富士山5合目奥庭にて(2) - 富士山5合目奥庭にて_2020_Oct
FC2ブログ

富士山5合目奥庭にて(2)

ルリビタキ・雌タイプ(1)
ルリビタキは幼鳥が斑点だらけの外見をしていて、ほどなく成鳥の雌か若鳥の雌雄のどれか判別がつけにくい雌タイプに変わっていく。雄の場合、3年目のシーズンからやっと青い色合いがつくそうだ。なかなか簡単には幸せの青い鳥さんにはなれないし、そもそも小型の野鳥が3年以上生き延びるのがなかなか困難なようだ。ということで確率的に多く見られるのは、雌タイプが多いようだ。
バードガイド氏からは、美しい姿が期待できる水浴び前の姿を極力撮るようにアドバイスを受けている。そんな風に仕上がっただろうか?
到着直後の状況で、此方もまだ落ち着かない状況だった。きれいな状況を撮り切らないうちに水浴びが始まった。しかたがなく、マシなショットを選んでみた。
ルリビタキ・雌タイプ(1)_1
ルリビタキ・雌タイプ(1)_2
ルリビタキ・雌タイプ(1)_3
これが普通の水浴びの様子だ。が、美しくないので、このシーンだけにとどめた。
ルリビタキ・雌タイプ(1)_4
ルリビタキ・雌タイプ(1)_5
-05
ルリビタキ・雌タイプ(1)_6
ルリビタキ・雌タイプ(1)_7
ルリビタキ・雌タイプ(1)_8
ルリビタキ・雌タイプ(1)_9
ルリビタキ・雌タイプ(1)_10
-10
ルリビタキ・雌タイプ(1)_11
ルリビタキ・雌タイプ(1)_12
ルリビタキ・雌タイプ(1)_13
ルリビタキ・雌タイプ(1)_14
ルリビタキ・雌タイプ(1)_15
-15
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年10月17日
最終更新 2020年10月17日

34 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

幸せの青い鳥 とは
成長したルリビタキの雄だったのですね。
それも3年目位から青くなるのだということを知って
ようやく歌の意味も分かりました。
僕の場合 歌というのは
GSタイガースの「青い鳥」でした(笑)

2020/10/17 (Sat) 05:51

うさ  

AzTakさん おはようございます。
ルリビタキの出が 今一とのことでしたが・・・沢山撮れましたね。
ルリビタキの雌と雄は若の頃は見分けが難しいですが
良く見ると青い部分の多いものと少ないものが居ますから
恐らく 雄と雌の違いかと思います。

2020/10/17 (Sat) 07:03

ラブリーバード  

おはようございます。

ルリビタキ、可愛いですね。(^^♪

鳥が水場に来たら水浴前に撮らないと駄目だと思います。

水浴後の鳥は体全体が濡れているので絵的には今一なので、ガイドさん

のアドバイスは的を得てますね。

2020/10/17 (Sat) 07:56

TD  

おはようございます

ルリビタキの水浴びが、美しくない には 笑ってしましました。
あのくらいやらないと、体の隅々までキレイにできないのでしょう。
その後は 見られていることに気づいて、おしとやかな水浴びになったのでしょう。

2020/10/17 (Sat) 08:16

レン  

おはようございます!

難しい光線なのに、流石上手い事撮ってますね!
今回の奥庭で満足されたと思います。他の鳥さんも楽しみですね!

2020/10/17 (Sat) 08:39

葉月  

おはようございます

ルリビタキの説明ありがとうございます。大変勉強になりました。
小鳥が長生きするのは大変なのですね。会えることがとても幸せです。

2020/10/17 (Sat) 09:05

小鳥遊(ht)  

おはようございます。~~☆★

キビタキ若、至近距離で綺麗に撮れましたね。
Nice Shot !! (^.^)/~~~♡

奥庭まで行った成果がありましたね。😄

2020/10/17 (Sat) 09:14

turedure  

おはようございます

ルリビタキさん、ほんまに可愛い表情です。
私の行く公園にもボチボチ渡ってきてくれても良い頃ですが、まだですわ。

富士山での撮影・・・野鳥のポイントとしてはかなり良さそう。
うーん・・・遠い・・・(+o+)

