日光へ行った(6) - 日光へ行った_2013_February
FC2ブログ

日光へ行った(6)

東照宮(5)
陽明門…国宝
よけいな感想などは挟まないでおく。
表側
陽明門_1
陽明門_4
随身像
陽明門の両側の柱には本殿を守る随身像が安置されていますが、随身像の袴の家紋が、織田信長の家紋「木瓜」や明智光秀の家紋「桔梗」に似ているので注目されています。
陽明門_2
裏側
陽明門_3
陽明門_5
表側
陽明門_6
陽明門_7
陽明門_8
陽明門_9
陽明門_10
陽明門_11
陽明門_12
陽明門_13
裏側
陽明門_14
陽明門_15
陽明門_16
陽明門_17
陽明門_18
陽明門_19
陽明門_20
陽明門_21
阿吽の狛犬
陽明門_22
陽明門_23
日光東照宮の象徴的な建築である陽明門は寛永12年(1635)に建てられもので、三間一戸、八脚楼門、入母屋、四方軒唐破風、銅瓦葺きの楼門建築です。陽明門の名称の由来は京都御所にある十二門の東の正門が陽明門と呼ばれているところから授かったとされ、正面唐破風下には元和3年(1617)に後陽成天皇から賜った「東照宮大権現」の額が掲げられています。陽明門には当時の技術の最高峰がつぎ込まれ彫刻の数は508体にのぼり、軒下には金と極彩色に彩られた麒麟、その下には白色の竜、さらに下が子供達の透かし彫りが施されています。1層目には獅子や子供達が彫り込まれ、1日中見てても飽きない事から"日暮門"の別称があります。柱は全部で12本あり胡粉が塗られ、グリ紋と称する渦巻状の地紋と鳥獣、草花が彫られています。特に裏側の左手2番目の柱は"魔除けの逆柱"と呼ばれグリ紋の向きが逆で、"完成した瞬間から崩壊が始まる。"という古事からわざと未完成の部分を残しているそうです。日光東照宮陽明門は国宝に指定されています。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年02月27日
最終更新 -0001年11月30日

24 Comments

There are no comments yet.

Mika  

何回か行ったことのある日光なのに、こうも見落としたり
忘れたりしているものがあるのか、と思いました(^^;
AzTakさんのお写真で、細かいところまでも見ることができて
新しい発見をしたような気分になりました♪

昨日の記事も大変興味深く拝見しました。
文楽鑑賞がご趣味とは乙粋ですね。
テレビでしか見たことがないので、実際の場の雰囲気を味わってみたいです。
演目のあらすじを読んで、話の続きが気になりましたよ(笑)

AzTakさんは、奥様思いのお優しいかたですね。
思った通りです!(^^)v
それに、ご夫婦揃ってボランティア活動をされているなんて
素晴らしいです、なかなかできることではないです。
奥様が海外で恙無くボランティア活動をされますようお祈りしています。

2013/02/27 (Wed) 01:04

AzTak  

Re: タイトルなし

Mikaさん、お早うございます。

> 何回か行ったことのある日光なのに、こうも見落としたり
> 忘れたりしているものがあるのか、と思いました(^^;
> AzTakさんのお写真で、細かいところまでも見ることができて
> 新しい発見をしたような気分になりました♪

日光だと見るものが多いので、つい見落しが出てしまうようです。見ていても、他のところに気を取られたりしていて、記憶が薄かったりすることも。まあ、それが人間だということなんでしょうが。
今回、記事を考えるにあたって、他の方のブログやHPをいろいろ見させて頂きました。随分、いろいろ見ているものだと思わされるものが少なくありませんでした。本当は行く前に調べていくべきことなんでしょうね。

> 昨日の記事も大変興味深く拝見しました。
> 文楽鑑賞がご趣味とは乙粋ですね。
> テレビでしか見たことがないので、実際の場の雰囲気を味わってみたいです。
> 演目のあらすじを読んで、話の続きが気になりましたよ(笑)

趣味なんて域には程遠いんですよ。何年経っても初心者ですから。パンフであらすじを読み、大夫が唸るのを字幕をチラチラ見ながら三味線の音色と共に聴き、人形遣いも目で追う…灰色の脳細胞が真っ白になりかけですが、酷使せざるを得ない。
それでも、やっぱり終わった時には深い感動が。歌舞伎と値段が大違いです。機会があれば、是非ご覧になってみて下さい。

