江戸東京たてもの園にて(3) - 江戸東京たてもの園にて_2013_August
FC2ブログ

江戸東京たてもの園にて(3)

高橋是清邸

前回記事にjump

びっくりするほど大きな家でも小さな家でもない。時の総理大臣にもなった人物だが、大蔵大臣としての活躍のほうが人々の記憶に残る。そして、二・二六事件において、赤坂の自宅二階で青年将校らに暗殺されるという非業の最期を遂げた。
まれに見るほど政治家としての資質が優れた人物であり、こういう人物を闇に葬った理不尽のほどは残念でならない。
横浜のアメリカ人医師ヘボンの私塾(現・明治学院大学)にて学び、1867年(慶応3年)に藩命により、勝海舟の息子・小鹿(ころく)と海外へ留学した。然し、横浜に滞在していたアメリカ人の貿易商、ユージン・ヴァン・リードによって学費や渡航費を着服され、更にホームステイ先である彼の両親に騙され年季奉公の契約書にサインし、オークランドのブラウン家に売られる。
そういう驚くようなキャリアからのし上がってきた。


玄関側の様子
高橋是清邸_1
庭側の様子
高橋是清邸_2
1階玄関脇廊下。光っている部分は、物入れの天板。
高橋是清邸_3
仏間
高橋是清邸_4
1階和室
高橋是清邸_5
1階和室
高橋是清邸_6
2階和室
高橋是清邸_7
2階廊下。ガラス戸は当時はかなりの贅沢品だったようだ。
高橋是清邸_8
『不忘無』
上述のとおり奴隷に近い生活を強いられた苦い経験がある。その時のことを常に忘れずにいたかったのだろう。『無を忘れず』…極めて異色の座右銘だ。
この座右の銘がかけられている和室が彼の書斎兼寝室だった。暗殺された部屋でもある。

高橋是清の座右の銘
孫娘とくつろぐ姿
暗殺される謂われなど何もなかったのに
高橋是清の在りし日の写真
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年08月11日
最終更新 -0001年11月30日

10 Comments

There are no comments yet.

whitemoon  

高橋是清

AzTakさん、おはようございます。

連日、猛暑が続いておりますね。

実は私も江戸東京たてもの園には、
何度か足を運んだ事があるので、
とても懐かしく拝見致しております。

その中でも「高橋是清邸」は、兎に角
立派な建物でしたので、深く印象にも
残っています。

高橋是清に関して、あまり詳しくは
存じませんが、悲劇的な最後を迎えた
というのを知り、胸が痛くなりました。

暫らくご不在とのですが、もしや避暑地への
ご旅行なのでしょうか?

まだ暑さが厳しいようですので、くれぐれも
ご自愛あそばされますようお祈り申し上げます。

2013/08/11 (Sun) 08:16

dさん  

こんにちは

高橋是清邸ですか

私も、話には聞いていますが、立派な政治家だっだようですね

暗殺だのクーデターだの、今の日本では考えられませんが、当時はまだまだ政情不安定だったのですね

2013/08/11 (Sun) 16:22

のんびり熊  

こんばんは
偉大な政治家だそうですが、やはり、人間の表と裏を充分に知り尽くしたからでしょう。

仏像も観音様と、毘沙門天など、喜怒哀楽、全てを受け入れてこその宗教であり、政治でしょう
ナンチャッテね・・・

2013/08/11 (Sun) 20:25

土佐けん  

こんばんは

和風の建物の中って僕は大好きです^^
でも大抵撮影不可なので、残念ですが
なぜか心が落ち着きますよね^^
ただ、明暗がきついので、撮影には苦労しますよね^^

2013/08/11 (Sun) 21:50

kozoh55  

最後の写真が

なんとも私たちの心を打ちますね。
確かにお孫さんの前ではただのおじいちゃんですから。
生活のどん底を一度知った方でしょうから、
豪奢な生活は、仮に出来たとしても、
しなかったんでしょうね。
美しい是清さんのご自宅を改めて思い出すことができました。
ありがとうございます。
お晩です、Aztakさん、またお邪魔します。

