江戸東京たてもの園(18) - 江戸東京たてもの園_2012_December
FC2ブログ

江戸東京たてもの園(18)

W7田園調布の家(大川邸)(でんえんちょうふのいえ)

1925年(大正14)郊外住宅地の一つである大田区田園調布に建てられた住宅です。
居間を中心に食堂・寝室・書斎が配置されています。また、当時としては珍しく全室洋間となっています。
[大田区田園調布四丁目/1925年(大正14)]


建てたのは当時の鉄道省の土木技師大川栄氏で、創建当初は、夫婦と子ども2人、お手伝いさんの合計5人で住んでいたそうだ。当時は殆ど無かっただろう全館洋室の建物で、モダンな生活を楽しんだのだろう。
田園調布の家(大川邸)_1
田園調布の家(大川邸)_2
田園調布の家(大川邸)_3
田園調布の家(大川邸)_4
田園調布の家(大川邸)_5
田園調布の家(大川邸)_6
田園調布の家(大川邸)_7
我が家にも同じミシンがあった
田園調布の家(大川邸)_8
田園調布の家(大川邸)_9
田園調布の家(大川邸)_10
田園調布の家(大川邸)_11
都市ガスで沸かすポットのようだ。骨董品もいいところ。
田園調布の家(大川邸)_12
超モダンなキッチン。当時の主婦垂涎の的だったのでは。
田園調布の家(大川邸)_13
田園調布の家(大川邸)_14
田園調布の家(大川邸)_15
田園調布の家(大川邸)_16
田園調布の家(大川邸)_17
田園調布の家(大川邸)_18
田園調布の家(大川邸)_19
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年02月06日
最終更新 -0001年11月30日

16 Comments

There are no comments yet.

Mika  

こんなモダンな家に住んでいたとなれば
やっぱりお手伝いさんもいたんですね・・・うらやましい(笑)
足踏みミシン懐かしい~。でも、これすごく重いんですよ(^^;
キッチンと居間の間の窓(仕切り)は、
開け閉めできるようになっているようですね。
このデザインなら、今でも十分いけますね(^^)v
お風呂場あまりにもシンプルすぎて笑えました。

2013/02/06 (Wed) 03:55

makira  

こんばんは

AzTakさん こんばんは
「田園調布に家が建つ」の田園調布ですね!
鎌倉の洋館の隣りにあってもおかしくないたたたずまいですね!
夫婦と子ども2人、お手伝いさんの合計5人ですか!
お手伝いさんと言うのがステータスだったのでしょうか?
全室洋間とはここで育った子供は大きくなって逆に苦労したのではないかと変な心配をしてしまいました。
確か、鎌倉の洋館で、子供の将来のために和室を設けたような話があったので・・・
短期間ならいいですが、長くは住みたくないですね!笑)
これは負け惜しみでしょうか?笑)

2013/02/06 (Wed) 05:39

AzTak  

Re: タイトルなし

Mikaさん、お早うございます。

> こんなモダンな家に住んでいたとなれば
> やっぱりお手伝いさんもいたんですね・・・うらやましい(笑)

裕福な階層だったんでしょうね。自分で何でもこなせる楽しみ、これに勝るものはありませんよ。

> 足踏みミシン懐かしい~。でも、これすごく重いんですよ(^^;

SINGERのミシンは子供の頃、何度かいたずらに使ったことがあります。
洋裁の才能は皆無だったようでした。

> キッチンと居間の間の窓(仕切り)は、
> 開け閉めできるようになっているようですね。
> このデザインなら、今でも十分いけますね(^^)v

本当に今でも通用しそうなモダンな使いやすいデザインですね。

> お風呂場あまりにもシンプルすぎて笑えました。

お風呂場もこうした感じのものを使っていたことがあります。結構流行っていたのかもしれません。夏は涼しくて快適なんですが、冬は結構寒々とした空間になるんですよね。我が家では次から次へと間断なく入るようにしていました。この家は、当時のエリートさんだったから、入りたいときに入ったことでしょうね。
浴槽の穴が横についているのって最近では珍しい施工例だと思います。普通は足を伸ばすあたりにあるんですが。

2013/02/06 (Wed) 07:28

AzTak  

Re: こんばんは

> AzTakさん こんばんは

makiraさん、お早うございます。

> 「田園調布に家が建つ」の田園調布ですね!
> 鎌倉の洋館の隣りにあってもおかしくないたたたずまいですね!

