明治神宮_1005(5)+カワセミ&鴛鴦&備忘メモ - 明治神宮_1005
FC2ブログ

明治神宮_1005(5)+カワセミ&鴛鴦&備忘メモ

本日は富士山5合目奥庭での野鳥撮影に臨む予定です。そのため、私からのアクセスはできません。また、コメント欄も閉じさせていただきます。お詫びに最新データの一部を末尾に添付します。

明治神宮御苑(3)
今回分は、望遠レンズで撮った分を取り上げる。
南池の睡蓮と河骨
なかなかきれいなものだった。カワセミも目の前を横切っていった。もう少し目が鳴れれば、何とか撮れたかもしれない。
南池の睡蓮と河骨_1
南池の睡蓮と河骨_2
南池の睡蓮と河骨_3
南池の睡蓮と河骨_4
南池の睡蓮と河骨_5
対岸のヤマガラ
撮ったままと拡大した画像。あの枝がらみの中に飛び込んだのが見えたので、写っていれば儲けものという感じで撮ってみた。フルサイズ換算800ミリで、被写体の位置が遠い場合は、かなりの無理がある。
対岸のヤマガラ_1
対岸のヤマガラ_2
対岸のヤマガラ_3
対岸のヤマガラ_4
近いところだとこんなふう
やっぱり近いところで見たい。ベンケイヤマガラもこんな感じで見ることができたらよかったのに。
近いところだとこんなふう_1
近いところだとこんなふう_2
近いところだとこんなふう_3
花さんはこんなふう
やはり大味になってしまうかな?
花さんはこんなふう_1
花さんはこんなふう_2
花さんはこんなふう_3
10月13日撮影データの一部
カワセミ
もう1羽と激しい縄張り争いを繰り広げていた。カワセミって、かなり激しい性格の様だ。
カワセミ1
カワセミ2
オシドリ
証拠写真レベルだが、樹陰に雌雄1羽ずつが居た。漸く探し出すことができた。トリミングなし。
オシドリ
"AF On Near"の効果
何もしないと後方にピントが行ってしまい、撮りたい鳥さんが霞んでしまっていた。それを見えるようにした。前後のショットを見比べていただきたい。その差は大きいと思う。先日のベンケイヤマガラでは、この逆の"AF On Far"が使えていれば、もう少しましな画になったはずだ。だが、『動物認識AF』だけで最初からうまくいかないものなのか。完成度の高さを自慢するようになってほしいものだ。
使用前
使用後
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年10月14日
最終更新 2020年10月14日