スペイン巡礼旅行14-1 - スペイン巡礼旅行_2013_Sep
FC2ブログ

スペイン巡礼旅行14-1

前回の最後に記述した旧市街の北東にあるポルト・ド・カミーノから、セルバンテス広場、カテドラルの北側を通ってオブラドイロ広場に続く道をたどる。実はそこが終点ではなく、一気に巡礼証明書をいただく巡礼事務所に向かう。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ市観光局のパンフレットをダウンロード

旧市街へ入る
旧市街に入る このとき、15:08-13頃
旧市街に入る_1
旧市街に入る_2
旧市街に入る_3
旧市街に入る_4
旧市街に入る_5
旧市街に入る_6
アニマス礼拝堂(Capela de Ánimas)
旧市街に入る_7
旧市街に入る_8
旧市街に入る_9
旧市街に入る_10
セルバンテス広場(Praza de Cervantes)
『ドン・キホーテ』の著者セルバンテスにちなんだ広場だ。何度も読もうと思うのだが、未だに読んだことがない『ドン・キホーテ』。セルバンテスの顔をまともに見られないと思ったら、太陽が眩しかっただけのようだ。
旧市街に入る_11
旧市街に入る_12
旧市街に入る_13
旧市街に入る_14

カテドラルを囲むゾーンに入る
サン・マルティン・ピナリオ修道院
ファサードが素晴らしいこの建物の一番上にサン・マルティンが飾られていた。ホスペデリア サン マルティン ピナリオという宿泊施設の案内があったところからすると、今はその一部か全部が巡礼者のための宿泊施設になっているようだ。
2万平方メートルの敷地に立つサン・マルティン・ピナリオ修道院は、サンティアゴ市内の宗教建築では大聖堂に次いで二番目の大きさです。建物のほとんどがバロック様式で、その正面ファサードの幅は100mにも及びます。12世紀に創設された小さな教会を基盤として、17世紀に建てられた修道院ですが、教会部分の見事なファサードは、16世紀末に造られたプラテレスコ様式です。装飾に携わったのは、その当時名を馳せた三人の建築家、ペニャ・イ・トロ(Peña y Toro)、メルコール・デ・ベラスコ(Melchor de Velasco)、ドミンゴ・デ・アンドラデ(Domingo de Andrade)です。内部では、巨大なヴァレル・ヴォールトの天井が際立っています。
 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ホスペデリア サン マルティン ピナリオ (Hospedería San Martín Pinario)
サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂の向かいに位置する、修道院を改装した宿泊施設です。…

サン・マルティン・ピナリオ修道院_1
サン・マルティン・ピナリオ修道院_2

カテドラル北側のインマクラーダ広場(Plaza de la Inmaculada)
フランス人の道を通ってモンテ・ド・ゴゾ方面から歩いてくる巡礼者が最初に出会うのは教会の北側にある入口だ。
カテドラル北側のインマクラーダ広場_1
カテドラル北側のインマクラーダ広場_2
誰しも正面に回りたく、ここをくぐる。くぐって左側(カテドラルの西側)がオブラドイロ広場。ここは次回以降に詳しく触れる。
ここを潜って正面に回る

オスタル・ドス・レイス・カトリコス(Hostal dos Reis Católicos)
16世紀建造、19世紀まで病院として使用された。現在はホテルパラドールとして使用。ここも次回以降にやや詳しく触れる。
オスタル・ドス・レイス・カトリコス_1
オスタル・ドス・レイス・カトリコス_2

オブラドイロ広場(Praza do Obradoiro)
サンティアゴの象徴的広場で、スペイン全土で沸き起こった15-M運動(Movimiento 15-M)では、この広場で多くの人によって1カ月以上にもわたって占拠が行われた。広場の東はカテドラル(Catedral de Santiago de Compostela)正面に接している。西側はパソ・デ・ラショイ(ラショイ館、現在自治体庁舎として使用)、北にはパラドール・オスタル・ドス・レイス・カトリコス、南はコレシオ・デ・サン・シェローメ(Colexio de San Xerome、現在サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の学長オフィスとして使用)などの建物がある。フランコ時代にはスペイン広場と呼ばれていたが、民主化後旧名に戻された。
オブラドイロ広場

Palacio de Raxoi
現在は自治体庁舎で、カテドラルの正面と向かい合う形で位置する。
Palacio de Raxoi

カテドラルに到着
カテドラルについては、次回以降に詳しく触れる。この時点では巡礼証明書の発行事務所がしまってしまう前に並ぶので、外観をチラと見ただけで素通りする。
カテドラルに到着_1
カテドラルに到着_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年10月27日
最終更新 -0001年11月30日

12 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
やっと旧市街ですね!
大きな石畳も踏みしめ甲斐があったことでしょう!
こんな立派な由緒ある修道院が今は改装して宿泊施設として利用されているなんて、なんて贅沢なことなんでしょう!
やっとカテドラルに到着♪
とりあえず、巡礼証明書を貰うために巡礼事務所へ急いでいるようで、
再度、カテドラルやオブラドイロ広場は訪れるのですね♪
次回でしょうか?素晴らしい建物のご紹介は!
期待に胸膨らむおもいです!