> AzTakさんは、奥様思いのお優しいかたですね。
> 思った通りです!(^^)v
> それに、ご夫婦揃ってボランティア活動をされているなんて
> 素晴らしいです、なかなかできることではないです。
> 奥様が海外で恙無くボランティア活動をされますようお祈りしています。

買いかぶりすぎです。今日も氷雨が降る中、ボランティアで自転車を漕いで関係先を駆けまわるんですが、やや嫌気が優っています。
妻は毎年行っていますから、何とか役目を果たして来ることだろうと思います。そうは言うものの、今世紀最大の寒波に包まれている日本から熱帯のカンボジアに行くのですから、身体的には楽ではないと思います。無事に戻ってくるよう願っています。

2013/02/27 (Wed) 07:30

君平  

こんにちは。ご無沙汰しております。
日光、先日の地震で旅館などに被害もあったようですね。
栃木で群発しているようなのでちょっと心配になります。
東照宮に行くと、眠り猫を見るのに別料金となるのを見て
急に現実に戻されますね。

2013/02/27 (Wed) 12:25

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。ご無沙汰しております。

君平さん、こんにちは、お仕事忙しそうで大変ですね。私は、たまにボランティアの用事がある程度で、至って暇な時間を東京にへばりついて楽しんでいます。

> 日光、先日の地震で旅館などに被害もあったようですね。
> 栃木で群発しているようなのでちょっと心配になります。

東北大震災の後遺症のようですね。曲がりなりにも保たれてきた地盤の安定状況がアンバランスな状況になってしまい、これが収まるまで、暫く地震が起きそうとのこと。
たまたま行っている時でなくて幸いでした。帰ろうとした矢先に電車が動かなくなったら、冷え切った身体がどうしようもなくなるところでした。

> 東照宮に行くと、眠り猫を見るのに別料金となるのを見て
> 急に現実に戻されますね。

あれは金回りが悪くなる初老世代にはちょっとつらいことです。勢い込んで眠る猫を撮ったら、皆ピンボケだし、奥の院までの道のりはきつかったです。あの料金設定は、諦めたほうが無難ですって言うサインだったんですかねえ。(苦笑)

PS.日光であまりに滑って怖い思いをしたので、帰ってからミッドカットのトレッキングシューズを購入したり、今日の雨で懲りたので、レインウェアのズボンを買い足したり、…。やることなす事、後手に回ってばかりです。

2013/02/27 (Wed) 13:57

dさん  

こんにちは

これが有名な陽明門なんですか
細かい部分まで照会して頂き有難う御座いました。
実物は、圧倒されるほど豪華絢爛なんでしょうね

一度行ってみたくなりました。

2013/02/27 (Wed) 14:31

AzTak  

Re: こんにちは

dさん様、こんばんは。

> これが有名な陽明門なんですか
> 細かい部分まで紹介して頂き有難う御座いました。
> 実物は、圧倒されるほど豪華絢爛なんでしょうね

これが陽明門とは言いがたいほどひどい写真になってしまいました。実物は必ず圧倒されるほどの迫力でこれでもかこれでもかと迫ってくると思います。正面から見ると、一段下がった分非常に迫力があります。背後からは同じレベルで見るので迫力はそれほどではありませんが、その分だけ親近感を抱くはずです。
細かい彫刻の色のハゲ落ち(私の頭髪ではありません)は隠しようもなく目立ち、AFだと背後のコントラストの大きい部分に焦点を持っていかれてしまいます(<=ピンボケの苦しい言い訳です)。MFで単焦点レンズで撮るのが一番かと思います。ちなみに眠り猫も非常に難しいんです。私は完全な討ち死に状態でした。例のレンズ引っさげての出番かもしれません。

> 一度行ってみたくなりました。

私のような三下ではなく、もっと力のあるやつ掛かって来いって言っているようですよ。

2013/02/27 (Wed) 15:59

犬山にゃん太郎  

東照宮

麒麟に竜の頭、これほどのたくさんあって、強烈な印象で、見たことはあるはずなんですが、覚えてません。
眠り猫と三猿は覚えているのですが、改めてご紹介いただきありがとうございます。

しかし、このど派手、絢爛さは、豊臣秀吉にも負けなくらい、倹約、忍耐の印象のある徳川家康ですが、死んでからこんな豪華さ東照宮、
それだけ周囲からしたら偉大だったってことですかねえ、もっとも徳川400年続いた訳ですしね。

