多摩動物公園(10) - 多摩動物公園_2020_Jul
FC2ブログ

多摩動物公園(10)

フライングケージの鳥さんたち(2)
オオワシにばかり気を取られて、ヒメコンドルを見逃してしまったようだ。居たのかなあ?肝心のオオワシは、かなり気が弱そうに見える個体だった。まあ、愛嬌たっぷりと言えなくもなかったが。
ダルマワシ
目が見えないなあと探していた。やっと見つけたが、実に意外なところだった。お判りいただけるだろうか?堂々たる風貌には似合わない感じの可愛らしい目だなあ。
解説では、一日の殆どを空中ですごすと記されていた。このフライングケージは決して狭小だとは思わないが、気兼ねなく飛翔するのはやはり狭小なのだろうか?

ダルマワシ_1
赤い部位は、肌が露出している部位の様だ。ちょっと見には嘴のように見えなくもないが、そこに目があるわけはなかろう。
ダルマワシ_2
見ようによっては、お猿さんのように見えなくもないなあ
ダルマワシ_3
ダルマワシ_4
ほかのワシの仲間と違い、飛ぶときに少し体をゆすりながら、楽々と飛びまわります。木の上をねぐらにし、明け方の冷え込みが去るとすぐに飛び立って、一日の殆どを空中ですごします。左右のバランスをとりながら高速で滑空する飛び方から、「軽業師」を意味するフランス語のBateleurという英名がつけられています。外見に似合わず、臆病なところもあります。
オオワシ
私を睨みつけたのではなく、ずっと追いかけまわしていた方を睨みつけたのかな?
オオワシ_1
オオワシ_2
この時だけは、流石は日本に来る猛禽類の王者の貫禄を感じた。この時だけだったが。
オオワシ_3
オオワシ_4
一寸すごみが足らないなあ。そんな気が優しいところがあるから捕獲されて、此方に来たのかな?
オオワシ_5
オオワシ_6
オオワシ_7
オオワシ_8
オオワシ_9
何かに驚いて逃げ出したかのように見えた。王者の風格が感じられないなあ。
オオワシ_10
オオワシ_11
オオワシ_12
一寸だけ飛んだ
オオワシ_13
オオワシ_14
種としての総個体数は約4,600~5,100羽と推定、減少傾向にある(IUCN, 2013)
北海道東部を中心に約1,400~1,700羽が各地に分散して越冬

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年08月05日
最終更新 2020年08月05日

28 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

ワシの顔は一見怖いような感覚を
覚えますがこうして
しっかりと見せてもらうと
なんとなく可愛く見えてきました。
口ばしは鋭いけれど眼がきれいですよね。
でもこんなワシが自分の近くにいると思うと
ゾッとします。
信長は怖くなかったのだろうか?
あ!信長はワシではなく鷹でしたっけ?

2020/08/05 (Wed) 05:07

MT  

おはようございます

こうやって改めてオオワシのクチバシを見ると頑丈に出来ているものだと思います。このクチバシは獲物の捕食はもちろんのこと、効果的に生き物の肉をえぐり取れそうだと思います。さすが、食物連鎖の頂上に立つ猛禽ですね。こういう観察ができるのは動物園のメリットですね。

2020/08/05 (Wed) 07:11

turedure  

おはようございます

多摩動物公園には野鳥の猛禽類でもいろいろな種類を揃えていますね。
散歩コースの上空では時々鳶が円を描くように飛翔していますが、
鷲を含めて実際には見たことがありません。

総個体数が減少傾向とは、地球の環境変化によるのかなぁ・・・。

2020/08/05 (Wed) 07:23

鏡花水月  

AzTak様、おはようございます!
ダルマワシのビビッドな配色楽しいですね。
顔の赤が私もくちばしに見えました。
つぶらな目がカワイイ!

2020/08/05 (Wed) 07:24

りおん  

ダルマワシさん、かわいい~(*´艸`)
おめめが全然鋭くないんですね@@
虹彩が茶色いので、黒目勝ちにみえるからでしょうね。
うちの碧ちゃんも、虹彩が茶色くておめめかわいいんです~^^
横から見ると、頭の羽が膨らんで
インディアンのように見えました~^^
飛んでいる姿を見てみたいものですね~!!

オオワシさんは、やっぱり暑そう~^^;
大きな鳥さん、やっぱり好きだな~💖

シロフクロウさん、花鳥園にいる子も
夏は茶色っぽい羽になっていましたよ~^^

2020/08/05 (Wed) 10:47

x都人x  

動物園は色んな鳥さんに出会えて楽しいですよねー

ダルマワシですか~赤い顔で俺が酒を呑んだ時みたいで
面白いな^^
オオワシは近くで見ると大きくて
迫力ありますよね!

