日光へ行った(9) - 日光へ行った_2013_February
FC2ブログ

日光へ行った(9)

東照宮(8)
正面及び背面唐門 2棟…国宝
正式名称の通り正面のものと背面のものとがあるようだ。私が唐門と認識していたものは『正面唐門』で、拝殿の前に建つ門の方。もう一つの『背面唐門』は本殿の裏に建つ門で、一般人には全く見ることが出来ないようだ。唐門の修理は完了しているようだ。
正面唐門_1
正面唐門_2
正面唐門_3
正面唐門_4
正面唐門_5
間口3メートル、奥行き2メートルの小さな門だが、東照宮で最も重要な本社の正門。江戸時代には「御目見得-おめみえ-」(将軍に拝謁-はいえつ-できる身分)以上の幕臣や大名だけが使えた。今でも唐門は、正月や大祭などの祭典のときと、国賓に相当する参拝者だけしか使えない。
全体が胡粉-ごふん-で白く塗られ、門柱に紫檀-したん-や黒檀-こくたん-などで寄せ木細工された昇竜-のぼりりゅう-・降竜-くだりりゅう-がいる。台輪-だいわ-(柱の上をつなぐ厚い板)の上に配置された人物の彫刻は、竹林-ちくりん-の七賢人-しちけんじん-など中国の聖賢。正面は「舜帝朝見の儀-しゅんていちょうけんのぎ-」。古代中国の伝説上の皇帝、舜帝が残した「内平外成-ないへいがいせい-」の言葉から平成の元号が選ばれた。西の側面には七福神-しちふくじん-のなかの大黒天-だいこくてん-・寿老人-じゅろうじん-・布袋-ほてい-の彫刻が掛かっている。
門柱と透塀-すきべい-の境にある鶴のデザインは、日本航空のマークでもおなじみのもの。


陽明門内正面の門で、左右に透塀が接続している。本殿、石の間及び拝殿を囲繞し、背面にも唐門を設けている。
○正面唐門 一間一戸、四方唐破風造、銅瓦葺
正面唐門は胡粉の白を主体とし、黒紫色の象嵌で装飾する特殊な技法の外に蒔絵が用いられ、各種の人物彫刻が陽明門と共に多く用いられている。棟上正背面には鬼板上に恙をのせ、側面は同様にして竜をのせている。いずれも青銅製で、椎名兵庫の作である。
○背面唐門 一間一戸平唐門、楼門腕木造、銅瓦葺
背面は常時ほとんど見えないところではあるが、随所に錺金具を取り付けるなど非常に豪華に装飾され、柱その他は金箔押しが施されている。扉及び軒廻りは黒漆塗で、金色と黒色と一部に彩色がなされており、そのコントラストは素晴らしい。

本殿、石の間及び拝殿 合1棟…国宝
拝殿
神霊を礼拝するための建物。唐門や透塀越しに撮るしかないが、平成の大修理中のため、見栄えが良くない。よって、フリーの写真を借用する。
私が撮った写真。シートなどが邪魔しているが、平成の大修理で紺色などの輝きは下の写真に比ぶべくもない。
拝殿は写真撮影に耐えない状況
以前の拝殿はかなりくすんでいる。唐門や透塀も同様だ。拝殿の奥に石の間と本殿とがある。
拝殿
本殿と石の間
本殿は、東照大権現(徳川家康)を祀る神殿。石の間は、本殿と拝殿を連結するための建物。
なお、本殿や石の間の写真は撮影禁止のために基本的には無い筈だが、一部、本家本元の東照宮や地元栃木県所有の写真が参照できる。その写真は下記URLからアクセスされたい。

東照宮の中心となる建物。拝殿-はいでん-・石の間-いしのま-・本殿-ほんでん-の3つを工の字形に配置し1棟を構成する権現造り-ごんげんづくり-だ。東照宮の建立以前にも、この様式を持った神社が造られ大明神造り-だいみょうじんづくり-と称されたらしいが、東照宮がこの様式で建てられたので、家康公の御神号-ごしんごう-である東照大権現にちなんで権現造りの名で呼ばれる。

東照宮所有の写真が参照できるHPへjump

栃木県所有の写真が参照できるHPへjump
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年03月02日
最終更新 -0001年11月30日

2 Comments

There are no comments yet.

きみひと@  

こんばんは~
いやあ、ホントにド派手な建築物ですねえ(笑)
ホント、神様を祀ってるかのような雰囲気です。
お写真では、工事をされてる建物もあるようですが、修繕費も馬鹿にならないんじゃないでしょうか・・・。
維持管理もかなり大変そう・・・。
しかし、内部の写真が撮れないのは残念ですね。

2013/03/02 (Sat) 21:08

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは~

きみひと@さん、こんばんは。

> いやあ、ホントにド派手な建築物ですねえ(笑)

そうですね。

> ホント、神様を祀ってるかのような雰囲気です。

一応、家康公が神様ということになっています。
まあ、菅原道真の天神様はまだしも、東京には幕末の国学者平田篤胤を祀った平田神社なんてのもあります。ちょっと学問が出来たかもしれないけど普通の人じゃない、なんて思ってはいけないんですよね。
今日は子孫にあたる方とお話をしてきたばかりですから、悪口は言わないでおきましょう。

> お写真では、工事をされてる建物もあるようですが、修繕費も馬鹿にならないんじゃないでしょうか・・・。
> 維持管理もかなり大変そう・・・。

宗教法人ですからね。こういうリセッションの時には、『国家救済のために何かしろ』という圧力は相当なものなんでしょうね。日光に限らず京都なんかも軒並み修理中ですもんね。

> しかし、内部の写真が撮れないのは残念ですね。

隠し撮りしようと思ったくらいです。(笑)
何で、ガイドブックには気安く撮らせて、我々にはNGなんでしょうね。日光東照宮所有の写真を見たら、古い写真なのかもしれませんが、あまりはっきり写っていなくて、下手なのは自分だけじゃないんだって、思っちゃいました。

2013/03/02 (Sat) 22:29

Leave a reply