スペイン巡礼旅行15-3 - スペイン巡礼旅行_2013_Sep
FC2ブログ

スペイン巡礼旅行15-3

公設市場をあとにする
公設市場をあとにする
前方を歩いているのは、公設市場で買い物をした人たちだろう
前方を歩いているのは、公設市場で買い物をした人たちだろう
ポルティコのある建物がほとんどだ。ボローニャに負けていない感じだ。
ポルティコのある建物がほとんどだ
歩いていたら見たことのある広場に出た。セルバンテス広場だ。
セルバンテス広場_1
セルバンテス広場_2
セルバンテス広場_3
セルバンテス広場_4

再びカテドラルに向かう
初日に通った道を同様に進む
初日に通った道を同様に進む_1
初日に通った道を同様に進む_2
初日に通った道を同様に進む_3
初日に通った道を同様に進む_4
初日に通った道を同様に進む_5
右はサン・マルティン・ピナリオ修道院
サン・マルティン・ピナリオ修道院
左はカテドラルとインマクラーダ広場とアサバチェリア門
カテドラルとインマクラーダ広場とアサバチェリア門
見たこともない楽器を演奏している人
見たこともない楽器を演奏している人_1
見たこともない楽器を演奏している人_2
インマクラーダ広場を通り過ぎる
インマクラーダ広場を通り過ぎる
例のところをもくぐり抜ける
例のところをもくぐり抜ける_1
例のところをもくぐり抜ける_2
パラドール
堂々たる5つ星。目を見張るようなホテルだ。全体が『口』の字のような形状で相当に大きいようだ。
オブラドイロ広場の一角にある、世界でも最も古いホテルの一つ。15世紀には王立病院だったという建物には美しい彫刻が施されている。客室は宮殿の一室を思わせるようなエレガントさで、四柱ベッドのある部屋もある。瀟洒な回廊のある中庭や豪華なレストランも古城の雰囲気満点。
パラドール_1
パラドール_2
パラドール_3
パラドール_4
パラドールの内部
『一階部分はご自由に見学ください』とスペイン語で書いてあったとのこと。五つ星の超高級ホテルだ。ここで何をしたかというと、トイレを拝借したのだ。何せ、だいぶ前から昼のミサに着席すべく入るので、事前にトイレを済ませておく作戦だ。
パラドールの内部_1
パラドールの内部_2
パラドールの内部_3
パラドールの内部_4
パラドールの内部_5
パラドールの内部_6
パラドールの内部_7
オブラドイロ広場
右が自治体庁舎、中央がコレシオ・デ・サン・シェローメ(Colexio de San Xerome、現在サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の学長オフィスとして使用)、左がカテドラル
オブラドイロ広場
自治体庁舎が見える
自治体庁舎が見える_1
自治体庁舎が見える_2
自治体庁舎が見える_3
こちらはカテドラル
これからも何回か登場するので今回はこのくらいに
カテドラル_1
カテドラル_2
カテドラル_3
この教会は、オブラドイロ広場の崖下になるが、自治体庁舎の真後ろになる位置にある。なかなか風格のある教会だ。
オブラドイロ広場の崖下、自治体庁舎の真後ろになる位置にある教会
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年11月02日
最終更新 -0001年11月30日

14 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
何処を通って見ても古い街並みで
被写体に困りませんね!
5つ星のパラドール、流石に外壁の彫刻は素晴らしく
古さの美を感じますが
内部は近代的な重厚な雰囲気がありますね♪
こんなところに一泊でもしたいものですね!

2013/11/02 (Sat) 03:19

Keico  

おはようございますm(__)m

パラドールのホテルは、彫刻が凄い門ですね。つくるのは、どのくらい時間がかかったのだろうと、気が遠くなりそうです。アーティストですね。

最後の教会も、上の像は、どうやって、運んだかふしぎです。なんの、像かな、使徒ですかね。

お邪魔しましたm(__)m

2013/11/02 (Sat) 07:02

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 何処を通って見ても古い街並みで
> 被写体に困りませんね!

そうですね。巡礼抜きで、観光だけでリピートする方がかなりいらっしゃるようです。それもありだと思わされます。

> 5つ星のパラドール、流石に外壁の彫刻は素晴らしく
> 古さの美を感じますが
> 内部は近代的な重厚な雰囲気がありますね♪
> こんなところに一泊でもしたいものですね!