2020/08/05 (Wed) 11:13

K.R.M  

おはようございます

オオワシの嘴、凶器そのものですね。
爪も鋭く、よく鷲掴みといったものですね。
流石日本最大の猛禽類ですね。

2020/08/05 (Wed) 11:50

かすみ  

ワシ類

ダルマワシっていうのがいるんですね。
初めて見ました。どこの国の鳥さんなんでしょう?
赤い部分は嘴かと思ったら皮膚なんですね。
そこに黒いつぶらな瞳が可愛いです(^^♪
オオワシの大きな黄色い嘴は頑丈そうですね。
鷲と鷹の違いは大きさなんだそうですね。。

2020/08/05 (Wed) 16:23

さゆうさん  

こんにちは。
猛禽類は、自然の中で見るのが一番、動物園で見ると迫力にかけますね。
矢張り空腹状態の方が迫力が出るのかな。

2020/08/05 (Wed) 16:25

のんびり熊  

こんばんは
諏訪湖にオオワシの『グル』が20年ほど毎年来ていたが、昨シーズンは来なかったようだ。
如何したのかな?
初めて来たときに幼鳥が紛れ込んだみたいだったが傷を負っていて治してあげたら、20年ほども来てくれて愛鳥家たちのみならず楽しませてもらった。
元気でいると良いが・・・・

2020/08/05 (Wed) 17:39

うさ  

 動物園は 流石に沢山の 鳥が居ますね。
オオワシは 涸沼でしか 撮ったことはありません。
 ハチドリが居れば 見に行きたいですね。

2020/08/05 (Wed) 18:08
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> ワシの顔は一見怖いような感覚を
> 覚えますがこうして
> しっかりと見せてもらうと
> なんとなく可愛く見えてきました。
> 口ばしは鋭いけれど眼がきれいですよね。

そうですか。ビビりの私などは何でも恐ろしく見えてしまいますが、感じ方は人それぞれなんでしょうね。

> でもこんなワシが自分の近くにいると思うと
> ゾッとします。

そんなにいませんよ。というか、どんどん数を減らす一方なのが問題なのかもしれません。日本の煮る野生動物で増えているのは、シカ、猿などくらいでしょうかねえ。

> 信長は怖くなかったのだろうか?
> あ!信長はワシではなく鷹でしたっけ?

信長も家康も鷹狩りがお好きだったようですね。徳川将軍家の鷹狩りは我が家のそばでやっていたんです。主人を襲ったりはしない頭の良さがあるようです。

2020/08/05 (Wed) 19:49

おかめパッチ  

こんばんは

ダルマワシ、可愛いです^^
海外の鳥さんは色合いが違いますね
日本は渋い感じの鳥が多いような・・・

オオワシさん、ずっと「暑い」体勢ですね
鳥は、こんな感じでだらっと翼広げて熱を逃がす子が多いかも
寒いとほわほわもこもこ
鳥類はみんな基本は臆病(顔が怖い猛禽類も)だと思います
その割に好奇心が強いという・・・(;'∀')危険

前回の花鳥園のフクロウさんたちのご飯は、
ピザ皿みたいな容器にびっしり敷き詰められたマウスさんでした(汗)

2020/08/05 (Wed) 20:01
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> こうやって改めてオオワシのクチバシを見ると頑丈に出来ているものだと思います。このクチバシは獲物の捕食はもちろんのこと、効果的に生き物の肉をえぐり取れそうだと思います。さすが、食物連鎖の頂上に立つ猛禽ですね。こういう観察ができるのは動物園のメリットですね。

オオワシは強靭な嘴と趾とが最大の武器なんでしょうね。主食は大型の魚でしょうかね。とにかくひっつかむまでは趾で頑張り、どこかに運んだら、嘴が役立つのでしょうかねえ。
敵にはなりたくない感じですねえ。

2020/08/05 (Wed) 20:12
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

turedureさん、こんばんは。

> 多摩動物公園には野鳥の猛禽類でもいろいろな種類を揃えていますね。

割とたくさんの種類がいますよね。

> 散歩コースの上空では時々鳶が円を描くように飛翔していますが、
> 鷲を含めて実際には見たことがありません。

トビは漁業の町に住んでいましたから、身近な猛禽さんでした。2mくらいの近さで撮ったこともあります。空を舞っているときは普通の大きさにしか見えませんが、すぐそばにいると、やっぱり迫力がありますね。

> 総個体数が減少傾向とは、地球の環境変化によるのかなぁ・・・。

そうなんでしょうねえ。野生の生き物が増えも減りもしない環境が一番かと思いますが、そううまくはいかないようですね。

2020/08/05 (Wed) 20:20
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTak様、おはようございます!

