スペイン巡礼旅行10 - スペイン巡礼旅行_2013_Sep
FC2ブログ

スペイン巡礼旅行10

ARZUAの街

ホテルの部屋
まあまあかなあ
ホテルの部屋_1
ホテルの部屋_2

街の散策と買い出し
翌朝08時過ぎには出発するので、朝食の買い出し方々、街の散策に出かけた。
なかなかの街だ
なかなかの街だ
つながっていた建物を壊して建て替えを行うようだ。心無いいたずら書きが残っていた。どこの国、どこの街にも公徳心のない馬鹿者がいるようだ。
つながっていた建物を壊して建て替えを行うようだ
スーパーマーケットの様子
スーパーマーケットの様子_1
スーパーマーケットの様子_2
スーパーマーケットの様子_3
スーパーマーケットの様子_4
スーパーマーケットの様子_5
スーパーマーケットの様子_6
地方の大きな街だけにカフェバーもきちんとあるようだ
カフェバーもきちんとある

今夜ミサに与る予定のサンティアーゴ教会
こじんまりとしているが、アットホームな感じの教会だった。主任司祭は長いこと、この教会にとどまり、巡礼者に優しく、もちろん地元の信者にも優しい神父様のようだ。ガイドの佐々木氏が激賞していた。
サンティアーゴ教会_1
サンティアーゴ教会_2
サンティアーゴ教会_3
サンティアーゴ教会_4
サンティアーゴ教会_5
サンティアーゴ教会_6
サンティアーゴ教会_7
サンティアーゴ教会_8
サンティアーゴ教会_9
サンティアーゴ教会_10
サンティアーゴ教会_11
サンティアーゴ教会_12
サンティアーゴ教会_13
サンティアーゴ教会_14
サンティアーゴ教会_15
サンティアーゴ教会_16
サンティアーゴ教会_17
サンティアーゴ教会_18
サンティアーゴ教会_19

これからミサに与る
聖堂外観
聖堂外観
ミサの少し前
このあと、ミサ参加者が詰めかけ、最終的にはかなりの人数が集まってミサが行われた。終了後、各国からの巡礼者を前に集め、神父様が巡礼の無事を祈って祝福してくれた。日本人には日本語で、フランス人にはフランス語で、短い祝福の言葉を頂いた。巡礼者たちは大感激。疲れていると、ほんのちょっとの気遣いでも何倍も嬉しく感じるものだ。
ミサの少し前
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年10月20日
最終更新 -0001年11月30日

12 Comments

There are no comments yet.

masa  

こんにちは。

スーパーマーケットのカメラをおじさんが「俺と一緒でカメラを持って!何写してる!」と言うような顔をしてますよ。

教会のステンドグラス綺麗ですね。

2013/10/20 (Sun) 09:05

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんにちは。

> スーパーマーケットのカメラおじさんが「俺と一緒でカメラを持って!何写してる!」と言うような顔をしてますよ。

あれまあ、本当ですね。気が付きませんでした。あのショットのほかの人たちは間違いなく街についてシャワーを浴びたばかりの巡礼者たちでしょうね。特にアルベルゲに泊まる人たちは、買出しが必須のようですから。

> 教会のステンドグラス綺麗ですね。

ロマネスクの教会ではステンドグラスの導入はしたくてもできなかったことですね。本当に立派なものだと思います。ステンドグラスのあとにある正教のイコンのような絵が私には興味がありました。どういう経路でここに飾られているのか、とても不思議な気がしました。
この教会は、まだ建てられて半世紀ちょっとくらいしか経っていない新しい教会のように思います。多分、熱心な信徒が多数押しかけ、比較的大きめの聖堂が必要だったのでしょう。新しくしたついでに、ステンドグラスも導入したのだろうと思います。

2013/10/20 (Sun) 10:45

なかまち  

おめでとうございます!
ベッドがセパレートされて、ホッといたしました(笑)

それにしても巡礼者の母国語に合わせて祝福の言葉をかけてくださるなんて
もったいなくて泣けてくるようなお話ですね。よかったですね。。。^^

2013/10/20 (Sun) 12:42

AzTak  

Re: タイトルなし

なかまちさん、こんにちは。

> おめでとうございます!
> ベッドがセパレートされて、ホッといたしました(笑)

ご心配なく。さすがにダブルベッドの部屋はありませんでした。どこもあまりいいベッドではなく、ちょいと力をかけるとベッドが動いてしまうので、思い切り話すことも可能ですが、…。

> それにしても巡礼者の母国語に合わせて祝福の言葉をかけてくださるなんて
> もったいなくて泣けてくるようなお話ですね。よかったですね。。。^^

ずいぶんたくさんの国から来ていることがわかりました。米独仏伊は当然として、ブラジル、アルゼンチン、…実にいろいろな国から来ていたようでした。恥ずかしながら、聞いたことがないような国からも。
英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、…。日本語などは、欧米人には難しいんでしょう。アンチョコを見ながら一生懸命日本語に聞こえるように努力していました。
スペイン流のもてなしの心を見たような気がしました。とても嬉しかったです。

2013/10/20 (Sun) 14:20

jsk  

こんにちは
やっと街の感じがする場所についたようですね。
スーパーの品ぞろえもよさそうです。
それぞれ意味はあるんでしょうが、ステンドグラス・・
みな描かれている内容が違うんですね。
光を受けてとても綺麗です。
ミサ終了後、日本語で話していただけるなんて、
なんかとてもうれしくなりますね。