仲間のご夫婦が、サンチャゴ・デ・コンポステラで解散したあと、そのままバスで大西洋を見に行き、パラドールに泊まったんです。どんなふうだったかは、その後会う機会がないので知る由もないですが。
ここは素晴らしいとガイドの佐々木氏が激賞していました。お客様を案内して泊まったことがあるようです。私も今度行く機会があれば、今生の思い出に泊まってみたいものだと思いました。

2013/11/02 (Sat) 07:15

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございますm(__)m

keicoさん、おはようございます。

> パラドールのホテルは、彫刻が凄い門ですね。つくるのは、どのくらい時間がかかったのだろうと、気が遠くなりそうです。アーティストですね。

王立救護院でしたから。スペイン帝国の最も輝いていた時代の象徴だったんだと思います。

> 最後の教会も、上の像は、どうやって、運んだかふしぎです。なんの、像かな、使徒ですかね。

詳細な地図が行方不明で、あの教会がなんという教会か、現時点では不明です。(^_^;)
滑車などで引き上げたんだと思いますが、ずーっとそびえ立っているようです。本当に地震が少ない国なんでしょうね。なんの像なのかはわかりません。m(_ _)m

> お邪魔しましたm(__)m

2013/11/02 (Sat) 07:56

のんびり熊  

AzTakさん

おはようございます
街並みは石造りがほとんどのようですが、何処からこんなに大量の石を切り出すんでしょうか?
ヘンナ心配をしちゃいますが、日本と違い花崗岩?ナンカが沢山あるんでしょうね。
パラドールの彫刻、内部の中世の絵画、素晴らしいです。
そうですね、今生の思い出に泊まってみたいですね。

2013/11/02 (Sat) 08:09

AzTak  

Re: AzTakさん

> おはようございます

のんびり熊さん、おはようございます。

> 街並みは石造りがほとんどのようですが、何処からこんなに大量の石を切り出すんでしょうか?
> ヘンナ心配をしちゃいますが、日本と違い花崗岩?ナンカが沢山あるんでしょうね。

サリアまで来るバスの車中は、半ば砂丘化したような大地でしたが、石というより岩がゴロゴロした大地で、花崗岩もそう苦労せずにあるようですね。ガリシア州は産地のようで、日本にも入ってきているようです。

> パラドールの彫刻、内部の中世の絵画、素晴らしいです。
> そうですね、今生の思い出に泊まってみたいですね。

その時はカバン持ちで一緒に泊めてくださいな。(^。^)

2013/11/02 (Sat) 08:30

なかまち  

 
 
おはようございます。
超広角パワー全開でございますね~!
五つ星のホテル・パラドール、エントランスが凄いですね。
圧倒されてしまいました。
そのホテルでトイレのみ拝借されたというAzTakさんの
肝の太さにも圧倒されました(笑)

2013/11/02 (Sat) 10:06

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

なかまちさん、おはようございます。今日は東京も肌寒く、今ひとつ調子が上がりません。
次のネタ探しに出かけなければならないところですが、次回分の記事が全く出来ていない自転車操業状況で、必然的にストップがかかってしまっています。3連休明けに軽井沢に会社のOB連中と一泊で行きますので、少しは記事をストックしたい(しなければ穴があきます)のですが、確かなほしい情報が少なく、悪戦苦闘しています。

> 超広角パワー全開でございますね~!

ボケ量産で本当に参りました。実はX20のバッテリーを3個持参したのですが、いよいよ残り少なくなってきたので、ここはEOSに頑張ってもらうしかなかったのです。(^_^;)

> 五つ星のホテル・パラドール、エントランスが凄いですね。
> 圧倒されてしまいました。

世界に冠たるスペイン帝国時代の国王に意向が反映されたものでしょうから、必然的に凄いものになりますよね。なかまちさんは、絶対に泊まるべきところだと思います。
ネタバレになってしまいますが、このあとに修道院巡りをもしたのですが、フランシスコ修道会の修道院が最高に素晴らしいものでした。そこも、4つ星ホテルがあります。仲間の某大企業役員夫人は、そちらの方が良いと言い張っていました。両方とも体験する手もありかもですね。

> そのホテルでトイレのみ拝借されたというAzTakさんの
> 肝の太さにも圧倒されました(笑)

あれはガイド氏について行っただけです。(^_^;)
トイレの写真掲載で妻に呆れられたので、今回は自粛しましたが清潔なトイレでした。
その途中にあんな寛ぐことができる部屋があり、勇気を出して入ってよかったと思いました。なにせ、お茶ひつつ飲むわけではなかったので、ちょいとばかり図々しかったでしょうかね。

2013/11/02 (Sat) 10:35

AzTak  

Re: すみません

> 削除はAzTakさんの管理画面からしか出来ないと思うので再度コメントだけさせていただきました。
> いかがでしょうか?