鏡花水月さん、こんばんは。

> ダルマワシのビビッドな配色楽しいですね。
> 顔の赤が私もくちばしに見えました。

そう見えますよねえ。皮膚のすぐ下は骨のようですねえ。顔のたるみなど無縁のようです。

> つぶらな目がカワイイ!

ハートをきゅんと撃ち抜かれました。

2020/08/05 (Wed) 20:24
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> ダルマワシさん、かわいい~(*´艸`)
> おめめが全然鋭くないんですね@@
> 虹彩が茶色いので、黒目勝ちにみえるからでしょうね。

実際に眺めていると、それほど気が強そうな猛禽さんじゃなさそうです。もう少し小さかったら、買ってみたいと思う方も少なくないような気がしました。でも大きいです。エサ代だけで相当な物入りかもしれませんね。ケージも相当大きくしなくては。

> うちの碧ちゃんも、虹彩が茶色くておめめかわいいんです~^^

(ФωФ)フフフ・・・、良く存じています。

> 横から見ると、頭の羽が膨らんで
> インディアンのように見えました~^^
> 飛んでいる姿を見てみたいものですね~!!

前回行ったときは結構飛んでいたような記憶が。今回はくそ暑くて、人間も猛禽さんも動きたくなかったかも。飛んでいるときは空冷で気分が良いことでしょうが、飛び終えたら強烈な熱風が押し寄せる感じかも。


> オオワシさんは、やっぱり暑そう~^^;
> 大きな鳥さん、やっぱり好きだな~💖

そうですか。鳥さんのトレーナーなどがお似合いかもしれませんね。皆さん、楽しそうにやられていますよね。

> シロフクロウさん、花鳥園にいる子も
> 夏は茶色っぽい羽になっていましたよ~^^

そうですか。確認不足で間違っていなかったようで、良かったです。

2020/08/05 (Wed) 20:35
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 動物園は色んな鳥さんに出会えて楽しいですよねー

そうですねえ。こちらのフライングケージは大型の猛禽さんばかりですから。相当な迫力ですよ。比較的小さい筈のイヌワシでも相当なものです。顔つきは尤もいかめしいです。

> ダルマワシですか~赤い顔で俺が酒を呑んだ時みたいで
> 面白いな^^

赤ら顔とは思いませんでしたが、猿のような顔だなと思いました。

> オオワシは近くで見ると大きくて
> 迫力ありますよね!

さすがは日本に飛来する最大も猛禽さんだけあります。頭上を飛ばれたら風圧を感じるかも。私の場合は、特にかも。

2020/08/05 (Wed) 20:43

ichan  

こんばんは

オオワシの個体数が減少しているようですね。
居住地近くの場所で保護活動を行っている
団体があります、頭が下がる思いです。

2020/08/05 (Wed) 21:08
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

K.R.Mさん、こんばんは。

> オオワシの嘴、凶器そのものですね。
> 爪も鋭く、よく鷲掴みといったものですね。
> 流石日本最大の猛禽類ですね。

そうですね。根室あたりだと冬には相当観察できると思いますが、釧路ではいかがですか?
早春の道東だとみられるようですが、行くだけでも大変なんでしょうね。

2020/08/05 (Wed) 21:51
AzTak

AzTak  

Re: ワシ類

かすみさん、こんばんは。

> ダルマワシっていうのがいるんですね。
> 初めて見ました。どこの国の鳥さんなんでしょう?

アフリカ中央部のコンゴ盆地やロペ=オカンダの熱帯雨林を除くサハラ砂漠以南のアフリカに生息する猛禽さんだそうです。それこそ青天井の世界に生きてきて、まさか、極東に京証のフライングケージに入れて飼育されるとは思わなかったことでしょうね。
起きて入り間のほとんどの時間を飛んでいる鳥さんのようです。翼を動かしたのではそんなに続かないと思いますから上空を滑空しているのでしょうかねえ。そうだとすると、大きくてもこのケージでは本来の修正を発揮できないのかもしれませんね。

