次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅(9) - 次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅_2020_Feb
FC2ブログ

次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅(9)

岡本八幡神社
ユーミンさんご夫妻が奉納した石灯籠がある岡本八幡神社。ごく普通の神社にしか見えないが、何かつながりがあったのかもしれない。
岡本八幡神社_1
岡本八幡神社_2
岡本八幡神社_3
岡本八幡神社_4

静嘉堂文庫
裏門付近
一寸だけ移動して、静嘉堂文庫に裏門から入る
裏門付近_1
裏側の感じがあるかなあ。裏側から入っても、瀟洒な感じがあるなあ。
裏門付近_2
裏門付近_3
裏門付近_4
ロータリー
ロータリー
静嘉堂文庫美術館
静嘉堂文庫美術館開館は、30周年を迎える2022年(令和4)に、東京丸の内の明治生命館1階に美術館の展示ギャラリーを移転する予定だそうだ。その後はどうなるのだろうか?
静嘉堂文庫美術館
静嘉堂文庫
桜井小太郎氏が設計。日本人初の英国の王立建築家協会建築士となった方だそうだ。
静嘉堂文庫_1
静嘉堂文庫_2
静嘉堂文庫_3
静嘉堂文庫_4
静嘉堂文庫庭園
静嘉堂文庫庭園_1
岩崎家廟。庭園にある岩崎家の納骨堂。明治43年に三菱財閥四代目総帥の岩崎小彌太が父で二代目総帥の岩崎彌之助の三回忌に合わせて建設したもの。設計は英国人建築家ジョサイア・コンドル氏。
静嘉堂文庫庭園_2
静嘉堂文庫庭園_3
静嘉堂文庫庭園_4
静嘉堂文庫庭園_5
平成天皇陛下御行啓記念植樹
静嘉堂文庫庭園_6
途中の3分の2ほどをすべて省略。広大な敷地なので、うまい人が撮れば、画になる光景がたくさんある感じ。
庭園の3分の2ほどを下ってきた辺り
静嘉堂文庫庭園_7
静嘉堂文庫庭園_8
静嘉堂文庫庭園_9
静嘉堂文庫庭園_10
静嘉堂文庫庭園_11
最下端部まで下ると国分寺崖線の湧水が見える
静嘉堂文庫庭園_12
静嘉堂文庫庭園_13
静嘉堂文庫庭園_14

静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)は、東京都世田谷区岡本2丁目23番1号にある専門図書館及び美術館。日本および東洋の古典籍及び古美術品を収蔵する。事業主体は公益財団法人静嘉堂。同財団は三菱財閥の第2代総帥岩崎弥之助・第4代総帥岩崎小弥太父子の所有した庭園と遺品の古典籍・古美術コレクションを基礎として発足した。「静嘉堂」は弥之助の堂号である。東京都世田谷区岡本の岡本静嘉堂緑地にある。
数多くの貴重な古典籍と古美術品を収蔵しており内外の古典籍を研究者向けに公開する私立の専門図書館であると同時に、併設する静嘉堂文庫美術館を通じて収蔵品を広く一般に公開する美術館活動を行っている。


以下はPDF画像を借用
源氏物語澪標図 俵屋宗達筆(国宝)
源氏物語澪標図 俵屋宗達筆(国宝)
源氏物語関屋図 俵屋宗達筆(国宝)
源氏物語関屋図 俵屋宗達筆(国宝)
風雨山水図 伝馬遠筆(国宝)
風雨山水図 伝馬遠筆(国宝)
趙子昂書(国宝)のうち第5通
趙子昂書(国宝)のうち第5通
倭漢朗詠抄(国宝)
Ohtagire_WakanRoeiShu.jpg
月下鳴機図 渡辺崋山(重要美術品)
月下鳴機図 渡辺崋山(重要美術品)
平治物語絵巻 信西巻(部分)(重要文化財)
平治物語絵巻 信西巻(部分)(重要文化財)

二子玉川駅に戻る途中の道筋で
あるお宅の玄関わきの飾りつけ
二子玉川駅に戻る途中の道筋で

以上で、『次大夫堀公園民家園~岡本公園民家園~岡本八幡神社~静嘉堂文庫~二子玉川駅』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。
AzTak
Posted by AzTak
投稿 2020年04月21日
最終更新 2020年04月21日

18 Comments

There are no comments yet.