2013/02/27 (Wed) 16:07

SONOMI  

おお!がっつり見せていただきました
いつか補修作業とかが必要になるのでしょうか
いつまでもここでこの色で佇んでいて欲しいものですね

2013/02/27 (Wed) 16:30

AzTak  

Re: 東照宮

犬山にゃん太郎さん、こんばんは。

> 麒麟に竜の頭、これほどたくさんあって、強烈な印象で、見たことはあるはずなんですが、覚えてません。
> 眠り猫と三猿は覚えているのですが、改めてご紹介いただきありがとうございます。

皆さん、そのようですよ。覚えているという方は、かなりの回数通われている方なんだと思います。
ずっと立ち止まって陽明門を見ていたら、不注意な人にどつかれてしまうかもしれません。週末や休日は混みあうようですから。ちょっとくらい見たって、記憶できるはずがないのが普通の人間でしょう。
昔、人間カメラのようなスパイ向きの人がいたようです。チラとでも見た光景を寸分たがわぬようにスケッチで再現できたとか。残念ながら、凡人にはそういう便利な才能がないものですから、…。

> しかし、このど派手、絢爛さは、豊臣秀吉にも負けなくらい、倹約、忍耐の印象のある徳川家康ですが、死んでからこんな豪華さ東照宮、それだけ周囲からしたら偉大だったってことですかねえ。もっとも徳川400年続いた訳ですしね。

家康公が権勢を誇っていたということは間違いがないことでしょうね。でも、これを造らされた方はたまったものではありません。誰が実際に負担したのかって言えば、年貢を収めた人たちなんでしょうね。彼らには一切恩恵などありゃしなかった。
この巨大な箱物、維持管理が大変だったことでしょうね。箱物の維持管理に苦しむのは今も同じことです。この時代から日本は土木の国になっていたんですね。凄いことですが、…。

2013/02/27 (Wed) 17:44

AzTak  

Re: タイトルなし

SONOMIさん、こんばんは。

> おお!がっつり見せていただきました
> いつか補修作業とかが必要になるのでしょうか
> いつまでもここでこの色で佇んでいて欲しいものですね

一緒に行った仲間たちと、昔はこんなに色鮮やかじゃなかったよね、ということで意見が一致しました。およそ半世紀ぶりに見たので、その間に昭和の大修理があり、いままた、平成の大修理の真っ最中。以前よりは、かなり色彩が良くなってきているんでしょう。
でも、撮り損なっているアップの部分ですが、だいぶ塗料の色褪せや剥落が目立ってきていました。このままにしておくと木肌がやられてしまうので、塗り直すことになるんでしょうね。でももう暫くはこのままのようですね。

PS.これから取り上げる予定の神輿舎は建物の前にテントが張られ、およそ写真を撮るような状態でありませんでした。素木造りのようで、その分、直射日光や風雨による傷みが酷いのでしょうか?そう考えると、あの極彩色も見た目だけの働きじゃ無いようですね。

2013/02/27 (Wed) 17:55

ijin  

東照宮

東照宮には2度お参りしました。
1度はカミサンの父が上京してきて、その案内です。
案内役なら、少しは知って居ないと簡単な説明もできない。
その時、陽明門や 眠り猫と三猿の周辺知識も勉強しました。

其れから、すっかり、日光は遠くに去って居ました。
今日、ココでこれらの建物を見せて頂いて、往時を思い出しました。

昔に帰ることはできませんが、あの時の光景や、若かった家族の姿を想起し、懐かしく拝見しました。
最近は回顧の時、妙に懐かしさが強くなります。

有難うございます。

2013/02/27 (Wed) 19:52

いどきち  

こんばんは

私はもっぱら陽明門の狛犬でした。
柱の文様も1本だけ逆の模様にしているようですね。
手の込んだ細工に感動しました。

2013/02/27 (Wed) 19:56

AzTak  

Re: 東照宮

ijinさん、こんばんは。

> 東照宮には2度お参りしました。
> 1度はカミサンの父が上京してきて、その案内です。
> 案内役なら、少しは知って居ないと簡単な説明もできない。
> その時、陽明門や 眠り猫と三猿の周辺知識も勉強しました。
>
> 其れから、すっかり、日光は遠くに去って居ました。
> 今日、ココでこれらの建物を見せて頂いて、往時を思い出しました。
>
> 昔に帰ることはできませんが、あの時の光景や、若かった家族の姿を想起し、懐かしく拝見しました。
> 最近は回顧の時、妙に懐かしさが強くなります。
>
> 有難うございます。

