横浜山手西洋館ほかを見て回る(8) - 横浜山手西洋館ほかを見て回る_2013_June
FC2ブログ

横浜山手西洋館ほかを見て回る(8)

ブラフ18番館
下記URLのジャンプ先に記載されているとおり、いろいろな歴史を刻んできた洋館だったようだ。そして最後の使用者は山手教会の司祭たち。一番地味だけど、明るい雰囲気があるように感じた。
ブラフ18番館_1
ブラフ18番館_2
ブラフ18番館_3
ブラフ18番館_4
ブラフ18番館_5
ブラフ18番館_6
ブラフ18番館_7
ブラフ18番館_8
ブラフ18番館_9
ブラフ18番館_12
ブラフ18番館_11
ブラフ18番館_12
ブラフ18番館_13
ブラフ18番館_14
ブラフ18番館_15
ブラフ18番館_16
ブラフ18番館_17
ブラフ18番館_18
ブラフ18番館_19
ブラフ18番館_20
ブラフ18番館_21
ブラフ18番館_22
ブラフ18番館_23
ブラフ18番館_24
ブラフ18番館_25
イタリア山庭園の一郭に移築されたブラフ18番館は、関東大震災後に山手町45番地に建てられた外国人住宅です。戦後は天主公教横浜地区(現カトリック横浜司教区)の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として平成3(1991)年まで使用されてきました。
建物は木造2階建てです。1、2階とも中廊下型の平面構成で、フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニーとサンルームなど、震災前の外国人住宅の特徴を残しながら、外壁は震災の経験を生かし、防災を考慮したモルタル吹き付け仕上げとなっています。また、解体時の調査により、震災前に建築された山手45番地住宅の一部が震災による倒壊と火災を免れ、部材として利用されていることが判明しました。
平成3年に横浜市が部材の寄付を受け、山手イタリア山庭園内に移築復元しました。館内は震災復興期(大正末期~昭和初期)の外国人住宅の暮らしを再現し、元町で製作されていた当時の横浜家具を復元展示し、平成5(1993)年から一般公開されています。また、本館につながる付属棟は、貸し出しスペースとして市民に利用されています。


必ず目通しいただきたい。
ブラフ18番館を詳しく説明しているHPへjump


AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年07月12日
最終更新 -0001年11月30日

11 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
お勧めいただいた処に飛んで
感動をいただきました!
そんな歴史とボランティアの方々の
力があっての、今のブラフ18番館なんですね。

2013/07/12 (Fri) 01:20

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> お勧めいただいた処に飛んで
> 感動をいただきました!
> そんな歴史とボランティアの方々の
> 力があっての、今のブラフ18番館なんですね。

横浜貿易業界の重鎮であり、外国人社交界の中心人物だったバウデン氏の資力を持ってすれば、廃材など使わなくても再建可能だっただろうに、敢えて倒壊や火災を免れた部材を転用して再建したようですね。この建物を愛していたからこそ、そうしたのでしょう。
余ったお金は仲間のために使ったのかもしれません。その愛し抜いた建物がまわりまわって、山手教会の司祭館に。更には横浜市へ。実に数奇な運命をたどったものです。

何となく入りやすい感じでした。隣接する『外交官の家』にも負けないくらい多くの方が写生していました。

2013/07/12 (Fri) 08:03

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/12 (Fri) 10:42

nanaga2  

あれ?今朝コメント書いたはずが・・・今日の建物も白壁にグリーンが映えて、とても素敵です。こういう家に住みたいと憧れますが、手入れが難しそうですよね。本当に素敵な建物を実際、ご覧になられて羨ましいです。

2013/07/12 (Fri) 14:02

AzTak  

Re: タイトルなし

> あれ?今朝コメント書いたはずが・・・今日の建物も白壁にグリーンが映えて、とても素敵です。こういう家に住みたいと憧れますが、手入れが難しそうですよね。本当に素敵な建物を実際、ご覧になられて羨ましいです。

nanaga2さん、こんにちは。
何となく住むならこの家かなと思うような感じでした。何が理由かは定かではないんですが、落ち着く感じなんです。
イタリア山の一段下がったところからの見晴らしもよく、元の場所(次回登場するカトリック山手教会の場所)よりも居住性はよさそうです。

