江戸東京たてもの園(16)  2013/01/26 09:09追記 - 江戸東京たてもの園_2012_December
FC2ブログ

江戸東京たてもの園(16)  2013/01/26 09:09追記

W2三井八郎右衞門邸(みついはちろうえもんてい)(1)
港区西麻布に1952年(昭和27)に建てられた邸宅です。
客間と食堂部分は、1897年(明治30)頃京都に建てられ、戦後港区に移築されたものです。また、蔵は1874年(明治7)の建築当初の土蔵に復元しました。
[港区西麻布三丁目/主屋:1952年(昭和27)土蔵:1874年(明治7)]

あの三井財閥当主の邸宅であるから、もっと広壮な邸宅だと思っていた。その予想はあっさり覆させられた。元々の今井町(現在の港区六本木2丁目)邸ははるかに広壮な邸宅だったが、昭和20年5月の空襲で蔵の一部を除いて焼失。戦後、昭和27年に新たに麻布笄町(現在の港区西麻布3丁目)に西麻布邸を再建したものだそうだ。その折に大幅にダウンサイジングしたわけだ。以前の十分の一にも満たないとのことだそうだ。とはいえ、京都油小路・神奈川大磯・世田谷用賀・今井町の三井家に関連する施設から建築部材・石材・植物など、めぼしいものを掻き集めたようで、内部の豪華さは眼を見張るものがある。
やはり三井の当主の邸宅だけのことはある。

今回、取り上げているキッチンや配膳室などの北側のスペースは、その他に浴室・洗濯室、女中室などのサービス部分があり、コンクリートブロックによる組石造りだそうだ。なお、次回取り上げる南側スペースは、居室を木造の和風建築としているが、生活は畳の上に絨毯を敷き、机・椅子を置く和洋折衷だそうだ。

入り口付近
門柱にはこの屋敷にふさわしい門扉がしつらえてあったと思われる。どんなものだったのだろうか。
入り口付近_1
入り口付近_2
入り口付近_3
入り口付近_4
入り口付近_5
入り口付近_5
入り口付近_6
あたたかな光で迎えてくれる玄関照明。フランスのガラス工芸家ルネ・ラリックの作品だそうだ。
玄関照明
洋式の瀟洒なトイレ
洋式の瀟洒なトイレ
キッチン
使いやすい本格的なものだ
キッチン_1
キッチン_2
キッチン_3
キッチン_4
木瓜形窓
木瓜形窓
蔵に繋がる防火扉
蔵の内部は撮影禁止になっている
蔵に繋がる防火扉_1
蔵に繋がる防火扉_2


三井広報委員会の関連頁_1へjump

三井広報委員会の関連頁_2へjump

AzTak
Posted by AzTak
投稿 2013年01月26日
最終更新 -0001年11月30日

8 Comments

There are no comments yet.

makira  

AzTakさん おはようございます
>あの三井財閥当主の邸宅であるから、もっと広壮な邸宅だと思っていた。その予想はあっさり覆させられた。
そうは言っても大豪邸じゃないですか。
日本の歴史様式と明治時代の流行を取り入れた和洋折衷邸宅。
確かに門柱は素晴らしい。
内部は更にに素晴らしく豪華ですね!
なにせ、三井の当主の邸ですから当たり前と言えば当たり前。
こんなところに住んでみたいです 笑)

2013/01/26 (Sat) 05:56

AzTak  

Re: タイトルなし

> AzTakさん おはようございます

makiraさん、お早うございます。

> >あの三井財閥当主の邸宅であるから、もっと広壮な邸宅だと思っていた。その予想はあっさり覆させられた。
> そうは言っても大豪邸じゃないですか。

2大財閥の片方の旗頭ですから。庶民には夢のまた夢のような大大大豪邸を想像していたんです。

> 日本の歴史様式と明治時代の流行を取り入れた和洋折衷邸宅。

今日、取り上げているキッチンや配膳室などの北側のスペースは、その他に浴室・洗濯室、女中室などのサービス部分があるそうですが、コンクリートブロックによる組石造りだそうです。
明日取り上げる南側スペースは、居室を木造の和風建築としていますが、生活は畳の上に絨毯を敷き、机・椅子を置く和洋折衷だそうです。
この部分は後で追記しておきます。

> 確かに門柱は素晴らしい。
> 内部は更に素晴らしく豪華ですね!
> なにせ、三井の当主の邸ですから当たり前と言えば当たり前。
> こんなところに住んでみたいです 笑)

相続税が莫大すぎて、たまらないと思いますよ。ご近所の岡田家程ではないと思いますが。

2013/01/26 (Sat) 09:03

梅サクラ  

おはようございます!