ヒデの気まぐれ撮影日記  

年を重ねるごとに爺さんも
こういう神社や美術館で静かにもの想いに
老けるようになりました。
若いころは何の考えもなく自分が天下人のような
錯覚をして肩をはりながら街中を歩いていたことが
まるで夢を見ているような感覚で浮かんできます。

老いて思うことは
源氏物語の国宝画や山水画をみて感想が言えたり
古文を簡単に読めてその意味が分かるようになれればいいのになあ 
なんて思ったりしています。

2020/04/21 (Tue) 05:45

MT  

おはようございます

静嘉堂文庫を詳しく訪ねられた後に、やっぱり、最後は鳥に反応ですね!タンチョウのくちばしが欠けてしまっても大切に飾られています。作られてからどのくらいの時間が経過しているのか気になるところです。脚は鉄筋そのまま剥き出し利用にも見えます。^^;

2020/04/21 (Tue) 06:58

x都人x  

石灯籠をユーミンさん夫婦が奉納されたんですか!

改名される(荒井由実)時代から大好きで
何時も車で聞いてましたね~曲を聴くと
当時の事が懐かしく思いだされます(笑

2020/04/21 (Tue) 11:41

K.R.M  

こんにちは。
最後に丹頂を見る事ができるとは驚きました。
玄関先に置物として飾ってあるのをみて、釧路人としてものすごく嬉しいです。

手のお怪我大丈夫でしょうか。暫く無理をなさらないで大事にしてくださいね。

2020/04/21 (Tue) 12:24

makira  

こんにちは!

AzTakさん、こんにちは!
岡本静嘉堂緑地はいいところですね~♪
美術館に八幡宮、岩崎家廟堂、公園、民家園まで揃っているんですね!
用賀で降りてすぐのようですが、今は無理ですね。
静嘉堂文庫はきれいなレンガ作りかと思ったら
スクラッチタイルのようですね!
美しい外壁の建物です♪
コロナが終息したら行ってみたいです♪

2020/04/21 (Tue) 14:54

りおん  

岡本静嘉堂緑地、ステキな場所ですね~@@
広い敷地と、美術館!
堅牢な石造りの建物、なぜか惹かれます。
明治・大正時代のものがそのまま存在しているのですね・・・
階段の上から下を見下ろした画像に、ぞくぞくしています~💦
その後、お顔のお岩さんのご様子はいかがですか?
早くよくなるといいですね~💦💦

2020/04/21 (Tue) 15:09
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

ヒデの気まぐれ撮影日記さん、こんばんは。

> 年を重ねるごとに爺さんも
> こういう神社や美術館で静かにもの想いに
> 老けるようになりました。
> 若いころは何の考えもなく自分が天下人のような
> 錯覚をして肩をはりながら街中を歩いていたことが
> まるで夢を見ているような感覚で浮かんできます。

そういう時期が私もありました。

> 老いて思うことは
> 源氏物語の国宝画や山水画をみて感想が言えたり
> 古文を簡単に読めてその意味が分かるようになれればいいのになあ 
> なんて思ったりしています。

右に同じです。画の方は適当に感想を述べることは不可能ではないかもしれませんが、古文や漢文などは、しっかり勉強していないと歯が立ちませんね。私は、大学受験をせずにそこそこのレベルの大学に自動的に進学できる高校に在籍していましたから、古文や漢文などは全くやる気を示さず、学力も急低下していきました。
今になって大後悔することになりました。
しかしながら、高校で習う古文や漢文などは限られた範囲のもので、丸暗記に近いものだったと思います。その範囲から少しでも離れたらまるで役に立たないし、覚えたはずのものも、次第に忘れてしまうことでしょう。
ということで、年とっても、それが苦手でない方は一握りなのではと思います。過度に悲観する必要はないとは思いますが、やはり寂しい話ですよね。

