スペイン巡礼旅行9-2 - スペイン巡礼旅行_2013_Sep
FC2ブログ

スペイン巡礼旅行9-2

今回もメリデからアルスアへの道中。小見出しをつけようもない山道でのスナップばかりだ。

『あれまあ、ご苦労さん』と思ったらすぐに抜かれた
『あれまあ、ご苦労さん』と思ったらすぐに抜かれた_1
『あれまあ、ご苦労さん』と思ったらすぐに抜かれた_2
青のヤッケの自転車巡礼者は女性だったようだ
青のヤッケの自転車巡礼者は女性だったようだ
残り47.0km
残り47.0km
日本ならよく見られる野菜の無人販売コーナーだが、こちらは果物の無人販売コーナーだ。この巡礼で初めてお目にかかった。
果物の無人販売コーナー
漸くアルスアの標識が出てきた。でも、アルスアまではかなり距離があった。ヌカ喜びだったようだ。
アルスアの標識が出てきたが…
しばらくは田舎の香水から逃れられそうだ。少し追い抜けるくらいにはなってきた。
少し追い抜けるくらいにはなってきた_1
少し追い抜けるくらいにはなってきた_2
残り45.5km
残り45.5km
お店の手前で仲間を待っていると、牛さんの大群に遭遇。こりゃ、大量に牛糞が落ちていても不思議はないはずだ。
お店の手前で仲間を待っていると、牛さんの大群に遭遇_1
お店の手前で仲間を待っていると、牛さんの大群に遭遇_2
お店の手前で仲間を待っていると、牛さんの大群に遭遇_3
お店の手前で仲間を待っていると、牛さんの大群に遭遇_4
お店の手前で仲間を待っていると、牛さんの大群に遭遇_5
20分以上待って仲間の姿が見えた。最後尾はその5分後くらい。 このとき、10:23頃
20分以上待って仲間の姿が見えた
仲間の到着を待って、休養十分の私は先を行くことにした。そうしたらほどなく、ロバさんを発見。 このとき、10:30頃
ロバさんを発見
今までよりかは若干快適そうな家屋???今までよりかは若干快適そうな家屋
この御仁はトレッキングシューズを諦めたようだ。随分足元が汚れてしまっている。単独でフルコースを巡礼しているのだろうか?
トレッキングシューズを諦めたようだ
やっと街らしいところに出た。ボエンテという街らしい。英文ガイドブックによれば、この写真のものはla Saleta fountain, Boenteと記されていた。『ボエンテにあるサレタの泉』といったものだろうか?
la Saleta fountain, Boente
車がかなりのスピードで国道を走る中、反対側に渡る必要がある。疲れた身体だがむざむざ轢かれてしまうのは悔しい。なんとか渡りきると、間近に教会が見える。サンティアゴ・デ・ボエンテ教会のようだ。
ビュンビュン車が往来する国道を渡る_1
ビュンビュン車が往来する国道を渡る_2
ビュンビュン車が往来する国道を渡る_3
この時計を見て、『It's a wrong time!!』と隣の外国人がつぶやいていた。後で確認すると、このときは10:39だったから、その人の呟きは正しかったのだが、私の安物のソーラー電波時計は全然違う時間を指していて、曖昧に頷くしかなかった。何ともお粗末な話だった。
狂っていた時計
こんな道を進む
こんな道を進む
どんどん先に進むと、いつも見かけるこのバス。このバスの乗客たちはズルして巡礼証明書を貰うつもりなのかなあ。
こういうスタンプがもらえるところで時間を潰しながらまったり過ごしている。こっちは今にも倒れそうだというのに。

いつも見かけるこのバス
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年10月17日
最終更新 -0001年11月30日

16 Comments

There are no comments yet.

keico  

こんばんはm(__)m

なんか、画像みれてまーす。もしかさたら、FC2か台風のせいで、インターネットの具合が悪かったのかもです。お騒がせしてすみません。

凄い牛の群れですね。こんなふうに散歩させてるんですか?だとしたら、健康的でいいですね。
ロバちゃんは、可愛いですね。ちっちゃくって。
なんか、聖書に出てきそうなロバだなとか思います。
教会の鐘も素敵です。絵になりそうな風景が転がっていていいなー。
お邪魔しましたm(__)m

