京都小旅行(8) - 京都小旅行_2013_August
FC2ブログ

京都小旅行(8)

次に向かったのは、JR東海『そうだ、京都行こう 2009年 初秋 泉涌寺編』で更に一段と知名度が上がった皇室の菩提寺である御寺泉涌寺だ。

御寺泉涌寺(1)
泉涌寺 (せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内(やまのうち)町にある真言宗泉涌寺派総本山の寺院。山号は東山(とうざん)または泉山(せんざん)。本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏。
平安時代の草創と伝えるが、実質的な開基(創立者)は鎌倉時代の月輪大師俊芿(がちりんだいししゅんじょう)である。東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓に広がる寺域内には、鎌倉時代の後堀河天皇、四条天皇、江戸時代の後水尾天皇以下幕末に至る歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺(みてら)泉涌寺」と呼ばれている。


大門(重要文化財)
慶長年間(江戸時代初頭)造営の御所の門を移築したもの。張即之筆による山号「東山」(とうざん)の額が掲げられている。ここから境内へは緩やかに下っていく。CMでご存知かと思う。
大門(重要文化財)_1
大門(重要文化財)_2

仏殿(重要文化財)
やはり徳川の勢いがあった時に再建されただけあって、相当に豪華な建物だ。視界にはいった途端、『おおっ、これはすごい』と思わず唸ってしまった。確かにCMで全国に『どうだ』と問いかけたくなる貫禄があった。それでもまだ重要文化財止まりだ。
当初の伽藍は応仁の乱でほとんど焼失し、現在の諸建造物はそれ以降建立のものである。
大門から参道を下って正面の仏殿は、寛文8年(1668)徳川四代将軍家綱によって再建され、現在伽藍の多くはこの時整備されている。
仏殿は一重もこし付入母屋造り本瓦葺き、唐様建築の代表作で、国の重要文化財である。

仏殿(重要文化財)_1
仏殿(重要文化財)_2
仏殿(重要文化財)_3

舎利殿(京都府指定文化財)
何故、仏殿と文化財の指定が異なるのだろうか。部外者には理解し難いところだ。仏殿は同時期に再建されたもので、こちらは、京都御所の建物を移築改装したものという違いはあるが。
舎利殿は、釈迦の仏牙舎利を奉安する貴重な霊殿である。慶長年間、京都御所の建物を移築改装したもので、仏殿と同時代に現位置へ移された。開山俊芿律師が熱願された舎利を、弟子の湛海律師が安貞2年(1228)に宋朝より将来し遷座した。現在同時に将来された韋駄天像・月蓋(がつがい)長者像(共に重文)とともに内陣に奉祀されている。
蔀戸(しとみど)と火灯窓とが目立つ
舎利殿(京都府指定文化財)_1
舎利殿(京都府指定文化財)_2
舎利殿(京都府指定文化財)_3
舎利殿(京都府指定文化財)_4
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年08月20日
最終更新 -0001年11月30日

18 Comments

There are no comments yet.

なかまち  

おはようございます。
仏殿と舎利殿が並んでいる様は圧巻ですね! 見応えがあります。
ポジとネガの関係のようなデザインの違いも面白いですね。
車でいえばマークⅡとクレスタといったところでしょうか。
ぼくはどちらかといえば仏殿のモノトーンな雰囲気が好きですね。
大変いいものを見せていただきました。m(_ _)m

2013/08/20 (Tue) 06:58

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

なかまちさん、お早うございます。

> 仏殿と舎利殿が並んでいる様は圧巻ですね! 見応えがあります。
> ポジとネガの関係のようなデザインの違いも面白いですね。
> 車でいえばマークⅡとクレスタといったところでしょうか。
> ぼくはどちらかといえば仏殿のモノトーンな雰囲気が好きですね。
> 大変いいものを見せていただきました。m(_ _)m

この時点で相当歩いてきたというか、東福寺からショートカットをしようとして道に迷い、かろうじて寺域に進入できる急坂を見つけ、這々の体で上ってきました。その最後の坂が効きました。一挙に疲労困憊&酸欠の状態に陥りました。
ところが、このJR東海のCM『そうだ、京都行こう 2009年 初秋 泉涌寺編』でお馴染みの光景が目に飛び込んできた途端、すーっと疲れが遠のいたような感覚にとらわれました。そういうこともあるんですねえ。

車での比較は、私自身が車を所有しておらず、よくわかりませんが、そういう感じなんでしょうね。

私が気になったのは、舎利殿の蔀戸が閉じた状態になっていたことでした。何も内部を覗き見たいからではなく、外気を入れなくて大丈夫なのかと思ったのでした。でも、38度を超していた頃ですから、考えどころだったのかもしれません。