2020/04/21 (Tue) 19:02
AzTak

AzTak  

Re: おはようございます

MTさん、こんばんは。

> 静嘉堂文庫を詳しく訪ねられた後に、やっぱり、最後は鳥に反応ですね!タンチョウのくちばしが欠けてしまっても大切に飾られています。作られてからどのくらいの時間が経過しているのか気になるところです。脚は鉄筋そのまま剥き出し利用にも見えます。^^;

あの辺りはなかなか瀟洒な住宅が立ち並ぶ高級住宅街なんです。その通りを、私はいつもの通り、浮浪者と誤認されても仕方がない風体で歩きました。なので、見咎められないように立ち止まったりしないことにしているのですが、このお宅の前で葦がとまってしまいました。英国に行くとガーデニングで道行く人を楽しませる方がいます。こちらでも、決して負けていないなあと思いました。

2020/04/21 (Tue) 19:11
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

x都人xさん、こんばんは。

> 石灯籠をユーミンさん夫婦が奉納されたんですか!

そのようです。ハイカラなご夫婦ですから、もしかしたらこちらの神社の宮司さんとお知り合いか何かで、奉納されたのかもしれませんね。

> 改名される(荒井由実)時代から大好きで
> 何時も車で聞いてましたね~曲を聴くと
> 当時の事が懐かしく思いだされます(笑

そうですか。横浜の磯子の丘の上にドルフィンというお店があり、かなり小粋な店でした。新入社員のころ、社会保険事務所などに用事があったとき、運転手を待たせて、そこでまったりしていました。平たく言えば、さぼっていたのです。ユーミンさんも来ていたようですね。そして、『海を見ていた午後』をつくったようです。もしかしたら、客同士ですれ違っていたかもしれません。

https://hamarepo.com/story.php?story_id=5000

2020/04/21 (Tue) 19:20
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんにちは。

K.R.Mさん、こんばんは。

> 最後に丹頂を見る事ができるとは驚きました。
> 玄関先に置物として飾ってあるのをみて、釧路人としてものすごく嬉しいです。


こちらのお宅の方もよほどお好きな方なんでしょうかね。もしくは釧路出身者で一財産を稼ぎ出した成功者だったかも。
いきさつは存じませんが、非常に粋な飾りと粋なフラワーアレンジメントと。前を通る方を驚かせ、楽しませてくれますよね。

> 手のお怪我大丈夫でしょうか。暫く無理をなさらないで大事にしてくださいね。

昨日の痛みからすれば、まだマシになりました。今日も懲りずに散歩。転んだ日は篠塚さんの家のあたりを歩きましたが、今日は原監督の家のあたりを。もともと、多摩川グランドに近く巨人の選手がたくさん住んでいるようです。

2020/04/21 (Tue) 19:34
AzTak

AzTak  

Re: こんにちは!

> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 岡本静嘉堂緑地はいいところですね~♪
> 美術館に八幡宮、岩崎家廟堂、公園、民家園まで揃っているんですね!
> 用賀で降りてすぐのようですが、今は無理ですね。

歩けばそこそこかかるかもしれませんね。私は自太夫掘りを見て、途中下車をしてこちらにもよるコースをとるので、二子玉川駅から行っています。その気になられたらご案内しますよ。

> 静嘉堂文庫はきれいなレンガ作りかと思ったら
> スクラッチタイルのようですね!

横浜のレトロなビルと同じで、スクラッチタイルを使用しているようです。いつも英国風のシックな建物だと思ってみているのですが、設計者は英国で勉強された方だったようです。

> 美しい外壁の建物です♪
> コロナが終息したら行ってみたいです♪

是非行ってみましょう。バッタ広場なんてものもあるようです。自慢のレンズが役立つかもしれません。

2020/04/21 (Tue) 19:47
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

りおんさん、こんばんは。

> 岡本静嘉堂緑地、ステキな場所ですね~@@
> 広い敷地と、美術館!
> 堅牢な石造りの建物、なぜか惹かれます。
> 明治・大正時代のものがそのまま存在しているのですね・・・

