三渓園(8) - 三渓園_2013_April
FC2ブログ

三渓園(8)

天授院【重要文化財】1651年(慶安4年)建築
これが原家だけの持仏堂だったとは。あまりの驚きに言葉も出てこない。
もとは、建長寺の近くにあった心平寺の地蔵堂で、1916年(大正5年)に移築されました。 建築様式は禅宗様(ぜんしゅうよう)を主体としています。
ひとこと&みどころ
三溪園では、原家の持仏堂とされました。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この堂は、明治末年に原三渓が鎌倉より買い取り、持仏堂として使用していたものです。
由緒は明らかではありませんが、慶安四年(一六五一)の建築で、建長寺の近く巨福呂坂に面して建つ心平寺の地蔵堂と考えられています。
大衆信仰の仏堂であったらしく、禅宗様ではあっても仏殿の形式とは異なっていて、板敷きの床に、かつては縁、高欄を巡らせていました。また、内外とも黒漆塗であったということから、素木造の仏堂が多い鎌倉では、一際、目を引いていたことでしょう。

天授院_1
天授院_2
天授院天井…FREE画像を借用
天授院天井
天授院須弥壇と厨子(しゅみだんとずし)…FREE画像を借用
天授院須弥壇と厨子
天授院内部…FREE画像を借用
天授院内部

途中の道筋
月華殿などへ向かう石橋
月華殿などへ向かう石橋
写生をしていたアメリカンスクールの子どもたち
写生をしていたアメリカンスクールの子どもたち_1
写生をしていたアメリカンスクールの子どもたち_2
下り道
下り道も風情がある。というか足腰が既にきつくなっていて、『これ以上上らないで済むのは助かる』とこの時は思ったのだが、…。
下り道も風情がある
花も咲いていた
花も咲いていた_1
花も咲いていた_2
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年04月24日
最終更新 -0001年11月30日

6 Comments

There are no comments yet.

jsk  

>これが原家だけの持仏堂だったとは//
確かに富豪の存在の是非はあるにせよ、文化的にはいい影響を与える場合も多々あると思います。日本の文化的資産が良好な状態で保存されているのは素晴らしいことだと思います。
それにしても、関東圏の文化財は凄いですね、

2013/04/24 (Wed) 09:37

AzTak  

Re: タイトルなし

jskさん、こんにちは。

> >これが原家だけの持仏堂だったとは//
> 確かに富豪の存在の是非はあるにせよ、文化的にはいい影響を与える場合も多々あると思います。日本の文化的資産が良好な状態で保存されているのは素晴らしいことだと思います。

そうですね。持てるお金を素晴らしいことに費やしてくれたものです。そのお蔭で、後世の私達も楽しむことができる。有難いことです。

> それにしても、関東圏の文化財は凄いですね、

関東圏の文化財というより、原三渓個人のコレクションの凄さなんでしょう。何十回、生まれ変わっても私にはこうした才覚は恵まれそうにありません。

2013/04/24 (Wed) 11:29

ijin  

三溪園

三溪園はブログでは再々。
TVでも先日放映されました。

しかし、AzTakさんのブログが一番リアルに感じます。

今までは、写真の被写体。
「サクラと三渓園」みたいな。。見方。

今は、近代の「歴史の現存史跡?」の考えが強くなりました。

AzTakさんの興味の幅が広く、知識が豊富。毎回驚かされます。

2013/04/24 (Wed) 13:08

AzTak  

Re: 三溪園

ijinさん、こんにちは。このところ肌寒い日が続きますが、お変わりございませんか。

> 三溪園はブログでは再々。
> TVでも先日放映されました。
>
> しかし、AzTakさんのブログが一番リアルに感じます。
>
> 今までは、写真の被写体。
> 「サクラと三渓園」みたいな。。見方。
>
> 今は、近代の「歴史の現存史跡?」の考えが強くなりました。
>
> AzTakさんの興味の幅が広く、知識が豊富。毎回驚かされます。

有難うございます。あまりにも嬉しいお言葉ですが、自分では『もう少し、頑張らないと』と思っています。
と言いますのは、この日の私の体調は出掛けから絶不調でして、ちょっとフラフラしながら、見て回っていました。それでも何とか撮れたのは、偏にカメラとレンズとが頼りない撮影者に成り代わり、しっかり記録してくれたからだと思っています。

少しは機械に頼らないで、己の感性で写真を撮りたいものです。
いつかはそうなれるように頑張ります。ありがとうございました。

2013/04/24 (Wed) 14:35

梅サクラ  

こんばんは!

その後、お体、大丈夫ですか?
絶不調でも、これだけ小まめに写真を撮られるのには
頭が下がります。

原氏の財力には脅かされるけど、
こうして、後世の人々が、文化財を見て、
知識を得られることは、素晴らしい貢献をされましたね。
三渓園が、これほどとは、思っても見ませんでした。
是非、機会を見つけて、訪れたいものです。
AzTakさんの取材のお陰ですね。

2013/04/24 (Wed) 22:04

AzTak  

Re: こんばんは!

梅サクラさん、こんばんは。

> その後、お体、大丈夫ですか?
> 絶不調でも、これだけ小まめに写真を撮られるのには
> 頭が下がります。

何とか復調して来ました。(^_^;)

> 原氏の財力には驚かされるけど、
> こうして、後世の人々が、文化財を見て、
> 知識を得られることは、素晴らしい貢献をされましたね。

原三渓氏を批判する人もいないわけでは無さそうですが、旧燈明寺本堂の再建などを考えると、文化財維持に素晴らしい貢献をしたと思います。

> 三渓園が、これほどとは、思っても見ませんでした。
> 是非、機会を見つけて、訪れたいものです。
> AzTakさんの取材のお陰ですね。

是非是非、行って確かめてください。行く人が違えば、きっと別な見方ができると思います。それをUPしていただけたら最高です。

2013/04/24 (Wed) 22:40

Leave a reply