三井財閥の家ですか。
和洋折衷で、モダンですね!
落ち着いた感じがよいですが、一点玄関の照明が豪華で、手が込んでいると
思います。
キッチンも結構広く、シンプルで、使いやすく設計されている感じがします。
でも、よく見ると、水墨画のような、屏風絵が飾ってあって、
地味目に見えながら、豪華さがありますね!!

2013/01/26 (Sat) 09:57

AzTak  

Re: おはようございます!

梅サクラさん、こんにちは。

> 三井財閥の家ですか。
> 和洋折衷で、モダンですね!
> 落ち着いた感じがよいですが、一点玄関の照明が豪華で、手が込んでいると
> 思います。

この範囲では玄関の照明くらいしか見るものがありませんね。次回のほうが凄いです。

> キッチンも結構広く、シンプルで、使いやすく設計されている感じがします。

口がおごった方たちだったでしょうから、レベル以上の料理をサービスできるようにしてあったんでしょうね。
こちら北側はサービススペースで、基本的に洋風にしつらえのようです。

> でも、よく見ると、水墨画のような、屏風絵が飾ってあって、
> 地味目に見えながら、豪華さがありますね!!

本当は蔵の中もUPしたかったんですが、『撮らないで』という部分がどこまでなのか判然としないので、UPは止めました。そこにお宝が収納されていたようです。今でも、部分的には…
でも、最大の見所は南側部分でしょうね。次回取り上げます。疲れていたのかボケ写真ばかりで、…

2013/01/26 (Sat) 10:16

いどきち  

こんばんは

此方の建物は入口付近は見たことあるようですが、
中はあまり印象に残っていません。
改めて、新鮮な気持ちで見ることができました。

2013/01/26 (Sat) 19:46

AzTak  

Re: こんばんは

いどきちさん、こんばんは。

> 此方の建物は入口付近は見たことあるようですが、
> 中はあまり印象に残っていません。
> 改めて、新鮮な気持ちで見ることができました。

そうですか。この回で取り上げたものは、ごく普通の金持ちの家って感じなんですが、次回取り上げる南側部分の使い方がよくわかりません。畳の上に絨毯を敷いて、洋風の生活をおくっていた。最初からがっちりとした洋間にすれば良いものを、…金持ちのやることはわかりません。ということで、強い印象が残っています。

2013/01/26 (Sat) 20:52

kozoh55  

やっぱり厨房ですよね

お晩です、AzTakさん。
私もここには行きました。
三井家には、三井高利の小説を読んだこともあり、
興味があったのです。
入口の照明、蔵の内部、そしてあの大きなシャンデリア
魅力的な場所はたくさんありましたけど、
AzTakさんも紹介されている厨房の設備や調度類が
私には驚き以外の何物でもありませんでした。
これって、戦後の高度成長期の頃に
欧米の生活に憧れたあの姿では
オーブンがあったり、、、
戦前もそんなものを手に入れて
生活できる人がいたのですねえ。
財閥は戦後解体され、そして今も残ってますね。
またお邪魔します。

2013/01/26 (Sat) 23:40

AzTak  

Re: やっぱり厨房ですよね

> お晩です、AzTakさん。

kozoh55さん、こんばんは。

> 私もここには行きました。
> 三井家には、三井高利の小説を読んだこともあり、
> 興味があったのです。
> 入口の照明、蔵の内部、そしてあの大きなシャンデリア
> 魅力的な場所はたくさんありましたけど、
> AzTakさんも紹介されている厨房の設備や調度類が
> 私には驚き以外の何物でもありませんでした。
> これって、戦後の高度成長期の頃に
> 欧米の生活に憧れたあの姿では
> オーブンがあったり、、、
> 戦前もそんなものを手に入れて
> 生活できる人がいたのですねえ。

ガスオーブンレンジがあるなんて、凄いものですよね。
多分、昭和52年にこの家屋を作った時に導入したのでしょう。戦後の混乱した事情からすれば、外国からの輸入品で、ものすごく高価なものだったと思います。ガスは、今ではどこでも天然ガス全盛で、どこでもそのまま使えますが、当時の首都圏の都市ガスは3600KCALで、その後、5000、12000と変わっていきました。外国から導入すると、ガス種(カロリーばかりでなく燃焼性などの問題もあります)が異なるので、首都圏の都市ガス向けにノズルなどの調整が必要で、誰でも彼でも使えるものではなかったはずです。もしかしたら、進駐軍が持ち込んでいたかもしれませんから、目が回るほど高くはなかったのかもしれませんが、決して廉価ではなかったと思います。
何れにしても、ものすごいリッチだったわけです。
今だったら、あの程度のものはそれほど珍しくはありませんが。

> 財閥は戦後解体され、そして今も残ってますね。

旧財閥系の企業グループも、随分変わりましたよね。三井と住友とが手を組むような時代ですから。

> またお邪魔します。

2013/01/27 (Sun) 00:33

Leave a reply