私は中学校の修学旅行のときに行ったきりでした。実に47年ぶりに行ったことになります。さわりだけの見学でしたので、実質的には初めて行った感じでした。
はせがわさんのブログ(One-Shot Photo Blog)で日光の写真を何日かに亘って見せていただき、どうにも気持ちを落ち着かせることができなくなり、思い切って行って来ました。その記録なんですが、日光の写真は私の現在の腕前では難しかったです。いつか腕を磨き、捲土重来を期したいと思います。ぜひとも長生きされて、私の成長した姿を確認願います。

『金婚式』という有名な曲があります。タイトルは知らなくても、おそらく途中までは何度も耳にしたことがある曲だと思います。まずはおめでとうという感じから入ります。途中から曲調が変わり、若かりし頃の楽しい充実した日々の回想があります。そして、再び曲調が変わり、金婚式を祝う家族に囲まれた席で、回想から思いが戻り、少し離れた感じで見ている。そんな感じの曲ですが、今のijinさんの感じがそういう感じかなと思いました。素晴らしい時を過ごした人の勲章のような曲だと思います。下記URLで試聴出来ます。
http://dtm-orchestra.com/la_cinquantaine.htm

2013/02/27 (Wed) 20:19

花咲かじいさん  

おぼろげな記憶

おぼろげながら、やはり陽明門が一番記憶に
残っていますね。
随分派手な門だな~と思いました。
かなり色落ちがあるんですね。要所要所をUPしてくれて
とても良くわかりますね。

2013/02/27 (Wed) 20:29

AzTak  

Re: こんばんは

いどきちさん、こんばんは。

> 私はもっぱら陽明門の狛犬でした。

陽明門の重要な部分を構成しているからあの狛犬様も国宝なんですね。偉い狛犬様ですね。
奥社唐門の附指定で、銅製狛犬2躯も重要文化財に指定されているんですね。

> 柱の文様も1本だけ逆の模様にしているようですね。
> 手の込んだ細工に感動しました。

そうらしいのですが、もっぱら上ばかり見ていたので、逆柱の方は見落としちゃいました。見落しばかりです。(^_^;)

2013/02/27 (Wed) 20:32

AzTak  

Re: おぼろげな記憶

花咲かじいさんさま、こんばんは。

> おぼろげながら、やはり陽明門が一番記憶に
> 残っていますね。
> 随分派手な門だな~と思いました。

そうですね。徳川の威光を知ら示す意図があったのでしょうね。

> かなり色落ちがあるんですね。要所要所をUPしてくれて
> とても良くわかりますね。

色落ちもあったのですが、私の写真は酷いピンボケで、恥ずかしい限りです。MFでしっかりピントを合わせて撮るべきでした。AFで撮ると、どうしてもくっきりはっきりしている箇所に引きづられてしまい、あの箇所にはピントが合わなくなってしまいますね。(^_^;)

2013/02/27 (Wed) 20:38

びび  

AzTakさん こんばんは★

日光東照宮にはまだ行ったことがないのですよ。
でも、、、やっぱり似ていますね。久能山東照宮と・・・
久能山東照宮も、葵の御紋がいたるところに飾られてとても煌びやかです。

そういえば・・・私の実家の話なのですが、家を建て替えるときに見えにくいところ一箇所だけ壁紙を貼り付けていませんでした。
亡き父の話で、「完成させるために一生懸命働く」為だとか。
ちょっと意味合いが違いますが、昔話していたことを思い出してしまいました。(*^-^*)>

2013/02/28 (Thu) 00:20

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん こんばんは★

びびさん、お早うございます。

> 日光東照宮にはまだ行ったことがないのですよ。
> でも、、、やっぱり似ていますね。久能山東照宮と・・・
> 久能山東照宮も、葵の御紋がいたるところに飾られてとても煌びやかです。

そうですね。かなりの規模でもありますよね。でも、日光のそれには及ぶべくも無さそうです。
下記URLに写真があります。
http://www.i-treasury.net/db_tousyouguu.html
http://www.tochigi-edu.ed.jp/center/bunkazai/bunkazai/sekaiisan/LIST/toshogulist.htm

> そういえば・・・私の実家の話なのですが、家を建て替えるときに見えにくいところ一箇所だけ壁紙を貼り付けていませんでした。
> 亡き父の話で、「完成させるために一生懸命働く」為だとか。
> ちょっと意味合いが違いますが、昔話していたことを思い出してしまいました。(*^-^*)>