2020/10/17 (Sat) 09:23

かすみ  

ルリビタキ

おはよ~ございます(^^♪
奥庭の水場といえば、ルリビタキやウソの水浴びですよね。
確かに、水浴びした後はまるで濡れネズミのようで、
お世辞にも美しいとは言い難いけど、ダイナミックな
水浴びは見てるほうも気持ちよくなって好きです(^^♪
その後の丹念な羽繕いも撮っていて楽しいです。
もう少し寒くなると、平地に降りてきてくれますね(^^♪

2020/10/17 (Sat) 09:46

hg  

お早うございます、ルリビタキ可愛いですね、雄や雌のみ分け方って難しいのですね。
動きが激しいですもの、水浴びの場面も難しいですよね?
富士さんに色んなのが居るのですね?どこにでも気軽に行かれて羨ましいです。

2020/10/17 (Sat) 09:47

のんびり熊  

こんにちは
ルリビタキさんは、成鳥になってから青い服を纏うのですか?
でも、3年以上生きるからこそ幸運の鳥になれるのかな?

2020/10/17 (Sat) 12:38

okko  

ルリビタキ

ルリビタキはまともに見たことがなく、ましてや写真に撮ったことも
ありません。私はヒタキ類の顔がとっても好きです。
お写真のルリビタキもとってもかわいい顔をしています。
水浴びシーンも美しくないかもしれないけど、こちらではなかなか見られないので
貴重です。

2020/10/17 (Sat) 12:48

りおん  

ルリビタキさんがしあわせの青い鳥さんになるまでに
そんなにお時間がかかるとは、知りませんでした@@
本当に貴重なのですね~・・・
この子は、腰のあたりが青いですが、
しあわせの鳥さんになりかけているところなのかしら?
お水浴びすると、ぐっしょりになってしまうので
お水浴び前にお写真を、というのはよくわかります~^^
うちのキレイな半分青い鳥の碧ちゃんも
お水浴び後は黒い鳥さんになってしまいますから~(。→ˇ艸←)プククッ☆

2020/10/17 (Sat) 15:22
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 幸せの青い鳥 とは
> 成長したルリビタキの雄だったのですね。

モーリス・メーテルリンクによる戯曲に出てくるもので、読む人が勝手にイメージするものでしょう。日本では、ルリビタキたオオルリなどをイメージしている方が多いのではないでしょうか。

> それも3年目位から青くなるのだということを知って
> ようやく歌の意味も分かりました。
> 僕の場合 歌というのは
> GSタイガースの「青い鳥」でした(笑)

タイガースの「青い鳥」を聞き直してみましたが、朴念仁の私には、今一つその辺のニュアンスがわかりませんでした。(^^;

2020/10/17 (Sat) 16:43
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん おはようございます。

うささん、こんばんは。

> ルリビタキの出が 今一とのことでしたが・・・沢山撮れましたね。

殆どが雌タイプで、成鳥雄と幼鳥とはそれぞれ1回のみでした。本来ならば、幼鳥は第1回目の冬羽に変わっている時期らしいですが、仕込みが遅れたのか、幼鳥の姿でいました。ラッキーでした。雌タイプは複数回出ましたので、もう少し間をおいて取り上げたいと思います。

> ルリビタキの雌と雄は若の頃は見分けが難しいですが
> 良く見ると青い部分の多いものと少ないものが居ますから
> 恐らく 雄と雌の違いかと思います。

確かに第2回冬羽だとちょっぴり雄らしさが出てくるようですが、第1回目の冬羽では微妙なようです。なので、雌タイプと表記しました。ただし、雄であれば繁殖能力があるとのことだそうです。『遅延羽色成熟』というものらしいですね。若いオスがメスや幼鳥に体を似せることで、力の強いオスとの闘争を避ける目的があると考えられているとか。
よく考えるものですね。

2020/10/17 (Sat) 16:56
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます。

ラブリーバードさん、こんばんは。

> ルリビタキ、可愛いですね。(^^♪

そうですね。大好きな鳥さんです。

> 鳥が水場に来たら水浴前に撮らないと駄目だと思います。
> 水浴後の鳥は体全体が濡れているので絵的には今一なので、ガイドさん
> のアドバイスは的を得てますね。

