京都小旅行(13) - 京都小旅行_2013_August
FC2ブログ

京都小旅行(13)

いよいよ高台寺に向かう。午前中から猛烈な暑さのため、途中の八坂神社などはすべてパスした。

ねねの道
高台寺と圓徳院との間に昔から存在する一直線の平坦な(石畳の)道だ。正しくは高台寺道という。ねねの道と呼ぶのは、北政所「ねね」ゆかりの寺、高台寺と園徳院があることから。こちらのほうが通りがよさそうだ。
googleの航空写真で確認してみたが見事なほどに真っ直ぐな道だった。

ねねの道_1
ねねの道_2
ねねの道_3
ねねの道_4
ねねの道_5
この写真のみ反対側から撮った
ねねの道_6
確かに向かって左が北になり円山公園や知恩院に行く道になり、向かって右側が南になり、高台寺や清水寺の方向になる。
ねねの道_7

圓徳院
圓徳院は、京都市東山区にある高台寺(臨済宗建仁寺派)の塔頭のひとつ。本尊は釈迦如来。名勝庭園と、豊臣秀吉の正室・高台院(北政所)が晩年を過ごした寺として知られる。
なかなか洒落た佇まいだなと思いつつ、写真を撮りそこねた。

以下の3画像はFREE画像を借用
長屋門
圓徳院_長屋門
唐門
圓徳院_唐門
方丈
圓徳院_方丈

石塀小路
名前のとおりに石の塀が続くところまでは行かずに、途中で引き返した。この石畳は、市電の軌道に敷かれていた石のリサイクルだとのこと。
石塀小路_1
石塀小路_2
石塀小路_3
石塀小路_4

台所坂
上り下りがついて回るのが東山区の特徴か
台所坂
台所門
今で言う通用門のようなもののようだろう
台所門
高台寺に向かう雰囲気が出てくる
121-122.jpg
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年08月25日
最終更新 -0001年11月30日

14 Comments

There are no comments yet.

dさん  

こんにちは

猛暑の中を、随分積極的に散策&撮影されたのですね

さぞお疲れになったことでしょう

ねねの道なんてあるんですね、始めて知りました。」

2013/08/25 (Sun) 07:07

のんびり熊  

AzTakさん

おはようございます
ねねの道 ン十年か以前にた訪ねたことがあります。
徳川幕府?によって豊臣家ゆかりの物が打ち壊されたようですが,高台寺は残されました。
ねねのもとに往時の武将達も通ったんでしょうね。
同じ道を歩いていると思うと不思議な気持ちになります

2013/08/25 (Sun) 07:57

AzTak  

Re: こんにちは

dさん様、こんにちは。

> 猛暑の中を、随分積極的に散策&撮影されたのですね
> さぞお疲れになったことでしょう

まだ、この時点では余力があったのですが、それまでにとった水分が汗となり滴り落ち始めました。
大汗かきの私には大々的な危険信号の点灯です。(^_^;)

> ねねの道なんてあるんですね、始めて知りました。

彼女との距離を京都でぐっと縮めようと思ったら、必須の場所かもしれません。
尤も、我々の年齢でそういうことをしちゃいけないかもしれませんが。

2013/08/25 (Sun) 09:48

AzTak  

Re: AzTakさん

> おはようございます

のんびり熊さん、こんにちは。

> ねねの道 ン十年か以前に訪ねたことがあります。
> 徳川幕府?によって豊臣家ゆかりの物が打ち壊されたようですが,高台寺は残されました。

せっかく残ったというのに火事ばかりで、方丈や庫裡は大正元年の再建のようです。当然、国宝にも重要文化財にも指定されていない。焼け残ったものがかなり重要文化財に指定されていますから、寺の関係者には無念なことだと思います。

> ねねのもとに往時の武将達も通ったんでしょうね。
> 同じ道を歩いていると思うと不思議な気持ちになります

北政所は淀君に嫉妬していたのか秀頼の出生を疑っていたフシがあり、秀頼の応援をする理由がないということで、家康に与したようですね。そういうことがあり、家康は北政所を厚遇したように聞いています。

2013/08/25 (Sun) 10:17

jsk  

こんにちは
京都の雰囲気はいいですね。
昔数回行きましたが、やはり次元が違います。
どの寺も絵になるし、特に路地の雰囲気がいいですね。
こういったところまで観る余裕がなかったんですが、
土塀・板塀と石畳の景観が素晴らしいですね。

2013/08/25 (Sun) 10:44

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
「ねねの道」なんてものがあるんですね!
戦国時代は幕末維新の時代と並んで大変興味のある時代なんです!
ねねが晩年を過ごし、没した園徳院。
ねねが愛したところだと偲ばれます♪

石塀小路、こんな小路でも京都は絵になりますね!
いつか行きたいと思っています!
ありがとうございます。

2013/08/25 (Sun) 10:44

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

jskさん、こんにちは。

> 京都の雰囲気はいいですね。
> 昔数回行きましたが、やはり次元が違います。
> どの寺も絵になるし、特に路地の雰囲気がいいですね。
> こういったところまで観る余裕がなかったんですが、
> 土塀・板塀と石畳の景観が素晴らしいですね。