2013/08/20 (Tue) 08:34

jsk  

おはようございます
泉涌寺,皇室の菩提寺ですか。いかにも品位を大切にした格調の高さを感じます。
舎利殿、これは素晴らしいです。最後の写真よく撮れてますね。建物の繊細さと重厚さにうっとりします。

2013/08/20 (Tue) 08:41

SONOMI  

こんにちは
ピアノのレッスンに通っていたのに ちっとも興味がなくて写真の一枚も残っていない京都の町・・
ああ  ゆっくりと歩いて撮影してみたいです
この佇まいはここでないと見れませんものね
写真の数々素敵です

2013/08/20 (Tue) 09:30

masa  

こんにちは。

仏殿,舎利殿共に共に風格があっていいですね。
昔の建物の造りはよく分りませんが、この違いも意味があるのでしょうね。
京都はさすがに後世に残したい文化財が多く、好きな人にはたまらないのでしょうね。

2013/08/20 (Tue) 13:07

keico  

こんにちは(^^)

CMって、桜がでてくるやつですか?あー皇室が、法事とかやるお寺ですか。さすが、凄い豪華な感じですね。

戸の蔀がいいですね。手の込んだ造りなんですね。落ち着いていて、格式たかそうですね。
おじゃましました。m(__)m

2013/08/20 (Tue) 15:01

犬山にゃん太郎  

やっぱり行かれたのですね泉涌寺 ヽ(^。^)ノ

懐かしいです、僕も暑い最中に歩いて行ったことを思い出しましたわ。

ここと東福寺へ行く高校脇の近道まで確認していたのに、
暑さと坂でへばって行けませんでしたわ。
そんな暑さよりもずっと暑い京都、泉涌寺ご苦労さまですと云いたいです^^

2013/08/20 (Tue) 16:18

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます

jskさん、こんにちは。

> 泉涌寺、皇室の菩提寺ですか。いかにも品位を大切にした格調の高さを感じます。

次回、その部分に少し触れます。今日のところは、仏殿と舎利殿とでどんなふうなのか想像してみてください。

> 舎利殿、これは素晴らしいです。最後の写真よく撮れてますね。建物の繊細さと重厚さにうっとりします。

素晴らしい建物だと思うんですが、何故に重要文化財指定にはならないのか、不思議でなりません。
蔀戸とjskさんのお好きな火灯窓とがが印象的でした。蔀戸は塗料の剥落が目立ち、塗りなおしたほうがよさそうでしたが、文化財は難しいんだそうですね。
例えば重要文化財の場合は、国と、管轄自治体と、所有者とが按分して費用負担をするそうです。計画書を起案し、国と管轄自治体との了解を得ることから入るようです。かなりの数の重文がある飯野八幡宮の宮司さんに聞きました。尤も、いわきの場合は、東北大震災があったので、物理的に修復を急がねばならない事情があり、直近の修繕はすんなり通ったようです。

2013/08/20 (Tue) 17:03

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

SONOMIさん、こんばんは。

> ピアノのレッスンに通っていたのに ちっとも興味がなくて写真の一枚も残っていない京都の町・・

若い人には大した興味がわかない古ぼけたものにしか見えないかもしれませんね。でも、ある程度の年代になると、興味が湧いてくる街なんでしょうね。

> ああ  ゆっくりと歩いて撮影してみたいです
> この佇まいはここでないと見れませんものね
> 写真の数々素敵です

一度お時間を確保して、お二人で競作のように撮り比べるのも面白いのではないかと思います。
是非実現させてくださいな。

2013/08/20 (Tue) 17:09

AzTak  

Re: こんにちは。

masaさん、こんばんは。

> 仏殿,舎利殿共に共に風格があっていいですね。
> 昔の建物の造りはよく分りませんが、この違いも意味があるのでしょうね。

あるのではないかと思いますが、泉涌寺はあまり資料が出回っていないようで、通り一遍のことしかわかりませんでした。仏殿は建て直して、舎利殿は移築した理由も。徳川四代将軍家綱の頃ですから、幕府財政が逼迫していたわけでもなさそうです。
もっとわからないのは次回取り上げる予定の本堂の様子です。特別拝観すればある程度わかったのでしょうが、汗が点線ではなく太実線状態になってしまっていたので、もう入る元気はありませんでした。おまけに、特別拝観エリアでは庭園以外の写真撮影不可のようで、他の方の写真もないのです。