そうですね。今回のUP分は、到着して折り畳み椅子を出そうとしているところに飛んできて、あっという間に水に入ってしまいました。ややて遅れ気味で、比較的きれいなものを取り上げました。全く素早いったらありゃしませんね。爺さんをいたわってくれたらありがたいのですが。
雄は幼鳥とはそれぞれ1回しかきてくれませんでした。特に幼鳥は水浴びもせずに飛んで行ってしまいました。
祖pんな状況でしたが、最多登場の鳥さんは何とホシガラスでした。

2020/10/17 (Sat) 17:04
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

TDさん、こんばんは。

> ルリビタキの水浴びが、美しくない には 笑ってしましました。
> あのくらいやらないと、体の隅々までキレイにできないのでしょう。
> その後は 見られていることに気づいて、おしとやかな水浴びになったのでしょう。

(ФωФ)フフフ・・・、その後も激しくやっていました。見ている人のイメージを悪くしてしまうのは望むところではなく、カットしました。まあ、そうは言っても上品な鳥さんだと思います。

今回分は、到着直後で、お日様が十分に当たる前でした。なので、一寸暗い感じに見えるかもしれません。

2020/10/17 (Sat) 17:11
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

レンさん、こんばんは。

> 難しい光線なのに、流石上手い事撮ってますね!

この時は到着直後で、お日様が日陰でした。雌タイプだけは何度も出てきてくれました。

> 今回の奥庭で満足されたと思います。他の鳥さんも楽しみですね!

私としては、鷽のオスとキクイタダキを見たかったですが、この時期に欲を出してはいけませんね。
下界は霧雨でしたから、快晴での撮影はありがたかったです。その代わり、風が冷たく、防寒着を着込んでもなお寒かったです。

2020/10/17 (Sat) 17:16
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

葉月さん、こんばんは。

> ルリビタキの説明ありがとうございます。大変勉強になりました。
> 小鳥が長生きするのは大変なのですね。会えることがとても幸せです。

第2回冬羽だと雄と思しき個体は雄っぽく見えるようですが、…。成鳥のオスに攻撃を受けないようにしているようです。

https://orbis-pictus.jp/glossary/%E9%81%85%E5%BB%B6%E7%BE%BD%E8%89%B2%E6%88%90%E7%86%9F.php

2020/10/17 (Sat) 17:19

MT  

こんばんは!

バードガイドさんはそのほかに撮影についてもあれこれ指導していただけるのでしょうか。AzTakさんにとってはおさらい事項ばかりでは?!今日のお写真は立体感があって、私好みのお写真です。

2020/10/17 (Sat) 17:40
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます。~~☆★

小鳥遊(ht)

> ルリビタキ若、至近距離で綺麗に撮れましたね。
> Nice Shot !! (^.^)/~~~♡

此処は池にさえ来て呉れれば至近距離ではありますが、瑠璃の出方はちょっと渋く、雄と幼鳥は1回ずつでした。雌タイプは何度か出てくれました。

> 奥庭まで行った成果がありましたね。😄

あったのかなと思いました。贅沢を言ったらきりがありませんが。

悔しいのは、ピンボケが2割くらいあったことです。そこに良い感じで写る筈のショットがあったと思うのですが、それが残念でなりません。その時は、出てのすぐ後ろで、土手にピンがいきやすかったのです。そのシーンでAF―ON:NEARとAF―ON:FARとの使い方がやっぱりできていませんでした。
悔しいのでその翌日、新宿御苑のバラの花でうまく操作できるようになるまで練習しました。結論から言うと、使い方が間違っていました。

2020/10/17 (Sat) 18:43
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

turedureさん、こんばんは。

> ルリビタキさん、ほんまに可愛い表情です。
> 私の行く公園にもボチボチ渡ってきてくれても良い頃ですが、まだですわ。

う~~ん、さすがに早いのでは。冬鳥の一番乗りは尉鶲のようですね。

> 富士山での撮影・・・野鳥のポイントとしてはかなり良さそう。
> うーん・・・遠い・・・(+o+)

今回は下界は霧雨でしたが、3合目から上は快晴で、それはありがたかったのですが、風がとても冷たかったです。ウィンドボレーカー等を着用しましたが、寒くて震えていました。
亜高山帯に来られる鳥さんは種類が限られていますが、結構見たい鳥さんたちです。近かったら絶対おすすめなんですが。

