馬事公苑にて(13) - 馬事公苑にて_2013_May
FC2ブログ

馬事公苑にて(13)

トップスコア競技(1)
トップスコア競技はかなり荒っぽい競技だが、その分面白い。上位入賞者は素晴らしいパフォーマンスを披露していた。
多少カメラワークに難ありだが、3位入賞から見てみよう。


荒木梨花&ミスティカル(乗馬クラブリバーサイドステーブル浜北)
荒木梨花&ミスティカル_1
荒木梨花&ミスティカル_2
荒木梨花&ミスティカル_3
荒木梨花&ミスティカル_4
荒木梨花&ミスティカル_5
荒木梨花&ミスティカル_6
荒木梨花&ミスティカル_7
荒木梨花&ミスティカル_8
荒木梨花&ミスティカル_9
荒木梨花&ミスティカル_10

荒木梨花&ミスティカル_11
荒木梨花&ミスティカル_12
荒木梨花&ミスティカル_13
荒木梨花&ミスティカル_14
荒木梨花&ミスティカル_15
荒木梨花&ミスティカル_16
荒木梨花&ミスティカル_17
荒木梨花&ミスティカル_18
荒木梨花&ミスティカル_19
荒木梨花&ミスティカル_20

荒木梨花&ミスティカル_21
荒木梨花&ミスティカル_22
荒木梨花&ミスティカル_23
荒木梨花&ミスティカル_24
荒木梨花&ミスティカル_25
荒木梨花&ミスティカル_26
荒木梨花&ミスティカル_27
荒木梨花&ミスティカル_28
荒木梨花&ミスティカル_29
荒木梨花&ミスティカル_30

荒木梨花&ミスティカル_31
荒木梨花&ミスティカル_32
荒木梨花&ミスティカル_33
荒木梨花&ミスティカル_34
荒木梨花&ミスティカル_35
荒木梨花&ミスティカル_36
荒木梨花&ミスティカル_37
荒木梨花&ミスティカル_38
荒木梨花&ミスティカル_39
荒木梨花&ミスティカル_40
急旋回して制御不能にならないか心配になるほど
荒木梨花&ミスティカル_41
荒木梨花&ミスティカル_42
荒木梨花&ミスティカル_43
荒木梨花&ミスティカル_44
荒木梨花&ミスティカル_45
荒木梨花&ミスティカル_46
荒木梨花&ミスティカル_47
荒木梨花&ミスティカル_48
荒木梨花&ミスティカル_49
荒木梨花&ミスティカル_50
タイムアップ寸前
荒木梨花&ミスティカル_51
荒木梨花&ミスティカル_52
荒木梨花&ミスティカル_53
荒木梨花&ミスティカル_54
荒木梨花&ミスティカル_55
荒木梨花&ミスティカル_56
荒木梨花&ミスティカル_57
荒木梨花&ミスティカル_58
荒木梨花&ミスティカル_59

1210点獲得。凄い高得点が出た!!可愛い顔だけど、凄いガッツと腕前とを持っていた。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年05月20日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

nanaga2  

おはようございます。少し前の曲芸より人馬一体という言葉が相応しいような気がします。急ターンで、人と馬が、重力に反して、斜めになっている瞬間のお写真など、改めて写真として提示されると不思議な感じがしてしまいました。

2013/05/20 (Mon) 05:35

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。少し前の曲芸より人馬一体という言葉が相応しいような気がします。急ターンで、人と馬が、重力に反して、斜めになっている瞬間のお写真など、改めて写真として提示されると不思議な感じがしてしまいました。

nanaga2さん、おはようございます。
あの急旋回のシーンは私の目の前での事だったので、物凄い迫力がありました。周囲の観客は自分が選手になったかのようにどよめきながら、力が入っていたようでした。
本当は正面スタンドか、向正面スタンドかが見るには良かったのかもしれませんが、あのシーンの迫力はそれにも優るものがありました。