一応、横浜市が抱える西洋館の紹介は今回で終了なんですが、その他でもう少しだけ続けさせて頂きます。

2013/07/12 (Fri) 16:38

dさん  

こんにちは

今回の建物も明治村、そのものです。

それにしても、AzTaKさんは、歴史にお詳しいですねえ
私など、こういった建物を見聞しても
ただ見て回るだけです。
もう少し研究して予備知識をつけてから入館すると
良く分かるのでしょうがねえ

2013/07/12 (Fri) 18:48

AzTak  

Re: こんにちは

dさん様、こんばんは。

> 今回の建物も明治村、そのものです。

そうですか。本多の殿様のお家と明治村とは是非行きたいところです。ついでに多治見あたりの窯元を見てみたいものです。

> それにしても、AzTaKさんは、歴史にお詳しいですねえ
> 私など、こういった建物を見聞しても
> ただ見て回るだけです。

WEBで後から調べたものばかりです。PC歴が長く、インターネットは当初から利用しているのですが、角栄研究で名を馳せた立花隆が、インターネットは便利でなんでも情報が居ながらにしてゲットできるとのたまうたことがありました。それは、その頃のUSAでの話で、日本では検索しても何も出てこないのが普通でした。
それからすれば、情報量は格段に増えました。但し、いい加減な情報もものすごく多いようです。私もそうした無責任な情報のキャリアになっているかもしれません。自戒しなければいけないところです。

> もう少し研究して予備知識をつけてから入館すると
> 良く分かるのでしょうがねえ

いつもそう思います。だけど大したところと思っていなかった所で、入ってみたら大したところだったという方が驚きや感動が多くて良いのかもしれません。見落としが増える可能性はあるでしょうが。

2013/07/12 (Fri) 20:10

のんびり熊  

こんばんは
いかにも「横浜」といった感じに見受けられます。
明るく、洋館の佇まいが素敵です。
それにしてもお詳しいですね。

2013/07/12 (Fri) 21:51

土佐けん  

こんばんは

こんな立派なお家に僕も住みたいかな~と
思うのですが、これだけ部屋数が多くて広かったら
掃除が大変だろうな~~
やはり、貧乏性なんですね^^

2013/07/12 (Fri) 22:01

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> いかにも「横浜」といった感じに見受けられます。
> 明るく、洋館の佇まいが素敵です。

そんな感じですね。此処は非常に入ってみたくなるような感じの洋館でした。
もともと入館無料ですが、やや敷居が高そうに感じる洋館もなくはありませんが、ジブリのイメージのようでした。此処が一部関東大震災の再生材を使用して再建された洋館だったなんて、信じられないくらいです。
山手教会の司祭館だった頃の姿もちらっとくらいは見ているはずなんですが、本当にお恥ずかしい限りですが、全く思い出せません。普通は、聖堂にばかり目がいってしまいます。信徒がそういうことを言ってはいけませんが、司祭館なんて用事がない限り目を向けませんもんね。

> それにしてもお詳しいですね。

発表済みの資料の受け売りです。(^_^;)

2013/07/12 (Fri) 22:36

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> こんな立派なお家に僕も住みたいかな~と

そういう感想を残される方が圧倒的に多いそうです。優しく感じるんでしょうかね。

> 思うのですが、これだけ部屋数が多くて広かったら
> 掃除が大変だろうな~~

そこまでは大きな建物ではなかったですが、小さくもありませんね。
義父のクライアントである華族の広大な洋館が世田谷の野沢にあったんですが、殆どの部屋が使われないで放置してあるようなことを奥方が言っていたようですよ。

> やはり、貧乏性なんですね^^

ごく普通の反応でしょう。

2013/07/12 (Fri) 22:48

Leave a reply