圓融寺と碑文谷八幡宮とすずめのお宿(1) - 未分類
FC2ブログ

圓融寺と碑文谷八幡宮とすずめのお宿(1)

圓融寺
以前に説明済みなので詳しい説明は省く
円融寺山門
円融寺山門_1
円融寺山門_2
円融寺仁王門
円融寺仁王門_1
円融寺仁王門_2
円融寺仁王門_3
釈迦堂…重要文化財
都内では正福寺に次いで古い建造物
釈迦堂…重要文化財_1
釈迦堂…重要文化財_2
釈迦堂…重要文化財_3
釈迦堂…重要文化財_4
その他
その他_1
その他_2

碑文谷八幡宮
碑文谷八幡宮一鳥居
大正四年建立の靖国鳥居
碑文谷八幡宮一鳥居ほか
賀屋興宣氏揮毫のもの
賀屋興宣氏揮毫のもの
参道の桜
参道の桜
碑文谷八幡宮二鳥居
昭和五十八年建立の八幡鳥居
碑文谷八幡宮二鳥居
碑文谷八幡宮三鳥居
碑文谷八幡宮三鳥居
狛犬(古そう)
狛犬(古そう)_1
狛犬(古そう)_2
狛犬(新しそう)
狛犬(新しそう)_1
狛犬(新しそう)_2
碑文谷八幡宮拝殿
碑文谷八幡宮拝殿_1
碑文谷八幡宮拝殿_2
碑文谷八幡宮拝殿_3
碑文谷八幡宮拝殿_4
碑文谷八幡宮拝殿_5
拝殿・幣殿・本殿
拝殿・幣殿・本殿
本殿の様子
本殿内部が見えるのは珍しいのでは
本殿の様子

創建年代は不詳であるが、鎌倉時代に源頼朝の家臣、畠山重忠の守護神をその家臣筋で当地に住んでいた宮野左近という人物が祀ったのが始まりであると言われている。現在の社殿は延宝2年(1674年)に造替したものを明治5年(1872年)に再建し、同20年(1887年)に改築したもの。神仏分離令が出るまで、別当寺として近辺にある円融寺の子院である神宮院が置かれていた。
また神社には畠山重忠の家臣榛沢六郎という人物を祀った稲荷社と「碑文谷」の名の起こりともいわれている、碑文石が保存されている。そのほかにも勝海舟直筆の「八幡大神」の額なども保存されている。また、桜の時期になると一の鳥居から二の鳥居までの間が桜の花で溢れ、桜の見所にもなっていることでも知られている。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年03月17日
最終更新 -0001年11月30日

4 Comments

There are no comments yet.

いどきち  

こんばんは

見たことのある八幡宮だと思いました。トラバさせていただきました。
狛犬も少し前は遠目で見ていましたが、今は井戸と同じく本業のようなもの。
blog友さんの影響かもしれません。

2013/03/17 (Sun) 19:51

AzTak  

Re: こんばんは

いどきちさん、こんばんは。

> 見たことのある八幡宮だと思いました。トラバさせていただきました。

ははは、そのはずです。確か、いどきちさんの記事にあったはずです。トラックバックはご自由にどうぞ。

> 狛犬も少し前は遠目で見ていましたが、今は井戸と同じく本業のようなもの。
> blog友さんの影響かもしれません。

井戸といえば、圓融寺にも井戸がありました。Kのマークが有りました。

2013/03/17 (Sun) 20:17

だまけん  

始めましてこんばんわ!
 つたないブログですが、リンクをしていただきありがとうございます。私のブログも設定しました。
 
 圓融寺は、お参りしたことがなく情報不足だったので大変参考になりました。

2013/03/17 (Sun) 21:30

AzTak  

Re: タイトルなし

> 始めましてこんばんわ!

だまけんさん、こんばんは。

>  つたないブログですが、リンクをしていただきありがとうございます。私のブログも設定しました。

凄いブログだと思いました。最初にアクセスした時に、福島の魅力を伝えるシリーズとしてアンドリュー・ワイエスの『そよ風』を取り上げた記事が最新記事だったので、福島出身の私としては大変嬉しく思って見させて頂きました。
アンドリュー・ワイエスの作品は、秩父市にあった『加藤近代美術館』で結構な点数を見たのですが、どんな作品だったのか、綺麗サッパリ忘れてしまいました。お恥ずかしい限りです。
 
>  圓融寺は、お参りしたことがなく情報不足だったので大変参考になりました。

今後共よろしくお願い致します。

2013/03/18 (Mon) 00:26

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 碑文谷八幡宮(ひもんやはちまんぐう)は、碑文谷三丁目にあります。 碑文谷八幡宮参道 八雲氷川神社の井戸と間違えてUPしていました。冷や汗! まずサンタイガーポンプの

    2013.03.17 (Sun) 19:46 | あとりえ井戸吉(続)