三渓園(14) - 三渓園_2013_April
FC2ブログ

三渓園(14)

旧矢箆原(やのはら)家住宅【重要文化財】1750年頃(宝暦年間) (2)

2階へ通じる急階段
手すりを掴まないと怖いような急勾配の階段だった
2階へ通じる急階段_1
滑り止めの切り込みが
2階へ通じる急階段_2
2階へ通じる急階段_3
2階へ通じる急階段_4
2階部分
古い民具の展示を行なっている。昔はこんなものなど無く、偏に養蚕を行うためのスペースと大家族のための寝室だったのだろう。もしくは『塩硝』と呼ばれる火薬の原料を密かに作っていたスペースだったかもしれない。
2階部分_1
2階部分_2
2階部分_3
2階部分_4
2階部分_5

2階部分_6
2階部分_7
2階部分_8
2階部分_9
2階部分_10

2階部分_11
2階部分_12
2階部分_13
2階部分_14
2階部分_15

2階部分_16
2階部分_17
2階部分_18
2階部分_19
合掌造り家屋の内部は、3階建てから5階建てとなっている。そのうち1階部分は居住空間、2階以上は寝室もしくは養蚕の作業場として利用されていた。合掌造り家屋はその妻側(切妻屋根の傾斜の無い三角形の面)がこぞって同じ方向を向いているが、これは養蚕を行う屋根裏部屋に風が通りやすいようにしている為だ。このように巨大な合掌造り家屋には、複数世帯の大家族が暮らし、家族総出で養蚕業などを行っていた。限られた土地しかないこの地、一軒の家屋に大家族が暮らすのは、分家による耕地分与を防ぐという意味合いもあった。
養蚕の他にも、五箇山や白川郷には知られざる産業があった。それは、塩硝の生産である。塩硝とは火薬の原料だ。その人目につきにくい立地柄から、また塩硝を作る材料に富んでいることから、これらの村では合掌造り家屋内部で塩硝を密かに生産し、五箇山は加賀藩に、白川郷は江戸幕府にそれぞれ献上していた。塩硝は蚕の糞に様々な干し草を加え、囲炉裏の下に埋めその熱で発酵させる。5年後、できた塩硝土を取り出し水でろ過、さらに煮詰めて塩硝を取り出す。出来た結晶は塩によく似たものとなるので、塩と偽って取引されていた。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年04月30日
最終更新 -0001年11月30日

6 Comments

There are no comments yet.

dさん  

こんにちは

五箇山や、白川郷はそんなに遠くないので行った経験がありますが
まさか、塩硝を作っていたとは知りませんでした。
ましてや、塩硝の作り方などまったく知りませんでしたから、大いに勉強になりました。
今度白川郷に行ったら、注意して観てきます。

2013/04/30 (Tue) 08:37

AzTak  

Re: こんにちは

dさん様、おはようございます。

> 五箇山や、白川郷はそんなに遠くないので行った経験がありますが
> まさか、塩硝を作っていたとは知りませんでした。
> ましてや、塩硝の作り方などまったく知りませんでしたから、大いに勉強になりました。
> 今度白川郷に行ったら、注意して観てきます。

旧矢箆原家住宅が塩硝生産に携わっていたか否かは確たる証拠があるわけでは無さそうですが、少尉の状況から、この家でも行なっていたかもしれないと考え、書いてみました。真相はどうだったんでしょうね。
現地に残る重文の岩瀬家住宅などは、それを明らかにしていますが。

http://kankodori.net/worldheritage/data/734/
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20090514101.htm

2013/04/30 (Tue) 09:49

なかまち  

 
おおぉぉ.....  おおぉぉ.....
と、ず~~っと唸りながら拝見しました。
非常に見堪えがありました m(_ _)m

2013/04/30 (Tue) 16:44

AzTak  

Re: タイトルなし

なかまちさん、こんばんは。

> おおぉぉ.....  おおぉぉ.....
> と、ず~~っと唸りながら拝見しました。
> 非常に見堪えがありました m(_ _)m

有難うございます。もう少しUPする点数を絞りこまなければと思いますが、好きな被写体だとどうしても甘くなってしまいます。あまりフラッシュをバチバチと言うのもどうかと思い、ISOを上げて極力対応させたのですが、カメラもレンズも、私自身の腕も3拍子揃って非力でした。凄く綺麗に撮ってUPされている他の方の写真を拝見するたびに、彼我の大きな差を感じています。
それにしても、ものすごく大きな家屋なので、最初から呑み込まれてしまった感じです。完全な気合負けです。

2013/04/30 (Tue) 17:15

なかまち  

 
> 完全な気合負けです。
ブシツケかも知れませんが、AzTakさんが気合負けすることなんてあるのでしょうか!?
わたくし奴は AzTakさんに「絶対に揺るがぬ男の信念」とでも表現すべき比類なき強さを
感じているのですが....。

2013/04/30 (Tue) 18:17

AzTak  

Re: タイトルなし

なかまちさん、こんばんは。
 
> > 完全な気合負けです。
> ブシツケかも知れませんが、AzTakさんが気合負けすることなんてあるのでしょうか!?
> わたくし奴は AzTakさんに「絶対に揺るがぬ男の信念」とでも表現すべき比類なき強さを
> 感じているのですが....。

それは買いかぶりというものです。
私の望みはただひとつ、寿命まで精一杯生きることです。
太極拳の先生が言うには、もうひとつ、『出来る限り元気で居る時間を長く確保しよう』ということで、私もそうありたいとは思っています。
実際の私は恥ずかしながらビビりまくりの小心者かもしれません。(^_^;)

2013/04/30 (Tue) 20:56

Leave a reply