三渓園(3) 2013.04.08 22:35追記 - 三渓園_2013_April
FC2ブログ

三渓園(3) 2013.04.08 22:35追記

臨春閣(重要文化財)(1)

ただ立派だと言う言葉しか出てこない。なぜ、聚楽第と巌出御殿とが混同されたのだろうか?判断する材料には事欠かなかっただろうに、そのことが不思議でならない。

下記解説にあるように、右端の区画(第一屋)が『遠侍』、中程の区画(第二屋)が『面会所』、左端の区画(第三屋)が『居間』。
臨春閣のほぼ全体の様子
1649年(慶安2年)建築
桃山時代に豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構と伝えられていましたが、現在では和歌山県岩出市にあった紀州徳川家の別荘 巌出御殿(いわでごてん)ではないかと考えられています。内部は狩野派を中心とする障壁画と繊細・精巧な数寄屋風書院造りの意匠を随所に見ることができます。
※障壁画は複製画で、原本は園内の三溪記念館で収蔵し定期的に展示を行っています。
ひとこと&みどころ
部屋の境にある欄間には、波の彫刻(第一屋)や、和歌を書いた色紙(第二屋)をはめ込むなどの工夫が凝らされています。 なかでも面白いのは、第三屋「天楽の間」にある欄間で、ここには、雅楽に馴染み深い笙と笛など本物の楽器があしらわれています。
紀州から徳川家8代将軍となった徳川吉宗は幼少期、巌出御殿に遊び育ちました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
臨春閣は、大正四年に三渓園に移築されました。
それまでは慶安二年(一六四九)造営の紀州徳川家の別邸・巌出御殿(いわでごてん)であろうと考えられています。
宝暦十四年(一七六四)に紀州家より泉州佐野の豪商・飯野家に下賜され、大阪・春日出新田(現在の此花区四貫島付近)に移築され、後に原氏の手に渡りました。
現在、我が国に残る唯一の大名別荘建築で、屋内の障壁画は狩野伝永徳・伝山楽・探幽らの筆になるものです。
向かって右手の玄関側より、第一屋・第二屋・第三屋の三棟の建物からなりますが、二階造の第三屋は、三渓園移築前は第一屋の右側に建てられていました。
第一屋は取次や警護の家臣が詰める遠侍、第二屋は面会所で、南側は内苑池にかかり(巌出御殿時代は紀ノ川にせり出していたもの)、開放的な数寄屋風の造りです。
第三屋は、欄間に笙(しょう)などの楽器や百人一首の色紙形を散りばめるなど、自由な意匠から居間に用いられていたようです(毎年8月1日~16日一般公開)

  
ここが本来の玄関口?
閉めきってあるので、よくわからない。多くの写真は池側からのショットばかりで、この部分に関する説明は殆ど見当たらない。
ここが本来の玄関口?_1
ここが本来の玄関口?_2
玄関口が開いたフリー画像が見つかったので追記する
玄関口が開いたフリー画像
如何にも写真向きな佇まい。少し遠目から撮ってみた。
少し遠目から撮ってみた_1
少し遠目から撮ってみた_2
少し遠目から撮ってみた_3
第一屋
遠侍の部屋ということなのかやや暗い感じ
第一屋_1
第一屋_2
第二屋
第二屋_1
第二屋_2
第二屋_3
第二屋_4
第二屋_5
第三屋
第三屋
第二屋を池側から見た様子
池に浮かぶようなしつらえになっている
第二屋を池側から見た様子_1
第二屋を池側から見た様子_2
第二屋を池側から見た様子_3
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年04月08日
最終更新 -0001年11月30日

4 Comments

There are no comments yet.

Mika  

おはようございます!
三渓園は、見ごたえのあるところですね。
広そうなので1日かけてゆっくり見て回る感じですね。

波の彫刻の欄間は、見事ですね。
こういうところに日本の美を感じます(^^)
第三屋「天楽の間」にある欄間のお写真はないのでしょうか・・・
本物の楽器があしらわれているなんて見てみたいです。

明日は福島へ帰郷されるのですね。
お気をつけて、いってらっしゃい(^^)♪

2013/04/08 (Mon) 21:32

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます!

Mikaさん、こんばんは。今頃焦って10日と11日の記事を作成しています。超自転車操業状態極まれりです。風邪を引いて歯車が大きく狂いました。(T_T)

> 三渓園は、見ごたえのあるところですね。
> 広そうなので1日かけてゆっくり見て回る感じですね。

財団設立60周年記念 重要文化財建造物10棟一挙公開 6月8日~16日
という企画があるようです。行ってみたいものです。

> 波の彫刻の欄間は、見事ですね。
> こういうところに日本の美を感じます(^^)
> 第三屋「天楽の間」にある欄間のお写真はないのでしょうか・・・
> 本物の楽器があしらわれているなんて見てみたいです。

このときは早くも体調最低状態で、撮り漏らし続出でした。

> 明日は福島へ帰郷されるのですね。
> お気をつけて、いってらっしゃい(^^)♪

運が良ければ瀧桜の写真撮ってきたいと思います。さすが阿武隈高地にあるだけあって、まだ満開にはなっていないようです。1000年を生きながらえてきた見事な枝垂れ桜です。

2013/04/08 (Mon) 22:06

梅サクラ  

素晴らしいですね

紀州徳川家の別邸・巌出御殿(いわでごてん)が元でしたか。
徳川吉宗公が遊んだとは、今度見る時は
格別の思いで見れるかと思います。

秀吉の成金趣味ではなく、その佇まいが、華美ではないけど、
落ち着いた日本家屋ですね。
でも、障壁画が、狩野派の絵とは、
やっぱり凄いですね。
素晴らしい家屋の紹介、有り難うございました。

2013/04/08 (Mon) 22:43

AzTak  

Re: 素晴らしいですね

梅サクラさん、こんばんは。

> 紀州徳川家の別邸・巌出御殿(いわでごてん)が元でしたか。
> 徳川吉宗公が遊んだとは、今度見る時は
> 格別の思いで見れるかと思います。

原三渓氏は大の秀吉好きだったようで、間に立った人物が横浜の成金の田舎者を騙してやろうと『これは聚楽第』と言ったのでしょうか。騙されたふりをして、買い取ったのか、事情は知りませんが、虚々実々のやり取りがあったのかもしれませんね。
6月に財団創立60周年を祝う全重要文化財の一挙公開を行うそうですよ。

> 秀吉の成金趣味ではなく、その佇まいが、華美ではないけど、
> 落ち着いた日本家屋ですね。
> でも、障壁画が、狩野派の絵とは、
> やっぱり凄いですね。
> 素晴らしい家屋の紹介、有り難うございました。

もう少し続けさせてください。これをあまりに早く終了させると、殆どストックが無くなってしまうので。(笑)

2013/04/08 (Mon) 23:15

Leave a reply