江戸東京たてもの園にて(8) - 江戸東京たてもの園にて_2013_August
FC2ブログ

江戸東京たてもの園にて(8)

丸二商店(荒物屋)

昭和初期に建てられた荒物屋です。小さい銅板片を巧みに組み合わせて模様をかたち作り、建物の正面を飾っているのが特徴です。
店内は昭和10年代の様子を再現しています。裏手には長屋も移築し、それとともに路地の様子も再現しています。
[千代田区神田神保町三丁目/昭和初期]


前回の訪問記に該当頁にjump

前回、店内の様子がはっきりしなかったので、今回はこれをしっかり撮ってみた。

外観
店舗の後側には長屋がついていた。
丸二商店(荒物屋)_外観_1
引き戸の直上の明かり取りの様子を頭に入れておいてほしい。次の写真でどのように見えるか楽しみだ。
丸二商店(荒物屋)_外観_2

店内の様子
引き戸の上のガラス窓がかなりモダンな感じだ。商品アイテムも現在とは違ったものになっている。
丸二商店(荒物屋)_店内の様子_1
店内の陳列品は、都内の荒物屋さんで廃業する店から寄付してもらったものだそうだ。今の店舗と比べると、商品アイテム数がごく少ないこともあろうが、かなりゆったりした感じだ。
丸二商店(荒物屋)_店内の様子_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年09月09日
最終更新 -0001年11月30日

25 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
荒物屋にしては立派な建物ですね!
銅板を組み合わせた壁面と言い、
シャレた引き戸の上の明かり取りと言い
別の商売から荒物屋に鞍替えしたような雰囲気ですね!
荒物屋って当時はそんなにもうかる商売だったのでしょうか?
相当裕福な荒物屋のようです!
また、明治・大正時代の荒物屋なら床は板張りではなく
土間だったのででしょうね。
ヤカンのああゆう吊るし方は何だか懐かしい気がします♪

2013/09/09 (Mon) 03:59

Mika  

AzTakさん、こんにちは♪

銅板片を組み合わせて模様を作っているなんて面白いですね、手が込んでいます。
こんなモダンなデザインは当時としたらすごく珍しかったのでしょうね。
明り取りの窓が店内から見るととてもきれいです。
荒物屋というところが渋いですが和菓子屋でもよさそうですね(笑)
なかなか見られないものを見せていただきました。
ありがとうございました♪

2013/09/09 (Mon) 06:49

なかまち  

 
おはようございます。
1枚目にいきなり ガ~ン! ときました。
これぞ広角写真のお手本のような完璧な構図ですね!
美しいです。
これを拝見してしまったらもう、例えどんなに重くとも
広角一眼を持って行かれるべきだと強く思いました。

2013/09/09 (Mon) 09:11

keico  

こんにちは(*´∀`)

あーいいですね~鰹節削りとかお櫃。むかーし、鰹節けづりは、実家で使ってましたが、今は、便利になって、パックのをつかってますが、削った方が美味しいですよね。お櫃はなかったです。削り機よりもうちょっと、古い時代なのかも?

おじゃましました。m(__)m

2013/09/09 (Mon) 10:55

masa  

こんにちは。

外壁の銅板細工や明かり取りの造りもおもしろいですが、中においてある釜やヤカン、洗濯板など懐かしいものがいっぱいありそうです。
陳列品を見ているだけでも楽しそうです。

2013/09/09 (Mon) 11:57

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんにちは。

> 荒物屋にしては立派な建物ですね!
> 銅板を組み合わせた壁面と言い、
> シャレた引き戸の上の明かり取りと言い
> 別の商売から荒物屋に鞍替えしたような雰囲気ですね!
> 荒物屋って当時はそんなにもうかる商売だったのでしょうか?
> 相当裕福な荒物屋のようです!

前回行った時にここの説明員に長々と講釈を聞かされたとき、相当裕福な商人だったということを聞きました。その証拠が裏に繋がる長屋で、けっこう立派な長屋で驚くほどでした。

> また、明治・大正時代の荒物屋なら床は板張りではなく
> 土間だったのでしょうね。
> ヤカンのああゆう吊るし方は何だか懐かしい気がします♪

あれでいくら儲かったのか知りませんが、家賃収入やその他にも収入のあてがあったんでしょうか。それとも、街場だからよく売れたのですかね。
土間とは相当古い概念ですね。そうだったかもしれませんね。

2013/09/09 (Mon) 14:23

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

なかまちさん、こんにちは。

> 1枚目にいきなり ガ~ン! ときました。
> これぞ広角写真のお手本のような完璧な構図ですね!
> 美しいです。
> これを拝見してしまったらもう、例えどんなに重くとも
> 広角一眼を持って行かれるべきだと強く思いました。

お餞別代わりの嬉しいお言葉、有難うございます。まだ、持って行っちゃおうか悩んでいます。昔から自衛隊の行軍は10kgの荷物を背負って行うものだったようです。大したこと無いじゃないかと思っていたのですが、自分が爺さんになってきたら、結構な重さに感じるようになりました。

2013/09/09 (Mon) 14:28

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> あーいいですね~鰹節削りとかお櫃。むかーし、鰹節けづりは、実家で使ってましたが、今は、便利になって、パックのをつかってますが、削った方が美味しいですよね。お櫃はなかったです。削り機よりもうちょっと、古い時代なのかも?