2020/10/17 (Sat) 18:49
AzTak

AzTak  

Re: ルリビタキ

> おはよ~ございます(^^♪

かすみさん、こんばんは。

> 奥庭の水場といえば、ルリビタキやウソの水浴びですよね。

そうですね。どうした加減か、今回はルリビタキは雌タイプが4-5回、雄と羊腸と画角1回のみでした。渋かったですね。
鷽は、雌が1回だけでしたが、割と長居してくれました。皆さん、雄を待っているのかなと話をしていましたが、雄は現れずでした。

> 確かに、水浴びした後はまるで濡れネズミのようで、
> お世辞にも美しいとは言い難いけど、ダイナミックな
> 水浴びは見てるほうも気持ちよくなって好きです(^^♪
> その後の丹念な羽繕いも撮っていて楽しいです。

そうですね。

> もう少し寒くなると、平地に降りてきてくれますね(^^♪

ルリビタキはあと1か月くらい先でしょうか。
鷽ですが、バードガイド氏によれば、『山の上にいる個体はそこにとどまり、あまり高くないところにいる個体が我々のところに姿を見せてくれるようだ』という説が最近では有力になっているとか。何も根拠なしに専門家が言うはずがないと思いますが、そうだとすると大変だなあと思いました。

2020/10/17 (Sat) 18:57
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> お早うございます。

hgさん、こんばんは。

> ルリビタキ可愛いですね、雄や雌のみ分け方って難しいのですね。

3年目以上のオスだけは私でもはっきり判別できます。まあ、出来ない人はいないと思いますが。第1回冬羽は雄であっても特徴がかっきりしないようです。第2回冬羽は、それが雄の場合、ある程度はっきりしてくるようです。
なんでそんな羽色になっているのかというと、成鳥のオスに攻撃されないようにしているらしいです。『遅延羽色成熟』というものらしいです。

> 動きが激しいですもの、水浴びの場面も難しいですよね?

上手い人にはさほど難しくは無いように思います。私には何でも難しいものばかりです。(^^;

> 富士山に色んなのが居るのですね?どこにでも気軽に行かれて羨ましいです。

いろいろというほど鳥種が多いわけではなさそうですが、遭遇したら嬉しい鳥さんが居るのは確かです。高さによってみられる鳥さんが違ってきますから。

2020/10/17 (Sat) 19:06
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ルリビタキさんは、成鳥になってから青い服を纏うのですか?

そうなんですよ。遅延羽色成熟というものらしいです。要は、成鳥のオスに攻撃されないように雌か雄か判然としない格好をしているわけです。それでも繁殖能力はあるようですが。

> でも、3年以上生きるからこそ幸運の鳥になれるのかな?

小さな鳥さんが3年を生き延びるのはそれはそれで大変なんだと思います。やっと青い色になれたらうれしいことなんでしょうね。
白帯から黒帯になったような気分でしょうか。

2020/10/17 (Sat) 19:11
AzTak

AzTak  

Re: ルリビタキ

okkoさん、こんばんは。

> ルリビタキはまともに見たことがなく、ましてや写真に撮ったことも
> ありません。私はヒタキ類の顔がとっても好きです。

鶲は美人(鳥)ぞろいですよね。似た仲間をまとめて区分けするんですから、器量よしのグループがあるわけなんでしょうね。
羨ましい限りです。

> お写真のルリビタキもとってもかわいい顔をしています。

この時はもしかしたら雄が混じっているのです。第2回冬羽までは雄は雌にそっくりなんです。なので不思議なんですが、3年目以降のオスは青い羽になり、眼付もかなり鋭くなります。

> 水浴びシーンも美しくないかもしれないけど、こちらではなかなか見られないので
> 貴重です。

そうですね。

2020/10/17 (Sat) 19:26
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> ルリビタキさんがしあわせの青い鳥さんになるまでに
> そんなにお時間がかかるとは、知りませんでした@@
> 本当に貴重なのですね~・・・

青い鳥の方が強いようですし、攻撃的なんでしょうかね。成長途上のオスは攻撃をされないように雌そっくりにしているとか。
遅延羽色成熟というらしいですが、もう負けないのが3年目ということなんでしょうね。

> この子は、腰のあたりが青いですが、
> しあわせの鳥さんになりかけているところなのかしら?