確かに削除はできるようですが、この文にコメントの返信を書いてみたのですがNGになってしまいました。

2013/11/02 (Sat) 12:51

ijin  

スペイン巡礼旅行15章

3時間の時差。5時と8時は体内時計も大きく違います。
路地も先日お腹の通ができるかと案ずるものから、大通りの貫録まで。基本は日本より格段に大きな構えですね。

市場にしても、このような構えの店は作れませんね。
デスプレイも1店当たり相応に広い。

肉屋さん。ぶら下げているのは鶏肉でしょうか。
食べるとる肉も日本に比べれば多いのでしょう。

再び魚介類。この時期に並んでいる魚介の種類も多いですね。
このような環境に住める人幸せです。

ポルティコのある建物の意が今わかりました。
無駄に見えて、それは即ちゆとりの証拠。
この概念、日本の高層住宅でも見ることができます。

5つ星のホテル。
流石ですね。内部の装飾は派手ではない豪華。壁の絵も謂れがあるのでしょう。

2013/11/02 (Sat) 13:07

AzTak  

Re: スペイン巡礼旅行15章

ijinさん、こんにちは。

> 3時間の時差。5時と8時は体内時計も大きく違います。

そうですよね。8時に起きては何となく不真面目な感じに思えてならないんです。
でも、スペインの5時だと本当に真夜中です。仕方なく8時までじっと我慢しているんですが、まだまだ薄暗いですよね。
『正午は太陽が一番高い時間である』と習ったんですが、スペインでは完全に当てはまりません。

> 路地も先日お腹の通ができるかと案ずるものから、大通りの貫録まで。基本は日本より格段に大きな構えですね。

狭かったり広かったり、実にさまざまですが、どの通りにも味わいがある感じです。

> 市場にしても、このような構えの店は作れませんね。
> デスプレイも1店当たり相応に広い。

日本みたいに狭苦しい感じはしませんよね。

> 肉屋さん。ぶら下げているのは鶏肉でしょうか。
> 食べるとる肉も日本に比べれば多いのでしょう。

ぶら下げてあるのは、大半がイベリア豚の生ハムだと思います。はっきりしないボケた写真ですみません。
鳥さんは、うさぎやうずらなどと共に形を残した形で陳列してありました。
欧米は肉食文化の国々でしょうから日本よりは多いんでしょうが、幸いにして魚介類も豊富なので、お肉ばかりを食べているのではないと思います。

> 再び魚介類。この時期に並んでいる魚介の種類も多いですね。
> このような環境に住める人幸せです。

長くなるので大幅に省略してしまいましたが、魚屋さんはいっぱいありました。多分、お客さんもいっぱい来られるんでしょう。

> ポルティコのある建物の意が今わかりました。
> 無駄に見えて、それは即ちゆとりの証拠。
> この概念、日本の高層住宅でも見ることができます。

発祥は、イタリアのボローニャだそうです。あそこは最古の大学都市だったようで、旺盛な間借りの要望に応えるべく、空間利用を考えだしたようです。

> 5つ星のホテル。
> 流石ですね。内部の装飾は派手ではない豪華。壁の絵も謂れがあるのでしょう。

そうですね。トイレを拝借しただけで出てきてしまい、本当に申し訳なかったなと反省しています。
後日出てくるかもしれませんが、フランシスコ会の修道院もかなりの部分が4つ星のホテルになっていました。こちらもすごいようでした。

2013/11/02 (Sat) 13:29

AzTak  

Re: 度々すみません

モカさん、こんにちは

> やっぱりダメでしたか(>_<)
> また今度コメントさせていただきますね^^

私も情報処理技術者の端くれですが、これはFC2のシステムの欠陥だと思います。何らかの原因で、送信がうまくいかなくなり、どっちつかずの状態でいつまでもリリースできないという最悪の状態だと思います。
PCでもそんな風になった時、思い切りスイッチを切って、立ち上げ直すとうまくいくみたいな話です。そうはいっても、私の方から、FC2をダウンさせるわけにも行かず、…。

2013/11/02 (Sat) 15:51

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

ホテルの入り口がすごいですね!
1階の天井などもデザインがとても凝っていて素敵。
泊まらなくても、この場所でしばしゆっくりソファに座って寛いだら
十分楽しめそうです(コーヒーが飲めたら尚よろし、笑)

見るもの目に映るもの全てが歴史そのもので
こういう街並みは、歩いていても飽きないでしょうね。

2013/11/02 (Sat) 23:59

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> ホテルの入り口がすごいですね!
> 1階の天井などもデザインがとても凝っていて素敵。
> 泊まらなくても、この場所でしばしゆっくりソファに座って寛いだら
> 十分楽しめそうです(コーヒーが飲めたら尚よろし、笑)

コーヒーくらい飲んでお金を落とすのが礼儀でしょうね。私たちはえらく礼儀知らずなことをしてしまいました。(^_^;)

> 見るもの目に映るもの全てが歴史そのもので
> こういう街並みは、歩いていても飽きないでしょうね。

はい、そうでした。着いた時に、アドレナリンが出まくり、それでおしまいかと思っていたのですが、サンチャゴ・デ・コンポステラを発つまで興奮が持続するような感じでした。特に2日目が異常に長い一日となりました。
本当かいなと思われるかもしれませんが、もうしばらくお付き合いください。

2013/11/03 (Sun) 00:36

Leave a reply