2013/10/17 (Thu) 00:26

モカ  

お疲れ様です^^

すごい牛の数ですね!
こんなに沢山居たら道も汚れてしまいますよね^^;
50キロ切ったんですね^^
ホント過酷な旅ですね~トレッキングシューズを諦めた方の後姿が物語っているように感じます。

2013/10/17 (Thu) 01:27

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

フランスでは、羊が我が物顔で道幅一杯に
もこもことたくさん歩いているのをよく見ましたが
スペインでは牛もなんですね(笑)
羊に比べたら牛の方が迫力あります。
落し物も盛大にありそうですね、ひゃ~っ(^^;

巡礼は、昔同様一歩一歩自分の足で歩いていくものだと思っていました。
現代は、自転車やバスでもOkなのですね。
というか、巡礼を行う本人次第なのでしょうか。
乗り物でぴゅーっ、だとあまり意味がないような気がしますが・・・?
でも、ご高齢の方とか、あまり歩けない人ならしょうがないのかな。

2013/10/17 (Thu) 01:36

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんはm(__)m

keicoさん、おはようございます。

> なんか、画像みれてまーす。もしかさたら、FC2か台風のせいで、インターネットの具合が悪かったのかもです。お騒がせしてすみません。

よかったですね。PCが壊れたのではおおごとでしたが、FC2がアクセスが多いと凹むのは残念ながら日常茶飯事ですから。あるいは、多少プロバイダが輻輳(ふくそう)気味だったのかもしれません。
おそらくはそれらが重なったように思います。

> 凄い牛の群れですね。こんなふうに散歩させてるんですか?だとしたら、健康的でいいですね。

昼は放牧させておき、夕方は乳搾りが待っているので、牧舎に戻すんでしょう。盛大な通せん坊ですよね。

> ロバちゃんは、可愛いですね。ちっちゃくって。
> なんか、聖書に出てきそうなロバだなとか思います。

ここのところ目にしたのはポニーばかりだったので、実に久しぶりのご対面でした。
まあ、向こうさんは『早く行きなよ』って感じでしたが。

> 教会の鐘も素敵です。絵になりそうな風景が転がっていていいなー。

そうですよねえ。腕さえあれば、もう少しマシな写真が撮れるんでしょうが。

> お邪魔しましたm(__)m

2013/10/17 (Thu) 06:23

AzTak  

Re: お疲れ様です^^

モカさん、おはようございます。

> すごい牛の数ですね!
> こんなに沢山居たら道も汚れてしまいますよね^^;

そうですよね。でも、牧舎での乳搾りが待っていますから仕方のない事なんでしょうね。
道には盛大に落し物があります。というわけでホッカホカのものを踏まないように気を使います。

> 50キロ切ったんですね^^
> ホント過酷な旅ですね~トレッキングシューズを諦めた方の後姿が物語っているように感じます。

あの方は100kmなどというイージーな行程ではなく、おそらく数百kmを歩いてこられたんだと思います。
ズボンの裾の汚れ具合などを見ると、相当に格闘された様子が伺え、『頑張ってください』と声をかけたくなりますが、無難なところで『Hola!!(オーラ)』『!Buen Camino! (ブエン・カミーノ) 』とだけ、声をかけさせていただきました。

2013/10/17 (Thu) 06:38

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、おはようございます。

> フランスでは、羊が我が物顔で道幅一杯に
> もこもことたくさん歩いているのをよく見ましたが
> スペインでは牛もなんですね(笑)
> 羊に比べたら牛の方が迫力あります。
> 落し物も盛大にありそうですね、ひゃ~っ(^^;

スペインの牛乳だけを注文した仲間によれば、乳脂肪分がハンパじゃない極上のものだったようです。
乳搾りをしなくちゃいけませんから、冬場以外は毎日繰り返される光景なんでしょうね。
落し物は盛大にあります。最初は足の踏み場もない有様に困惑しましたが、そのうちに、土埃だらけの道を通れば、自然に落ちると思いましたが、日本までついてきちゃった汚れのこびりつきも少なからずありました。

> 巡礼は、昔同様一歩一歩自分の足で歩いていくものだと思っていました。
> 現代は、自転車やバスでもOkなのですね。
> というか、巡礼を行う本人次第なのでしょうか。
> 乗り物でぴゅーっ、だとあまり意味がないような気がしますが・・・?
> でも、ご高齢の方とか、あまり歩けない人ならしょうがないのかな。