雌タイプが雄だったとします。第1回(誕生の年ですね)冬羽は殆ど特徴がなく、識別はかなり難しいようです。第2回(誕生の翌年ですね)冬羽は、多少雄らしさが垣間見えるようです。
しこうして、このこたいは???う~~ん、私にはわかりません。

> お水浴びすると、ぐっしょりになってしまうので
> お水浴び前にお写真を、というのはよくわかります~^^
> うちのキレイな半分青い鳥の碧ちゃんも
> お水浴び後は黒い鳥さんになってしまいますから~(。→ˇ艸←)プククッ☆

走らしいですね。鷽なども肌に近い部分の羽色は黒なんだとか。それが見えてしまうようですね。

2020/10/17 (Sat) 19:34
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

MTさん、こんばんは。

> バードガイドさんはそのほかに撮影についてもあれこれ指導していただけるのでしょうか。AzTakさんにとってはおさらい事項ばかりでは?!今日のお写真は立体感があって、私好みのお写真です。

ここは、定点観測の場所なので、『〇〇が来た』と教えてくれるだけです。どちらの方角から来るとか、鳥の種別とか、〇〇の啼き声がしているから来るかもしれないとか、ですね。今回は出てきてくれませんでしたが、カヤクグリなどは歩いてやってきます。なので、見落とす方がほとんど。教えてもらうだけでもありがたいものです。帰りの車中では、出てきた鳥の解説などをしてくれます。

先日の探鳥ツアーでは、彼が居そうなところを探し、呼び寄せるのかじっくりかんさつしました。が、未だに真似は出来そうにありません。

さほど高いわけではなく、面白いと思います。

2020/10/17 (Sat) 19:42

ichan  

こんばんは

ルリビタキの美しい姿を堪能させて
頂きました。
幸せの青い鳥、欲しいものだと車に
求めた時期もありました。
無理がありました^^;

2020/10/17 (Sat) 20:36
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> ルリビタキの美しい姿を堪能させて
> 頂きました。
> 幸せの青い鳥、欲しいものだと車に
> 求めた時期もありました。
> 無理がありました^^;

ルリビタキのそんな神通力があるのか否かわかりません。但し、飯タイプは非常に可愛いので、見る人を和ませる力があると思います。かたや雄は、ちょいと厳しい目つきです。もしかしたら見る人の闘争心を掻き立ててくれる存在かもしれません。
まあ、私などのヘタな写真ではそうはならないかもしれませんが。

2020/10/17 (Sat) 22:23

RockyBird  

こんばんは

こんばんは。
ルリビタキの♀タイプが綺麗に撮れましたね。
水浴びすると羽衣がぐっしょりと濡れてみすぼらしい姿になりますので、水浴びをする前に撮るのがよいですね。
拍手!

2020/10/17 (Sat) 23:42
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

> こんばんは。

RockyBirdさん、こんばんは。

> ルリビタキの♀タイプが綺麗に撮れましたね。
> 水浴びすると羽衣がぐっしょりと濡れてみすぼらしい姿になりますので、水浴びをする前に撮るのがよいですね。
> 拍手!

ありがとうございます。この時は到着直後でした。なので、撮影準備中だったので、早くも水浴びに入ってしまったショットがほとんどでした。次の訪問がすぐあればいいなとやきもきしました。
それくらいルリビタキの出は渋く、その代わりホシガラスが寂しさを補ってくれました。

2020/10/18 (Sun) 04:51

makira  

おはようございます!

AzTakさん、おはようございます!
遠征すると鳥さんも美しく、ハッキリ撮れますね♪
ピントバッチリのルリビタキの眼が可愛いです!
最高のショットばかりです♪

2020/10/18 (Sun) 10:30
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます!

> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 遠征すると鳥さんも美しく、ハッキリ撮れますね♪
> ピントバッチリのルリビタキの眼が可愛いです!
> 最高のショットばかりです♪

有難うございます。これは木に登らなくてはいけませんか。そうか私はカバさんだったんでした。

2020/10/18 (Sun) 17:36

Leave a reply