2013/10/27 (Sun) 01:39

のんびり熊  

AzTakさん

おはようございます
いよいよ巡礼証明書の受領ですね。
長旅、ご苦労様でした。
道中、さまざまな様式の石造建築物群、またチョット田舎の匂いのする景色など、面白かったですね~~
到着後の街の事どもも楽しみです。

2013/10/27 (Sun) 09:09

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんにちは。

> やっと旧市街ですね!
> 大きな石畳も踏みしめ甲斐があったことでしょう!

途中の石ころだらけの道からすれば天と地ほどの違いがありました。

> こんな立派な由緒ある修道院が今は改装して宿泊施設として利用されているなんて、なんて贅沢なことなんでしょう!

日本のバカ高いホテル料金からすると、比較的お安く泊まる事が出来るようです。
まる3日ほど滞在した間に修道院もいくつか見て回りましたが、ここだけは中に入らずじまいでした。
何となく気圧される感じで、尻込みしてしまいました。(^_^;)

> やっとカテドラルに到着♪
> とりあえず、巡礼証明書を貰うために巡礼事務所へ急いでいるようで、
> 再度、カテドラルやオブラドイロ広場は訪れるのですね♪

もちろんです。

> 次回でしょうか?素晴らしい建物のご紹介は!

次回から、巡礼証明書の発行、カテドラル内部、大香炉の振られているさま、クラシック自動車ショー、修道院など、何回かに分ける予定です。
と書きながら、今一生懸命調べている最中です。間に合うかなあ。自転車操業極まれりです。(^_^;)

> 期待に胸膨らむおもいです!

過大な希望は大きな失望に変わります。少しだけ期待していてください。(^人^)

2013/10/27 (Sun) 10:53

AzTak  

Re: AzTakさん

> おはようございます

のんびり熊さん、こんにちは。

> いよいよ巡礼証明書の受領ですね。

いやー、延々立ちっぱなしで1時間以上待たされました。自分の番が来てよくわかりました。クレデンシャルをかなり念入りに精査するんですね。あれなら時間がかかっても仕方がないかもですね。

> 長旅、ご苦労様でした。

いやあ、本当に疲れました。でも、不思議なことに旧市街に入ってからは、足腰が依然としてものすごく痛いのに、不思議と立ちん坊も歩くのも平気だったんですよ。アドレナリン出まくり状態だったのかもしれません。

> 道中、さまざまな様式の石造建築物群、またチョット田舎の匂いのする景色など、面白かったですね~~
> 到着後の街の事なども楽しみです。

ありがとうございます。いま、この建物はなんだったんだろうとか、カテドラル内部はどう説明したら良いんだろうと悩んだりとか、肝心の画像がなかったりとか、…相当に悪戦苦闘しています。火野正平ではありませんが、ペダルを一生懸命漕ぎまくっている状態です。

2013/10/27 (Sun) 11:02

モカ  

お疲れ様です^^

訪問出来なかった分の記事から拝見させて頂きました。
随分進まれましたね!
良い天候に恵まれたのですね。
4枚目の丸い窓に映りこんだ青い空と建物が素敵だなぁと思いました。
田舎ののどかな風景も良いですが、建物やオブジェが立ち並ぶ市街は撮影が楽しかったでしょう^^
疲れた身体に良い活力になりますね。

2013/10/27 (Sun) 12:51

AzTak  

Re: お疲れ様です^^

モカさん、こんにちは。

> 訪問出来なかった分の記事から拝見させて頂きました。
> 随分進まれましたね!

漸く目的地に着きました。『たった、113km。500km未満なら楽勝じゃないか』などと甘く考えて臨んだのですが、そのたった113kmもかなり危なかった感じでした。情けない限りでしたが、旧市街に入ってからは、なんだかやる気スイッチがONになったようで、急に身体がシャキっとして…。

> 良い天候に恵まれたのですね。

最終日は霧雨の中のスタートだったんですよ。それがあっという間に空が晴れ、暑いのなんのって、…。

> 4枚目の丸い窓に映りこんだ青い空と建物が素敵だなぁと思いました。

丸窓自体は気がつかなかったんですが、あの建物が何なのか気になっていました。案内図を間違って処分してしまったらしく、今に至るまでなんだかわからないままです。結構素敵な佇まいだなって思いました。

> 田舎ののどかな風景も良いですが、建物やオブジェが立ち並ぶ市街は撮影が楽しかったでしょう^^
> 疲れた身体に良い活力になりますね。

本当にアドレナリンが出まくった感じです。

2013/10/27 (Sun) 14:11

KenDone  

物価

AzTakさん、
毎日楽しく拝見させていただいています
スペインの物価はどうですか?

2013/10/27 (Sun) 14:47

AzTak  

Re: 物価

> AzTakさん、
> 毎日楽しく拝見させていただいています
> スペインの物価はどうですか?