> 京都はさすがに後世に残したい文化財が多く、好きな人にはたまらないのでしょうね。

そうですね。そう思います。私も、少しずつ訪ねて回っているんですが、なかなか見きれるものではないようです。

2013/08/20 (Tue) 17:21

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは(^^)
>
> CMって、桜がでてくるやつですか?あー皇室が、法事とかやるお寺ですか。さすが、凄い豪華な感じですね。

下記URLのものです。
http://www.youtube.com/watch?v=GIaIcdNkzm0

皇室に関係する部分は、次回取り上げます。物足りなさがあるんですが、私の体力が限界に近づいていたので、ごめんなさいです。

> 戸の蔀がいいですね。手の込んだ造りなんですね。落ち着いていて、格式たかそうですね。
> おじゃましました。m(__)m

仏殿は徳川4代将軍が建て直し、舎利殿は京都御所からの移築だそうです。どちらも錚々たるものです。

2013/08/20 (Tue) 17:28

AzTak  

Re: タイトルなし

犬山にゃん太郎さん、こんばんは。

> やっぱり行かれたのですね泉涌寺 ヽ(^。^)ノ
>
> 懐かしいです、僕も暑い最中に歩いて行ったことを思い出しましたわ。

犬山にゃん太郎さんに先を越されてしまいましたが、実は前々から行こうとは思っていたのです。

> ここと東福寺へ行く高校脇の近道まで確認していたのに、
> 暑さと坂でへばって行けませんでしたわ。

私はその道を東福寺側から行きました。スマホを持参するのを忘れ、途中で道に迷ってしまいました。
やっと道はわかりましたが、疲れた身体にはきつい坂でした。近道などせずに順路をたどっていくべきだったと後悔しました。まあ、そのおかげで、月輪陵ではありませんが、皇族と宮家の墓を見ることが出来ました。

> そんな暑さよりもずっと暑い京都、泉涌寺ご苦労さまですと云いたいです^^

初日は、時間的にはまだまだあったのですが、伏見稲荷対大社~東福寺~泉涌寺までで完全ギブアップでした。
全コース歩いたので、スペイン巡礼の予行演習くらいにはなったかなと思います。
とてもじゃありませんが京の七夕に出掛ける元気が残っていませんでした。

2013/08/20 (Tue) 17:41

モカ  

お疲れ様です^^

どれも重厚感のある建物ですね。
仏殿の屋根の下(?)の細工が繊細で綺麗で目がいきました。
ですので5枚目の写真好きですね^^

2013/08/20 (Tue) 17:47

のんびり熊  

こんばんは
皇室の御寺ですか
それにしても重厚な建築群、見せていただき有難うございます。
久しく京都に行っていない,熊は嬉しいです。

2013/08/20 (Tue) 20:04

AzTak  

Re: お疲れ様です^^

モカさん、こんばんは。

> どれも重厚感のある建物ですね。
> 仏殿の屋根の下(?)の細工が繊細で綺麗で目がいきました。
> ですので5枚目の写真好きですね^^

全く詳しくないのですが、あの組物は、三手先組というものではなかったかと思います。違っていたらごめんなさい。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/orion/jap/hstj/higasi/sennyuji1.html

2013/08/20 (Tue) 21:03

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 皇室の御寺ですか
> それにしても重厚な建築群、見せていただき有難うございます。
> 久しく京都に行っていない,熊は嬉しいです。

こういうお寺さんもあるんですね。行くことがあれば、行き先の一つにしても良いのではと思います。

2013/08/20 (Tue) 21:05

土佐けん  

こんばんは

大阪に来て十年以上、京都にも何度も出かけたのですが
ここのお寺は知りませんでした。
重厚な雰囲気の素晴らしい寺院ですね^^
今度行ってみたくなりました^^

2013/08/20 (Tue) 23:05

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 大阪に来て十年以上、京都にも何度も出かけたのですが
> ここのお寺は知りませんでした。
> 重厚な雰囲気の素晴らしい寺院ですね^^
> 今度行ってみたくなりました^^

案外ご存じない方が少なくないようです。私も京都在住の友人が『あそこもかなりいいよ』と勧めてくれて、漸くその存在を認識しました。行こうと思っている内に、右膝の靭帯を部分断裂したり、JRのCMが流れて人気沸騰したりしたので、暫く行くのを控えていました。
今回は、伏見稲荷大社~東福寺~泉涌寺というコースなら楽々歩いて回れると思って、行き先の一つに決めました。無理して行っただけのことはあったと思いました。暑くない時期に再訪して、特別拝観ゾーンをも含めてゆっくり見学したいものだと思います。

2013/08/21 (Wed) 00:25

Leave a reply