絶対NGで、見つかれば証明書は発行されません。ですが、彼らも巧妙で、我々がものの数分もいないようなバルに1時間くらいは粘ります。あるいは、周辺の観光をしたりして、時間稼ぎをします。そういう風にして、疑われない程度にスタンプを次から次へと押して行き、時間的には歩いて行ったのと同じか若干早い位のタイミングで進んでいくわけです。
ということで、クレデンシャルからインチキを見破られないようにしているのです。
証明書をいただかないならば何ら問題はないのですが、おそらくは図々しく証明書発行を受けるのでしょう。神との対話の場でまで、そういう横紙破りのことはすべきでないと思います。

途中で転倒し大けがを負い、最後は車を使わなければならなかった方がいらっしゃったそうです。証明書は当然出していただけなかったようです。その代わりと言ってはなんですが、手書きの奮闘をたたえる書面の発行を受けたようです。これが正しいやり方だと思います。

それくらい、転倒すると大怪我必至のところがあります。写真を撮っているどころじゃなくて、足の踏み場を考え、しっかり踏ん張って、歩を運ばねばならないところは少なくないんです。

2013/10/17 (Thu) 06:59

のんびり熊  

AzTakさん

おはようございます
牛は放牧地の移動でしょうか?
それにしても住宅地の中を移動とはね~
日本ではチョット考え付かないですよ。
以前山ン中の道で突然牛に出会い20分ほど立ち往生したことがあります。
牧場の柵が道なりにあったんですがね、道にいたんですよ。
この辺りの教会は同じような造りなんでしょうか?

2013/10/17 (Thu) 07:45

AzTak  

Re: AzTakさん

> おはようございます

のんびり熊さん、おはようございます。

> 牛は放牧地の移動でしょうか?

お乳搾りに牧舎を出たのか、牧舎から草を食みに出かけるのか、そんなところなんでしょう。

> それにしても住宅地の中を移動とはね~
> 日本ではチョット考え付かないですよ。

住宅地じゃありません。付近にはお店とこの農家くらいしかありません。近所迷惑でもなんでもありません。巡礼者だって、足止めをくらっても、つかの間の足休めにもなるし、何よりも癒される感じでよかったのでは。
問題はそこいる中にある落し物です。踏まないようにしないといけないのですが、隙間などほとんどなく、そこを渡り歩くのは至難の業です。

> 以前山ン中の道で突然牛に出会い20分ほど立ち往生したことがあります。
> 牧場の柵が道なりにあったんですがね、道にいたんですよ。

農家の人も巡礼者を待たせていることを気遣って、かなり早く移動させていました。商売上のメリットはないだろうに、結構巡礼者のことを大事に考えてくれているようです。有難いことです。

> この辺りの教会は同じような造りなんでしょうか?

似ていますが、よく見ると個性もチラリ。そこを見つけるのも楽しみの一つかもしれません。

2013/10/17 (Thu) 08:38

花さか爺サン  

こんにちは
何時もスペイン巡礼の旅をしている気分でブログを拝見しております。
牛の群れ凄い。
そこのけそこのけ牛が通るといった感じですね。
それにしても落し物が多くて不衛生だと思いまた。

巡礼の旅、この時点で半分ぐらいは歩かれたのでしょうか・・・
何とも過酷な旅で、よくぞ歩き通された感服しております。


2013/10/17 (Thu) 10:33

masa  

こんにちは。

スペインにも無人販売があるのですね。
日本の至る所にある無人販売は、日本人ならではの信頼から成り立っていると思っていましたが、スペインのお国柄も少し感じました。
牛の群れが道路を我がもの顔で占領していますね。
今では見られないズット日本の田舎にタイムスリップしたようです。
インドも車道の真ん中を牛が歩いていたのを思い出しました。

2013/10/17 (Thu) 11:02

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

花さか爺サン様、こんにちは。

> 何時もスペイン巡礼の旅をしている気分でブログを拝見しております。

ありがとうございます。

> 牛の群れ凄い。
> そこのけそこのけ牛が通るといった感じですね。
> それにしても落し物が多くて不衛生だと思いました。

糞の落し物があれば、当然生えも集ります。尋常ではない数のハエが私にもまとわりつきました。
不衛生と言ってしまえば不衛生なんですが、なんでも、殺虫剤で始末してしまう日本もかえって怖い国なのかなと思わなくもありません。
子供の頃、石蔵の壁が真っ赤に染まるほどいた赤とんぼもごく少ない感じで、泥鰌もうなぎもいなくなってしまったのかもしれません。
衛生的であることの良さと良くなさと、いろいろ考えさせられました。