同じ考え方だったんでしょうね。すごい考え方で、驚いてしまいますね。亡きお父上のことを思い出されましたか。変なことでの思い出しでなくてよかったですね。

2013/02/28 (Thu) 07:13

sara  

AzTakさん こんにちは

先日から日光東照宮を見せて頂いてありがとうございました。
今日も載せてあったので記事を読ませて頂きながら東照宮の広さに驚きました。一日では参拝出来ないですね。
彫られている彫刻の素晴らしさにも感動致しました。
歴史深い貴重な国宝を見せていただいて感謝です。
ありがとうございました。

2013/02/28 (Thu) 17:06

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん こんにちは

saraさん、こんばんは。

> 先日から日光東照宮を見せて頂いてありがとうございました。
> 今日も載せてあったので記事を読ませて頂きながら東照宮の広さに驚きました。一日では参拝出来ないですね。

一日かけたほうが良いとは思いますが、2日以上かけるとそれはそれで疲れてしまうかもしれません。
今の時期はかなり寒いですから、お出かけになるのでしたら、お身体の状態と相談の上、暖かい時期にお出でになったほうが宜しいかと思います。

> 彫られている彫刻の素晴らしさにも感動致しました。
> 歴史深い貴重な国宝を見せていただいて感謝です。
> ありがとうございました。

ピンボケとか言う以前に撮影を許されていない箇所がかなりあります。そういうところは目で見るしか無いのですが、一部、日光東照宮所蔵の写真があったので、下にURLを記します。興味がおありでしたら、アクセスしてみてください。

http://www.tochigi-edu.ed.jp/center/bunkazai/bunkazai/sekaiisan/LIST/toshogulist.htm

2013/02/28 (Thu) 17:38

ijin  

お礼

今年は金婚式の年なのです。

綺麗で、心が洗われるような、そして力強いところもあって、集中して聞き入りました。

お気遣い有難うございます。
ご紹介のページお気に入りに入れました。

2013/02/28 (Thu) 18:22

AzTak  

Re: お礼

ijinさん、こんばんは。

> 今年は金婚式の年なのです。

そのくらいの年回りかなとは思いましたが、当たりましたか?それは大変おめでとうございます。
私どもはあと13年後です。

> 綺麗で、心が洗われるような、そして力強いところもあって、集中して聞き入りました。

フルートのレッスンでやらされた小品でした。ああいうのはサビの部分だけを抜き出してありますが、本来の曲は意外と長いんですね。それも金婚式の曲らしいかもしれません。

> お気遣い有難うございます。
> ご紹介のページお気に入りに入れました。

ご夫婦で更に上のお祝いをめざしてください。有難う御座いました。

2013/02/28 (Thu) 20:08

whitemoon  

日光東照宮

こんにちは。

少しずつ春の訪れを感じられるようになってきました。

実は私も数年前に日光東照宮を訪れた事があるのですが、
当時は右も左も分からず、ポイント(見所)も押さえられずに
ひたすら歩き回っていました(笑)。

改めてAztakさんのブログを拝見してみると、実に壮大かつ
華麗な装飾が施された見事な建造物群ですよね。

国宝の東西透塀の装飾も美しくて感動いたします。

今回も貴重なお写真の数々をご披露下さいまして、本当に
ありがとうございます。

2013/03/01 (Fri) 12:03

AzTak  

Re: 日光東照宮

> こんにちは。

whitemoonさん、こんばんは。今日は朝から夕方まで出歩いていて、遅くなってしまいました。m(_ _)m

> 少しずつ春の訪れを感じられるようになってきました。

そうですね。特に今日は春一番が吹きまくり、大汗をかいてしまいました。

> 実は私も数年前に日光東照宮を訪れた事があるのですが、
> 当時は右も左も分からず、ポイント(見所)も押さえられずに
> ひたすら歩き回っていました(笑)。

私は前回は47年前。随分と間があいてしまいました。

> 改めてAztakさんのブログを拝見してみると、実に壮大かつ
> 華麗な装飾が施された見事な建造物群ですよね。

そうですねえ。47年前は奥社をどんどん入って行くなんて出来ませんでしたから、ある程度見聞きはしていても、改めて気宇壮大さに驚かされました。

> 国宝の東西透塀の装飾も美しくて感動いたします。

もうすこし綺麗に撮れればよかったんですが、今の私のレベルではなかなか難しいことでした。m(_ _)m

> 今回も貴重なお写真の数々をご披露下さいまして、本当に
> ありがとうございます。

2013/03/01 (Fri) 21:11

Leave a reply