> 赤い部分は嘴かと思ったら皮膚なんですね。
> そこに黒いつぶらな瞳が可愛いです(^^♪

私も同感です。

> オオワシの大きな黄色い嘴は頑丈そうですね。
> 鷲と鷹の違いは大きさなんだそうですね。。

EagleとHawkとのちがいですか。よくわかりませんが、大きさでざっくり区分するようですね。いずれにしても取り上げたものはいずれも鷲の方ですね。

2020/08/05 (Wed) 22:03
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

さゆうさん様、こんばんは。

> 猛禽類は、自然の中で見るのが一番、動物園で見ると迫力にかけますね。

それは言うまでもありませんが、なかなか生息地にまで足を運ぶことができない方も少なくないでしょう。というか殆ど大多数がそうなのでは。野生動物をストレスで死なせてしまうことのない様に慈しみながら飼育し、来場者にも楽しんでいただく。全否定するものではないとは思います。

> 矢張り空腹状態の方が迫力が出るのかな。

空腹状態の方が迫力は出ると思いますが、その分、怒りっぽくなり、仲間内での激しい喧嘩なども起きてしまうのかも。難しいところなんでしょうね。

2020/08/05 (Wed) 22:10
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 諏訪湖にオオワシの『グル』が20年ほど毎年来ていたが、昨シーズンは来なかったようだ。
> 如何したのかな?
> 初めて来たときに幼鳥が紛れ込んだみたいだったが傷を負っていて治してあげたら、20年ほども来てくれて愛鳥家たちのみならず楽しませてもらった。
> 元気でいると良いが・・・・

オオワシの寿命は野生の中では20~25年と言われています。 2002年まで札幌の円山動物園にいたオオワシは52歳(推定)まで生きたそうです。ということから考えると、そろそろ長距離の遠征が難しくなってきたのかもしれません。でも、この冬にひょっこり現れるかも。期待しながら待つしかないのでは。

2020/08/05 (Wed) 22:17
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

うささん、こんばんは。

>  動物園は 流石に沢山の 鳥が居ますね。
> オオワシは 涸沼でしか 撮ったことはありません。

本格的に撮るならば道東まで行きたいところでしょうが、バーダー憧れ日は遠く、なかなか行けません。涸沼で観察&撮影ができたなら御の字かもしれませんね。

>  ハチドリが居れば 見に行きたいですね。

チャムネエメラルドハチドリは、多摩動物公園の昆虫園の中にいる(た)らしいですね。そうか、いつも根性が無くてやむを得ずパスしていたところにいる(た)のか。う~~ん。

2020/08/05 (Wed) 22:32
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

おかめパッチさん、こんばんは。

> ダルマワシ、可愛いです^^
> 海外の鳥さんは色合いが違いますね
> 日本は渋い感じの鳥が多いような・・・

生息環境から目立たない色合いを求めるようになるからでしょうかね。日本の鳥が熱帯雨林などに行ったら、却って目立って仕方が無かったりするのかもしれません。

> オオワシさん、ずっと「暑い」体勢ですね
> 鳥は、こんな感じでだらっと翼広げて熱を逃がす子が多いかも

そうなんだそうですね。脱臼でもしたのかなと思うような恰好を見ると驚いてしまいます。

> 寒いとほわほわもこもこ

これは容易に想像できますね。

> 鳥類はみんな基本は臆病(顔が怖い猛禽類も)だと思います
> その割に好奇心が強いという・・・(;'∀')危険

臆病なくらいの方が長生きできるようです。憶病でない個体は、すぐ事故死の運命が待っているのかも。

> 前回の花鳥園のフクロウさんたちのご飯は、
> ピザ皿みたいな容器にびっしり敷き詰められたマウスさんでした(汗)

あれまあ、そうでしたか。おそらく大好物なんでしょうね。(^^;

2020/08/05 (Wed) 22:40
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> オオワシの個体数が減少しているようですね。
> 居住地近くの場所で保護活動を行っている
> 団体があります、頭が下がる思いです。

長いこととりとりをされているかたにきくと、ふつうのやちょうさんもげきげんしたようにきこえてきます。それだけ、地球の環境が良くなくなってきたということなんでしょうかねえ。何とか数を維持するくらいにはなってもらえないかと思いますが、…。

2020/08/05 (Wed) 22:44

makira  

こんばんは!

AzTakさん、こんばんは!
凄い、凄い! 囲いの網が全く写っていません!
戸外での撮影のようです。流石です!

2020/08/07 (Fri) 00:34
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは!

> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 凄い、凄い! 囲いの網が全く写っていません!
> 戸外での撮影のようです。流石です!

これは被写体の位置がよかったからでしょう。同じ条件だったら、最近のカメラだと、こんなふうに撮れると思います。
ですが、G8のときは金網やネットが全く苦手でした。G9 PROになってから飛躍的に改善されたかもしれません。

2020/08/07 (Fri) 20:15

Leave a reply