羽釜で炊いたご飯をそのままにしておくと美味しくなくなってしまうので、それをお櫃に移して多少冷えても美味しい状態が続くようにしたものです。適度に水分を吸って、少しずつ吐き出しています。それを維持しているから過度に乾きもしないし、ビチョビチョにもならない、そういう容器です。今でも使用し続けているお宅も少なくないかもしれません。
昔からありますね。

> おじゃましました。m(__)m

2013/09/09 (Mon) 17:29

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。
明日(正確には明後日に日付が変わってすぐ)の出発です。駆け込みでホームドクター(内科と皮膚科)にかかり、必要な薬をもらってきました。

> 外壁の銅板細工や明かり取りの造りもおもしろいですが、中においてある釜やヤカン、洗濯板など懐かしいものがいっぱいありそうです。
> 陳列品を見ているだけでも楽しそうです。

あれは、同業他店の廃業にあたって寄付してもらったものだそうです。荒物屋さんもホームセンターのようなところに押されて廃業が相次いだようで、持ち込みの連絡が結構あったという話です。
本当にこういう生活をしていたんですよねえ。若い人たちに使い方を講釈できそうなものばかりです。
背負子まで置いてあるんですねえ。当時の東京の下町ではまだ需要があったんでしょうか?

2013/09/09 (Mon) 17:49

のんびり熊  

AzTakさん

こんばんは
懐かしいですね~~
ウチの蔵をひっくり返せば同じような物が出てくるかもしれない・・
柄の付いた竹籠なんかは、現代でも使えるヨ・・無理かな?
常滑焼?の漬物用の焼き物は、今でも使っている家があるんじゃないかな

2013/09/09 (Mon) 18:32

ララ  

中も外もレトロの雰囲気そのままでまるでタイムスリップしたようです。
お店の看板がないのもいいですね。
つい写したくなる被写体ですよね。

2013/09/09 (Mon) 19:20

pipi  

こんばんはv-530

初めまして。
粗末な私のブログにいらして下さって恐縮しております。
dさんの所でいつもお会いしてますね。

東京のお写真が多いようですけど
東京にお住まいなのですか?
私は北海道の旭川在住です。

今、飛び飛びで拝見させて頂きましたが
素晴らしいお写真ばかりですね。

これからも時々寄らせて頂きますので宜しくね^^


2013/09/09 (Mon) 21:26

jsk  

こんばんわ
この銅張りの側面はいつ見ても凄いですね。
いやいや、中から見るとお洒落ですね。
こういうところにお金をかけて・・・
造りも職人の心意気を感じます。

2013/09/09 (Mon) 22:21

土佐けん  

こんばんは

昔懐かしい荒物屋さんですね^^
子供の頃に見た記憶があります。

2013/09/09 (Mon) 22:46

AzTak  

Re: AzTakさん

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 懐かしいですね~~
> ウチの蔵をひっくり返せば同じような物が出てくるかもしれない・・

きっとそういうものがあることでしょうね。

> 柄の付いた竹籠なんかは、現代でも使えるヨ・・無理かな?

日比谷線の始発電車などに乗ると、買い出しに行く寿司屋や割烹の関係者がああいうのを持って乗っています。
ああいうものが圧倒的に使いやすいんでしょうかね。

> 常滑焼?の漬物用の焼き物は、今でも使っている家があるんじゃないかな

あるんでしょうね。私はホーローの容器でぬか漬けをやっていますが、ああいう陶器製が最高ですよね。
野菜が高くて、ただかき混ぜるだけの日が圧倒的に多いんです。それで思い出しました。ぬか床を冷蔵庫で一時的に寝ていてもらわなくては。

2013/09/09 (Mon) 23:05

モカ  

お疲れ様です^^

銅板片を組み合わせた外観 珍しいですね~
引き戸の上の明り取りもお洒落です。
荒物屋にはちょっと勿体無いような気もしますねw

2013/09/09 (Mon) 23:23

AzTak  

Re: タイトルなし

ララさん、こんばんは。

> 中も外もレトロの雰囲気そのままでまるでタイムスリップしたようです。
> お店の看板がないのもいいですね。
> つい写したくなる被写体ですよね。

そうですよね。関東大震災の後、資産のある商人間で流行った建物だそうです。簡易防火機能も東京大空襲で焼け残ったことを考えれば、あながち馬鹿にできないものだったようです。
つい写したくなるのは私達ばかりでなく、この先の建物などはジブリのアニメの構想の一部になったようですし、『純情きらり』の撮影でも使われたりしたようです。
結構目をつけている方がいらっしゃるようです。

2013/09/09 (Mon) 23:31

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんはv-530

pipiさん、こんばんは、そして初めまして。

> 初めまして。
> 粗末な私のブログにいらして下さって恐縮しております。
> dさんの所でいつもお会いしてますね。

そうでしたね。少しずつアクセスさせていただく先を増やして行きたくは思いつつも、ブログは自転車操業状態で、孫シッターが本業のようになっていて、なかなか思うようにいきません。
それでも合間を縫って、少し見させていただきました。迫力のある写真に驚きました。さすが北海道。写真を撮る人達もスケールが大きくなるのでしょうか?

