちは。

> 三嶋大社!立派ですね。
> 名前は聞いていましたが拝見するのは初めてです。
> それぞれの門、舞殿、御殿、みんな重厚な造りですね。

そうですね。さすがに格式を誇る大社だけのことはありますね。
度重なる地震の被害に遭わなかったら、どんなに枯れた佇まいが残っていただろうかと思うと、かなり残念ではありますが、幕末期の建築もまた素晴らしいもので、前向きに考えたいものです。

> ここには国の天然記念物のキンモクセイがあると聞きましたが、秋の時期にはいい香りがするのでしょうね。

フレグランスが香る時期はごく僅かの期間で、しかも、金木犀の時期と微妙にずれます。だから、三嶋大社の情報だけを探し出さないと。ということで2度ほどしか経験がないのですが、どんなだったかは忘れてしまいました。
今年は9月末にも伊豆に行く機会があったのですが、ぎりぎり見て香りをも楽しむことが出来たのかもしれませんが、時間がなくパスしてしまいました。

2013/12/08 (Sun) 11:14

Leave a reply