そうですね。でも、こういうところに移築してついでに補強したりしていなければ、かなりガタがきていたかもしれません。

> 夫婦と子ども2人、お手伝いさんの合計5人ですか!
> お手伝いさんと言うのがステータスだったのでしょうか?

今と違い、人件費がそれほどかかるわけじゃなかったはずです。行儀見習いの子に田舎から来てもらうようなことはそれほど稀ではなかったのでは。ステータスといえばステータスなんでしょうが。

> 全室洋間とはここで育った子供は大きくなって逆に苦労したのではないかと変な心配をしてしまいました。
> 確か、鎌倉の洋館で、子供の将来のために和室を設けたような話があったので・・・
> 短期間ならいいですが、長くは住みたくないですね!笑)
> これは負け惜しみでしょうか?笑)

昔は私もそう思っていたんですが、膝の大怪我をしてから、正座がつらい、畳の間で立ち上がるのがつらい、などの困った状況が出てきて、考えがガラッと変わりました。老人になると、筋力が相当に弱るので、…生活支援員などをしていて、その際に観察していると、老人が暮らしやすい家は決して和室で決まりという訳では無さそうな気もしています。
生まれた時から洋間生活を続けていれば、もう少し足が長くなったかもしれませんしね。(笑)

2013/02/06 (Wed) 07:45

maverick07  

おはようございます♪
モダンで貴族が住んでいる雰囲気がありますね!・
現在の価格に合わせると何億円?位の建物なんでしょうね~

そちらは今日、雪の予報ですが大丈夫でしょうか?
雪による事故など気を付けてくださいね(^o^)

2013/02/06 (Wed) 07:51

dさん  

こんにちは

田園調布は、兵庫県の芦屋と並んで高級住宅街で有名ですね
芦屋は、関西方面に親戚が多い関係で、時々訪れた経験があります。
(私の親戚で芦屋に住んでるようね上流階級はいませんが”笑”)

写真に写っていたミシンはやはりシンガーミシンですかね
それから、この電話機使った経験がありますよ
交換手のお嬢様に、隣の家の電話番号を告げたら、『歩いたほうが早いでしょ』と言われたのが、笑い話の思いでになっています。・・古き良き時代でしたねえ

2013/02/06 (Wed) 08:56

AzTak  

Re: タイトルなし

> おはようございます♪

maverick07さん、お早うございます。

> モダンで貴族が住んでいる雰囲気がありますね!・
> 現在の価格に合わせると何億円?位の建物なんでしょうね~

建物だけだと億まではいかないと思います。しっかりとした造作ではありますが、広壮な住宅という程ではないですから。田園調布という土地ですから、今だと土地代がバカにならないと思いますが。
家屋自体は、華族様のお屋敷ではなく、当時の高級勤め人の家ですね。それなりのものです。

何ヶ月か家庭教師のピンチヒッターで、田園調布のあるお屋敷に伺ったことがありました。大変なセレブの方で、名前を出すわけにはいきませんが、まさしく華麗なる閨閥がそのまま当てはまる感じでした。そこでおやつに出された高級アイスクリームが美味しくて忘れられません。勿論この大川家とは桁違いの大きさでした。

> そちらは今日、雪の予報ですが大丈夫でしょうか?
> 雪による事故など気を付けてくださいね(^o^)

