三渓園の財団設立60周年記念重要文化財建造物10棟一挙公開(9) - 三渓園財団設立60周年記念重要文化財建造物10棟一挙公開_2013_June
FC2ブログ

三渓園の財団設立60周年記念重要文化財建造物10棟一挙公開(9)

旧燈明寺本堂

内部を見ることが出来、本当に良かった。素晴らしい本堂だったのだろう。そこに鎮座していたご本尊などは、下記URLにあるとおりだが、それらを収めるのにふさわしい堂宇だったようだ。しかし、台風により大被害を受け、解体して放置され朽ち果てる寸前だったものを、よくぞ再生できたものだ。再生保存技術の粋が込められているのだろう。だからこそ、東北大震災の長周期振動によるダメージにも耐えることが出来たのだろう。
室町時代初期の建築とされる本堂は、昭和五十七年に燈明寺から三渓園へ移築されました。
内部は、外陣を吹放しにし、内陣の周囲には、直径一・六尺もの太い柱を立て、上部の大きな虹梁とともにがっしりとした造りになっています。内陣、外陣の境は全て格子戸引違、上部を菱格子の欄間とするのは、中世密教本堂の典型的な構えです。
内陣に安置された三間の春日厨子は我が国最大で、全面、黒漆塗で、細部に施された極彩色が映えます。

旧燈明寺本堂_1
旧燈明寺本堂_2
旧燈明寺本堂_3
旧燈明寺本堂_4
内陣に安置された三間の春日厨子は我が国最大で、全面、黒漆塗で、細部に施された極彩色が映えている。そこには、十一面観音菩薩立像のレプリカが残されている。
旧燈明寺本堂_5
旧燈明寺本堂_6
旧燈明寺本堂_7
旧燈明寺本堂_8
旧燈明寺本堂_9
旧燈明寺本堂_10
旧燈明寺本堂_11
旧燈明寺本堂_12
旧燈明寺本堂_13
旧燈明寺本堂_14
旧燈明寺本堂_15

燈明寺の仏像の写真があるHPへjump

『財団設立60周年記念重要文化財建造物10棟一挙公開』に当たっての案内記事へjump
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年07月02日
最終更新 -0001年11月30日

2 Comments

There are no comments yet.

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
今日は写真の撮り方が上手いのか
天井の大きな虹梁等が強調されて
もの凄い迫力です!
安置された三間の春日厨子は我が国最大とのこと!
漆と金箔が光り輝いていますね!
往時はもっと眩かったのでしょうね!

2013/07/02 (Tue) 03:26

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 今日は写真の撮り方が上手いのか
> 天井の大きな虹梁等が強調されて
> もの凄い迫力です!

有難うございます。

> 安置された三間の春日厨子は我が国最大とのこと!
> 漆と金箔が光り輝いていますね!
> 往時はもっと眩かったのでしょうね!

だと思います。URLにある通り、残された仏像の気品なる姿を見ても、それらが組み合わさった時の絢爛豪華さというか、神々しさというか、凄いものだったと思います。

2013/07/02 (Tue) 08:47

Leave a reply