KenDoneさん、こんにちは。

だいぶ前に息子の友人のスペイン人とのハーフの方に聞いたんですが、EUに加盟してからかなり物価が上がったということを聞きました。それはかなり昔の話で、参考にはなりませんよね。

我々が旅行者としていく分には、食費や宿泊費、乗り物の料金、博物館・美術館などの入場料などが問題になるかと思います。
食費はそれなりに安い感じです。複数人でいった場合、シェアできるとすごくお得にあがりますが、シェアができなかったり、自分ひとりの場合などは、それなりにかかります。といってもワイン込みで10-15ユーロ程度でしょうか。お金がない場合は、スーパーマーケットで買った食材でも十分いけます。
宿泊費や乗り物の料金などはかなり安いと思いました。
最後に、博物館・美術館などの入場料はマドリードでしか入りませんでしたが、いずれもそれなりの価格でした。たとえばプラド美術館は14ユーロとか、決してお安くはない感じです。が、それなりの対価だとは思いました。ただ残念なのは、ほとんどすべての博物館・美術館などは、撮影禁止であり、ルーブル美術館並みにしてほしいと思いました。
サンチャゴ・デ・コンポステラにも有料の美術館などがありますが、丸3日くらいではめぼしい建物を探訪するだけで時間いっぱいで、入る余裕がありませんでした。

以上、総じて物価は安いと思います。

PS.マドリードの博物館・美術館などは案内ツアーみたいにして開放しているスタイルがありました。英語とスペイン語とだけで、仕方なく英語のガイドの方に参加しましたが、もう少しわかると思ったのですが、スペインの王室の人たちの名前の羅列で、そこでつまずいてしまい、結局はチンプンカンプンでした。KenDoneさんだったら大丈夫でしょうね。

2013/10/27 (Sun) 15:40

jsk  

こんばんわ
サン・マルティン・ピナリオ修道院、いかにも歴史があそうな立派なたたずまいですね。
庁舎も相当大きいですね。
カテドラル・・・これも凄い装飾が施され、圧倒されます。
やっとここまで・・・お疲れさまでした。
いかにも歴史のある街の雰囲気が伝わってきます。

2013/10/27 (Sun) 23:54

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわ

jskさん、おはようございます。

> サン・マルティン・ピナリオ修道院、いかにも歴史があそうな立派なたたずまいですね。

ここはあまりに外見が立派すぎて、翌日修道院巡りをしたときに、ここも修道院であることを失念したくらいでした。けっきょく、ここは中を見ずじまいでした。杭が残ります。

> 庁舎も相当大きいですね。

そうですね。ここの軒下(といっても相当に広いスペースですが)で、連夜、陽気な民族音楽が奏でられていました。カテドラルのライトアップを見に相当粘りましたから、耳に残っているくらいです。

> カテドラル・・・これも凄い装飾が施され、圧倒されます。

ここは相当詳しく取り上げます。建築様式もロマネスク、プロト・ゴシック、ゴシック、ルネッサンス、バロック、モダン、ネオ・クラシカルというふうに多岐にわたるのですが、決して違和感を覚えたりしません。

> やっとここまで・・・お疲れさまでした。
> いかにも歴史のある街の雰囲気が伝わってきます。

まだまだこれからです。この日は実に長かったです。

2013/10/28 (Mon) 06:39

ijin  

目的地到着

今日は。

建物は3階建てか4階建て。敷地と道路の境が見えません。おおらかですね。道に諸記事のテーブルが出ていたりしますね。現在のフランスでも見ました。

セルバンテスの像は石柱の上の背高い像でしょうか。

さすが中心部となれば、恐ろしい位の広場。
サン・マルティン・ピナリオ修道院の規模も頭に描ききれません。


オブラドイロ広場。
国を動かす集会が行われたとあっても頷けます。

2013/10/28 (Mon) 13:30

AzTak  

Re: 目的地到着

> 今日は。

ijinさん、こんにちは。

> 建物は3階建てか4階建て。敷地と道路の境が見えません。おおらかですね。道に食事のテーブルが出ていたりしますね。現在のフランスでも見ました。

欧米の人はああいうのが大好きですよね。ちなみに、料金は、カウンターで飲食、店内で飲食、外で飲食、それぞれ価格が違う店も少なくないようです。勿論、外が一番高いようです。

> セルバンテスの像は石柱の上の背高い像でしょうか。

そうです。帰国したらドン・キホーテを読み通すんだと決心したのに、未だに本を用意もしていません。ちょっと情けない話です。(^_^;)

> さすが中心部となれば、恐ろしい位の広場。
> サン・マルティン・ピナリオ修道院の規模も頭に描ききれません。

あの修道院は絶句するほど美しい修道院でした。上手い人がキチンとしたカメラで撮れば、もっともっと美しさがお分かりいただけると思います。歩きに備えて重いカメラとレンズとをやめにしたのが残念でなりません。
建物は幅ばかりでなく奥行きも相当あり、サンチャゴ・デ・コンポステラで2番目に大きい建物だそうです。
地図から判断するとカテドラルより大きく見えるんですが。

> オブラドイロ広場。
> 国を動かす集会が行われたとあっても頷けます。

ここで、私たちも仰天したクラシックカーの一挙展示のイベントがありました。それはまた、あとの機会に。

2013/10/28 (Mon) 13:53

Leave a reply