三渓園(12) 04.28 23:35画像追加 - 三渓園_2013_April
FC2ブログ

三渓園(12) 04.28 23:35画像追加

初音茶屋
明治大正の頃遠くから訪れた来園者に湯茶を振舞った茶屋。粋なサービス提供をしていたものだ。現在も観梅の時期には昔から使用していた釜で麦茶等を接待してくれるそうだ。
ここには、インドの詩聖タゴールも訪れている。また三渓の長男善一郎の友人であった芥川龍之介も訪れ、句を残している。説明表示によると、
「・・・序ながら僕は君の所へ去年の夏、矢代と二人でちょっとお庭を見にゆきました。さうして四阿のやうな所で、田舎の女のやうな人の沸かしてくれるお湯をのみました。が、どこをどうしてあすこまで辿りついたか、まるで覚えていません。

 ひとはかり うく香煎や 白湯の秋
即興のつもりで書きましたが、月並みなので弱りました。」とある。
初音茶屋_1
初音茶屋_2
初音茶屋_3
初音茶屋_4
初音茶屋_5

臥龍梅
此処は梅の名所でもある
臥龍梅_1
臥龍梅_2


横笛庵 建築年不明

現代流に言えば、『恋愛成就スポット』といっったところだろうか
横笛庵_1
横笛庵_2
横笛庵_3
04.28 23:35画像追加
横笛庵_4
寒霞橋と小川
寒霞橋と小川_1
寒霞橋と小川_2
草庵風の茶亭で素朴ながら風趣のある建物です。建物内に横笛の像が安置されていたことから横笛庵と称されています。横笛の像は、戦争の際に失われました。
ひとこと&みどころ
横笛は、高倉天皇の中宮建礼門院に仕え、平清盛の従者である斉藤時頼(滝口入道)と悲恋に終わった女性です。横笛が、他の人々の恋が実ることを願って、時頼から寄せられた千束の恋文で作った己の像は、「縁結びの像」として知られていました。(2人の悲恋話については、高山樗牛による"滝口入道"という小説が有名です。)


旧東慶寺仏殿【重要文化財】江戸時代初期
特別拝観がない限り、少し離れた位置から眺めるだけしかできない。山にはさまれた谷間の奥にあるため、そういう見せ方しか出来ないのだろう。近寄って見てみたい仏殿だけに、非常に残念なことだ。
原三渓氏の手に渡った頃は廃仏毀釈の流れの中で、さしもの東慶寺も食うに困った時期だったのだろうか。

東慶寺_1
以下はFREE画像を借用
東慶寺_2
東慶寺_3
東慶寺_4
東慶寺_5
東慶寺_6
鎌倉の東慶寺にあった仏殿で1907年(明治40年)に移築されました。禅宗様(ぜんしゅうよう)の特色を色濃く残す数少ない建物です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
東慶寺HPの歴史年表によると明治4年(1871)に「明治政府、寺領を没収し[社寺領上地令]また縁切寺法を禁ずる」とある。すなわち廃寺だから『旧』の一文字が先頭に付いている訳で、その後明治38年(1905)に建長・円覚寺両派管長釈宗演老師が東慶寺に遷住し、駆込寺は禅の道場に変わっている。釈宗演は東慶寺中興の祖とうたわれた人物だが、ちょうどこの頃にこの仏殿が廃棄処分されている。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年04月28日
最終更新 -0001年11月30日

2 Comments

There are no comments yet.

ijin  

歴史の源流地点として三渓園

三渓園湯茶接待する初音茶屋があり、芥川の訪問歴もあるのですね。

鎌倉の東慶寺の仏殿が移築されたり。。

これらは原氏の財力、それに伴う政治力によるものですか。

学校では習わなかった、明治の頃の動向は三渓園を源流に調べてみるのも面白そうです。

ここでも、AzTakさんの知識の深さに驚いています。

2013/04/28 (Sun) 15:11

AzTak  

Re: 歴史の源流地点として三渓園

ijinさん、こんにちは。

> 三渓園湯茶接待する初音茶屋があり、芥川の訪問歴もあるのですね。

原三渓氏の長男と芥川龍之介とは友人だそうです。そうした縁から芥川がやってきたようです。芥川の手紙文面からすると、芥川は友人の家の持ち物であるこの庭園に、かってに押しかけていったようですね。当時の文士らしい、バンカラ気風があったのでしょうか。

> 鎌倉の東慶寺の仏殿が移築されたり。。
> これらは原氏の財力、それに伴う政治力によるものですか。
> 学校では習わなかった、明治の頃の動向は三渓園を源流に調べてみるのも面白そうです。

昔から駆け込み寺として有名な東慶寺さんですが、由緒正しい尼寺でした。しかし、廃仏毀釈の嵐の中で、尼寺ではなくなり、…ということまでははっきりしているのですが、問題はなぜ売却したのかですよね。
やはり寺の運営資金に事欠いていたからではないのでしょうか。そう考えるのが自然なように思います。
地元の大金持ちで、話をつけやすい事情があったのではないかと思います。

> ここでも、AzTakさんの知識の深さに驚いています。

浅学非才でお恥ずかしい限りです。

2013/04/28 (Sun) 16:06

Leave a reply