あの岩崎家が大事に守っているはずですから、素敵ですよ。美術館だけは敷居が高く、中に入ったことがありません。今度、話のタネに一度は行ってみようかなと思います。いつもより、小ざっぱりとした格好で出かけなくてはいけませんかね。

> 階段の上から下を見下ろした画像に、ぞくぞくしています~💦

あそこは、高所恐怖症の私には長居したくない勾配です。

> その後、お顔のお岩さんのご様子はいかがですか?
> 早くよくなるといいですね~💦💦

寝返りを打つと頬が枕に当たり『痛い』と思って眠りから覚めます。いつもと大して変わらないと愚妻は言うのですが、日々くらいはあるのかもしれません。左手は熊の手みたいです。大失敗してしまいました。

2020/04/21 (Tue) 19:56

のんびり熊  

こんばんは
さすが、明治に財を成した人はやることが違うなあ
国宝、重要文化財、など見たくともそこまで行けない。
こうやって見せて頂くだけでも、有り難いです。

2020/04/21 (Tue) 19:59
AzTak

AzTak  

Re: タイトルなし

> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> さすが、明治に財を成した人はやることが違うなあ
> 国宝、重要文化財、など見たくともそこまで行けない。

向こうさんは、ただの大金持ちだったわけじゃなく、良くものを知った大金持ちだったようです。う~~ん、羨ましいほどの才能と財力だ。

> こうやって見せて頂くだけでも、有り難いです。

そちらにも何処にも引けを取らない重要文化財の数々があるじゃないですか。諏訪大社にはまた行ってみたいものです。御柱は曳く方じゃなく、見るほうに回ります。

2020/04/21 (Tue) 20:27

nagomi  

今晩は!

良くこの様な歴史的建造物を見つけますね。
東京は歴史が詰まった都なので其の文化などが残っているのでしょうね。
それにしても良く歩かれますね驚きです。
コロナウイルスだけは気をつけてくださいね。

2020/04/21 (Tue) 20:30

ichan  

こんばんは

松任谷ご夫妻が奉納した石灯籠があるなんて素適
だと思って調べてみたら、ユーミンファンの聖地
になっているようです。
ユーミンの歌声を聴いて育ってきた世代としては
親近感を覚えます。

2020/04/21 (Tue) 20:45
AzTak

AzTak  

Re: 今晩は!

nagomiさん、こんばんは。

> 良くこの様な歴史的建造物を見つけますね。
> 東京は歴史が詰まった都なので其の文化などが残っているのでしょうね。

ここは、古民家に行ったときにそのまま帰るのがもったいなさそうな雰囲気があったので、神社と静嘉堂文庫とを経めぐりました。神社は怒られることはないと思いましたが、そのときは、静嘉堂文庫が何なのかまるで知らず、勝手に裏口から入りました。怒られたら謝って出ていけばよいと考えました。由緒正しい文化施設だったと知ったときは、本当に驚きました。

> それにしても良く歩かれますね驚きです。
> コロナウイルスだけは気をつけてくださいね。

この時は騒ぎが少し大きくなった2月下旬のことでした。今なら、公共交通機関利用の外出は自粛していることでしょう。(^^;

2020/04/21 (Tue) 21:32
AzTak

AzTak  

Re: こんばんは

ichanさん、こんばんは。

> 松任谷ご夫妻が奉納した石灯籠があるなんて素適
> だと思って調べてみたら、ユーミンファンの聖地
> になっているようです。

(ФωФ)フフフ・・・、そんなこととはつゆ知らずでした。こんな神社に奉納するなんて、酔狂な人たちだ。どういう人たちなんだろう。なんてしつれいなかんがえで、なまえをみたんです。『えっ、そうなの???』って感じでした。

> ユーミンの歌声を聴いて育ってきた世代としては
> 親近感を覚えます。

そうでしたか。松任谷由実さんは、都会育ちの小粋なお姉さんだと思っていたら、私よりも年下でした。都会育ちの女性の年はわからないものですね。(^^;

2020/04/21 (Tue) 21:40

Leave a reply