なお、同得点で4位入賞の荒木紀迪選手とは姉弟か兄妹かのようでした。

2013/05/20 (Mon) 06:29

なかまち  

こんにちは。
前から一度お聞きしたかったんですが、今回の撮影にはどのような機材を
使われたのでしょうか。もし差し支えなければお教えください。
質問の動機は、緑の色の再現性が非常に良いことと、かなりの望遠ズーム
であるにもかかわらず、ほとんど手振れしてないことに驚いてのことです。

2013/05/20 (Mon) 13:12

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

なかまちさん、こんにちは。

> 前から一度お聞きしたかったんですが、今回の撮影にはどのような機材を
> 使われたのでしょうか。もし差し支えなければお教えください。
> 質問の動機は、緑の色の再現性が非常に良いことと、かなりの望遠ズーム
> であるにもかかわらず、ほとんど手振れしてないことに驚いてのことです。

ははは、恥ずかしいので積極的には言わなかったんです。

キャノンのEOS 60DとSIGMAの70-300mm F4-5.6 APO DG MACROとを使いました。フルサイズ換算で450ミリくらいです。
中障害Aのときは、スタンドのお客さんに邪魔にならない位置からアルミフェンスの上に肘を載せて撮りました。制御し損なった馬さんに体当りされるのではないかというくらいの臨場感がありました。
それ以外はスタンド席から自分の筋力で頑張りました。トップスコア競技は、選手たちが下見をしていた時に悪い予感がしたのですが、どんなふうに跳ぶのか予測をつけにくいんです。先回りしてこっちの障害にフレーミングしたら、反転して別の所を行ったり。途中で切れているのはそういうところだったと思ってください。
結果的に、1-3位が中盤より前でよかったです。最後の頃に優勝者が出たりしたら、疲れて…
それにしても歳はとりたくないものです。色男でもないのに、金も力もなくなっているのでびっくり。そういえば、知り合いのプロカメラマンが、腕立て伏せや指立て伏せなどのトレーニングを毎日やっているって聞いたことがありました。
根性なしの私は、手っ取り早く馬さんの素晴らしい筋肉を分けてほしいなと思いました。

緑は、会場がグラスアリーナですし、周囲の騒音を神経質な馬さんに聞かせないようにするため、木々もふんだんに植えてあったりで、緑一色という感じでした。あれだけあれば、よほどヘボなカメラでもある程度以上再現できたのではないでしょうか?

高級機だと、連射や合焦速度は素晴らしいでしょうが、重くて三脚を付けないと無理だったかもしれません。一応全選手の競技の模様を撮ったので、疲れました。
この競技の後に、『六段飛越競技』という直線上に6つの障害を並べた競技がありました。これが最後の華だったようですが、そこまで付き合うだけの気力体力が残っていませんでした。

2013/05/20 (Mon) 14:25

なかまち  

AzTakさん、機材の件、お教えいただいてありがとうございました。
いやあ、驚きました。手振れ補正もなしで450mm相当をこれだけキッチリ撮られるとは!
これはお世辞抜きで大変なことだと思います。10枚やそこらなら脇をしめて息をとめて気合いを込めて撮ることも出来ますが、これだけ大量のショットを決め続けるというのは並み大抵の筋力では叶わないことだと思います。
自分の場合、一眼で撮るときは、望遠はおろか標準や広角ですらすべて手振れ補正付きレンズにしてしまって、今や手振れ補正がないと不安で撮れないような有様ですから、この手の技術の進歩は本来は鍛錬を重ねて獲得・維持していくべき能力をほぼ確実に駄目にしていきますね(^^;
若い自分が安易な道に走っているようではいかんと反省すると同時に、AzTakさんに改めて感服いたしましたm(_ _)m