とにかく転ばないようにだけ気をつけました。やってしまうと…。

> 巡礼の旅、この時点で半分ぐらいは歩かれたのでしょうか・・・
> 何とも過酷な旅で、よくぞ歩き通された感服しております。

半分はとっくに過ぎました。残り50kmを切ったら気分が楽になるだろうと思いました。実際、この日は結構調子が良かったのですが、再び距離が長くなった最後の2日間で再びへばりました。
来年あたりから少し勾配のある道を歩くようにしないといけないかなあ、などと考えています。

2013/10/17 (Thu) 11:10

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんにちは。

> スペインにも無人販売があるのですね。
> 日本の至る所にある無人販売は、日本人ならではの信頼から成り立っていると思っていましたが、スペインのお国柄も少し感じました。

結構親切な国民性だと思います。道端にずっとりんごが植えたあったり、クリが植えてあったり、いちぢくが植えたあったりします。人家からはかなり遠く、よかったら少し食べても構いませんよ、って感じでした。
おおらかな国民性なのかもしれません。

> 牛の群れが道路を我がもの顔で占領していますね。
> 今では見られないズット日本の田舎にタイムスリップしたようです。
> インドも車道の真ん中を牛が歩いていたのを思い出しました。

まあ、われわれが住民の大事な道路を使わせていただいているので、ウンチまみれだなどと文句を言ってはいけないんでしょうね。箱根駅伝で京急や箱根登山鉄道の踏切で引っかかった駅伝選手の場合ならいざ知らず、ここで待たされるのは、案外、足腰の緊張を解きほぐすのに良かったりしました。

2013/10/17 (Thu) 11:24

なかまち  

こんにちは。
あのロバ君はスネテいるんでしょうかね?
あのポーズを見てちょっと笑っちゃいましたが(笑)

教会の時計は正面と横で違う時刻を指しているし、
そのどちらも不正確だったというのがこれまた笑えました。

しかし、バスで来て、巡礼者っぽい服装で偽装しつつ
スタンプをもらうなんて不届きな輩ですね。必ずや
天罰がくだされることでしょう(笑)

2013/10/17 (Thu) 13:58

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

なかまちさん、こんばんは。

> あのロバ君はスネテいるんでしょうかね?
> あのポーズを見てちょっと笑っちゃいましたが(笑)

久しくロバを見ていなかったので、見た時は興奮してたんですが、その割には観察が足りませんでした。
本当に拗ねているようにも見えますね。それにあまりにガリガリ君過ぎて、あれじゃ荷物運搬や騎乗用には役に立たなさそうですね。

> 教会の時計は正面と横で違う時刻を指しているし、
> そのどちらも不正確だったというのがこれまた笑えました。

それもあるんですが、安物のソーラー電波時計をしていったので、現地時間にセットする方法がわからず、『あれ、狂っているよね』って言われて、思わず逆算を始めたとっぽい私めもいました。

> しかし、バスで来て、巡礼者っぽい服装で偽装しつつ
> スタンプをもらうなんて不届きな輩ですね。必ずや
> 天罰がくだされることでしょう(笑)

あんなツアーをよく企画するものですねえ。天罰が下りるかどうかは別として、本当に罰当たりな企画だと思います。
苦労した末に頂いた証明書は文面がラテン語でした。わかったのは、情けない話ですが、日付と自分の名前くらいでした。こちらはしみったれた100kmを少しだけ超える省力組でしたが、文面ではフルコースの人たちなどとなんの差別もしていないんですね。有難い話です。

2013/10/17 (Thu) 17:54

土佐けん  

こんばんは

無人販売って日本では普通なんですが
海外ではありえないと聞いたことがあります。
でもあるんですね~~
牛が道を占領している!
北海道みたいですw

2013/10/17 (Thu) 22:18

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 無人販売って日本では普通なんですが
> 海外ではありえないと聞いたことがあります。
> でもあるんですね~~

ありましたねえ。

> 牛が道を占領している!
> 北海道みたいですw

歴史を考えれば、北海道がスペインの片田舎のようということなのでしょう。

2013/10/17 (Thu) 23:04

Leave a reply