その前の日に一眼レフがこれ以上、湿気を与えたら間違いなく壊れる状況まで追い込んじゃったので、この日はX-20というコンデジを使いました。まあ、カメラが富士フィルム流の設計思想で勝手に頑張っている印象は否めません。目を細めてモノを見るような感じで撮れています。
次回京都に行くことがありましたら、こういう場所もあるんだくらいの参考にしていただければ幸いです。

PS.朝のミサの帰り道、碑文谷会館という葬祭施設の前で人だかりが。多分、宇多田ヒカルが現れるのを張っていた報道陣なんでしょう。早く帰ってきてくれないと藤圭子さんも成仏できないような気がしました。

2013/08/25 (Sun) 12:36

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんにちは。

> 「ねねの道」なんてものがあるんですね!
> 戦国時代は幕末維新の時代と並んで大変興味のある時代なんです!
> ねねが晩年を過ごし、没した園徳院。
> ねねが愛したところだと偲ばれます♪

淀君との角逐、秀頼に対する疑惑、いろんなものに苛まれて、北政所の心中は決して穏やかならぬものがあったんでしょう。あのタヌキおやじが北政所のことを粗末に扱わなかった事情もあったんでしょう。
いろいろな見方があると思いますが、秀吉一途の人だったんでしょうかね。

> 石塀小路、こんな小路でも京都は絵になりますね!

こんな小路ですが、すごい小路でもあります。ここでも思い出になるんじゃないかと思い、かき氷をいただかないかと妻に提案したら、心底から呆れられました。

> いつか行きたいと思っています!

行くときはぜひぜひフルサイズ機で撮って、それを見せて下さい。
今回の2日目分はX-20で撮りました。甲子園でのエース休養で2番手投手がマウンドに上がったように、サブ機登板でした。出来は、う~~~ん。

> ありがとうございます。

2013/08/25 (Sun) 12:54

yanpii  

こんにちは

高台寺に石塀小路。
以前尋ねたことがあります。いい雰囲気でした。
また散策して、鱧で冷酒をキュッ…としてみたいです

それにしても例年より更に猛暑の京都。お疲れ様です

2013/08/25 (Sun) 16:25

AzTak  

Re: こんにちは

yanpiiさん、こんばんは。

> 高台寺に石塀小路。
> 以前尋ねたことがあります。いい雰囲気でした。

そうですか。楽しい思い出はいくつあってもいいものですね。

> また散策して、鱧で冷酒をキュッ…としてみたいです

最高の贅沢ですね。気分いいことでしょうね。
最近は東京でも珍しいというほどではなくなりつつあるようですが、やっぱりあちらが本場ですよね。

> それにしても例年より更に猛暑の京都。お疲れ様です

もうすっかり落ち着きまして、スペインに出掛けるまでに片付けておかなければいけない用事を…。
その合間に「平成25年迎賓館赤坂離宮参観」なんぞに、行ってきます。建物内部の撮影は不可のようです。

2013/08/25 (Sun) 17:46

土佐けん  

こんばんは

京都の王道、ザ・京都と言う場所に行かれましたね^^
根根の道・高台寺・石塀小路・・・僕も何度も
訪れていますが、休日に訪れるので、ねねの道は
いつも人で一杯と言うイメージです(^^;
画から見ると人が少ないな~~ 良いな、なんて^^

2013/08/25 (Sun) 21:57

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 京都の王道、ザ・京都と言う場所に行かれましたね^^
> ねねの道・高台寺・石塀小路・・・僕も何度も
> 訪れていますが、休日に訪れるので、ねねの道は
> いつも人で一杯と言うイメージです(^^;
> 画から見ると人が少ないな~~ 良いな、なんて^^

何度も、お出かけになっているんですか。羨ましい限りです。
高台寺は混みそうだし、比較的近くだし、いつでも行けるということで、後回しにしてきました。

この日は日曜日でしたが、前日の38.2度よりもまだ高い39.0度のとびきり暑い日でした。本当に反吐が出そうな強烈な暑さでした。だから、少しでも歩かなければならないところは敬遠されたのかもしれません。普通に考えれば、小雨が降っていてももう少しお客さんがいても良い感じなんでしょうね。

2013/08/25 (Sun) 22:31

keico  

こんばんわ(*´∀`)

ねねの道、彼女が、どこをどのようなことで、歩いたかはわかりませんが、石畳をあるいたのですね。昔の有名な人が、身近に感じられて、いいお写真だなと思いました。中でも、四枚目が、好きです。
歴史に詳しければ、もっと、面白いと感じますね。残念。そして、お恥ずかしいです。m(__)m

2013/08/25 (Sun) 22:47

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんわ(*´∀`)

keicoさん、こんばんは。

> ねねの道、彼女が、どこをどのようなことで、歩いたかはわかりませんが、石畳をあるいたのですね。昔の有名な人が、身近に感じられて、いいお写真だなと思いました。中でも、四枚目が、好きです。
> 歴史に詳しければ、もっと、面白いと感じますね。残念。そして、お恥ずかしいです。m(__)m

たぶん、北政所が生きていた頃は、石畳ではなくただの土の道だったと思いますが、確かにここにいたんでしょうね。
秀吉は既にこの世にはおらず、自分の子はいない状態で、何を考え、何を大事にして生きていたのか、わかりかねますが、壮絶な人生だったのでしょう。
死ぬまで秀吉を思い続けていたんですね。強烈な夫婦愛があったのでしょう。

2013/08/26 (Mon) 00:25

Leave a reply