2013/05/20 (Mon) 17:00

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん、機材の件、お教えいただいてありがとうございました。
> いやあ、驚きました。手振れ補正もなしで450mm相当をこれだけキッチリ撮られるとは!
> これはお世辞抜きで大変なことだと思います。10枚やそこらなら脇をしめて息をとめて気合いを込めて撮ることも出来ますが、これだけ大量のショットを決め続けるというのは並み大抵の筋力では叶わないことだと思います。
> 自分の場合、一眼で撮るときは、望遠はおろか標準や広角ですらすべて手振れ補正付きレンズにしてしまって、今や手振れ補正がないと不安で撮れないような有様ですから、この手の技術の進歩は本来は鍛錬を重ねて獲得・維持していくべき能力をほぼ確実に駄目にしていきますね(^^;
> 若い自分が安易な道に走っているようではいかんと反省すると同時に、AzTakさんに改めて感服いたしましたm(_ _)m

なかまちさん、買いかぶりすぎです。最近のスポーツモードは連続して合焦するようにかなり頑張っているようです。カメラまかせも良いところです。

シャッターを押しっぱなしですから、変なストロークがなく、ブレる確率が低くなるんだと思います。
また、何よりも競技自体が非常に面白くて、余計なことを考える余裕が無かったことが、却って良かったのかもしれません。

多分、高級機を抱えた体力のある若い人の写真はすごいんだと思います。
なかまちさんが撮られたら、最高の写真になると思います。

2013/05/20 (Mon) 17:16

ijin  

人馬一体。

選手は職業ですか。
そうでないなら、これだけの技を取得するには、相当にお時間と努力が要りますね。

基本は馬の動きに騎手が体を合わせることなのでしょうか。

足が曲がったまま立たずに、崩れ落ちるかと心配しました。

きちんとした、心引き締まる服装とブーツで競技。
見る方も真剣になります。

秋にも見ること出来るのでしょうか。

2013/05/20 (Mon) 21:34

AzTak  

Re: 人馬一体。

ijinさん、こんばんは。

> 選手は職業ですか。
> そうでないなら、これだけの技を取得するには、相当にお時間と努力が要りますね。

このトップスコア競技だけはアマチュア選手限定の競技でした。時間も努力もお金もかかることだろうと思います。

> 基本は馬の動きに騎手が体を合わせることなのでしょうか。

基本はそうなのでしょうが、点取りゲームなので、次のことを考えて、人間は途中から馬の制御に掛かります。
次回は少しわかりやすい写真と解説を付けてみました。申し訳ありませんが、極めて長いです。m(_ _)m

> 足が曲がったまま立たずに、崩れ落ちるかと心配しました。

実際に落馬もありました。その人馬はすぐに立ち上がりましたので、胸をなでおろしましたが。

> きちんとした、心引き締まる服装とブーツで競技。
> 見る方も真剣になります。

あの衣装だけでもしかしたら100万円くらいかかっているのかもしれません。嫌味ではないノーブルなスポーツという感じです。
ちなみに、私も高校入学時に馬術部に入りたいと思いました。親に即決で却下されて断念しましたが。

> 秋にも見ること出来るのでしょうか。

すみません。文書の読み方を間違えてしまいました。愛馬の日は秋分の日の1日限りのイベントのようです。
前回は流鏑馬や野馬追などを行ったようです。馬術大会は行われませんでした。今年も同様かもしれません。
GWは3日間で7万人の来場者があったとのことです。こちらの愛馬の日はもっとイベント性が高く、相当な来場者があるかもしれません。
http://www.jra.go.jp/news/201209/090904.html

なお、馬術大会は各種開催されているようです。ほぼ毎週末に開催されているみたいです。こちらは、ぐんと空いて楽にご覧いただけると思います。但し、面白いショーは無く、純粋に馬術大会だけでしょう。でも面白いと思います。体調が宜しいようでしたら、こちらもお勧めです。
http://www.jra.go.jp/bajikouen/pdf/event/schedule2013.pdf

2013/05/20 (Mon) 22:12

Leave a reply