三渓園(11) - 三渓園_2013_April
FC2ブログ

三渓園(11)

旧燈明寺三重塔【重要文化財】1457年(康正3年)建築
関東で最古の塔だそうだ。元あったところの人達からすれば複雑なところだろう。しかし、廃仏毀釈の嵐の中で廃寺の行く末は悲惨なものだったはずだ。こうして見事に再建されて、後世の人達が楽しむことが出来て幸いと考えるべきだろう。

園内のほぼ全域から、その姿を見ることができる三重塔は三溪園を象徴とする建物です。三溪園には、1914年(大正3年)に移築されました。
ひとこと&みどころ
燈明寺は江戸時代に宗派が変わった際に東明寺から燈明寺に改名されました。 瓦に東明寺と刻印されているのは、そのためです。

旧燈明寺三重塔_1
旧燈明寺三重塔_2
旧燈明寺三重塔_3
旧燈明寺三重塔_4
旧燈明寺三重塔_5
以下はFREE画像を借用した
三層とも三手先組物、二軒繁垂木
旧燈明寺三重塔_9
三手先組物と間斗束
旧燈明寺三重塔_8
内部
旧燈明寺三重塔_10
旧燈明寺三重塔_6
旧燈明寺三重塔_7

山城燈明寺を解説したHPへjump
三手先(みてさき)、間斗束(けんとづか)、二軒垂木(ふたのきたるき)等を解説したHPへjump
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年04月27日
最終更新 -0001年11月30日

4 Comments

There are no comments yet.

dさん  

こんにちは

3重の塔にしても、五重塔にしても幾多の地震にみまわれたと思われますが、びくともせず耐えてきたのでね
昔の建築技術には大いに学ぶところ大かと・・

2013/04/27 (Sat) 14:30

AzTak  

Re: こんにちは

dさんさま、こんばんは。

> 三重塔にしても、五重塔にしても幾多の地震にみまわれたと思われますが、びくともせず耐えてきたのでね
> 昔の建築技術には大いに学ぶところ大かと・・

そうですね。日光に行った時に、心棒が浮かせてあって、それで耐震性を持たせてあったという話を聞きました。
その肝心要の心棒なんですが、横浜まで運搬する際に、長すぎてカーブを曲がれずに、泣く泣く途中で切断したそうです。その補修はどのように行ったのかわかりませんが、いろいろあったようです。

2013/04/27 (Sat) 17:24

jsk  

廃仏毀釈・・文化大革命のミニチュア版のようなものですか・・・この時期に失われた文化遺産は相当なものだと思いますが、こういった形で残されたのは幸運ですね。
木造で1,000年を越す塔が立派に残っている。素晴らしい建築技術に驚きます。関東では最古とか、これも貴重な文化財ですね。

2013/04/27 (Sat) 21:42

AzTak  

Re: タイトルなし

jskさん、こんばんは。

> 廃仏毀釈・・文化大革命のミニチュア版のようなものですか・・・この時期に失われた文化遺産は相当なものだと思いますが、こういった形で残されたのは幸運ですね。
> 木造で1,000年を越す塔が立派に残っている。素晴らしい建築技術に驚きます。関東では最古とか、これも貴重な文化財ですね。

旧燈明寺関連は、三重塔ばかりでなく本堂も同じ運命に遭いました。後の回で取り上げますが、こんな馬鹿なことがあってよいものかと思うようなありました。
あの縁切り寺として有名な鎌倉の東慶寺だって、仏殿を売却しているんですね。サラッとしか書かれていませんが、おそらくは、寺の運営資金が乏しかったのが売却の根本原因ではないかと思っています。お寺さんでは尼寺から禅宗の寺に生まれ変わったから、前のものは不要になったような書き方をしているようですが。

仏教ばかりじゃありません。あの国宝姫路城だって、はした金で売却される寸前だったとか。

2013/04/27 (Sat) 23:44

Leave a reply