2013/08/11 (Sun) 22:46

AzTak  

Re: 高橋是清

> AzTakさん、おはようございます。

whitemoonさん、こんばんは。

> 連日、猛暑が続いておりますね。

本当に実感しています。

> 実は私も江戸東京たてもの園には、
> 何度か足を運んだ事があるので、
> とても懐かしく拝見致しております。
>
> その中でも「高橋是清邸」は、兎に角
> 立派な建物でしたので、深く印象にも
> 残っています。
>
> 高橋是清に関して、あまり詳しくは
> 存じませんが、悲劇的な最後を迎えた
> というのを知り、胸が痛くなりました。

いま、安倍内閣がやっていることのな何倍もの荒療治をして日本経済は破綻の瀬戸際から救い上げた人物です。
毀誉褒貶相半ばするのでしょうが、私は近代日本を支えた貴重な人材だったと高く評価しています。暗殺されてしまったことは残念でなりません。

> 暫らくご不在とのですが、もしや避暑地への
> ご旅行なのでしょうか?

ならばよかったんですが、妻の用事に引っ掛けての京都小旅行でした。2日とも暑くて汗が止まらず、悲惨なことになってしまいました。

> まだ暑さが厳しいようですので、くれぐれも
> ご自愛あそばされますようお祈り申し上げます。

まあ、来月、イベントを控えていますので、少し慎重に行動したいと思います。
外出の際には、下着だけでなく、アウターも含めて吸湿速乾のものを用意するなどしなくてはいけないようです。

2013/08/12 (Mon) 20:29

AzTak  

Re: こんにちは

dさんさん、またまた、まとめて返信してしまいます。

> 高橋是清邸ですか
> 私も、話には聞いていますが、立派な政治家だっだようですね

そうですね。同じ高橋姓で妻のご先祖様には貴族院議員を務めた人もいましたが、同姓だったというだけで、全く彼我の出来が違ったんでしょう。USAで奴隷同様の境遇にまで見をとした人物が、舞い戻って主将や大蔵大臣を務めたんですから、傑物中の傑物だったんでしょう。

> 暗殺だのクーデターだの、今の日本では考えられませんが、当時はまだまだ政情不安定だったのですね

近代化の過程で、どこの国でもあったことなんでしょうが、日本でもあったんですね。

2013/08/12 (Mon) 20:46

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 偉大な政治家だそうですが、やはり、人間の表と裏を充分に知り尽くしたからでしょう。
>
> 仏像も観音様と、毘沙門天など、喜怒哀楽、全てを受け入れてこその宗教であり、政治でしょう
> ナンチャッテね・・・

少し英語が使えるということで、藩命で留学し、騙されて、辛酸を舐めつくした。忘れたくても忘れられぬ苦い記憶があるのは確かです。死んだつもりだったから何でも思い切って手を打てたんでしょうが、本当に死ぬことになるとは。
気の毒な限りです。

2013/08/12 (Mon) 20:52

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 和風の建物の中って僕は大好きです^^
> でも大抵撮影不可なので、残念ですが
> なぜか心が落ち着きますよね^^
> ただ、明暗がきついので、撮影には苦労しますよね^^

この江戸東京たてもの園は、基本的に写真撮影OKです。三井家の仏間と土蔵の中とが撮影禁止になっている程度です。
だからといってうまく写真が撮れるとは限らないのが難しいところですね。

和室は落ち着いていいんですが、右膝の靭帯の部分断裂事故を起こしてから、やや苦手になってしまいました。私故人としては、不幸なことです。

2013/08/12 (Mon) 21:00

AzTak  

Re: 最後の写真が

kozoh55さん、こんばんは。

> なんとも私たちの心を打ちますね。
> 確かにお孫さんの前ではただのおじいちゃんですから。
> 生活のどん底を一度知った方でしょうから、
> 豪奢な生活は、仮に出来たとしても、
> しなかったんでしょうね。

そうですね。普通の人物だったら舞い上がって傲慢になるのがごく当然のことでしょう。
立派な人物だった上に、死んだつもりだからなんでも頑張ることができたんでしょう。本当に死ぬことになるとは無念でならなかったことでしょう。

> 美しい是清さんのご自宅を改めて思い出すことができました。
> ありがとうございます。
> お晩です、Aztakさん、またお邪魔します。

2013/08/12 (Mon) 21:03

Leave a reply