1月14日の積雪以上との予報でしたが、朝方に霙が雨に変わり、その後、雪に変わり、ひとしきり激しく降った後、小雪模様…というふうにめまぐるしく変わっています。このまま推移して雪掻きしなくて済むように終わってほしいものです。

2013/02/06 (Wed) 09:41

AzTak  

Re: こんにちは

dさん、お早うございます。

> 田園調布は、兵庫県の芦屋と並んで高級住宅街で有名ですね
> 芦屋は、関西方面に親戚が多い関係で、時々訪れた経験があります。
> (私の親戚で芦屋に住んでるようね上流階級はいませんが”笑”)

住宅地としては最高級に位置付けられていますが、庶民がここに紛れ込んでも納得のいく生活は出来そうにもありません。高級なお店ばかりですし、勤め人の生活に向いているような街ではありません。渋谷へ2つ先の都立大学駅のほうがよほど住みやすいですよ。

> 写真に写っていたミシンはやはりシンガーミシンですかね

そうです。このミシンは我が家にもあり、かなりいたずらして楽しんだもので、懐かしく思いました。

> それから、この電話機使った経験がありますよ
> 交換手のお嬢様に、隣の家の電話番号を告げたら、『歩いたほうが早いでしょ』と言われたのが、笑い話の思いでになっています。・・古き良き時代でしたねえ

ここまで古くはなかったですが、似たようなものが我が家にもありました。『磐城のXXX番ですが、東京まで市外通話をお願いします』なんてやっていました。近隣の家には殆ど電話がありませんでした。
こうしたネット上のやり取りだって、電話の応用形だし、今と比べると隔世の感がありますね。

2013/02/06 (Wed) 09:52

kimama  

明るい陽射しがふりそそぐ室内、優雅な暮らしぶりが見てとれます...
本当に現代でも不自由なく快適に生活ができますね。
こう言う純様式の屋敷では当時履物はどうしていたのでしょうか...やっぱり家に入るときはスリッパに履き替えていたのでしょうかね...

2013/02/06 (Wed) 10:23

AzTak  

Re: タイトルなし

kimamaさん、連続してコメントをいただき有り難うございます。

> 明るい陽射しがふりそそぐ室内、優雅な暮らしぶりが見てとれます...
> 本当に現代でも不自由なく快適に生活ができますね。

快適に住むことができる家だろうなと思いながら見学していました。実際に満足感があったことだろうと思います。

> こう言う純洋式の屋敷では当時履物はどうしていたのでしょうか...やっぱり家に入るときはスリッパに履き替えていたのでしょうかね...

確か記憶では入り口で土足をぬぎました。当時もスリッパかそれに類したものを使用していたと思います。日本は、靴を履きっぱなしの文化ではありませんから。
日本人としてのこだわりは、そのことと浴槽とにあったように思いました。たんびにバスタブにお湯をはり、身体を洗う西洋式ではなく、浴室内の床で身体を洗い、石鹸を洗い流してじっくり入浴する和式のスタイルです。日本人はこうでなくっちゃいけません。って、急に国粋主義者みたいな口調になってしまいました。

2013/02/06 (Wed) 13:14

犬山にゃん太郎  

まるで黒澤明の「野良犬」に出てくるピアノの家のようですねえ。
キッチンの白い色が、なんかいいですねえ。

こちらでは、こんな眺めの家は旧知事公舎以外に見たことがありませんが、
一般家庭ではあったにしてもそういう家はだいたい塀に囲まれてますもんねえ。

2013/02/06 (Wed) 14:43

AzTak  

Re: タイトルなし

犬山にゃん太郎さん、こんばんは。
新潟を凌ぐほどの降雪があるのかと戦々恐々としていましたが、新潟並に雪が降りませんでした。天気予報大外れですね。まあ、外れてよかったんですが。経済を復興させるべく奔走しているときに、大雪に足を取られるのは避けたかったですから。

