上野から谷根千へ(1) - 上野から谷根千へ_2012_May
FC2ブログ

上野から谷根千へ(1)

特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」を鑑賞し、その後、谷根千へ繰り出した。

上野恩賜公園開園式典130周年を記念し、2006年7月に上野恩賜公園野球場で句碑の除幕式と正岡子規記念球場の愛称が披露された。句碑には「春風や まりを投げたき 草の原」の句が刻まれている。
正岡子規記念球場_1
正岡子規記念球場_2

特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」が東京国立博物館の平成館で長期開催されていた。平日だからガラガラだろうと思っていたが、予想に反して大変な人出だった。日本は間違いなく、老人比率がかなり高い国になっていることを実感した。
特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」_1
特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」_2
特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」_3

休館中の『表慶館』。1900年(明治33年)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、1909年(明治42年)に開館した、日本で初めての本格的な美術館。1978年(昭和53年)、重要文化財に指定された。東洋館リニューアルオープン準備に伴う物品移動のため、 表慶館前に作業用フェンスが設置されていて、多少艶消しになっていたのが残念。
表慶館_1
表慶館_2

『本館』。1938年(昭和13年)に昭和天皇の即位を記念して開館した。渡辺仁による設計で、コンクリート建築に瓦屋根をのせ、東洋風を強く打ち出し、「帝冠様式」の代表的建築とされている。2001年(平成13年)に重要文化財に指定された。
本館_1
本館_2

ユリノキ。本館の眺望を遮るほどの巨木。おまけに遠目にはカボチャの花のように見える花が咲いていた。この木、何の木、気になる木、ってことで、標識を確認。モクレン科でカボチャではなくチューリップに似た花をつけることから、彼の地ではTULIP TREEと呼ばれているとのこと。
ユリノキ_1
ユリノキ_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2012年06月02日
最終更新 -0001年11月30日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply