横浜山手西洋館ほかを見て回る(3) - 横浜山手西洋館ほかを見て回る_2013_June
FC2ブログ

横浜山手西洋館ほかを見て回る(3)

山手111番館を見学した後、道を引き返さず、諏訪町を下り、北方小前を右折して、ちょっと勾配のきつい坂を上り元町公園前に出た。目の前がエリスマン邸だ。この辺が山手でも一番人気の場所だろう。
エリスマン邸、ベーリックホール、山手234番館、えの木亭、横浜雙葉学園などが隣り合うように立地している。
時間が許すならば、館内にある喫茶室で暫し憩いの時を楽しむよう勧めたい。見晴らしが良くゆったりとした空間は、気持ちをリラックスさせてくれよう。


エリスマン邸
前回撮影分から
エリスマン邸_前回撮影分_1
エリスマン邸_前回撮影分_2
エリスマン邸_前回撮影分_3
エリスマン邸_前回撮影分_4
エリスマン邸_前回撮影分_5
エリスマン邸_前回撮影分_6
今回撮影分から
エリスマン邸_今回撮影分_1
エリスマン邸_今回撮影分_3
エリスマン邸_今回撮影分_4
エリスマン邸_今回撮影分_5
エリスマン邸_今回撮影分_6
エリスマン邸_今回撮影分_7
べーリック・ホールと小道を挟んで移築されているのはエリスマン邸です。
エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅として、大正14(1925)年から15(1926)年にかけて山手町127番地に建てられました。設計は、「現代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドです。
当時は木造2階建て、和館つきで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目張りの白亜の洋館でした。煙突、ベランダ、屋根窓、上げ下げ窓、鎧戸といった異人館的要素をもちながら、軒の水平線の強調など、設計者レーモンドの師匠である世界的建築家F.L.ライトの影響も見られます。
昭和57(1982)年マンション建築のため解体されましたが、平成2(1990)年元町公園内の現在地(旧山手居留地81番地)に再現されました。1階には暖炉のある応接室、居間兼食堂、庭を眺めるサンルームなどがあり、簡潔なデザインを再現しています。椅子やテーブルなどの家具は、レーモンドが設計したものです。かつて3つの寝室があった2階は、写真や図面で山手の洋館に関する資料を展示しています。また、地下ホールは貸し出しスペースとして、昔の厨房部分は、喫茶コーナーとしてご利用いただけます。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年07月07日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

Mika  

山手西洋館は何館ぐらいあるのでしょうか?
たくさんあったら一日では見れきれないような・・・
でも。疲れたら喫茶室でまったりゆっくりできるのですね。
バラの花を見ながらお茶を飲んだら
なんだかお嬢さまにでもなったような気分が味わえそう。
(この際、年齢の事は置いといてっと、笑)

さすがに館内はきれいにデコレーションもしてありますね。
エリスマン低はなかなかシックで住み心地が良さそうです。

2013/07/07 (Sun) 02:11

AzTak  

Re: タイトルなし

Mikaさん、おはようございます。

> 山手西洋館は何館ぐらいあるのでしょうか?

公益財団法人横浜市緑の協会が所管する西洋館は、今のところ7館です。その他、『えの木てい』など個人所有のものが少しあります。

> たくさんあったら一日では見れきれないような・・・
> でも。疲れたら喫茶室でまったりゆっくりできるのですね。
> バラの花を見ながらお茶を飲んだら
> なんだかお嬢さまにでもなったような気分が味わえそう。
> (この際、年齢の事は置いといてっと、笑)

館内でお茶や軽食が楽しめるのは、エリスマン邸、外交官の家、山手111番館(階下の『えの木てい』)だけです。その他、『えの木てい本館』を楽しむという手もありますね。

> さすがに館内はきれいにデコレーションもしてありますね。
> エリスマン邸はなかなかシックで住み心地が良さそうです。

住宅としては最高級だと思います。すごく居心地が良い感じです。

2013/07/07 (Sun) 09:11

SONOMI  

函館にも似た洋館がありますが
規模が違いますね
港町にはこういう洋館が建てられた時代があったのでしょうか
ハイカラさん
そんな言葉が似合う気がしました

2013/07/07 (Sun) 14:26

AzTak  

Re: タイトルなし

SONOMIさん、こんばんは。

> 函館にも似た洋館がありますが
> 規模が違いますね
> 港町にはこういう洋館が建てられた時代があったのでしょうか
> ハイカラさん
> そんな言葉が似合う気がしました

そんな感じですね。
実は私も1年だけですが、幼児の頃に函館の元町に住んでいました。ハリストス正教会も旧函館区公会堂もうろちょろしていたんです。似た感じでよね。

外国人を分散させないために、知恵を絞った経緯があったんでしょうね。だから、横浜には他よりは残っている洋館の数が多いのかも知れません。

2013/07/07 (Sun) 16:57

keico  

こんばんは、素敵な洋館ですね。
雨戸の色が、ピーコックグリーンで、素敵なんですね。
日本人もこういう色感覚あればなーと思います。

なかでは、お茶もできるんですね。いってみたいなーと思いました。

どうも、おじゃましました。m(__)m

2013/07/07 (Sun) 21:38

土佐けん  

こんばんは

西洋館の室内ってお洒落ですよね^^
僕も撮ってみたいきもちはあるのですが
中々中に入りませんので、こんどゆっくり
神戸の異人館にでも行って中を見てみようかな^^

2013/07/07 (Sun) 22:30

AzTak  

Re: タイトルなし

keicoさん、こんばんは。

> こんばんは、素敵な洋館ですね。
> 雨戸の色が、ピーコックグリーンで、素敵なんですね。
> 日本人もこういう色感覚あればなーと思います。

本当に色の使い方が上手いですよね。
日本人は濃淡の世界で育てられ、向こうの人のように色彩感覚溢れる世界では育っていないのかもしれません。
真似したくともできかねる育ち方をしてきたのかもしれません。

> なかでは、お茶もできるんですね。いってみたいなーと思いました。

そうですね。ここは、元町公園の一方の端あたりになります。喫茶室からは、元町公園の緑が目の前に広がります。そしてその先には外人墓地やマリンタワーが見えます。通行人に覗かれることもなく、落ち着いた感じで過ごせますよ。

> どうも、おじゃましました。m(__)m

2013/07/07 (Sun) 23:10

AzTak  

Re: こんばんは

土佐けんさん、こんばんは。

> 西洋館の室内ってお洒落ですよね^^
> 僕も撮ってみたいきもちはあるのですが
> 中々中に入りませんので、こんどゆっくり
> 神戸の異人館にでも行って中を見てみようかな^^

ぜひぜひ、中に入ってその様子を教えて下さい。

写真を拝見した限りですが、神戸の異人館の方が濃いイメージがあったような記憶が。ははは、そんなんじゃ、わかりませんよね。
ちょっと調べてみたら、神戸の異人館の方は入館料をとられるみたいですねえ。横浜が無料なのが異常なんでしょうかね。全館制覇すると、ちょっとまとまった金額になってしまいますね。う~~ん。

2013/07/07 (Sun) 23:18

Leave a reply