> 東京のお写真が多いようですけど
> 東京にお住まいなのですか?
> 私は北海道の旭川在住です。

幼稚園の頃1年ほど函館の元町で暮らしましたが、中学校を卒業するまでは福島のいわき市に住み、その後は結婚までは横須賀市に住んでいました。結婚後はずっと東京に住んでいます。
車を持っていないので、行動範囲が極めて限定的です。たまにどこかの景色が出てくるときは、旅行かアッシー君が親切にも乗せてくれた時です。
元々は引きこもりがちの爺さんにならないよう散歩をしっかりするつもりでブログも始めたんですが、結構公共交通機関を利用しちゃっています。
実はあすの夜(正確には日付が変わった後)からスペインに行きます。あちらではお遍路さんの西洋版をしてきます。つまり歩き通すわけです。やっと荷物が出来上がったのですが、こんな重い荷物を担いでスペインの悪路を歩きまわるのは、いささかつらいかもしれません。

> 今、飛び飛びで拝見させて頂きましたが
> 素晴らしいお写真ばかりですね。
>
> これからも時々寄らせて頂きますので宜しくね^^

こちらも戻ってきましたら、アクセスさせていただきます。有難う御座いました。

2013/09/10 (Tue) 00:01

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわ

jskさん、こんばんは。

> この銅張りの側面はいつ見ても凄いですね。
> いやいや、中から見るとお洒落ですね。
> こういうところにお金をかけて・・・
> 造りも職人の心意気を感じます。

お金もそこそこかけたと思いますが、何よりも格好の良い物を作ってあっと言わせたいという江戸っ子気質があふれたような建物だと思いました。施主の心意気に職人も燃えた。そんな感じではなかったのではないでしょうか。
私のようなケチでセンスのないものが施主に成っても、こういうものは出来上がらなかっただろうと思います。

2013/09/10 (Tue) 00:06

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 昔懐かしい荒物屋さんですね^^
> 子供の頃に見た記憶があります。

やはり少し時代が違うようですね。私が大人になっても結構ありましたから。
ただ、こんなに商品を少なくしか置かない状況ってのは、そうとう昔のようですね。

2013/09/10 (Tue) 00:11

AzTak  

Re: お疲れ様です^^

モカさん、こんばんは。

> 銅板片を組み合わせた外観 珍しいですね~

江戸小紋の柄が散りばめられているんだそうですよ。いなせな旦那を気取ったのかもしれませんが、見事なものです。

> 引き戸の上の明り取りもお洒落です。

あれには2回とも気づきませんでした。今回帰ってから写真をセレクトしている時に気づきました。中島誠之助じゃないけど『いい仕事していますね』って感じです。

> 荒物屋にはちょっと勿体無いような気もしますねw

そんなことを言うと、荒物屋さんに怒られちゃいますよ。でも改装して飲食店にでもしたい感じですよね。

2013/09/10 (Tue) 00:16

makira  

こんばんは!

AzTakさん、気をつけて行ってらっしゃい♪
写真をいっぱい撮ってきて、
帰ったらアップして下さいね!

2013/09/10 (Tue) 00:32

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、気をつけて行ってらっしゃい♪

makiraさん、おはようございます。
行ってきます。

> 写真をいっぱい撮ってきて、
> 帰ったらアップして下さいね!

マドリードとサンチャゴ・デ・コンポステーラとは都会の街ですが、その他はカードも使えないような田舎の村のようです。他では撮れないような鄙びた風景と古ぼけた教会、あるいは堂々たる聖堂、そういった写真ばかりになると思います。
あまり目にしない写真になるくらいが存在価値かもしれません。
とにかく帰ってきたら、暫く連続してアップさせていただきます。

2013/09/10 (Tue) 06:10

om4ti  

おお、スペインですか
羨ましいですなあ
写真を拝見するのが楽しみです
お気を付けて^^

2013/09/11 (Wed) 05:09

AzTak  

Re: タイトルなし

> おお、スペインですか
> 羨ましいですなあ
> 写真を拝見するのが楽しみです
> お気を付けて^^

om4tiさん、こんばんは。
ものすごく体力低下を痛感した旅でしたが、なんとか無事に帰って参りました。
次回辺りからぼちぼち長大な報告記事をあげようと考えています。

2013/09/24 (Tue) 07:20

Leave a reply