三渓園(6) - 三渓園_2013_April
FC2ブログ

三渓園(6)

聴秋閣(重要文化財)

聴秋閣はすぐ傍で眺める姿も良いが、少し高いところから見る姿もまた素晴らしい。屋根が曲がった形で作られているなど、かなり凝った意欲的な意匠だ。

亭樹からみた様子
亭樹からみた様子
傍で見た様子
傍で見た様子_1
傍で見た様子_3
傍で見た様子_5
傍で見た様子_7
沢を少し上って高いところからみた様子
激戦後の力士のちょんまげのように曲がっている
沢を少し上って高いところからみた様子_1
沢を少し上って高いところからみた様子_5
沢を少し上って高いところからみた様子_8
内部の様子…FREE画像を借用
聴秋閣(重要文化財)内部の様子_1
聴秋閣(重要文化財)内部の様子_2

徳川家光が二条城内に建て、後に春日局が賜ったと伝わる建物。各部の意匠は独創性・変化に富みますが、書院造としての格や茶亭としての機能に応じて緻密に構成されています。L字型の一段下がった杢板敷きの入口は舟で漕ぎ着ける場を想像させ、当初は水辺に面して建てられたのかもしれません。江戸時代はじめの上流武士階級の風流な文化が伝わります。
ひとこと&みどころ
この建物は江戸時代の武士 佐久間将監(さくましょうげん)の作と伝わります。小堀遠州(こぼりえんしゅう)と同時代に幕府の造営・修繕に関わる作事方を務めた人物で両者とも茶の湯に深く似た境遇であったため、遠州はライバル的存在であったのかもしれません。この建物から将監の挑戦・意欲が伺えます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この建物の創建は、元和九年(1623)三代将軍家光が上洛するに際し、佐久間将監(しょうげん)に命じて京都二条城内に建てさせたもので、当時は三笠閣と呼ばれたようである。その後家光はこれを乳人春日局に賜り、江戸の稲葉侯(春日局の夫君)邸内に移されて明治維新におよび、明治十四年(1881)に東京・牛込若松町の二条公邸に移され、さらに大正十一年(1922)に原氏のもとに贈られ、三渓園に移されて今日に至った。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年04月22日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

なかまち  

おはようございます。
可能な限りあらゆる角度から徹底的に撮られていますね。
どの角度からの佇まいもそれぞれ趣きがあって素敵です。
いいものを観させていただきました。ありがとうございます。^^

2013/04/22 (Mon) 06:52

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

なかまちさん、お早うございます。

> 可能な限りあらゆる角度から徹底的に撮られていますね。
> どの角度からの佇まいもそれぞれ趣きがあって素敵です。
> いいものを観させていただきました。ありがとうございます。^^

これ以上やるとしつこいって感じで、もう少し絞る勇気があればいいんですが。
結構変わった形の建物なんですよ。なかまちさんが撮られればどんなふうになるのか、是非見せて貰いたいような被写体でした。
6月に財団発足60周年記念イベントで特別拝観できるようです。平日に行くと、普段非公開の内部写真がバチバチ撮れそうです。フラッシュは禁止だろうと思いますので、明るいレンズで少しISOを上げ目にして撮るのかもしれませんね。
私も絶対に行こうと思っています。

2013/04/22 (Mon) 08:39

jsk  

聴秋閣、枯れた感じの渋い建物ですね。品の良さが漂っています。豪華絢爛もいいですが、抑制の効いて、自然に溶け込むような建築様式は素晴らしいと思います。

2013/04/22 (Mon) 10:37

AzTak  

Re: タイトルなし

jskさん、こんにちは。

> 聴秋閣、枯れた感じの渋い建物ですね。品の良さが漂っています。豪華絢爛もいいですが、抑制の効いて、自然に溶け込むような建築様式は素晴らしいと思います。

原三渓氏は書院やお茶室といった質素な感じのものがお好きだったようですね。次回以降に取り上げる月華殿、金毛窟、春草廬…実にたくさんあります。
私は個人的には、巨大な合掌造りの旧矢箆原家(やのはらけ)住宅が好きです。

2013/04/22 (Mon) 11:12

Roman  

こんばんは。

屋根の形は変わってますね。
こんな作りをするのもずいぶん粋なものだったのでしょうね。
内部ならの眺めた外の景色もいいですね。
間戸をうまく使って日本建築の美意識は素晴らしいと思いました。

2013/04/22 (Mon) 19:09

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは。

Romanさん、こんばんは。

> 屋根の形は変わってますね。
> こんな作りをするのもずいぶん粋なものだったのでしょうね。

あまりに粋過ぎて屋根葺き職人さんはさぞかし驚いたことでしょうね。

> 内部から眺めた外の景色もいいですね。

それは原三渓が造園したのでしょうが、FREEの写真を拝見する限り、内部から見た時に凄くよく見えるように作ってあるようですね。6月の特別拝観の折に言ってみたくなりました。

> 間戸をうまく使って日本建築の美意識は素晴らしいと思いました。

あの日は外国人の方が半分くらいいらっしゃっていましたが、皆さん熱心に写真を撮ったり、少し離れたところから長い時間眺めていたり、…日本建築の良さが理解できたようでした。

2013/04/22 (Mon) 19:39

Mika  

こんにちは♪

ここに舟で漕ぎつけるところを想像しました。
風流ですね・・・ぜひやってみたいですよ(笑)

ちょっと見にはとてもシンプルな作りのようですが
よく見ると、細部が色々と考えられていますね。

こういう建物を見るとさすがに日本建築、素晴らしい!
と、思わずにいられません(^^)

2013/04/22 (Mon) 21:40

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> ここに舟で漕ぎつけるところを想像しました。
> 風流ですね・・・ぜひやってみたいですよ(笑)

よほど防腐対策をしっかりやらないと建物が保ちません。まあ、徳川初期の十分に勢いがあった頃だから出来た贅沢な建物だっただろうと思います。

> ちょっと見にはとてもシンプルな作りのようですが
> よく見ると、細部が色々と考えられていますね。

今回は外から中を覗くだけで、よくわからないのですが、多分素晴らしいものだと思います。
6月の特別公開の時にでも確認したいと思います。

> こういう建物を見るとさすがに日本建築、素晴らしい!
> と、思わずにいられません(^^)

素晴らしすぎて、溜息も出ませんでした。

2013/04/22 (Mon) 23:47

Leave a reply