2013/10/20 (Sun) 15:50

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

jskさん、こんにちは。

> やっと街の感じがする場所についたようですね。
> スーパーの品ぞろえもよさそうです。

そうですね。何せ、人口6000人もいる地方の中核自治体ですから。お笑いになるかもしれませんが、堂々たる町なんですよ。

> それぞれ意味はあるんでしょうが、ステンドグラス・・
> みな描かれている内容が違うんですね。

日本の教会ではイエス・キリストの生涯をデザインしたものが多いようですが、こちらは、どうなんでしょうね。よくわかりません。

> 光を受けてとても綺麗です。

本当に綺麗でした。

> ミサ終了後、日本語で話していただけるなんて、
> なんかとてもうれしくなりますね。

欧米人には、日本語の発音は非常に難しいだろうに、一生懸命、日本語に聞こえるように頑張っていました。
それだけで訳もなく嬉しくなってしまいました。

2013/10/20 (Sun) 16:52

capucino  

行く先々の教会でミサに与る。
それが巡礼なのですね。
私にとっては、教会は観光名所なので、
信者の方々には申し訳ない思いがします。

ステンドグラスが美しいですね。
そして、ステンドグラスの次の聖母子像はタイルですか?
これも美しいですね。

2013/10/20 (Sun) 20:29

土佐けん  

こんばんは

海外のスーパーマーケットって余り見た事が無いので
気になってみてしまいました^^
ステンドグラス、芸術的で綺麗ですね^^

2013/10/20 (Sun) 22:24

AzTak  

Re: タイトルなし

capucinoさん、こんばんは。

> 行く先々の教会でミサに与る。
> それが巡礼なのですね。

巡礼に何をしなくてはいけないなどという決まりは一切ありません。
本来は行った先々の教会でできる限りミサに与るべきだと思いますが、諸般の事情からなかなかそうはいかないようです。
サンチャゴ・デ・コンポステラでやっとミサに与ったという方も少なくないと思います。

> 私にとっては、教会は観光名所なので、
> 信者の方々には申し訳ない思いがします。

申し訳なくなんかありません。聖堂を見たい方は入ってじっくり見ていくべきだと思っています。
聖職者にも器量の狭い方も少なくなく、信徒以外の方をみだりに聖堂に入れたくないという方もいるでしょう。
でも入って五感でここは自分のいたい場所か否か判断してもらうことのほうがもっと大切なことだと思います。
ミサの最中におしゃべりをするとか、写真を撮るというような明らかに敷の進行を妨害するような行為は慎むべきとは思いますが、普通にしていれば、それで構わないと思います。

> ステンドグラスが美しいですね。

そうですね。スペイン人の感性で揃えたものなんでしょうかね。

> そして、ステンドグラスの次の聖母子像はタイルですか?
> これも美しいですね。

まさか触れてみるわけにもいかず、何かまではわかりませんでした。タイル画だとするとお隣のポルトガルにはアズレージョという文化がありますから、比較的簡単に入手できるのかもしれませんね。もし、これが古いものなら、スペイン製かもしれません。
でも、東方教会系(ロシア正教など)のデザインのようなふうにも見えます。その場合だと木板に描いたものでしょうが、…。
結論からすると、私にはよくわかりません。が、魅力ある画像だと思いました。

2013/10/20 (Sun) 22:35

びび  

AzTakさん こんばんは~★

ステンドグラスは聖書を誰が見てもわかりやすいよう絵にしたものでしたっけ?
昔そのように聞いた気がするのですが、記憶が定かではなくて・・・間違っていたらごめんなさい。
信者でなくてもステンドグラスの美しさに魅了され、見入ってしまいます。
ステンドグラスって眺めていると、万華鏡のように見えるんですよね。

疲れているときの労い(祝福なのですね)の一言って心に染みますよね。

2013/10/20 (Sun) 23:21

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 海外のスーパーマーケットって余り見た事が無いので
> 気になってみてしまいました^^

スペインでは果物の場合、自分が必要な分をかごに入れ店員さんに合図すると、店員さんが重さを量って値段のシールを貼ってくれます。乳製品などはパッケージが大きかったりするので、どういうふうに買うか知恵がいるところです。

> ステンドグラス、芸術的で綺麗ですね^

お隣がステンドグラスの本場イタリアですから、気安く頼めるのでしょう。
あちらの方の芸術性はすごいものがあるようです。

2013/10/20 (Sun) 23:22

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん こんばんは~★

びびさん、こんばんは。

> ステンドグラスは聖書を誰が見てもわかりやすいよう絵にしたものでしたっけ?
> 昔そのように聞いた気がするのですが、記憶が定かではなくて・・・間違っていたらごめんなさい。

ステンドグラスも教会の外の彫刻なども、そうした観点から作られているものが多いようです。
でも、こうであらねばならないってものはないんです。昔の聖堂ならいざ知らず、いまは文盲の人の率はごく低く、そこまでする必然性は薄れてきているのかもしれません。

> 信者でなくてもステンドグラスの美しさに魅了され、見入ってしまいます。
> ステンドグラスって眺めていると、万華鏡のように見えるんですよね。

まあ、綺麗にデザインされているものが多いと思います。
今日のような外が雨で暗い日には、僅かな光量しか聖堂内に差し込みませんが、ミサが行われていない聖堂の暗い空間に、ステンドグラスが光り輝くさまは、すごいものです。晴れの日は光が入りすぎてしまい、かえってステンドグラスが見にくくなります。
今日、見てきたばかりの感想です。

> 疲れているときの労い(祝福なのですね)の一言って心に染みますよね。

巡礼が続けられるか不安に苛まれ心が大きく揺れている時ですから、優しい言葉をかけられて本当に嬉しく思いました。

2013/10/20 (Sun) 23:39

Leave a reply