> まるで黒澤明の「野良犬」に出てくるピアノの家のようですねえ。
> キッチンの白い色が、なんかいいですねえ。

黒澤明の「野良犬」を見ていなくて、ごめんなさい。リメイク版を途中まで見たんですが、あまりに暗いストーリーで展開するので、最後の方は視聴を止めてしまいました。
相当綺麗に使っていた家だと思いました。多少は移築に当たって小修理を施してはいるでしょうが、コンセプトは忠実な復元のはずですから。女中さんがこき使われたのかもしれませんね。

> こちらでは、こんな眺めの家は旧知事公舎以外に見たことがありませんが、
> 一般家庭ではあったにしてもそういう家はだいたい塀に囲まれてますもんねえ。

そうですねえ。東京でも似たような状況ではないでしょうか?ごく近くに王貞治氏の自宅があります。昔、越してきた当初はリッカーの会長さんの家だったところを買い取ったので外からよく見える和風の上品な家でした。引退して、家を建て直してからは、要塞のようになってしまい、外からは彼がどんなふうに生活しているのか一切わからなくなりました。もっとも、福岡にいることが多いんでしょうが。

2013/02/06 (Wed) 17:44

きみひと@  

こんばんは~
おお、とてもモダンで歴史を感じる建築物ですね。
見てるとなぜか、長崎のグラバー邸を思い出しました。
設計者とかは違う人のはずなんですけどね。
内部は洋風なんだけど、どことなく古き良き日本を感じます。

2013/02/06 (Wed) 21:25

Roman  

こんばんは!
江戸東京たてもの園というのは「小金井公園」の中にあるんですよね。
いつの間にこんなにたくさん建物が移築されたのでしょう。
一部が出来ていることは昔聞いていたのですが、知らなかったです。
武蔵小金井には母も兄もいるので時々行くので今度寄ってみたいと思います。

2013/02/06 (Wed) 21:48

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは~

きみひと@さん、こんばんは。

> おお、とてもモダンで歴史を感じる建築物ですね。
> 見てるとなぜか、長崎のグラバー邸を思い出しました。
> 設計者とかは違う人のはずなんですけどね。
> 内部は洋風なんだけど、どことなく古き良き日本を感じます。

施主の鉄道省の土木技師大川栄氏は、仕事柄外国出張などもあって、外国の建物にもある程度以上通じていたんでしょう。洋間ばかりにしたのに、土足のままwalk-inではなく履き替えるようにしたり、浴室を日本式にしたり。日本人が毎日生活するのに疲れないしつらえにしてありました。
だから疲れる感じがなかったんだろうし、紛うかたなき日本の洋風建築を作り上げたんでしょうね。今直ぐにでも住んでみたいと思ったくらいです。

2013/02/06 (Wed) 21:51

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは!

Romanさん、こんばんは。

> 江戸東京たてもの園というのは「小金井公園」の中にあるんですよね。
> いつの間にこんなにたくさん建物が移築されたのでしょう。
> 一部が出来ていることは昔聞いていたのですが、知らなかったです。
> 武蔵小金井には母も兄もいるので時々行くので今度寄ってみたいと思います。

小金井公園には1954年から1991年まで、古代住居や江戸時代の農家を移築・展示する武蔵野郷土館があったそうです。それが、江戸東京博物館の開館に合わせて、武蔵野郷土館を拡充する形で1993年(平成5年)3月に開園したのが、江戸東京たてもの園です。
と書くと格好がよく見えますが、再三再四陳情してやっと都に引き受けさせたようです。ボランティアの限界だったのでしょうね。
もう間もなく移築中のものが竣工して、合計で30棟になります。小金井公園に確保した敷地は満杯になるとのことです。それから先はどうするのか、猪瀬都知事に質問してみたいところです。

近くに親兄弟がいらっしゃるならば、ついでです。是非足を運ばれたら如何でしょうか?多分嵌まるんじゃないでしょうか?もしかしたら、それ以上のことを調べたくなるかもしれません。

2013/02/06 (Wed) 22:09

Leave a reply